「日米首脳会談 最新」の検索結果

「日米首脳会談 最新」に関する情報は見つかりませんでした。
「最新」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

北海道・帯広の街中にクマ 小学校に居座るも駆除
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 北海道・帯広の街中にクマ 小学校に居座るも駆除  北海道帯広市の小学校の校庭にクマ1頭が出没しました。警察や猟友会が出動してクマを駆除しました。  1日午前7時ごろ、帯広小学校の校庭に体長約1.5メートルのクマ1頭が出没しました。けが人などは出ていませんが、小学校の窓ガラスが割られたということです。クマは小学校の敷地に入ったまま居座り続けていて、警察が周辺住民に外出を控えるよう呼び掛けるなど警戒を続けていました。その後、午前11時すぎ、木の上にいたクマに対して地元の猟友会が発砲してクマを駆除しました。
大川小津波訴訟 敗訴で石巻市長が児童遺族に謝罪
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大川小津波訴訟 敗訴で石巻市長が児童遺族に謝罪  東日本大震災の津波で多くの子どもたちが犠牲になった宮城県石巻市の大川小学校を巡る裁判で、県と市に賠償を命じた判決が確定したことを受けて石巻市長が遺族に謝罪しました。  宮城県石巻市・亀山紘市長:「本当に申し訳ございませんでした」  大川小学校の子どもたち23人の遺族が訴えた裁判で、今年10月に最高裁判所は事前の防災対策に不備があったとして市と県に賠償を命じた判決が確定しました。これを受けて今月1日に石巻市の亀山市長が遺族と面会し、子どもたちの捜索を十分にできなかったことやこれまでの対応で配慮が足りなかったことを謝罪しました。この後、遺族の要望で大川小学校に移動して慰霊碑に手を合わせました。市長が公の場で遺族と面会したのは約5年半ぶりです。
誕生日の愛子さま、上皇ご夫妻に挨拶 笑顔で御所へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 誕生日の愛子さま、上皇ご夫妻に挨拶 笑顔で御所へ  天皇皇后両陛下の長女・愛子さまは1日に18歳の誕生日を迎え、午後に上皇ご夫妻にあいさつのため皇居を訪問されました。  愛子さまは午後4時ごろ、皇居に入って吹上仙洞御所の上皇ご夫妻に誕生日のあいさつをされました。誕生日にあたって宮内庁が公開した映像には、高校3年の愛子さまが学校で習っているアフリカの地理について天皇陛下と話されている場面が収録されています。愛子さまは今年、天皇陛下の即位の一連の儀式を深い関心を持ってテレビなどでご覧になっていたということです。
神戸山口組幹部4人が標的だった?射殺事件で新事実
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 神戸山口組幹部4人が標的だった?射殺事件で新事実  朝比奈久徳容疑者(52)は先月27日、兵庫県尼崎市で神戸山口組の古川恵一幹部(59)を自動小銃で殺害した疑いが持たれています。神戸山口組には5人の「幹部」がいるとされていますが、捜査関係者への取材で、そのうち古川幹部を含む4人が襲撃の標的となった疑いがあることが新たに分かりました。これらの幹部を狙った襲撃事件は、対立する山口組のナンバー2・高山清司若頭(72)が10月に刑務所を出て以来、熊本や札幌でも相次いで起きています。警察は、一連の事件には高山若頭の出所が影響しているとみて組織的な犯行が背景にある可能性も含めて捜査しています。
関越道で逆走、衝突し大破 1人が心肺停止2人けが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関越道で逆走、衝突し大破 1人が心肺停止2人けが  群馬県渋川市の関越自動車道で80代の男性が運転する軽乗用車が逆走し、乗用車と正面衝突しました。この事故で1人が心肺停止、2人がけがをしています。  事故があったのは渋川市赤城町の関越自動車道下り車線です。消防などによりますと、1日午後2時半ごろ、「逆走してきた軽乗用車が車とぶつかった」と目撃した女性から119番通報がありました。この事故で軽乗用車を運転していた80代の男性が心肺停止の状態で車内から救出され、乗用車に乗っていた70代の男女がけがをしました。警察は、軽乗用車がどこから逆走してきたのかなど事故の状況を詳しく調べています。この事故により、関越自動車道下りの赤城インターチェンジから昭和インターチェンジの間で通行止めになっています。
一時停止の車にワゴン車が衝突 女性1人が死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 一時停止の車にワゴン車が衝突 女性1人が死亡  宮城県大和町でワゴン車が停車中の乗用車に衝突した事故で、意識不明の重体だった女性が死亡しました。他に男女5人が重軽傷です。  1日午前9時50分ごろ、大和町のT字路交差点で一時停止していた乗用車に左側から来たワゴン車が衝突しました。衝突された乗用車は横転して激しく損傷し、乗っていた60代の女性が搬送先の病院で死亡が確認されました。そのほか、男女2人が重傷、双方の車の3人が軽傷です。警察はワゴン車を運転していた男を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しています。現場の交差点は信号はありませんが、見通しが良く、警察が事故の原因を調べています。
潜水艦「いそしお」の海士長 軽乗用車を盗んだ疑い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 潜水艦「いそしお」の海士長 軽乗用車を盗んだ疑い  広島県呉市の海上自衛隊の男が駐車場に止めてあった車を盗んだ疑いで逮捕されました。  海上自衛隊呉基地を母港とする潜水艦「いそしお」の海士長・鳥川修平容疑者(25)は先月29日から今月1日午前8時ごろまでの間に、呉市の駐車場に止めてあった軽乗用車を盗んだ疑いが持たれています。車は近くの路上で見つかっていて、鳥川容疑者は取り調べに対して「間違いないと思います」と話しているということです。潜水艦「いそしお」の久保野洋人艦長は「誠に申し訳なく思っております。厳正かつ適切に対応して参ります」とコメントしています。
消防士原作の防災絵本 自ら子どもに読み聞かせ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 消防士原作の防災絵本 自ら子どもに読み聞かせ  空気が乾燥して火事が多くなる冬を迎え、横浜市消防局は現役の消防士が書いた絵本を子どもたちに朗読して火災予防を呼び掛けました。  横浜市消防局の現役消防士による原作の絵本「みんな森の仲間とオオカミのサイレン」は、子どもでも分かりやすく火災予防を学べるように書かれています。1日に横浜市で行われた防災イベントでは、市の消防局音楽隊の男性隊員が演奏に合わせて集まった子どもたちに絵本を読み聞かせました。また、会場には防災マップを作るコーナーが設けられたり、災害現場で働く消防車などが展示されたり、親子が一緒に火災予防などを学んでいました。
目の前に逆走する車が…関越道死亡事故直前の映像
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 目の前に逆走する車が…関越道死亡事故直前の映像  群馬県渋川市で関越自動車道を逆走した軽乗用車が乗用車と正面衝突して軽乗用車を運転していた80代の男性が死亡した事故で、事故直前の映像が入ってきました。  関越道の上り車線を走行していた車から撮影された映像には、下り車線を逆走する車が映っています。映像には「おじいさんだった…。皆よけてる」という声も入っています。事故があったのは、渋川市赤城町の関越道の下り車線です。消防などによりますと、1日午後2時半ごろに「逆走してきた軽乗用車が車とぶつかった」と目撃した女性から119番通報がありました。この事故で軽乗用車を運転していた80代の男性が心肺停止の状態で救出されましたが死亡、乗用車に乗っていた70代の男女がけがをしました。警察は、軽乗用車がどこから逆走してきたのかなど事故の状況を詳しく調べています。
防犯カメラに犯行が…住宅で数百万円相当の窃盗被害
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 防犯カメラに犯行が…住宅で数百万円相当の窃盗被害  岐阜市で覆面をしたグループが住宅に侵入する様子を防犯カメラが捉えていました。高級時計など数百万円相当が盗まれたということです。  駐車場に入ってきた車から顔を隠した人物が降りてきて、駐車場のシャッターを下ろします。すると、覆面をした3人が次々と車から降りてきて、玄関の扉をこじ開けました。先月29日午前11時前に撮影された映像です。当時、住人は外出していて、ロレックスの時計やパスポートなどが盗まれ、被害額は数百万円になるということです。
ジャパンディスプレイ 着服で解雇の元幹部が自殺か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ジャパンディスプレイ 着服で解雇の元幹部が自殺か  経営再建中の液晶パネルメーカー「ジャパンディスプレイ」の会社資金を着服したとして懲戒解雇された元経理担当の幹部が死亡していたことが分かりました。自殺とみられています。  ジャパンディスプレイの元経理担当の幹部は5億円を超える会社資金を着服したとして去年12月に懲戒解雇され、警視庁に刑事告訴されていました。この元幹部が数日前に都内の病院に搬送され、先月30日に死亡していたことが捜査関係者への取材で分かりました。自殺を図ったとみられています。元幹部は会社に対して「当時の経営陣からの指示で過去の決算について不適切な会計処理をした」と通知していて、「ギャンブルなどで使った」と着服を認めていました。
関越道で逆走し衝突 80歳の運転手が死亡 2人けが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関越道で逆走し衝突 80歳の運転手が死亡 2人けが  1日午後、群馬県渋川市の関越自動車道で逆走した軽乗用車が乗用車と衝突し、軽乗用車の80歳の男性が死亡しました。  関越道を走っていた車から撮影された映像には逆走する車が映っていて、直後に事故が起きたということです。警察によりますと、午後2時半ごろ、渋川市の関越道の下りで逆走した軽乗用車が乗用車と正面衝突しました。軽乗用車を運転していた80歳の男性は病院で死亡しました。乗用車には70代の夫婦が乗っていて、夫(74)が両足首を骨折し、助手席の妻(72)が軽いけがです。警察は逆走の経緯などを調べています。
長野 同僚男性の胸刺す 殺人未遂容疑で男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 長野 同僚男性の胸刺す 殺人未遂容疑で男逮捕  長野県で会社の同僚の男性の胸を刺して殺害しようとしたとして、34歳の男が逮捕されました。  1日午後6時前、長野県上田市の集合住宅の階段の踊り場で住人の男性(30)が胸を刺されて倒れているのが見つかり、病院に搬送されました。男性の容体は分かっていません。現場には凶器とみられる包丁が落ちていて、現場から立ち去る男の姿が目撃されていました。警察は逃げた男の行方を追っていましたが、男性の会社の同僚の貝原直人容疑者が警察署に出頭し、殺人未遂容疑で逮捕されました。警察は貝原容疑者の認否を明らかにしておらず、男性を刺した動機などを調べる方針です。
ワゴン車が乗用車に衝突 6人死傷 運転の男を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ワゴン車が乗用車に衝突 6人死傷 運転の男を逮捕  宮城県でワゴン車が停車中の乗用車に突っ込み、64歳の女性が死亡、男女5人がけがをしました。警察はワゴン車を運転していた男を逮捕しました。  1日、宮城県大和町でワゴン車がセンターラインを越えて反対側の歩道を約100メートル走った後、交差点で一時停止していた乗用車に衝突しました。この事故で、乗用車の助手席に乗っていた遠藤ちゑ子さんが全身を強く打って死亡し、ワゴン車の運転手を含む男女5人が重軽傷を負いました。警察はワゴン車を運転していた会社員・佐々木元輝容疑者(20)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕し、事故の原因を調べています。
「ながら運転」厳罰化スタート 事故で“即免停”も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「ながら運転」厳罰化スタート 事故で“即免停”も  スマートフォンを使用しながら車を運転する「ながら運転」に対する罰則が1日から強化され、反則金や交通違反の点数が引き上げられました。  ながら運転の罰則強化を盛り込んだ改正道路交通法は1日から施行されました。車の運転中に携帯電話を手に持って通話したり操作したりした場合の違反点数が「1点」から「3点」になり、反則金も普通車の場合、これまでの「6000円」から「1万8000円」に引き上げられました。また、ながら運転で事故を起こすなどした場合、違反点数は2点から6点となり、即座に免許停止処分となるほか、1年以下の懲役、または30万円以下の罰金の対象となります。
新井被告に実刑判決「性的欲求優先、非難に値する」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新井被告に実刑判決「性的欲求優先、非難に値する」  派遣型エステ店の女性に乱暴した罪に問われていた元俳優の新井浩文被告(40)に対し、東京地裁は懲役5年の実刑判決を言い渡しました。  新井浩文こと韓国籍の朴慶培(パク・キョンベ)被告は去年7月、東京・世田谷区の自宅で派遣型エステ店の女性を乱暴した強制性交の罪に問われ、検察側は懲役5年を求刑していました。弁護側は「合意があった」として起訴内容を否認していました。今月2日の判決で、東京地裁は「自己の性的な欲求を優先して犯行に及んだのであり、厳しい非難に値する」などと指摘し、新井被告に対して求刑通り懲役5年の実刑判決を言い渡しました。
新井浩文被告に懲役5年の実刑判決 強制性交の罪
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新井浩文被告に懲役5年の実刑判決 強制性交の罪  強制性交の罪で起訴された元俳優の新井浩文被告(40)に対し、東京地裁は検察側の求刑通り懲役5年の実刑判決を言い渡しました。
笹子トンネル崩落7年 発生時間に合わせ遺族ら黙とう
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 笹子トンネル崩落7年 発生時間に合わせ遺族ら黙とう  9人が犠牲になった中央道の笹子トンネルの天井板崩落事故から2日で7年です。遺族らが事故現場を訪れ、黙祷(もくとう)を捧げました。  2012年12月2日、山梨県の中央道笹子トンネルで天井板が崩落し、走行中のワゴン車などに乗っていた男女9人が死亡しました。今年4月には、トンネルの入り口と現場近くの初狩パーキングエリアに新たに慰霊碑が建てられ、遺族らは事故が起きた午前8時3分に黙祷を捧げました。  娘・友梨さんを亡くした石川信一さん(70):「(事故の)再発防止を唱えられれば唱えられるほど、真実を言って頂かないと本当の意味での安全確保のスタートにはならない」  道路を管理する中日本高速は来年に、当時のトンネルや事故の車を展示した社員用の研修施設を作る予定です。
中学いじめ訴訟で証拠採用 “虚偽文書”で警察謝罪
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 中学いじめ訴訟で証拠採用 “虚偽文書”で警察謝罪  埼玉県川口市で男子中学生がいじめを受けて不登校になった問題で、警察が生徒側に説明した内容とは別の内容の文書を作成していたことが分かり、警察が生徒側に謝罪しました。  いじめを受けた少年の母親:「(警察は)事実と違うことを記載してしまったことに関して、おわびをしたいと」  川口市の中学校に通っていた少年(17)は他の生徒からいじめを受けて、相談を受けた警察が捜査していました。母親によりますと、警察は「少年が加害者を先に蹴ったことにはならない」と説明する一方で、内部文書には「被害者が先に蹴ったことは事実で、原因を作ったのは被害者にあると思われる」などと書いていました。少年側は市を相手に裁判を起こしていて、警察の文書が証拠として採用されていました。
担任が児童の首絞めたか 学校側が訴えを1年半放置
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 担任が児童の首絞めたか 学校側が訴えを1年半放置  千葉県内の小学校で児童が担任から「首を絞められた」などと被害を訴えたものの、学校が約1年半にわたって調査せず放置していたことが分かりました。児童の両親は、速やかに調査を始める態勢づくりを自治体側に求めています。  学校の事故報告書などによりますと、2017年、千葉県流山市の小学校で1年生の男子児童が担任の男性教師に水筒を床にたたき付けられて壊されたり、「首を絞められた」と被害を訴えました。  被害を訴える男子児童:「先生は床に向かって水筒を持ってバーンと投げました。僕の首にこうやって絞めた。『やめて苦しい』って言ったら、先生は手を離してくれて『わざとじゃありません』『自分が悪いことするからでしょ』って」  学校などが児童の母親の求めに応じて調査を始めたのは被害が分かってから1年半後でした。担任は水筒を壊したことは認めましたが、首を絞めたかについては「肩を持ちながら話しただけ」と否定しています。  男子児童の母親:「(水筒は入学祝いに)祖父母からもらったすごく大切なものでした」「(Q.息子さんの様子は?)指先を血が出るくらいかんだりだとか、夜中、寝ている時に尋常じゃない声を出したり、すごく不安定な様子でした」  児童の両親は流山市に対し、教師の体罰について被害の相談があれば速やかに調査が始まる態勢づくりなどを求めています。
無罪を主張していた新井被告、判決を不服として控訴
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 無罪を主張していた新井被告、判決を不服として控訴  派遣型エステ店の女性に乱暴した罪で起訴された元俳優の新井浩文被告(40)に対し、東京地裁は懲役5年の実刑判決を言い渡しました。  新井浩文こと韓国籍の朴慶培(パク・キョンベ)被告は去年7月、東京・世田谷区の自宅で派遣型エステ店の女性を乱暴した強制性交の罪に問われています。検察側は懲役5年を求刑し、新井被告は「合意があったと思う」として無罪を主張していました。判決で東京地裁は「自己の性的な欲求を優先して犯行に及んだ」と指摘し、求刑通り懲役5年の判決を言い渡しました。最後に裁判長は「相当に重い犯罪で、被害者を傷付けた責任は取らなければなりません」と話し掛けました。新井被告は判決を不服として控訴しました。
長野・同僚男性刺傷事件 現場に包丁など複数の刃物
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 長野・同僚男性刺傷事件 現場に包丁など複数の刃物  長野県上田市で男性(30)を刃物で刺したとして会社の同僚の男が逮捕された事件で、現場で複数の刃物が見つかっていたことが分かりました。  1日午後6時前、上田市の集合住宅の階段の踊り場で住人の男性が胸を刺されて倒れているのが見つかりました。男性は病院に搬送されましたが、容体は分かっていません。会社の同僚の貝原直人容疑者(34)が警察に出頭し、殺人未遂の疑いで逮捕されました。捜査関係者によりますと、男性が倒れていた踊り場で凶器とみられる包丁が見つかり、他に果物ナイフも落ちていたということです。警察は貝原容疑者が容疑を認めているか明らかにしておらず、動機などを調べています。
マンションから転落し女児死亡 1人で留守番中に…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 マンションから転落し女児死亡 1人で留守番中に…  神奈川県平塚市のマンションで、2歳の女の子が転落しました。女の子は病院に搬送されましたが、死亡しました。  2日午前8時半ごろ、平塚市のマンションで「女の子がマンションの敷地内に倒れている。出血している」と通報がありました。消防などが駆け付けると、2歳の女の子が倒れていて、病院に搬送されましたが、死亡しました。警察によりますと、女の子が転落した際に母親は別の子どもを送り届けるために自宅を出ていたとみられ、女の子はマンションに1人でいたということです。警察は、女の子が転落した原因を調べています。
ビル内店舗で爆発火災 ストーブ近くにスプレー缶か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ビル内店舗で爆発火災 ストーブ近くにスプレー缶か  2日午前9時半すぎ、東京・新宿区のビル1階にある店舗で爆発火災があり、2人がけがをしました。  居合わせた人:「ドンと音が鳴って、ガラスが割れる音がして男性が座り込んでいました」  警視庁などによりますと、午前9時半すぎ、新宿区上落合にあるビル1階の店舗で突然、爆発があって床や椅子が燃えました。消防が駆け付け、火は30分ほどで消し止められました。爆発の際に飛び散ったガラスなどで室内にいた50代の男性と前を通り掛かった70代の男性が軽いけがをしました。警視庁は、ストーブの近くにあったスプレー缶が熱で爆発した可能性があるとみて調べています。
ライター手に火付けの仕草を… 葛飾区役所で男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ライター手に火付けの仕草を… 葛飾区役所で男逮捕  東京・葛飾区役所でライターで火を付けるしぐさをして放火しようとした疑いで、区内に住む62歳の男が逮捕されました。  警視庁によりますと、2日午前9時ごろ、葛飾区役所の女性職員から「区役所の2階でライターで火を付けようとしている男がいる」と110番通報がありました。警察官が駆け付けると、葛飾区のマンション管理人・路川伊佐夫容疑者が区役所の2階にある生活保護の受付窓口のそばで職員の名前を呼びながら手に持ったライターで火を付けるようなしぐさをしていました。警察官はその場で路川容疑者を放火予備の疑いで現行犯逮捕しました。警視庁は動機も含め、当時の詳しい状況を調べています。
川崎トンネル通り魔殺人事件の被告に無期懲役求刑
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 川崎トンネル通り魔殺人事件の被告に無期懲役求刑  13年前、川崎市のトンネルで女性が刃物で刺されて殺害された通り魔事件の裁判で、検察は被告の男に無期懲役を求刑しました。  鈴木洋一被告(39)は2006年、川崎市宮前区のトンネルで帰宅途中だった当時27歳の女性会社員を刃物で刺して殺害した罪に問われています。鈴木被告は「殺意に基づいて刺した」と起訴内容を大筋で認めていました。今月2日の裁判で、検察側は無期懲役を求刑しました。判決は13日に言い渡されます。
重さ200kg!大しめ縄づくり 成田山新勝寺
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 重さ200kg!大しめ縄づくり 成田山新勝寺  今年もあと1カ月足らず。千葉県の成田山新勝寺では、大しめ縄づくりが進んでいます。  新勝寺では職員らがわらの形を整え、力強く折り込んで縄を編んで行きます。大しめ縄は約2カ月かけて完成すると、長さ6.6メートル、重さ200キロの稲穂をつるしたような独特の形になります。25日に大本堂前に飾られ、初詣客を出迎える準備が整います。
声優の井上真樹夫さん死去 80歳
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 声優の井上真樹夫さん死去 80歳  アニメ「ルパン三世」の石川五ェ門役などで知られる声優の井上真樹夫さんが先月29日、持病の狭心症の悪化のため亡くなっていたことが分かりました。80歳でした。井上さんは石川五ェ門のほか、「宇宙海賊キャプテンハーロック」のハーロック、「巨人の星」の花形満などの声を演じました。
駅で有毒液体まかれた想定 官民合同で対テロ訓練
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 駅で有毒液体まかれた想定 官民合同で対テロ訓練  来年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、埼玉県草加市で官民合同のテロ対処訓練が東武伊勢崎線の駅で行われました。  訓練は、2日午前10時から東武伊勢崎線の獨協大学前駅で有毒な液体がまかれたという想定で行われました。訓練には草加警察署をはじめ、市役所や東武鉄道の駅員など約70人が参加しました。警察への通報や負傷者の救護、それに散布された液体の鑑定や回収作業が行われました。  草加警察署・遠藤精治警備課長:「消防と一体となった訓練をやることによって、もし万が一の場合にですね、迅速な被害者の救助をすれば助かる命をすぐ助けられるというところがございます。そういう観点からですね、今回の訓練は有意義だったと思います」  草加警察署は、市内が東京オリンピックの聖火リレーのコースとなっていることなどから、今後も関係機関との連携を高めていきたいとしています。
スノボ国母被告、保証金300万円で保釈へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 スノボ国母被告、保証金300万円で保釈へ  大麻取締法違反などの罪で起訴されたプロスノーボーダーの国母和宏被告(31)について、東京地裁は保釈を認める決定をしました。  オリンピックのスノーボード元代表・国母被告は去年12月、国際郵便でアメリカから日本に大麻の加工品約57グラムを販売目的で密輸した罪で先月27日、起訴されました。国母被告の弁護人が保釈を請求したことを受け、東京地裁は保釈保証金300万円で国母被告の保釈を認める決定をしました。保釈保証金が納付され次第、国母被告は勾留されている警察署から保釈される見通しです。