「明智吾郎」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第6回 山内家旗揚げ
無料
大河ドラマ 功名が辻 第6回 山内家旗揚げ 家来の新右衛門の大家族が加わり、五十石取りの山内家の台所は火の車。千代は自分の食事を抜いて切り抜けようとします。一方、稲葉山城改め岐阜城には、足利義昭の使者・明智光秀が信長を訪問していました。その話を聞かせようと帰宅した一豊が見たのは、空腹で倒れた千代の姿でした。いのししを狩り、千代に食べさせる一豊。織田軍が上洛(じょうらく)の途につく日、千代は山内家の家紋を自分で縫い込んだ旗を一豊に手渡します。
第11回 仏法の敵
無料
大河ドラマ 功名が辻 第11回 仏法の敵 傷を負いながらも姉川から戻った一豊に、千代は夫の無事が何よりと感じます。ほっとしたのもつかの間、一豊は浅井の動きを見張るため、近江・横山城へ。信長に反発する三好三人衆が摂津で挙兵し、浅井・朝倉は比叡山延暦寺に入ります。信長は武田の脅威で窮地に陥りますが、浅井・朝倉の追放に応じない比叡山攻めを決行。一方、千代は秀吉の妻・寧々(ねね)から、秀吉のおい・治兵衛(後の関白・秀次)の教育係を任されます。
第21回 開運の馬
無料
大河ドラマ 功名が辻 第21回 開運の馬 一豊は馬市で見たみごとな馬に一目ぼれしますが、黄金十枚では手が出ません。それを聞いた千代は別の意味で驚きます。こし入れの際、養父から持たされた鏡箱の中身と同額だったのです。それを差し出し、「妻という役目で、この乱世をともに戦って参りとうございます」という千代。そのことばは信長から心が離れた濃の耳にも届きます。信長は一豊と千代を城に招き、「黄金十枚で天下に山内の名を売った」と千代の才覚を絶賛します。
第22回 光秀転落
無料
大河ドラマ 功名が辻 第22回 光秀転落 光秀の妻から夫の不眠に効く薬草はないかと相談され、千代は胸騒ぎを覚えます。一豊は備中高松の秀吉から信長へ援軍を請う使者として安土に戻っていました。宴席で光秀は信長に罵倒(ばとう)され、領地召し上げのうえ、秀吉援軍の兵を出せという理不尽な命を受けます。光秀の出陣前夜、信長は本能寺に入ります。そのころ甲賀の忍び・六平太は千代に、長浜から逃げよと言います。天下を揺るがす争いが刻一刻と近づいていました。
第23回 本能寺
無料
大河ドラマ 功名が辻 第23回 本能寺 光秀が本能寺に攻め入り、信長は鉄砲で応戦。傍らにはなぎなたで戦う妻・濃の姿がありました。しかし、光秀の目前で濃は銃撃されて絶命し、信長も自害します。長浜では六平太が千代に「光秀謀反の気配」と伝え、寧々(ねね)と千代は城下の人々を救うべく奔走していました。一方、備中高松にいた秀吉と一豊は、変事を毛利へ知らせる使者を捕らえて信長の死を知ります。全軍帰還の号令をかけ、秀吉の中国大返しが始まります。
第24回 蝶(ちょう)の夢
無料
大河ドラマ 功名が辻 第24回 蝶(ちょう)の夢 3万5千の秀吉軍は1万5千の光秀軍を圧倒し、近江へ逃がれようとする光秀と一豊が遭遇します。「なにゆえご謀反を...」と一豊が尋ねた時、何者かの槍(やり)が光秀を襲いました。光秀は「そなたは耐えて生き延びよ」と一豊に遺言して落命します。一豊は光秀の首を取らず、山中に隠れる千代や寧々(ねね)たちを救出。千代は敗北者の運命の悲惨さを知ります。光秀の妻子は自害し、細川忠興に嫁いだ光秀の娘・玉は幽閉されます。
第二十四番 夢の続き
火ノ丸相撲 第二十四番 夢の続き 互角の戦いを繰り広げる久世と火ノ丸。幼少の頃から孤高に相撲の技を磨いてきた久世と、生まれ持った体格のハンデを乗り越えて戦い続けた火ノ丸は、戦いを通じて互いの強さを認め合い、そして己の全てをぶつけ合う。
第二十三番 発気揚々
火ノ丸相撲 第二十三番 発気揚々 インターハイ団体戦、副将戦。生まれも環境も全く違うが、幼い頃に見た横綱・大和国に憧れて相撲を始めた経歴を持つダニエルと小関はお互いの相撲観に親近感を持ちながら、正面から対峙するのであった。そしてついに大将戦。最大のライバル同士である火ノ丸と久世の対決の火蓋が切られた。
第三番 草薙剣
火ノ丸相撲 第三番 草薙剣 監督として加入した辻 桐仁(つじ・きりひと)は、全国大会を目指すための第一歩として、関東最強の栄華大附属高校との練習試合を決行する。桐仁に未だ半信半疑な部員達だったが、言われるがまま栄華大へ向かう。そこにはかつて火ノ丸の前に大きく立ちはだかったライバル、国宝・草薙=久世草介(くぜ・そうすけ)がいた。
第六番 魁!!柴木山部屋
火ノ丸相撲 第六番 魁!!柴木山部屋 柴木山部屋での特訓を行うことになった火ノ丸。しかし力士達はあまりにも小さな火ノ丸をまともに扱うことはなかった。しかし火ノ丸は、高校生離れした実力をプロの力士達に見せつけ、力づくで力士として認めさせた。緩んだ雰囲気は一気に引き締まり、稽古も白熱する中、それを影から見つめる不気味な視線が・・・。