「昭和大 不正」の検索結果

「昭和大 不正」に関する情報は見つかりませんでした。
「不正」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

「7pay」不正アクセス  2段階認証の導入を検討
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「7pay」不正アクセス  2段階認証の導入を検討  コンビニエンスストア最大手「セブン-イレブン」のスマートフォン決済「7pay」の不正アクセス問題で、セブン&アイ・ホールディングスがセキュリティーの強化案を発表しました。  スマートフォン決済「7pay」は、1日のサービス開始から150万人が登録したものの、不正アクセスを受け、被害額は約900人で合わせて5500万円に上るとされています。こうしたなか、セブン&アイ・ホールディングスは不正利用を防ぐため、パスワード以外にも本人確認が必要な「2段階認証」の導入などを検討するということです。「2段階認証」はスマートフォン決済では一般的ですが、7payには導入されておらず、セキュリティーの甘さが指摘されていました。入金額の見直しなども検討しますが、不正アクセスを受けた原因は、特定できておらず、十分な対策となるかは不透明です。
退職した会社のIDなど使用し不正アクセスか 男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 退職した会社のIDなど使用し不正アクセスか 男逮捕  以前、勤めていた不動産会社のIDやパスワードを使って不動産の登記情報を不正に引き出したとして元社員の男が逮捕されました。  森下光朗容疑者(44)は去年10月、埼玉県の自宅で以前、勤めていた不動産会社のIDやパスワードを使って不動産の登記情報などを提供するサービスに6回にわたって不正にアクセスをした疑いが持たれています。警視庁によりますと、森下容疑者が得た情報は23件約8000円分でした。森下容疑者は社内トラブルが原因でこの会社を退職していて、不正に得た情報は自分が経営する別の不動産会社で使っていたとみられています。取り調べに対して「退職の時に会社の経営者から業務継続の要請があった」などと容疑を否認しています。
7pay不正…勝手に入金 被害者「たたごとじゃない」
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 7pay不正…勝手に入金 被害者「たたごとじゃない」  サービス開始直後から被害報告があったにもかかわらず、対応は後手に回っていた。不正アクセスが相次いだセブン-イレブンの決済サービス。被害はなぜ、ここまで広がったのだろうか。  スマートフォンのアプリを使ってセブン-イレブンでの支払いができる新サービス「7pay」。ところが、今月1日の導入から直後に不正アクセスによる被害が相次ぎ、新規登録の受け付けを停止する事態に追い込まれた。  セブン&アイ・ホールディングスなどの調査によると、第三者がなんらかの方法で被害者になりすまし、サイトにアクセス。登録されているクレジットカードなどを使って勝手に入金。商品を購入していたという。  入金の完了を知らせるメール。しかし、被害に遭った藤川さんは入金していない。その後も、約1分おきに入金の知らせが…。3分以内に計7万5000円が被害者のクレジットカードから何者かによって入金されたのだという。不正アクセスによる被害ではすでに逮捕者も。中国人のチョウ・ショウ容疑者とワン・ユンフェイ容疑者は3日、東京・新宿区のセブン-イレブンで7payの利用者のIDやパスワードを不正に使用し、20万円分の電子たばこを購入しようとした疑いが持たれている。その後の調べで2人の容疑者は店からアイコス146カートンを買っていたことが確認された。また、2人が会うのはこの日が初めてで、指示役とみられる人物からSNSで多くの電子たばこを買うように告げられていたことも明らかになっている。  セブン&アイ・ホールディングスは被害者に…
北朝鮮産ビールを不正輸入か ネット出品で発覚
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 北朝鮮産ビールを不正輸入か ネット出品で発覚  北朝鮮産のビールを不正に輸入した疑いです。  福岡市中央区に住む無職の19歳の少年は去年10月、北朝鮮産のビール1本を不正に輸入したとして書類送検されました。少年が販売目的で中国で購入したこのビールをネットオークションに出品していたことから発覚しました。1本300円くらいで購入し、約1万6000円で転売したということです。少年は容疑を認めていて、他にも北朝鮮の商品を出品したと話しているということです。経済制裁の一環として、北朝鮮産の商品の販売目的の輸入は一切、禁止されています。
7pay不正利用 なぜ二段階認証を導入しなかった?
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 7pay不正利用 なぜ二段階認証を導入しなかった?  セブン-イレブンが満を持して始めたスマホ決済サービス「7pay」が開始わずか4日で停止に追い込まれました。  バーコード決済サービス「7pay」。サービス開始3日目の3日、第三者による不正利用が発覚。早速、利用者のIDやパスワードを不正利用し、20万円分の電子タバコを購入しようとした疑いで中国人の男2人が逮捕されました。捜査関係者によりますと、逮捕容疑を含めて計146カートン、73万円相当を決済していたことが分かっています。  こうした不正アクセスを受けてセブン&アイ・ホールディングスは4日に緊急会見を開き、被害は約900人に上ると発表。被害総額は約5500万円とみられています。今後、海外からのアクセスを遮断し、すべてのチャージと7payの新規登録を停止すると発表しましたが、すでにチャージされている分は今後も使用できるというのですが、問題はそのセキュリティー。7payには決済サービスアプリに通常導入されている2段階認証がなかったのです。業界全体への不信感にもつながりかねない7Payのトラブル。楽天ペイを展開する楽天の三木谷社長は…。  楽天・三木谷浩史会長兼社長:「他社のサービスについてはコメントしづらいところがありますけれども、基本的に今後、業界全体としてこのセキュリティーの問題についてはレベルをしっかりと上げていくことが必要」
「ビットポイント」仮想通貨流出 約5万人に被害
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「ビットポイント」仮想通貨流出 約5万人に被害  仮想通貨交換業者「ビットポイントジャパン」で仮想通貨約30億円分が不正に流出した問題で、ビットポイントジャパンは被害者が約5万人に及ぶことを明らかにしました。  ビットポイントジャパン・小田玄紀社長:「大変、多くの関係者にご迷惑ご心配をお掛け致しましたこと、深くおわび申し上げます。大変、申し訳ありませんでした」  ビットポイントジャパンは11日以降にリップルなど5つの仮想通貨で約30億円分が不正に流出し、そのうち20億6000万円が顧客の資産だと発表していましたが、16日に被害が約5万人に及ぶことを明らかにしました。原因はサーバーへの不正アクセスとみられます。ビットポイントジャパンは、被害に遭った人には保有していたものと同じ仮想通貨で払い戻すとしています。
富山市元議長 政務活動費不正利用 起訴内容否認
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 富山市元議長 政務活動費不正利用 起訴内容否認  富山市議会の元議長の男が政務活動費を不正にだまし取った罪に問われた裁判の初公判が開かれ、男は起訴内容を全面的に否定しました。  起訴状などによりますと、富山市議会の元議長で現在も市議の村上和久被告は、2012年と2014年に自らの広報誌を印刷したように装って架空の領収書を作成し、政務活動費約72万円をだまし取った詐欺の罪に問われています。16日の初公判で、村上被告は「支払いもしているし、印刷もしている」として起訴内容を全面的に否定しました。これに対し、検察側は冒頭陳述で「領収書の日付の時には、すでに印刷会社は閉鎖されていた」と指摘しました。
第14話
ボスを守れ 第14話 ムウォンに正直な気持ちを告げたナユンは、ムウォンの冷たい態度に傷つきミョンランに慰めてもらう。ウンソルは市民団体の幹部に電話をし、すべてが陰謀であることを伝える。チャ会長とウンソルが窮地に追い込まれるのを喜ぶ人間をリストアップし、犯人捜しをするウンソル。ジホンはチャ会長に、会社の引継ぎに際して一切の不正をしないよう強調する。そしてウンソルに、悩みがあるなら相談してくれと説得するが、チャ会長の不正が絡んでいるためウンソルは言い出せず...
厚労白書に異例「反省」「お詫び」…不祥事めぐり
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 厚労白書に異例「反省」「お詫び」…不祥事めぐり  厚生労働省は不正統計問題など、去年から続いた一連の不祥事について「反省」と「おわび」を盛り込んだ異例の「厚生労働白書」をまとめました。  「白書」には、中央省庁などでの障害者の雇用者数の水増し問題や毎月勤労統計で長年にわたって不正な調査が行われていた問題について「反省」と「おわび」が明記されました。このほか、就労意欲に関する調査結果が明らかになり、現在、働いていない障害や病気を抱える人のうち「仕事をしたい」と回答した人の割合は6割以上に上りました。白書では「病気や障害などを有する可能性が誰にでもあるなかで様々な選択肢が用意され、それを支える仕組みがあることが誰もが安心して暮らせる社会につながる」としています。
第15話
モンスター ~その愛と復讐~ 第15話 スヨンは証人となりト・グァンウ社長の不正を裁判で証言した。同時に提出した動画にはグァンウが不正を働き裏金を作っていたというヤン・ドンとの会話が録画されていた。グァンウの不祥事で世間が大騒ぎになる中、スヨンはトドグループの社内でいじめに遭っていた。家族のため耐えるスヨンの前に突然、会長夫人が現れる。
第11話 “0”と“7”
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第11話 “0”と“7” キム・ガヨンが毎週月曜日に会っていたのは警察署署長のキム・ウギュンだった。一方、イ・チャンジュンは首席秘書官になるのだが、キム・ウギュンから送られてきたプレゼントを見て顔色を変え...。キム・ガヨンが犯人の手掛かりとなる数字を思い出すのだが、その数字は0と7。これは何を意味するのだろうか。イ・チャンジュンの下につくことになったソ検事は、イ首席の部屋を訪れたイ・ユンボムとの会話を録音しようとするのだが...。
また「7pay」不正利用か 中国人アルバイト逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 また「7pay」不正利用か 中国人アルバイト逮捕  東京都内のセブン-イレブンでアルバイト店員として働いていた中国籍の21歳の女が他人の「7pay」のIDを利用して電子たばこなどを盗んだとして、逮捕されました。  中国籍のユ・ケイレイ容疑者は4日深夜から5日にかけ、東京・千代田区のセブン-イレブンで勤務中に決済サービス「7pay」の他人のIDを不正に利用し、電子たばこ5箱など合わせて15点、約3万円分の商品を盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、IDを利用された都内の40代の男性から店に連絡があり、店内の防犯カメラには決済をしているユ容疑者が映っていました。ユ容疑者は「友人から『お金をあげるから、7Payでたばこを買うのを手伝ってほしい』と連絡があった」などと容疑を認めています。警視庁は組織的な犯行の疑いがあるとみて調べています。
第1話 僕は殺してない
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第1話 僕は殺してない 脳の手術により人間的な感情を失った検事、ファン・シモク。彼が向かった家で殺人事件が起きた。被害者は検察のスポンサーのパク・ムソンで、容疑者にテレビを修理しに来た業者のカン・ジンソプが浮上した。“誰かがドアを開けたから、中に入ったら人が死んでいた”という彼の証言は、どういうことなのか。公判を担当したヨン検事が決定的な証拠を出し、容疑者は刑務所へ入ることになるのだが、殺人犯に仕立てられた悔しさのあまり...
第2話 間違った容疑者
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第2話 間違った容疑者 カン・ジンソプが犯人ではないという証拠が出てきたが、時すでに遅し。悔しさのあまり、彼は刑務所内で自ら命を絶ってしまう。パク・ムソンが生前、次長検事であるイ・チャンジュンについて言及していたことを思い出し、彼を疑うファン検事。次長検事と内密に話を交わすファン検事の上司、ソ・ドンジェ。彼らとパク・ムソンの間に一体何があったのか。なぜ事件とは全く関係のない場所から、カン・ジンソプの血痕が出てきたのだろうか?
第3話 2ヵ月以内に真犯人を
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第3話 2ヵ月以内に真犯人を 間違った容疑者を刑務所に入れ自殺にまで追い込んだことを受け、ファン検事はテレビに出演する。検察側のミスを認め、2ヵ月以内に真犯人を捕まえると断言した。このことにより、次長検事は義理の父であるハンジョグループの会長に面目がない。一方、パク・ムソンが死ぬ前日に受けた電話が西部地検の相談窓口からだと分かり、最後に会った人物を容疑者だと疑うファン検事。聞き込み捜査の末、最後に会った人物が分かったが...
第4話 使い捨ての駒
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第4話 使い捨ての駒 パク・ムソンが死ぬ前、最後に会ったのはヨン検事だったことが明らかに。ファン検事は、ヨン検事の父親であり元長官のヨン・イルジェに会いに行った。そこで聞いた話から事件のヒントを得たファン検事は、“愛”という感情がよく分からないためハン刑事に質問をする。一方、次長に裏切られたと思ったソ検事は内密にある女性を捜し始める。その女性は、あるクラブで働いているのだが、ファン検事も彼女の跡を追う。しかし、その日の夜...
第6話 同じ着信音
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第6話 同じ着信音 クォン・ミナの本当の名前はキム・ガヨンで、高校生だったことが分かった。パク・ムソンの息子であるパク・ギョンワンとも知り合いだった。一方、元長官のヨン・イルジェがファン検事に『娘を守ってほしい』と頼みに来た。彼は次長検事のイ・チャンジュンは犯人ではないと言い張った。ファン検事はキム・ガヨンの携帯を探し出すため、ヨン検事にも手伝ってもらい、ソ検事の部屋を探るのだがソ検事にバレてしまい、もめていると...
第7話 消えた携帯
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第7話 消えた携帯 次長検事であるイ・チャンジュンが検事長になった。ソ検事は何かを嗅ぎつけゴルフ場を調べ始める。ソ検事がキム・ガヨンの携帯を持っていると疑っていたファン検事とハン刑事は、ついに行動に移すが、ソ検事に裏をかかれ失敗に終わったかと思われた。一方、病院にいるキム・ガヨンの元を、ある人物が訪れた。その人物とは一体誰なのか?ソ検事はゴルフ場での証拠を元に、パク・ギョンワンを殺人犯に仕立てようとするのだが...
第10話 月曜日の男
無料
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第10話 月曜日の男 意識不明だったキム・ガヨンが、ついに目を覚ました。犯人が病院に来るかもしれないと思ったハン刑事は、母親に病院を移るよう伝えるのだが...。発作が起きた日、集中治療室から出てきたある女性を見たという看護師の証言。一方、ヨン検事は、父親に賄賂を受け取ったという濡れ衣を着させた運び屋を見つけ捕まえようとしていた。キム・ガヨンが月曜日ごとに会っていた男が誰なのか暴かれたのだが、その人物は警察内部の...。
第12話 特任が解散!?
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第12話 特任が解散!? イ首席の部屋で内密に録音を図ったソ検事。彼が録音した内容が意外な展開をもたらすことになる。ソンムン日報の社長と取り引きをするファン検事だったが、そこで思わぬ真相を知ることになる。イ・チャンジュンの妻、イ・ヨンジェとソンムン日報の社長との関係だ。急に解散させられそうになった特任だったがどうにか解散を免れ、みんなはハン刑事の家で会食をすることに。準備の途中で、ヨン検事がユン課長に飲み物をかけてしまうのだが...。
第14話 真犯人、逮捕
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第14話 真犯人、逮捕 ユン課長は、いなくなったキム・ガヨンを捜すため彼女の家に向かったが、そこで見たのはヨン検事の変死体だった。パク・ムソン、キム・ガヨン事件の同一犯だと考え捜査する警察だが、捜査は難航する。一方、ヨン・イルジェが握っていたイ・ユンボムの弱みは脱税の証拠だった。それをヨン検事が持っていったと知ったファン検事は“07”との関係性を考え始める。そして、ついに犯人が明らかとなるが、その犯人とは...
最終話 事件終結と新しい出発
無料
秘密の森~深い闇の向こうに~ 最終話 事件終結と新しい出発 全て自分が教示したことだと自白したイ・チャンジュンと、そのことに気付いたファン検事。2人は古い建物で会い、イ・チャンジュンは今までのことを全て自白した。イ・チャンジュンが犯人だと聞いたソ検事は、ハン刑事と共に建物の1階に向かうも、その時...。イ・チャンジュンが残した音声ファイルは、瞬く間に大ニュースに。事件が一件落着し、ファン検事は少しだが人間らしい感情を取り戻したように見えた。
第5話 新たな被害者
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第5話 新たな被害者 ファン検事とソ検事が追っていた女性が、パク・ムソンの家で重体で発見された。どうにか一命をとりとめた彼女の名前はクォン・ミナ。クラブで働いていた彼女は偽名を使い働いていた。そんな中、『犯人を見た』という通報があり、凶器と思われる包丁からは、ファン検事の指紋が検出される。次長検事のイ・チャンジュンに疑われるが、ファン検事は女性と次長検事の関係を知っている。一方、ファン検事を逮捕するかで、もめている警察は...
第8話 犯人は誰だ?
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第8話 犯人は誰だ? キム・ガヨンの携帯を隠し持っていたことが分かり、緊急逮捕されるソ検事。警察はソ検事のウソの通報を信じ、パク・ギョンワンに、キム・ガヨンとパク・ムソンの殺人犯だと自白させるために暴力を振るう。そんな警察に腹を立てるハン刑事。一方、ソ検事が犯人ではないと考えているヨン検事は、それを確かめるべく危険な行動に出る。そんな中、ソンムン日報が西部地検の賄賂疑惑を単独で報道。これを受けハンジョグループが動き出すが...
第9話 特任チーム
無料
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第9話 特任チーム 一連の事件を捜査するために特任チームが組まれた。検事長は特任検事としてファン検事を選び、自身は辞職すると言い放ったのだが...。特任のメンバーはファン検事が選ぶことになり、6人のメンバーが集められた。彼らはパク・ムソンとソ検事が初めて出会ったひき逃げ事件から再調査を始めたが、当時明らかになっていなかった事実が判明し...。一方、キム・ガヨンは、クォン・ミナの名前を使い、月曜日ごとにホテルで男と会っていたことが分かった。
第13話 警告
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第13話 警告 ホームパーティーでヨン検事も“07”について知ることに。帰宅したファン検事の家には誰かが入った痕跡があり、天井には...。一方、事件がまだ解決していないにもかかわらず、特任は解散することになってしまった。ファン検事は、ヨン・イルジェがイ・ユンボムの弱みを握っていると確信するも、ヨン・イルジェはしらを切り通す。キム・ガヨンが病院からいなくなったと連絡を受け、ヨン検事からの連絡を後回しにしてしまうファン検事だったが...
第15話 真犯人に共犯者が?
無料
秘密の森~深い闇の向こうに~ 第15話 真犯人に共犯者が? 真犯人は特任チームのメンバーのユン課長だった。彼は幼い息子を事故で亡くしているが、その事故の裏には隠された真実があった。一方、公職者の財産公開が始まることを理由に、妻を娘のいるアメリカに送ろうとするイ・チャンジュン。妻を見送ったあと、イ・チャンジュンが秘密裏に動き始めるが、イ・ユンボムに勘づかれる。ヨン検事を殺したイ会長の秘書、ウ室長はどこへ逃げたのか。そして、ユン課長の共犯者は一体誰なのか?
第4話 不正の事実
キム課長とソ理事~Bravo! Your life~ 第4話 不正の事実 ドクポ興行の二重帳簿のことで逮捕されたソンニョン。ところがソンニョンを待っていたのはソ理事だった。命令通りに動くと約束させられるが、莫大な額の伝票操作を命じられて恐れをなしたソンニョンは会社を辞める方法を探す。そんな時、TQグループ会長パク・ヒョンドの息子ミョンソクが経理部に怒鳴り込んでくる。ソンニョンはチャンスとばかりにミョンソクを叩き出して待機処分に。一方、ハギョンは経理部のチュ部長から会社の不正の事実を聞き出していた。
#102 超真剣!のはずが”不正”連発?僧侶体験後半戦!
GENERATIONS高校TV #102 超真剣!のはずが”不正”連発?僧侶体験後半戦! 今週のGENE高は… 1日僧侶体験後半戦! おふざけ厳禁!のはずが、メンバー大暴走? メンバー全員がはたき掃除にチャレンジ! 高校生僧侶の高速はたきにメンバー騒然… 開き直ったメンバーが不正連発で、ついに失格者も… そして、ジェネが体育の時間に潜入!高校生チームとPK対決! 高校生相手も容赦なしの怪力王子"メンディー”がキーパーで本領発揮⁉ メンバー全員がキッカーを務めた白熱のPK対決!GENE高チームは勝利することができるのか! また、GENEが昼食の時間に潜入!高校生僧侶のプライベートを聞きまくる! いつものおふざけジェネ解禁♡笑いっぱなしの60分!今週もお楽しみに!
「7Pay」2段階認証の導入検討へ トップは認識不足
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「7Pay」2段階認証の導入検討へ トップは認識不足  不正アクセスが判明したセブン-イレブンのスマートフォン決済サービス「7pay」を巡り、セキュリティー対策に不備があったとの指摘がありますが、その一つとして「2段階認証」を導入していなかったという点に利用者の関心が集まっています。  2段階認証はいくつかの段階を踏んで本人かどうか確認を行う認証方法です。スマートフォン決済のサービスに登録する際、利用者は最初に名前やメールアドレスなど個人情報を登録します。登録すると、サービスを行う会社からその個人宛てに1度だけ使えるパスワードなどが送られ、それを再度登録すると正式に登録が完了されます。万が一、パスワードを盗まれて別の端末からサービスを利用しようと試みても本人の認証が必要となるため、多くの決済サービスがこの方法をセキュリティー対策として導入しています。  セブン・ペイ、小林強社長:「(Q.『7pay』で2段階認証を導入していない理由は?)2段階認証…」「(Q.スマホ決済サービスにはおおむね(2段階認証が)入っているが?)基本的に『7iD』、セブン-イレブンアプリと『7pay』が連携する形で登録するので、“2段階うんぬん”…と同じ土俵で比べられるか違うかというのは、私自身は認識しておりません」  不正アクセスが発覚した当初の会見では、7pay側がセキュリティー対策への認識不足を思わせる場面もありましたが、その翌日には2段階認証の導入や1回に入金できる上限額の見直しなど、今後の対策を発表しています。