「智子」の検索結果

今すぐ視聴する

第63話 ブルァアア!! 紳士怒りのチャーグル
金色のガッシュベル!! 第63話 ブルァアア!! 紳士怒りのチャーグル ビクトリームの出現で、窮地に立たされた清麿たち。疲弊しきっているので、呪文を使える残り回数も少ない...そこで彼らはビクトリームの目を欺き、分離した胴体部分を集中攻撃。ビクトリームはマグルガを発射するが、自分の体に命中し、更にダメージを負ってしまう。激怒したビクトリームは、とんでもない力を発揮し始める!
第64話 猛攻ダルモス! 砂上の決死戦
金色のガッシュベル!! 第64話 猛攻ダルモス! 砂上の決死戦 何とかビクトリームを倒したものの、もはや力は残されておらず、だれも術を使うことは出来ない。今度こそ一時撤退するしかないと思われた時、新たな魔物・レイラとダルモスが姿を現す。砂で覆い尽くされた部屋に追いつめられる清麿たち。だが、レイラの放った術は何故か狙いが外れ、壁に大きな穴が開いた。
第65話 メルメルメ~!! ウマゴン電光石火
金色のガッシュベル!! 第65話 メルメルメ~!! ウマゴン電光石火 清麿たちのピンチに、ウマゴンが戻ってきた。共に現れた男の手には、光り輝くウマゴンの魔本がしっかりと握られている! 男が呪文を唱えると、ウマゴンの身体は鎧をまとったような姿に変化。目にもとまらぬ高速移動で、レイラや清麿たちを救い出した。さらにダルモスをスピードで圧倒し、蟻地獄に叩き落とす。
第66話 守り抜け! 約束の赤い魔本
金色のガッシュベル!! 第66話 守り抜け! 約束の赤い魔本 ウマゴンと魔本の主は、鮮やかな連携でダルモスを撃破。しかし、初めての戦いで消耗してしまう。待っていてと、その場を後にするレイラ。ウマゴンの魔本の主・サンビームは、声に込められた想いを聴くことで、言葉の通じない相手とも会話することが出来るのだという。そこでウマゴンは、自分の本名を伝えようとするが...。
第67話 すばらしきかなマジョスティック12
金色のガッシュベル!! 第67話 すばらしきかなマジョスティック12 ビョンコ率いる千年前の魔物がアポロたちを襲撃。そこに清麿たちが駆けつけて危機を救った。捕まっていたティオも助け出し、フォルゴレやウォンレイたちも合流、再会を喜び合う。だが、敵は態勢を整えて一気に攻めてくる構えだ。ナゾナゾ博士は清麿に、自分が隙を作るのでそれに乗じて攻撃するよう指示を下す。
第68話 暴走!? ティオの告白大作戦!
金色のガッシュベル!! 第68話 暴走!? ティオの告白大作戦! ナゾナゾ博士は清麿たちのもとに来る前、一緒に千年前の魔物と戦ってくれるよう、シェリーとブラゴにも協力を求めていた。あっさりと断られ、それでも説得しようとする博士に、シェリーは言った。ロードだけは自分達の手で倒すと。ロードの正体こそ、親友を破滅させ、魂を奪った悪魔・ゾフィスだったのだ...。
第69話 撃破せよ! 邪悪なるゾフィスの野望
金色のガッシュベル!! 第69話 撃破せよ! 邪悪なるゾフィスの野望 決戦を控え、最後の休息をとる清麿たち。眠れないガッシュは一人、屋上で空を見上げていた。ゆっくりと朝日が昇る様を見つめていると、清麿がやって来る。人の心を踏みにじることを何とも思わない魔物・ゾフィス。「あいつだけは、絶対に許してはいけないのだ」二人は打倒ゾフィスへの決意を確かめ合う。
第70話 絶体絶命! 立ちふさがる四天王
金色のガッシュベル!! 第70話 絶体絶命! 立ちふさがる四天王 清麿たちの走る階段が、ゾフィスの攻撃によって崩壊してゆく。階段の下は灼熱のマグマ、落ちれば確実に命はない。絶体絶命のその時、ナゾナゾ博士が作戦Eの指令を下す。作戦Eとは、バラバラにされてしまっても、最低二組になって行動するプランのこと。だが、それぞれの行く手には、恐るべき四天王が待ち受けていた!
第71話 愛すればこそ...うなれ哀しみの猛虎爆裂拳
金色のガッシュベル!! 第71話 愛すればこそ...うなれ哀しみの猛虎爆裂拳 清麿とガッシュ、サンビームとウマゴンは、無数のヒトデ軍団と苦闘。ナゾナゾ博士とキッド、フォルゴレとキャンチョメは、四天王の一人・ベルギム・E・Oに圧倒される。恵とティオ、リィエンとウォンレイも、壮絶なバトルを展開。相手は驚異的な身体能力と戦闘力を誇る、玄宗とツァオロンのコンビだった。
第72話 歌え歌え! 恐怖のベルギム・E・O
金色のガッシュベル!! 第72話 歌え歌え! 恐怖のベルギム・E・O 四天王の一人・ベルギム・E・Oは、一千年もの間石にされていたせいで、すっかり退屈しきっていた。戦う前からフォルゴレたちを威圧する彼は、自分を楽しませたらここを通してやると、一発芸を一同に貸す。キャンチョメのエールで世界的スターとしての自覚を取り戻したフォルゴレは、『チチをもげ』を披露するが...。
第73話 ありがとう僕の王様 ミコルオ・マ・ゼガルガ
金色のガッシュベル!! 第73話 ありがとう僕の王様 ミコルオ・マ・ゼガルガ ナゾナゾ博士がついに動いた。一同に的確な指示を与え、キッドに変身したキャンチョメを使ってベルギムEOを翻弄。そしてベルギム・E・Oの魔法本を燃やすため、今度は床に変身したキャンチョメをこっそりと接近させる。ところがそこで、思わぬ誤算が生じた。椅子から立てないはずのベルギム・E・Oが立ち上がったのだ!
第74話 閃光乱舞! 孤高の戦士パムーン
金色のガッシュベル!! 第74話 閃光乱舞! 孤高の戦士パムーン ベルギム・E・Oを倒したものの、ナゾナゾ博士は満身創痍の上、キッドまでも失ってしまった。だが、博士は不敵にも笑って立ち上がる。「キッドが全てを賭けたのに、私が寝ているわけにはいかん!」。瞳は涙で潤んでいたが、心は折れていなかったのだ。その頃、恵とティオ、リィエンとウォンレイも行動を開始していた。
第75話 打ち砕け! 封印千年 屈辱の記憶
金色のガッシュベル!! 第75話 打ち砕け! 封印千年 屈辱の記憶 ガッシュとウマゴンの全力攻撃を受けても、パムーンはビクともしない。焦る清麿とサンビームを、パムーンは嘲笑う。そんな彼にも、ガッシュたち同様、まっすぐな情熱に溢れていた時代もあった。千年前、ひとりの騎士をパートナーに戦っていた頃、人質の子供を罠だと見抜きつつ、見捨てることの出来なかった彼は...。
第76話 逃げ道なし!! 卑劣なるゾフィス再臨
金色のガッシュベル!! 第76話 逃げ道なし!! 卑劣なるゾフィス再臨 千年前の四天王の一人、パムーンと戦い続けるガッシュ&清麿と、ウマゴン&サンビーム。ガッシュ最大の術であるバオウ・ザケルガも打ち破られ、ガッシュはついに、パムーン最大の術ペンダラム・ファルガを生身の体で受けてしまう。だが、最大の術を受け止められ動揺するパムーンは、ガッシュの言葉に...。
第77話 シェリー気高き輪舞 炸裂バベルガ・グラビドン
金色のガッシュベル!! 第77話 シェリー気高き輪舞 炸裂バベルガ・グラビドン ゾフィス率いる、千年前の魔物と戦うガッシュたち。敵の全員攻撃で危機一髪のところを、あのブラゴとシェリーに助けられる。シェリーはガッシュや清麿らが「一緒にゾフィスを倒そう!」という言葉には耳を貸さず、親友だったココの心を操るゾフィスを倒すことに執念を燃やす。
第78話 もう戻らない! レイラの孤独な闇
金色のガッシュベル!! 第78話 もう戻らない! レイラの孤独な闇 ブラゴ&シェリーと別れ、月の石を破壊するため遺跡の中を進むガッシュたち。そこに立ちはだかったのがレイラ。これまで何度もガッシュたちを助けてくれたレイラが、今度は攻撃をしかけてくる。いったいなぜ? 彼女はゾフィスの暗示によって、月の石が壊れると自分も石版に戻ってしまうと思い込んでいて...。
第79話 うごめく悪魔 最後の四天王登場
金色のガッシュベル!! 第79話 うごめく悪魔 最後の四天王登場 ゾフィスの呪縛から解き放たれるレイラ。彼女を助けたのは、パートナーのアルベールだった。レイラ&アルベールとともに、月の石の本体がある部屋へと向かうガッシュ&清麿、キャンチョメ&フォルゴレ。一方、別ルートから月の石を目指しているティオ&恵、ウォンレイ&リィエンは...。
第80話 野獣デモルト! 戦慄の雄叫び
金色のガッシュベル!! 第80話 野獣デモルト! 戦慄の雄叫び 月の石のある部屋には、千年前の魔物で四天王最強を誇る、デモルトが待ち受けていた。ティオ&恵たちより一足遅く着いたガッシュたち。ウォンレイは既に倒れて横たわっている! とてつもなく巨大で、とてつもない力を誇る魔物・デモルトは、雄叫びだけでガッシュたちの動きを止めてしまう。
第81話 勝機を求めて...湧きあがれふたりの闘志
金色のガッシュベル!! 第81話 勝機を求めて...湧きあがれふたりの闘志 デモルトはとてつもなく強いうえに、月の石の力で、小さなダメージならばすぐに回復してしまう。危険を承知で、突進するガッシュたち。ガッシュは、これまで戦ってきた魔物たちの“思い”を背負って立ち向かってゆく。必死にデモルトの弱点を探る清麿。そして、ガッシュは...!
第82話 わがままパティ 惜別のスオウ・ギアクル!!
金色のガッシュベル!! 第82話 わがままパティ 惜別のスオウ・ギアクル!! ビョンコとパティは、ガッシュたちの“正義”に目覚めた。月の石を壊し、デモルトを倒すための戦いに加わったのだ。ピンチになると助け合い、全員の力でデモルトを倒そうとする一同。清麿やガッシュの心のエネルギーは既に尽きている。ビョンコとパティは、それでも戦い続けるが...。
第83話 熱き思いよとどけ! 第7の術ザグルゼム!!
金色のガッシュベル!! 第83話 熱き思いよとどけ! 第7の術ザグルゼム!! ついに月の石は破壊された。だが、やっと仲間になったパティとビョンコは、魔界へと消えてしまう。月の石が失われたことにより、ゾフィスを守っていたシールドも消滅。戦闘中のブラゴとシェリーは優位を得るものの、まだまだゾフィスは強い。デモルトとヴァイルは、禁じられていた最終形態への呪文を唱え...。
第84話 凶獣デモルト最終決戦!!
金色のガッシュベル!! 第84話 凶獣デモルト最終決戦!! ガッシュ第7の術ザグルゼムは、電撃のエネルギーを相手の体内に蓄積させる術だった。デモルトを倒すには、あと2~3発蓄積させて、バオウ・ザケルガを撃ちたいところ。だが、デモルトはザグルゼムをかわす。一方、呪縛から解かれたアルベールとレイラは本領を発揮し始める。
第85話 迷えるシェリー 断ち切れぬ絆!
金色のガッシュベル!! 第85話 迷えるシェリー 断ち切れぬ絆! ガッシュたちはデモルトを倒し、最後の敵・ゾフィスのもとへ向かう。そのゾフィスと戦い続けるブラゴとシェリー。ゾフィスはココを通じて二人の心を惑わし、戦いを有利に進めようとする。迷うシェリーと、ゾフィスの攻撃を受けてボロボロになったブラゴ。そして、ついに黒い本からエネルギーが失われてしまう。
第86話 逆襲のゾフィス 友情の最終決戦!!
金色のガッシュベル!! 第86話 逆襲のゾフィス 友情の最終決戦!! 誕生日にココからもらったシェリーの指輪。ココも同じデザインのイヤリングを着けている。シェリーはもう迷ってはいない。何としてでもココを助けなくては...。ゾフィスも負けじと、大技でブラゴとシェリーを谷底へ突き落とす。逃げおおせたかに見えたその時...!
第87話 思いよココに届け! シェリー渾身のディオガグラビドン!!
金色のガッシュベル!! 第87話 思いよココに届け! シェリー渾身のディオガグラビドン!! ガッシュ&清麿のゾフィスへの攻撃は、ブラゴとシェリーが阻止した。ゾフィスだけは他の誰かでなく、自分自身の手で倒さなければならないのだ。彼女とブラゴは、この戦いに全てを賭け、苦労と努力を積み重ねてきたのだ。そして今、失われた過去と友情の全てを賭けた、闘いの火ぶたが切って落とされる!
第88話 シェリー・ブラゴ 新たなる門出
金色のガッシュベル!! 第88話 シェリー・ブラゴ 新たなる門出 千年前の魔物を操り、魔物たちの“王を決める戦い”を有利に進めてきたゾフィス。そのゾフィスを、ブラゴとシェリーはついに倒した。だが、それで全てが解決したわけではない。ココは優しさゆえに、ゾフィスの記憶と罪の意識を、生涯持ち続けねばならないのだ...。シェリーとブラゴは、新たな門出を決意する。
第89話 新春スペシャル 華麗なるVよ再び!!
金色のガッシュベル!! 第89話 新春スペシャル 華麗なるVよ再び!! ゾフィスとの戦いは終わり、千年前の魔物も魔界へと帰っていった。清麿の家で、平和なお正月を過ごすガッシュたち。おせち料理にも飽きたその時、フォルゴレとキャンチョメがやって来た。フォルゴレが初夢で見た、映画を撮ろうというのだ。主人公は何と、あのビクトリーム!?
第90話 ただいま...そして嵐のテストバトル
金色のガッシュベル!! 第90話 ただいま...そして嵐のテストバトル 久しぶりに学校へ行った清麿を、歴史の遠山先生が待ち受けていた。いつも自分の授業に出てこない清麿に業を煮やしていた遠山先生は、抜き打ちテストを行うという。結果は鈴芽と同じ70点。翌日も、授業を受けていないと答えようのないテスト。清麿はみんなにノートを見せてもらうが...。
「死にたいと頼まれ」母親殺害した疑いで28歳男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「死にたいと頼まれ」母親殺害した疑いで28歳男逮捕  東京・八王子市のマンションで61歳の母親を殺害したとして28歳の男が逮捕されました。  東京・台東区に住む原嵩織容疑者は2日ごろ、八王子市内のマンションの一室で母親の松井美智子さんを殺害した疑いが持たれています。警視庁によりますと、原容疑者は1日の夜に別居している松井さんの部屋を訪れていて、その約12時間後に兄の自宅に行って母親を殺害したことを伝えたということです。兄が2日午前11時ごろに119番通報しましたが、松井さんはすでに意識不明の状態でした。原容疑者は「お母さんが病気で死にたいと頼まれ、首を絞めた」と容疑を認めています。
第1話 魔界から来た電撃少年
無料
金色のガッシュベル!! 第1話 魔界から来た電撃少年 天才がゆえに周りから妬まれ、友達も出来ず学校をサボり気味になっていた中学生・高嶺清麿。そんな清麿の部屋に、突然窓をブチ破って子供が飛び込んできた!!素っ裸の少年の名は「ガッシュベル」。イギリスにいる清麿の父により、息子の心を鍛え直してくれるよう頼まれはるばる日本までやって来たのだ。