「書店員本田さん」の検索結果

「書店員本田さん」に関する情報は見つかりませんでした。
「書店」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

#40:「あんたがたどこさ」を最底辺に変える!
おはようロバート #40:「あんたがたどこさ」を最底辺に変える! お笑いトリオ・ロバートがAbemaTV初の子ども向け!?番組に挑戦!ロバートの遊び心が詰まったクセの強いキャラクターが続々登場する“最も高カロリー”な朝のバラエティ番組 ●ロバート書店 ●教則ビデオ ●人工生配信 ●セクハラの境界線 ●日焼け倶楽部 ●最底辺替え歌 ●未来想像倶楽部
第2回
無料
ダーウィンズゲームTV 第2回 2020年1月新作アニメ「ダーウィンズゲーム」の生放送特番。小林裕介さんと上田麗奈さん、大森日雅さんが出演し、アニメの魅力を紹介します。番組中に初解禁となるアニメの最新情報も発表予定です。
第3回
無料
ダーウィンズゲームTV 第3回 2020年1月新作アニメ「ダーウィンズゲーム」の生放送特番。小林裕介さんと上田麗奈さん、大森日雅さん、八代拓さん、花守ゆみりさんが出演し、アニメの魅力を紹介します。番組中に初解禁となる最新PVも発表予定です。
第4回
無料
ダーウィンズゲームTV 第4回 TVアニメ「ダーウィンズゲーム」の出演キャストが生放送でお届けする特別番組。小林裕介さん、上田麗奈さん、大森日雅さんが出演し、アニメの魅力や最新情報を紹介します。さらに、今回はバンダ君役の竹本英史さんがゲストとして出演します。
第1回
無料
ダーウィンズゲームTV 第1回 2020年1月新作アニメ「ダーウィンズゲーム」のメインキャスト陣による特別番組。小林裕介さん、上田麗奈さん、大森日雅さん、八代拓さん、花守ゆみりさんが出演し、「ダーウィンズゲーム」の魅力や最新情報をお届けします。AbemaTVで「ダーウィンズゲーム」の地上波同時・独占先行配信も決定。
第2話 えすいばつ
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第2話 えすいばつ 泉の自慰を目撃してしまった和紗は、ますます混乱してしまう。書店で性についての本を読み漁っていると、新菜から連絡があり、とある頼みごとをされる。男性の気持ちについて考える和紗だったが、翌日の部活ではセックスの代わりとなる言葉を考えることに。「サックス......シックス......ソックス......」
第3話 バスガス爆発
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第3話 バスガス爆発 廃部を言い渡された文芸部の面々は、回避するために戦うことを決意する。一方ひと葉は、英気を養うために訪れた書店で、別の女子高校生作家のデビュー作を見つけてしまう。編集者に問い詰めるもリアリティがないと言われ、チャットルームで相談することに。「チャットじゃなくて。実際にしてみたい」
第1話 初陣(ファーストゲーム)後編
ダーウィンズゲーム 第1話 初陣(ファーストゲーム)後編 平凡な日常を送っていた男子高校生のカナメの元に、ある日アプリ「ダーウィンズゲーム」の招待メールが届く。何気なくアプリを開いた事でゲームのプレイヤーになってしまったスドウカナメ。 怪しげな雰囲気のゲームを訝しんでいるうちにバトルが始まり、突如パンダの着ぐるみを着た謎の人物が襲い掛かかる。果たして、絶対絶命のバトルにカナメは生き残ることができるのか!?
第2話 渋谷(ジェムストーンマイン)
ダーウィンズゲーム 第2話 渋谷(ジェムストーンマイン) ルーキー狩りのバンダ君を倒し、無敗の女王シュカからも勝利を手にしたカナメ。その後、シュカからゲームのルールの説明を受け今後共闘することに。そして次に開催されるゲーム内イベントの情報を収集するため、早速二人で舞台となるシブヤを散策するのだが、緊張感なく買い物に夢中になるシュカに辟易気味なカナメの元に、不穏な影が忍び寄るー
第3話 引き金(イグニッション)
ダーウィンズゲーム 第3話 引き金(イグニッション) イベント「宝探しゲーム」がついに始まる。イベントのルールは、”シブヤの街に隠されたリングを集める”というもの。直前まで一緒だったはずのカナメとシュカは離れ離れとなりイベントスタート。 ホテルに転送されたカナメはシュカとの合流を目指し脱出を開始するが、好戦的なプレイヤーの存在や封鎖された通路により苦戦を強いられる中、レインと名乗る少女と出会う。
第4話 火花(ファイアーワークス)
ダーウィンズゲーム 第4話 火花(ファイアーワークス) 監視カメラにより自分たちの位置が「花屋」に補足されていることに気づいたカナメとレイン。二人は協力し、逃げながら監視カメラを壊すことで、追っ手を使い二人を追い詰めようとする「花屋」をうまく翻弄していく。しかし、いつまでも追っ手を交わすことに限界を感じたカナメは、生存確率2割以下、 一か八かの大勝負に賭けて出るのだった。
第5話 水葬(アクアリウム)
ダーウィンズゲーム 第5話 水葬(アクアリウム) 自らの異能を真に覚醒させ、「花屋」ことヒイラギとの勝負に何とか勝利したカナメ。「宝探しゲーム」の攻略をするには、危険なクラン「エイス」との衝突は避けられないことを知る。そこで、カナメはレイン、リュージ、ヒイラギと即席のクランを結成する。打倒「エイス」に向けて戦略を練っている最中、カナメのもとに、シュカから「たすけて」とメッセージが届く。
第6話 金剛(ハードネス)
ダーウィンズゲーム 第6話 金剛(ハードネス) シュカがメッセージを送って来た場所に到着したカナメとリュージ。そこは何者かの異能によって水没した地下道だった。シュカを救うべく、躊躇なく地下道へ入っていくカナメは、その先で意識を失うシュカを見つける。一方、リュージは事情を探るべく、地下道の入り口で出会った少女・スイを追い詰めて行くが、逆にスイの異能によって追い詰められてしまう。
第1話 初陣(ファーストゲーム)前編
無料
ダーウィンズゲーム 第1話 初陣(ファーストゲーム)前編 平凡な日常を送っていた男子高校生のカナメの元に、ある日アプリ「ダーウィンズゲーム」の招待メールが届く。何気なくアプリを開いた事でゲームのプレイヤーになってしまったスドウカナメ。 怪しげな雰囲気のゲームを訝しんでいるうちにバトルが始まり、突如パンダの着ぐるみを着た謎の人物が襲い掛かかる。果たして、絶対絶命のバトルにカナメは生き残ることができるのか!?
第7話 圧砕(エイス)
無料
ダーウィンズゲーム 第7話 圧砕(エイス) 「宝探しゲーム」も終盤に突入し、ついに「エイス」がシブヤセントラルタワーへ進軍を開始する。 ヒイラギは当初の計画通り、一人タワーに籠城し迎え撃つのだが、「エイス」の幹部・シグがもつ炎の異能(シギル)との相性の悪さに苦戦を強いられる。 一方、イベントクリアの鍵がシブヤ駅にあると分かったレインは一足先に駅に辿り着くが、既に駅には意外な人物が待ち構えていた。
第5話
無料
邪神ちゃんドロップキック 第5話 神保町。書店街で邪神ちゃんは魔導書が見つからないことに落胆しつつ、ゆりねとジローで昼食を取る。食事後、ゆりねは天使ぺこらへの差入れとしてお弁当を頼むのであった。施しを受けるか苦悩する空腹のぺこら、そして糧を得ようとした先にいたのは、弁当をむさぼり食べる邪神ちゃんの姿だった。ミノスと邪神ちゃんの幼少期や、再登場で暴走が増す橘芽依。さらにぺこらのバイト話を踏まえ、邪神ちゃんと仲間たちの日常が加速する。
第7話 御せぬ君たち
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第7話 御せぬ君たち 朏家で打ち合わせ中の素晴と河瀬。いよいよ素晴の単行本が発売されるため、そのカバーデザインを選んでいると、河瀬からサイン会の話を持ち掛けられる。書店からの強い要望でぜひ開催してほしいと言われるが、人付き合いが苦手な素晴にとってサイン会などもってのほか。きっぱりと断る素晴。すると突然、玄関チャイムが鳴り響き、ぞろぞろと子どもたちがやってきた!唐突過ぎる出来事に呆然とする素晴――
第1話 Roughsketch<素描>
無料
Another 第1話 Roughsketch<素描> 父の仕事の都合で、夜見山市の祖父母宅へ引っ越してきた榊原恒一。こちらへ来て早々、気胸を患い入院した恒一は、1か月遅れで夜見山北中学校3年3組に転入した。教室で目に止まったのは、眼帯をした美少女・見崎鳴。偶然にも病院で彼女と出会っていた恒一は、その不思議な存在感が気にかかる。だが、親しく接してくれるクラスメイトの中に、彼女について触れる者は誰もいなかった……。
第2話 Blueprint<思惑>
Another 第2話 Blueprint<思惑> 鳴が気になる恒一は、姿を見かけては自分から声をかけていた。だが、恒一の質問に鳴が答えることはなく、ただ「気をつけたほうがいいよ」と、忠告ともとれる言葉を口にするだけだった。クラスメイトの勅使河原や望月は、そんな恒一の様子に戸惑いを隠せない。それでも鳴のことを知ろうとする恒一は、放課後に彼女のあとを追いかける。夕暮れの住宅街で、たどり着いた先にあったのは……。
第3話 Bonework<骨組>
Another 第3話 Bonework<骨組> 古びた人形だらけの工房で、鳴と出会った恒一。鳴は恒一に26年前の3年3組に起きた、ある出来事を語る。それは、一人の生徒の死にまつわる不思議な話だった。恒一は勅使河原や桜木たちにもその話について尋ねるが、誰もが困ったような表情を見せ、口を固く閉ざしてしまう。そんな時、恒一は亡くなった母親が「26年前の3年3組」の一員だったことを叔母の怜子から聞かされる……。
第4話 Putflesh<輪郭>
Another 第4話 Putflesh<輪郭> ある生徒の突然の、理不尽な事故死により「3組の呪い」の噂は一気に信憑性を増した。恒一は鳴という不思議な存在と26年前の話が、一連の出来事と繋がっているように思えてならなかった。工房で再び出会った鳴は、そんな学校の変化に気づいていたが、相変わらず恒一に詳しいことを話そうとはしない。3年3組には怯えたような空気が満ち、対策係の赤沢も頭を悩ませるが……。
第5話 Buildlimbs<拡散>
Another 第5話 Buildlimbs<拡散> 恒一が親しくしていた看護師の水野に起きた悲惨な事故。それ以来、3年3組の緊張感はさらに高まり、恒一が知らぬ間に赤沢が女子の新しいクラス委員長に決まっていた。自分がいない場でクラスメイトたちが何かを話し合っている。それを知っても理由を教えてもらえるわけもなく、恒一は途方に暮れる。クラスの方針にあまり賛成できずにいた高林は、そんな恒一の疑問に答えようとするが……。
第6話 Facetoface<二人>
Another 第6話 Facetoface<二人> 26年前から続く“災厄”から逃れるため、代々の3年3組では、ある“おまじない”が行われていた。転校してきてから恒一がクラスの雰囲気に感じていた違和感も、すべてそれが理由だった。その“おまじない”に理不尽さを感じながらも、恒一は現状を受け入れ、鳴と行動を共にするようになる。そして、これまで夜見山北中学校で起きてきたことを、図書室で自分なりに調べ始めるが……。
第7話 Spherejoint<変調>
Another 第7話 Spherejoint<変調> 3年3組の教室におびただしい血が流れ、すでに始まってしまった“災厄”は止められないのだと誰もが悟った。“おまじない”は取りやめになり、赤沢たちは「“災厄”をもたらす“死者”は誰なのか…?」という疑問を抱く。そんな時、恒一は15年前の“災厄”だけが途中で止まっていたことを知る。司書の千曳によると、その年の夏休みにはクラス合宿が行われ、夜見山神社をお参りしたらしいが……。
第8話 Hairstand<紺碧>
Another 第8話 Hairstand<紺碧> 災厄が止まった手がかりを知る松永は、怜子と同じく15年前の3年3組の生徒だった。恒一は赤沢や勅使河原たちと共に、怜子の車で彼が働いている隣町のリゾートホテルへ向かう。留守だった松永を待つ間、一行はせっかくだからと海で遊ぶことに。そこで偶然にも、家族と別荘へ来ていた鳴と出会う。夜見山市を出て、緊張感から解放された恒一たちは、束の間の楽しい時間を過ごすが……。
第9話 Bodypaint<連鎖>
Another 第9話 Bodypaint<連鎖> 夜見山市の外で起きた思いがけない事故に、周囲の不安は一層募る。事故の直後、松永が何かを思い出したかのようにつぶやいた「教室」という言葉を手がかりに、恒一は15年前の3年3組があった旧校舎を調べることにする。これ以上、犠牲者を増やさないことを考え、協力を求めるのは勅使河原と望月だけにした。そこへ3人の行動に気づいた鳴も加わり、旧校舎の探検が始まるが……。
第10話 Glasseye<漆黒>
Another 第10話 Glasseye<漆黒> 恒一たちは旧校舎で松永が残したテープを見つけたが、犠牲者はさらに増えてしまった。成す術がないままクラス合宿が始まり、3年3組の生徒たちは副担任の三神と千曳に引率され、宿泊先となる咲谷記念館へやってくる。落ち着いたところで恒一、鳴、勅使河原は望月の部屋に集まり、松永のテープに録音された核心部分を聞く。そこには“災厄”を止めることができた、ある方法が語られていた……。
第11話 Makeup<惨劇>
Another 第11話 Makeup<惨劇> 鳴を“死者”と疑い、憎しみの目を向ける杉浦と、階下に転落していった風見。恒一たちは二人の姿を見失ってしまう。その上、合宿所食堂で火の手が上がり、望月が保管していたテープが奪われた。窮地に陥った勅使河原たちは危機を報せに館内を周りはじめる。一方で赤沢は、再会した杉浦の奇妙な変化に苦渋の表情を浮かべる。それぞれの疑心暗鬼が渦巻く合宿所で、呪われた一夜が幕を開ける……!
第12話 Standbyoneself<死者>
Another 第12話 Standbyoneself<死者> 鳴を“死者”だと疑い、憎しみの目で追い込んでいく赤沢。恒一は鳴をかばおうとするが、二人の姿を見失ってしまう。すでに合宿所はあちこちから火の手が上がり、収拾がつかない事態になっていた。窮地に陥った勅使河原と望月は駆けつけた千曳に助けられるが、恒一は行く先々で見つけた犠牲者を救えず、苦渋の表情を浮かべる。そして、なおも鳴に襲いかかる赤沢を必死で止めようとするが……!?
第8話
無料
キツネちゃん、何しているの? 第8話 チョルスはベッドに横になって本を読むが目に入らず、ビョンヒに電話してヘルメットが欲しいと、屋台に出てくるよう言う。ヘルメットを被ったチョルスはビョンヒに紐を結んでくれと言い、チョルスは近くに迫ったビョンヒの顔をじっと見ている。ホテルのレストランに行ったジュニはピョンガクに遅れたことを怒られ、ピョンガクは食事しながら欲しい車があればいつでも言えと言う。書店でヒミョンを待っていたビョンヒは、キャンピングカーに乗って出掛ける想像をして目覚め、ヒミョンと手を繋いで映画を見たビョンヒは、ヒミョンの肩にもたれながら心地よさを感じている。チョルスはスンヘのビデオ店に来たビョンヒとヒミョンを見つけると、店の中に入ってヒミョンに握手を求めながら挨拶する。ヒミョンはビョンヒに食事したいと言いながら、来たついでにスンナムに挨拶したいと言い、チョルスはそんなヒミョンを睨む。ピョンガクの車から降りたジュニを見たビョンヒが誰かと尋ねると、ジュニは帰ろうとするピョンガクを捕まえて恋人だと紹介する。ビョンヒの家のリビングに集まったビョンヒ、ヒミョン、ジュニ、ピョンガク。本当に付き合っているのかというスンナムの問いに、ビョンヒとヒミョンはそうだと答え、チョルスは暗い表情で彼らを眺める。