「朝 青龍」の検索結果

今すぐ視聴する

秋田犬「モフモフ」の魅力 世界の著名人を虜に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 秋田犬「モフモフ」の魅力 世界の著名人を虜に  「モフモフ」の魅力で世界の著名人をとりこにするあの犬が体を張ってふるさとの魅力をPRしました。  秋田犬と小さな女の子が秋田を代表する名物「きりたんぽ」や「比内地鶏」を体を使って表現しています。「秋田犬が女の子に秋田の魅力を教えようとしている」という設定だそうです。この動画は秋田県大館市で8日、秋田犬の魅力を発信する観光施設「秋田犬の里」が本格オープンしたことに合わせて公開されました。「忠犬ハチ公」の故郷・大館市は秋田犬の魅力発信に努めていて、市が制作した今回の動画も風景や背景をなくすことで秋田犬が際立つようにしたといいます。  大館市企画調整課・川田博之さん:「新しくオープンした『秋田犬の里』では、施設のコンセプトとして秋田犬ファーストを掲げています。これは動画の制作においても同じで、ポーズは秋田犬に無理に強いるのではなく、あくまで犬の自然な表情や動作を撮影したものから、そのしぐさを大館市の特産品や名所に当てはめて映像制作しました。“秋田犬に優しく”をモットーにした私たちのこだわりが入っています」  秋田犬は、フィギュアスケート女子の金メダリスト・ロシアのザギトワ選手やその国の大統領・プーチン氏、さらには元横綱・朝青龍までもとりこにするモフモフな実力者。市では、秋田犬の魅力がコンパクトに詰まったこの動画や観光施設への集客を通じてさらなるPRに努める考えです。
第29話 裏からの刺客・冷血の天才レオン
中華一番! 第29話 裏からの刺客・冷血の天才レオン マオたちが水牛料理の準備をしていると、突然現れた男が青龍刀を目にも止まらぬ速さで振り回し、巨大水牛を血一滴こぼさず完璧に解体する。その男こそ、かつて陽泉酒家で修行し天才少年と呼ばれたレオンだった。

おすすめの作品

米・ビーガン北朝鮮特別代表が非核化めぐり訪韓
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米・ビーガン北朝鮮特別代表が非核化めぐり訪韓  アメリカのビーガン北朝鮮担当特別代表が韓国を訪れました。膠着(こうちゃく)している米朝の非核化交渉の再開に向け、韓国政府高官と協議します。  ビーガン特別代表は8日夜、ソウルに到着しました。9日以降に康京和(カン・ギョンファ)外相や李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長ら韓国政府高官と会談します。北朝鮮の飛翔(ひしょう)体発射など朝鮮半島情勢について意見を交わし、2月の米朝首脳会談が物別れに終わってから膠着している非核化交渉の再開に向けて対応を協議します。また、北朝鮮への制裁問題などを検討する作業部会を開き、7日の米韓首脳の電話会談のなかでトランプ大統領が支持したとされる北朝鮮への食糧支援についても話し合う可能性があります。
北朝鮮サバイバル
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 北朝鮮サバイバル 今回のテーマは、「北朝鮮サバイバル」。核・ミサイルで体制の「サバイバル」をはかってきた金政権。一方で、そのもとで暮らす人々も、自らの生活をかけて日々「サバイバル」をはかり、北朝鮮経済を支えている。北朝鮮外交が歴史的な節目を迎える中、あえて経済と人々の暮らしに焦点をあて、体制の陰で人々がどうやって生き延びようとしているのかを取材した。 中国の特派員が国境付近で撮影した、北朝鮮国内の最新映像には、凍った川に穴をあけて洗濯する女性たちや、木炭車とみられる車に群がる人々がとらえられていた。過酷な環境の中でたくましく生きる人々の姿を紹介する。 また、北朝鮮の企業と長年取引を続けてきたオランダ人ビジネスマンや、北朝鮮の大学に留学したイギリス人学生の話などを通して、「私たちが知らない北朝鮮」の姿を伝える。
北朝鮮貨物船 石炭輸出の疑いで米が初の差し押さえ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮貨物船 石炭輸出の疑いで米が初の差し押さえ  北朝鮮が飛翔(ひしょう)体の発射を繰り返すなか、アメリカの司法省は国連安全保障理事会の制裁決議に違反して石炭を輸出したとして、北朝鮮船籍の貨物船を初めて差し押さえました。  司法省によりますと、差し押さえられたのは北朝鮮船籍の貨物船「ワイズオネスト」で、2016年11月ごろから北朝鮮西部の南浦(ナンポ)から中国やロシアに向けて石炭を度々、運び出していたということです。貨物船は去年4月に船舶の自動識別装置を作動させなかったとして、インドネシア当局に拿捕(だほ)され、その後、アメリカに引き渡されていました。アメリカが安保理の制裁違反で北朝鮮の船舶を差し押さえるのは初めてです。司法省の高官は「北朝鮮の好戦的な行動を止めるために、司法省は最大限の圧力を掛ける役割を果たす」と述べ、飛翔体を相次いで発射する北朝鮮を強く牽制(けんせい)しています。
日米実務者 “飛翔体”や日朝会談などで意見交換
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 日米実務者 “飛翔体”や日朝会談などで意見交換  外務省の金杉アジア大洋州局長はアメリカのビーガン北朝鮮担当特別代表と会談し、北朝鮮が発射した飛翔(ひしょう)体などについて意見交換を行いました。  8日午前に外務省で行われた会談では、北朝鮮が先週に発射した複数の飛翔体についてアメリカ側から詳しい分析内容を聞き、発射の狙いや今後の対応などを協議しました。また、韓国も含めて緊密に連携していくことを確認しました。さらに、停滞している北朝鮮の非核化や安倍総理大臣が提案している日朝首脳会談の見通しについても意見交換したものとみられます。
米による貨物船差し押え 「鋭く注視」北朝鮮が牽制
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米による貨物船差し押え 「鋭く注視」北朝鮮が牽制  北朝鮮がアメリカによる貨物船の差し押さえを強く非難しました。  北朝鮮の外務省は14日午後に談話を発表し、アメリカが北朝鮮の貨物船を経済制裁の違反を理由に差し押さえたことについて、去年6月の米朝首脳会談で発表された共同声明の「基本精神を全面否定する行為だ」と非難しました。そのうえで、「今後の動きを鋭く注視する」とアメリカを牽制(けんせい)しています。北朝鮮が差し押さえを非難するのは初めてです。貨物船は大量の石炭を輸出していたなどとして去年、拿捕(だほ)されていました。
国連人権理 北朝鮮に拉致問題解決を勧告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 国連人権理 北朝鮮に拉致問題解決を勧告  スイス・ジュネーブで開かれた国連の人権理事会で、北朝鮮に対して日本の拉致被害者の即時帰国に向けた行動を取ることなどが勧告されました。  国連の人権理事会で北朝鮮の人権状況について約5年ぶりに審議が行われ、14日に260を超える項目の勧告が採択されました。勧告には、日本が求めたすべての拉致被害者の即時帰国に向けた行動を取ることや北朝鮮の国民に移動や表現の自由を認めること、それに政治犯収容所の閉鎖などが盛り込まれています。各国から北朝鮮の人権に対する懸念の声が相次ぎましたが、北朝鮮の代表団は拉致問題など一部の勧告を拒否して「多くの誤解がある」と不満を示しました。
田中萌アナ・コメント傑作選「笑い」編
無料
AbemaMorning【平日あさ7時〜生放送】 田中萌アナ・コメント傑作選「笑い」編 -
わずか5日でまた飛翔体 米韓と連携し情報収集急ぐ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 わずか5日でまた飛翔体 米韓と連携し情報収集急ぐ  北朝鮮が再び飛翔(ひしょう)体を発射したと韓国軍が発表し、日本政府は情報収集にあたっています。  北朝鮮が再び飛翔体を発射した。韓国軍の発表によると、午後4時半ごろ、北朝鮮は北西部の平安(ピョンアン)北道付近から東に向け飛翔体を発射したという。はたしてこの飛翔体は弾道ミサイルなのか。北朝鮮は4日にも複数の飛翔体を発射していて、アメリカはミサイルとロケットだったと分析。今回、発射されたものも弾道ミサイルかどうか韓国軍が確認を急いでいる。前回の発射からわずか5日。北朝鮮の意図は何なのか。  龍谷大学・李相哲教授:「今、米朝交渉が膠着(こうちゃく)状態になってアメリカは北朝鮮に対する要求。つまり完全な非核化を要求している態度をなかなか軟化してない。態度を軟化しなければ我々は挑発し続けるというメッセージを送っている」  また、韓国に対しては威嚇の意味もあるという。  龍谷大学・李相哲教授:「今回の2回目まで合わせて考えるとイスカンデルは韓国を射程に置いたもの。米と北朝鮮の間で態度をはっきりしてない文政権に対する警告だと思います」  また、日本政府の反応として防衛省幹部は日本の安全保障に影響があるような被害の情報は入っていないとしている。防衛省は会議を開き情報の収集や分析にあたっていた。  岩屋防衛大臣:「(Q.北朝鮮の意図は?)北朝鮮の意図について私どもとして断定的に申し上げる立場にない。いずれにしても米国・韓国等と連携して情報の収集・分析、警戒監視に万全を期して参りたい。動向をし…
田中萌アナ・コメント傑作選「塩対応」編
無料
AbemaMorning【平日あさ7時〜生放送】 田中萌アナ・コメント傑作選「塩対応」編 -
田中萌アナ・コメント傑作選「萌の素顔」編
無料
AbemaMorning【平日あさ7時〜生放送】 田中萌アナ・コメント傑作選「萌の素顔」編 -