「朝日新聞 最新」の検索結果

今すぐ視聴する

核の夢~二つの世界~
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 核の夢~二つの世界~ 原爆投下による広島、長崎の悲劇を引き起こした核エネルギー。人類はこの巨大な力で社会を豊かにする夢もみたが、チェルノブイリや福島の事故を経て、その夢はすっかり色あせたかに見えた。だが世界を見渡せば、まだ夢を見続ける国は少なくない。原発輸出世界1位のロシアは、この20年あまりで国内外に20基ほどの原発を建設。中国は最新型の「華竜1号」の開発を進め、世界最大の原発大国になる日も近いといわれている。さらに地球温暖化対策を理由に原子力エネルギーを積極的に選択する国も...。原発との付き合い方に悩む国々と、積極的に増やす国々。二つの世界をレポートし核エネルギーの未来を考える。
北朝鮮サバイバル
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 北朝鮮サバイバル 今回のテーマは、「北朝鮮サバイバル」。核・ミサイルで体制の「サバイバル」をはかってきた金政権。一方で、そのもとで暮らす人々も、自らの生活をかけて日々「サバイバル」をはかり、北朝鮮経済を支えている。北朝鮮外交が歴史的な節目を迎える中、あえて経済と人々の暮らしに焦点をあて、体制の陰で人々がどうやって生き延びようとしているのかを取材した。 中国の特派員が国境付近で撮影した、北朝鮮国内の最新映像には、凍った川に穴をあけて洗濯する女性たちや、木炭車とみられる車に群がる人々がとらえられていた。過酷な環境の中でたくましく生きる人々の姿を紹介する。 また、北朝鮮の企業と長年取引を続けてきたオランダ人ビジネスマンや、北朝鮮の大学に留学したイギリス人学生の話などを通して、「私たちが知らない北朝鮮」の姿を伝える。

おすすめの作品

Walls~壁がつくる世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 Walls~壁がつくる世界 実はいま、世界で「壁」が急増している。「トランプの壁」計画で揺れるアメリカ―メキシコ国境3200キロを朝日新聞GLOBE記者がたどった。命がけの密入国と、それを阻もうとする当局の攻防、そして壁を越えて交流する人々の実態を描く。
喝采と警戒のシルクロード
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 喝采と警戒のシルクロード 大航海時代の到来と交代するように歴史の表舞台から姿を消したシルクロードが今、復活を遂げつつある。仕掛けたのは中国。巨大構想“一帯一路”によるものだ。そのシンボルが、中国から中央アジアを経て欧州まで駆け抜ける列車「中欧班列」。流れ込んだヒト・モノ・カネによって、周辺の景色は一変している。経済特区として活況に沸くカザフスタン・ホルゴス、中国と欧州を結ぶ内陸港として再起をかけるドイツ・デュイスブルク...。一方、タジキスタンは中国からの債務超過に直面し、新疆ウイグル自治区では少数民族への弾圧が強まっている。光と影、“一帯一路”がもたらすものとはー。2018年ATP賞ドキュメンタリー部門で奨励賞を受賞した朝日新聞・村山祐介記者が、現代に蘇ったシルクロード1万キロを取材。喝采と警戒が渦巻く いにしえの交易路の今を追った。
未来をあきらめない~SDGsで見える世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 未来をあきらめない~SDGsで見える世界 「このままでは、地球はもたない...!」強い危機意識から生まれた、SDGsとは。食品ロス問題にいち早く取り組んだパリの取り組みや、日本にも関係の深い、ハワイの海洋ゴミ問題などを取材。いま、私たちにできることは?
「天才」の育て方
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「天才」の育て方 AI時代にも色褪せない才能とは何か。独創的な研究を続ける若き「天才」に密着。彼を育てた母親と恩師のことばから、「才能の伸ばし方」のヒントをさぐる。ITエリートを輩出する中東イスラエルでは、軍が育てた天才2人の発明品を取材。仲間と共に学び、高めあう「ポジティブな共同性」の大切さを考える。
すぐそこに遺伝子
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 すぐそこに遺伝子 遺伝子を自在に編集、加工できる時代がやってきた。自宅で遺伝子改変に取り組む「バイオハッカー」たちが使うのは、ノーベル賞級の発見と言われる新技術「クリスパー・キャス9」。さらに、広がる「クローン犬ビジネス」と、人類の存亡を左右するかもしれない「遺伝子ドライブ」技術を紹介。遺伝子の最前線に迫る。
世界とつながる被災地
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 世界とつながる被災地 東日本大震災から7年、被災地では人材不足などの構造問題が深刻化する一方、外国人労働者との新たな関係が生まれている。宮城県塩釜市では、技能実習生が地元の祭りに参加するなど地域とのつながりが生まれている。世界からの人々を復興の活力に...。世界とつながる被災地の今を追った。
FRBと日本銀行~中央銀行の力とは?
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 FRBと日本銀行~中央銀行の力とは? 2月5日、FRBトップに、ジェローム・パウエル氏が就任。いきなり株価暴落に見舞われ、波乱の船出となった。日本では、任期満了を迎える黒田総裁の去就に注目が集まっている。 リーマンショック後に各国の中央銀行が推し進めてきた、史上類を見ない「金融緩和」政策。その功罪は? トップ人事の節目に、中央銀行の力と、その限界を考える。
ロシアの流儀
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 ロシアの流儀 4期目がスタートした、ロシアのプーチン大統領。経済が低迷しても、国際社会で孤立を深めても、高い支持率は衰え知らず。大統領自ら、庶民の質問に4時間も答え続ける名物番組「プーチン・ホットライン」とは?「クリミア併合」をロシア国民はどう捉えているのか?プーチンの「力の源泉」エネルギー戦略とは? 長くロシアを取材し続けてきた記者が、謎多き超大国の「流儀」を紐解く。
中東の新しい地図
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 中東の新しい地図 中東が大きく変わりつつある。アラブの春、シリア内戦、イスラム国の盛衰...それらを経た中東では今、イランが存在感を高めその影響力を及ぼすエリアは「三日月地帯」とも呼ばれる。そんなイランではSNSが国民に浸透、自己表現のツールとする若者も出てきている。イランを中心とした中東の新しい地図とは?中東地殻変動の今を追った。
テクノロジーの世紀
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 テクノロジーの世紀 今回のテーマは「テクノロジー」テクノロジーは私たちの暮らしを劇的に変えている。そんなテクノロジー進化のエネルギーは私たちの欲望だ。アメリカでは、AI搭載のラブドールが開発され注目を集めている。はたして人間がロボットを愛する日は来るのか...?アメリカ・中国・東京、技術と欲望が形作る近未来を考える。