「朝青龍 対戦」の検索結果

「朝青龍 対戦」に関する情報は見つかりませんでした。
「対戦」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

艇王2017 2nd round (1日目・前半)
無料
艇王2017 2nd round 艇王2017 2nd round (1日目・前半) ルアーマガジンの人気対戦企画「艇王」。2013年にスタートし、今年で5年目を迎える。2ndラウンドの舞台は滋賀県 琵琶湖。今回は稀代のBIGバスハンター奥田学と、昨年度のJB TOP50年間チャンピオン北大祐が対戦。日本最大の湖で繰り広げられる熱い戦いを再放送でお届けします。
艇王2017 2nd round (1日目・後半)
無料
艇王2017 2nd round 艇王2017 2nd round (1日目・後半) ルアーマガジンの人気対戦企画「艇王」。2013年にスタートし、今年で5年目を迎える。2ndラウンドの舞台は滋賀県 琵琶湖。今回は稀代のBIGバスハンター奥田学と、昨年度のJB TOP50年間チャンピオン北大祐が対戦。日本最大の湖で繰り広げられる熱い戦いを再放送でお届けします。
艇王2017 2nd round (2日目・前半)
無料
艇王2017 2nd round 艇王2017 2nd round (2日目・前半) ルアーマガジンの人気対戦企画「艇王」。2013年にスタートし、今年で5年目を迎える。2ndラウンドの舞台は滋賀県 琵琶湖。今回は稀代のBIGバスハンター奥田学と、昨年度のJB TOP50年間チャンピオン北大祐が対戦。日本最大の湖で繰り広げられる熱い戦いを再放送でお届けします。
艇王2017 2nd round (2日目・後半)
無料
艇王2017 2nd round 艇王2017 2nd round (2日目・後半) ルアーマガジンの人気対戦企画「艇王」。2013年にスタートし、今年で5年目を迎える。2ndラウンドの舞台は滋賀県 琵琶湖。今回は稀代のBIGバスハンター奥田学と、昨年度のJB TOP50年間チャンピオン北大祐が対戦。日本最大の湖で繰り広げられる熱い戦いを再放送でお届けします。
新K-1伝説 #134
新K-1伝説 新K-1伝説 #134 同郷・愛知県出身の先輩後輩が、3月21日に行われた新生K-1最大のビッグマッチ「K'FESTA.1」で運命の一騎打ち。野杁正明の持つK-1スーパー・ライト級のベルトに、3連続KO勝利で勢いに乗る大和哲也が挑戦。前回の対戦では、先輩である大和が勝利したものの、4年ぶりとなる2度目の対戦の結末やいかに。
新K-1伝説 #143
新K-1伝説 新K-1伝説 #143 6月17日に行われたK-1さいたま大会より、ウェルター級の2大決戦に、木村“フィリップ”ミノルと城戸康裕が登場。復活を遂げた木村は、代打出場となった山際和希と。前回の大会でウェルター級転向後の初勝利を挙げた城戸は、日本の強豪との対戦も豊富なマサロ・グランダーと対戦。ウェルター級のベルトに近づくのは。
Episode 3 ポーラの策略
ザ・チャレンジ~ライバルズ~ Episode 3 ポーラの策略 チャレンジで強豪ペアのはずのローレルとカーラ・マリアが失敗し、「ジャングル」送りに。2人の対戦相手を決める中で、ポーラはある策略を実行する。CTが邪魔なウェスは彼を挑発、その結果とんでもないことに...。
新K-1伝説 #7
新K-1伝説 新K-1伝説 #7 2014年11月3日に旗揚げした新生K-1。 第7回放送は、11月21日(土)「K-1 WORLD GP 2015 ~THE CHAMPIONSHIP~」 国立代々木競技場第二体育館大会で行う“史上最大の兄弟ゲンカ”【K-1 WORLD GP -60kgタイトルマッチ】卜部功也(王者/日本)vs卜部弘嵩(挑戦者/日本)を特集します! 1月のK-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント決勝戦から今回の対戦が決まるまでの弟・王者卜部功也と兄・挑戦者卜部弘嵩を振り返ります。そして【K-1甲子園2015~高校生日本一決定トーナメント~決勝戦】に出場する4選手と昨年K-1甲子園王者に輝き、今大会ではスーパーファイトでマサロ・グランダー(オランダ)と対戦する平本蓮(K-1ジム総本部チームペガサス)も登場します!
ONE DAY #71 芦澤竜誠
ONE DAY ONE DAY #71 芦澤竜誠 ビッグマウスで対戦相手を挑発し続け、有言実行のパフォーマンスで快進撃を続ける芦澤竜誠。11.3 K1大会でついに元K1王者・卜部弘嵩との対戦が決定。どんな発言が飛び出すのか!?
新K-1伝説 #45
新K-1伝説 新K-1伝説 #45 9月19日「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg世界最強決定トーナメント~」の一回戦、卜部弘嵩 vs ヨハネス・ウルフを特集。3月の対戦では-60kg王者でありながら、伏兵ウルフにまさかの不覚を取った卜部。更なるステップアップを期して、そして王者の責任を抱いて、意地の雪辱なるか。
新K-1伝説 #51
新K-1伝説 新K-1伝説 #51 9月19日「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~」より、一回戦の模様をお届けします。初代スーパー・フェザー級王者・卜部功也は、過去に敗北しているカリム・ベノーイとの再戦。“孤高の空手家”小宮山工介は、“ブラジルのピットブル”パウロ・テバウと対戦。
新K-1伝説 #155
新K-1伝説 新K-1伝説 #155 9月24日「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」が開幕。新設された-90kgの初代王座を争うのは日本人選手4名と世界の強豪4名。OD・KENは身長2mを誇るイランのシナ・カリミアン。K-Jeeはアメリカのサムライ、ブラインアン・ミクグラスと対戦。
ONE バンコク大会に向けて三浦彩佳選手にインタビュー
ONE Championship 2020 ONE バンコク大会に向けて三浦彩佳選手にインタビュー ONEバンコク大会に出場 3連勝のかかる三浦彩佳選手に話を聞いた。男子選手に混じり練習、倒されても向かってくる姿に付いたあだ名は”ゾンビ” これまで圧倒的なパワーと得意の寝技でONEで圧勝してきた三浦だが、2年前パンクラスのリングで打撃系選手と対戦しTKO負け、しかも顔面崩壊の痛々し姿に。今回、対戦するマイラ・マザール選手の強力な打撃にどのように対処するのか、得意の寝技に持ち込めるかが勝負のカギとなる。3連勝すれば次はタイトル戦が見えてくる
新K-1伝説 #46
新K-1伝説 新K-1伝説 #46 9月19日「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~」の一回戦、卜部功也 vs カリム・ベノーイを特集。スーパー・フェザー級初代王者である卜部功也が、ヨーロッパ軽量級最強戦士との呼び声の高いカリム・ベノーイと激突。2014年、敵地フランスに乗り込んでの対戦では判定負けを喫した卜部功也が、難敵カリム・ベノーイ撃破を誓う。
新K-1伝説 #60
新K-1伝説 新K-1伝説 #60 11月3日、ついに開幕した「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」。決勝で実現したこの顔合わせ。6月の対戦の再現となる小澤海斗 vs 武尊。カリスマとしてK-1の最前線を走る武尊と、武尊へのリベンジだけを叫び続けた小澤。ここから始まった2人のライバルストーリーは、頂点を争う大舞台で完結するのか。
新K-1伝説 #80
新K-1伝説 新K-1伝説 #80 4月22日に行われたK-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~より、KOICHIとK-Jeeのヘビー級の対戦をお届けします。ヘビー級転向以来、連勝中のK-Jeeが世代交代を目論み、長年、日本ヘビー級戦線で活躍してきたベテランKOICHIに挑む。
新K-1伝説 #83
新K-1伝説 新K-1伝説 #83 4月22日に行われたK-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~より、いよいよ開幕したトーナメントの模様をお届けします。昇龍拳・石田圭祐に対するはフランスの皇帝・チャールズ・ボンジョバーニ。足立区より世界を目指す武居由樹はスペインのアントニオ・オルデンと対戦。頂点へまた一歩近づくのははたして。
新K-1伝説 #85
新K-1伝説 新K-1伝説 #85 4月22日に行われたK-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~より、石田圭祐 vs 武居由樹、寺戸伸近 vs 久保賢司の組み合わせとなった、トーナメント準決勝の模様をお届けします。ともにK0で一回戦を突破した石田と武居。そして、過去に対戦経験のある寺戸と久保。果たして決勝へと駒を進めるのは。
新K-1伝説 #91
新K-1伝説 新K-1伝説 #91 6月18日に行われたK-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~より、トーナメント一回戦から白熱した試合の模様をお届けします。城戸康裕はイギリスのテクニックマスター、ルーク・ウィーランと。廣野祐は北欧の伊達男、サニー・ダルベックと対戦。世界の強豪を相手に、日本を背負った男達は勝ち残る事が出来るのか。
新K-1伝説 #93
新K-1伝説 新K-1伝説 #93 6月18日に行われたK-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~より、因縁の再戦となった城戸康裕とサニー・ダルベック、ヨーロッパの強豪同士の対戦となったチンギス・アラゾフとジョーダン・ピケオーの、トーナメント準決勝をラインナップ。果たして決勝へと勝ち上がるのは。
新K-1伝説 #98
新K-1伝説 新K-1伝説 #98 Krush夏の風物詩、8月20日に行われたKrush.79 ~in NAGOYA~より、名古屋から世界へ、隣県三重出身のKANAが、フランスから襲来のエミリー・マシューと対戦。現在は丸腰となったクラッシャークイーン・KANAが、20歳ながら無敗のまま世界タイトルを獲得した難敵マシューをどう迎え撃つのか。
新K-1伝説 #112
新K-1伝説 新K-1伝説 #112 11月23日に開催されたK-1 WORLD GP 2017 JAPAN 〜初代ヘビー級王座決定トーナメント〜より、格闘技で更生した者同士の対戦、武居由樹とビクトー・サラビアのスーパー・バンタム級。さらに、Krush -63kgの王座をかけて激突した以来の再戦となる、平本蓮と佐々木大蔵のスーパー・ライト級の試合の模様をお届けします。
新K-1伝説 #115
新K-1伝説 新K-1伝説 #115 11月23日に開催されたK-1 WORLD GP 2017 JAPAN 〜初代ヘビー級王座決定トーナメント〜。全試合K0決着で迎えた決勝戦は、クロアチアのアントニオ・プラチバットとモロッコのイブラヒム・エル・ボウニの対戦に。ヘビー級の力強さを示したこの大会の最後を締めくくり、栄冠を手にするのは果たして。
新K-1伝説 #135
新K-1伝説 新K-1伝説 #135 3月21日に行われた新生K-1最大のビッグマッチ「K'FESTA.1」から、ウェルター級の激闘をお届けします。この階級の頂点に立つ久保優太は、メルシック・バダザリアンを相手にウェルター級王座の初防衛戦へ。そして城戸康裕は、28戦27勝25KOというイッサム・チャディッドと対戦。城戸に秘策はあるのか。
新K-1伝説 #142
新K-1伝説 新K-1伝説 #142 甦る黄金の拳。6月17日に行われたK-1さいたま大会で、山崎秀晃が1年2ヶ月ぶりの復帰戦。迎え撃つは剛拳・中澤純。どちらの拳が打ち勝つのか。そして一度は決定しながら流れた幻のカード、ゴンナパー・ウィラサクレックと安保瑠輝也の対戦もついに実現。強打でならす両者だけにKO必至の好勝負、その驚愕の結末は。
新K-1伝説 #148
新K-1伝説 新K-1伝説 #148 8月5日に行われたKrush.91では、1年半ぶりの再戦となる中澤純 vs 篠原悠人がKrushスーパー・ライト級王座を賭けて実現。同王座の決定トーナメント準決勝で対戦し、勝利した中澤が決勝も制しベルトを手に。一方の篠原は、この敗戦からの5連勝でやっとつかんだこのチャンス。王座への道が再び交錯する。
新K-1伝説 #156
新K-1伝説 新K-1伝説 #156 9月24日「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」が開幕。日本重量級のホープ、杉本仁はイギリスの昇り龍、アンドレ・グロース。上原誠はモロッコのブバッカ・エル・バクーリと対戦。ここで負けたら最後を公言している上原。王座戴冠か現役引退か、運命の一戦へ。
新K-1伝説 #163
新K-1伝説 新K-1伝説 #163 新生K-1旗揚げ記念大会で、また新たな時代の幕が開ける。第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメントを勝ち進んだのは佐々木大蔵と中澤純。そして4年前の旗揚げ戦でのメインのカードでもあった、左右田泰臣とゲーオ・ウィラサクレックが3度目の対戦へ。4年という時は熱く激しく残酷に。新たな頂点を手にするのは。
新K-1伝説 #168
新K-1伝説 新K-1伝説 #168 12月8日、エディオンアリーナ大阪。優勝候補ゴンナパーが敗北する大波乱で幕を開けたK-1ライト級世界最強決定トーナメント。一回戦の後半戦では、不撓不屈の男、恭士郎がオーストラリアのインディゴ・ボイド。キャリア10年を迎える大沢文也は中国のリュウ・ウェイと対戦。世界最強の称号に一歩近づくのは果たして。
【3/20】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ4日目
Mリーグ2019 【3/20】Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ4日目 「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」4日目 3月20日の対戦は セガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電 セミファイナルシリーズは、 レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。