「本田 サッカー」の検索結果

今すぐ視聴する

第7話 本田吾郎、9歳!
メジャー 第1シリーズ 第7話 本田吾郎、9歳! おとさん・茂治の事故死から3年、吾郎は9歳、小学4年生に。新しいクラスでは、沢村たちが小森をいじめていた。隣の席の清水ともケンカになり、新学期早々、吾郎はげんなり。 気をとりなおしてリトルリーグの練習場へ行く吾郎。安藤監督は暖かく迎えてくれるが、このチームのメンバー、どうもやる気がないようだ。おまけに吾郎を入れても選手は6人、野球をやるのに3人足りない。サッカー少年団からグラウンドを明け渡すよう要求されてしまい、チーム生き残りのため、吾郎はある条件を申し出る。
第242話 街角サッカー2002
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第242話 街角サッカー2002 署対抗のサッカー大会の決勝は、両津チームvs小町チーム。両者とも世界レベルの一流プレーヤーをそろえたが、肝心のグランドは使用中。ならば、街をフィールドにキックオフだ!
第23話 江頭の思惑
メジャー 第2シリーズ 第23話 江頭の思惑 吾郎を追いかけて高校に到着した静香たちに、チーフマネージャー・江頭は、吾郎の退部取り消しを告げる。江頭は、悲劇のスラッガー・本田茂治を父に持ち、自らも右肩の故障から復活した吾郎を甲子園のスターに育て、海堂高校イメージアップの広告塔に使おうと考えていたのだ。江頭の思惑を知った寿也は、苦悩する。

おすすめの作品

第15話 走れ本田愛のために
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第15話 走れ本田愛のために 本田が恋をした。が、彼女が好きなのはバイクに乗ったワイルドな本田の方。普段の本田と同人物と信じてくれない。
第247話 本田ショック!イブの結婚
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第247話 本田ショック!イブの結婚 本田の妹・伊歩に婚約者ができた。妹を溺愛する本田が知ったら、どうなるか分からない。両津は念入りな作戦を立てるが、やっぱりすぐバレた。伝説の暴走族リーダー本田が復活してしまう。
第70話 本田、最後の恋!?
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第70話 本田、最後の恋!? 失恋ばかりの本田だが、新しい恋では幸せいっぱいのよう。しかし彼女に別の男の影が。両津と本田は真相を突き止めるために尾行を始める。
第332話 またまた本田家の一族
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第332話 またまた本田家の一族 妹の伊歩とその夫である川崎くんの海外移住を 阻止したいと、両津に泣きつく本田。 両津が考えた作戦は本田の実家のバイク屋を 住み込みで川崎君に手伝わせるというものであったが・・・
第186話 本田家の一族2 イブの宝物
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第186話 本田家の一族2 イブの宝物 本田の妹イブが熱にうなされてつぶやいた想い出の指輪を探しに出かけたが、埋めたはずの場所にビルが立っていた。
第119話 本田家の一族
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第119話 本田家の一族 両津は、本田家の親子喧嘩の仲裁を頼まれた。穏やかな父と弟、人見知りの激しい妹で、なんの問題もなさそう。しかも往年の名車陸王を新車価格で売っている。ところが……。
第1話 吾郎の夢、おとさんの夢
無料
メジャー 第1シリーズ 第1話 吾郎の夢、おとさんの夢 母を亡くし、父親とふたりぐらしの吾郎。何かと気に掛けてくれる保育園の先生・桃子に、「父親のようなすごいピッチャーになる」夢を語る。 吾郎の「おとさん」(父)・茂治は、一軍半のプロ選手。ようやくケガがなおったのに、今度はヒジを痛めてしまい、ついに引退を申し出る。 それを聞き、もう一度おとさんの勇姿を見たいと願う吾郎がとった行動とは……!?
第2話 二つの友情
メジャー 第1シリーズ 第2話 二つの友情 おとさんのような野球選手をめざして、練習を続ける吾郎。そんな吾郎に強引に誘われて野球を始めた寿也だったが、だんだんと面白さが分かってくる。 一方、吾郎のためにバッターとして再起することを誓(ちか)った茂治。その復帰(ふっき)をかけたテストで、親友・茂野はピッチャー役をかって出る。一軍エースの投げる球に、苦戦(くせん)する茂治。果たしてテストの結果は――?
第3話 おとさんなんてキライだ!
メジャー 第1シリーズ 第3話 おとさんなんてキライだ! 吾郎のピッチングを見て、その素質(そしつ)にほれ込んだ、リトルリーグ・チーム、三船リトルの監督・安藤。まだ5歳の吾郎をチームに入れ、変化球まで教えてしまう。自分がみとめられたことを、おとさんに報告(ほうこく)する吾郎。 ところが、茂治は吾郎に黙って三船リトル入りを断ってきてしまう。吾郎は、自分が野球をすることにおとさんが反対していると勘違いしてしまう。
厚木市 NZサッカー代表をキャンプ受け入れ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 厚木市 NZサッカー代表をキャンプ受け入れ  東京オリンピックを半年後に控え、神奈川県厚木市では大会直前のサッカーのキャンプ地としてニュージーランド代表を受け入れることが決まり、基本合意書の調印式が行われました。  NZサッカー協会、アンドリュー・プラグネルCEO(最高経営責任者):「皆様の心のこもったおもてなしの温かい気持ちに深く感謝致します」  厚木市は2016年からホストタウンになっているニュージーランドのサッカー代表チームについて、男女ともに大会直前のキャンプを受け入れることで合意しました。調印式の後は、代表チームのコーチらが地元の子どもたちにサッカー教室を行いました。子どもたちはコーチらのアドバイスを熱心に聞きながら、サッカーを通して交流を深めていました。