「杉山紀彰 アニメ」の検索結果

今すぐ視聴する

第63話 ルキアの決意、一護の想い
BLEACH 第63話 ルキアの決意、一護の想い 藍染達が去った尸魂界は、ひとまずの平穏を取り戻した。狛村と檜佐木は東仙の友の墓に参り、乱菊は消えたギンのことを思い、日番谷は藍染に刺された傷の癒えない雛森のところに顔を出していた。藍染の反乱は、ソウルソサエティに深刻な傷を残していた。一方、傷の癒えた一護は、十一番隊の隊舎で騒ぎを起こして街に逃げ出していた。その一護の元に、織姫がルキアの姿が消えた事を伝えにくる。
第78話 護廷十三隊驚愕!!歴史に埋もれた真実
BLEACH 第78話 護廷十三隊驚愕!!歴史に埋もれた真実 夜一の奇襲で狩矢の屋敷から命からがら逃げ出した一護達。重症の石田と芳野は浦原商店で治療を受ける。夜一は、尸魂界からバウントとクインシーに関する新しい情報を持ってきていた。それは、過去に繰り広げられたバウントとクインシーの戦いの歴史の記録だった。夜一達がバウントに対する対策を話しあう中、一護の様子が何かおかしい。一護は、狩矢の圧倒的なパワーの前に自信を喪失していた。
第79話 芳野、死をかけた想い
BLEACH 第79話 芳野、死をかけた想い 早朝、こっそりと浦原商店を抜け出した芳野は、狩矢の屋敷に向かう。狩矢の野望を知っている芳野は、命をかけて狩矢を止めるつもりだった。芳野が消えたことに気付いた石田は、りりんをつれて芳野の後を追う。一方そのことにまったく気付いていない一護達は、浦原商店でのん気に朝食をとっていた。狩矢の元にたどり着いた芳野は、傷ついた体のままゲーテを出して狩矢に挑む。
第83話 灰色の影、ドールの秘密
BLEACH 第83話 灰色の影、ドールの秘密 ヨシの猛攻に苦戦するルキア達。追い込まれたルキア達は、蔵人と織姫がオトリになってルキアが強力な鬼道を放つ時間を稼ぐ作戦をたてる。一方一護は、古賀のドール『ダルク』の攻撃に大きなダメージを受けていた。倒れている一護を見て、古賀は古い記憶を思い出す。それは古賀が人里から離れて静かに暮らしていた時代。ある日、狩矢が古賀の元を訪れて一人の若いバウントを預かって欲しいと頼んできた。
第84話 代行チーム分裂?裏切ったルキア
BLEACH 第84話 代行チーム分裂?裏切ったルキア 瀕死の一護を助けたのは、尸魂界から派遣されてきた三番隊副隊長の吉良イヅルだった。傷ついた一護に変わってダルクと戦闘を開始するイヅル。その頃、ヨシとルキア・織姫の戦いに突然馬橋(まばし)が乱入してきていた。人間の魂魄に酔っている馬橋は、ドール『リズ』をだして味方であるヨシごと手当たり次第に攻撃を開始する。何故かリズの攻撃を恐れるヨシは、その場を馬橋に任せて退却する。
第91話 死神とクインシー、よみがえる力
BLEACH 第91話 死神とクインシー、よみがえる力 バウントの真の目的は尸魂界を壊滅させることだと言う狩矢。その言葉に驚愕する一護。バウントとは、尸魂界が魂魄実験の副産物として生み出したものだったのだ。卍解できない一護は狩矢の猛攻に追い込まれていく。月牙天衝も通用せず、ついに動けなくなる一護。狩矢は一護の手から斬月をとりあげ、その刃を一護に向ける。その頃、織姫の治療を受けていたルキア達の前に、何者かの影が近付いていた。
第131話 乱菊の涙、哀しき兄妹の別れ
BLEACH 第131話 乱菊の涙、哀しき兄妹の別れ 破面もどきは高い霊力を持つ唯の魂魄を喰らったことで爆発的な力を得ていた。しかも喰らった魂魄を分身体として再生してオトリに使い、次々に人間を襲っていたのだ。唯を使って翔太の魂魄を取り込もうとする破面もどき。その時、消滅したはずの唯の意識が戻る。動揺する破面もどきに対して一気に反撃に出る乱菊。追い詰められた破面もどきの本体は、更なる増殖を繰り返して反撃を試みるが…。
第190話 ウェコムンド編、再開!
BLEACH 第190話 ウェコムンド編、再開! 「織姫(おりひめ)」を救出する為に「藍染(あいぜん)」率いる「破面(アランカル)」たちの本拠地「虚圏(ウェコムンド)」に突入した「一護(いちご)、「ルキア」、「石田」、「茶渡(さど)」、「恋次」。しかし仲間たちは強力な力を持つ「十刃(エスパーダ)」の前に傷つき、次々と倒れていく。一方、一護は、幾多の困難を乗り越えて「第6十刃(セスタ・エスパーダ)」「グリムジョー」を倒して織姫を救出するが、その前に新たなエスパーダ「ノイトラ」が立ちはだかる。
第四番 ダチ高の五人目
火ノ丸相撲 第四番 ダチ高の五人目 早朝のワカメ漁など、次々と奇妙な特訓を命じる桐仁。それは不安定な船上でバランスを鍛えるための特訓だった。部員達は桐仁の指導に感心しつつも、経歴と実力が不明なため不信感を抱え、ついには不満を爆発させてしまう。監督としての実力を示すため、桐仁は全くの素人である1年生の三ツ橋蛍(みつはしけい)を使って他の部員達を倒すと宣言をする。
第五番 さわやか☆力士 沙田美月
火ノ丸相撲 第五番 さわやか☆力士 沙田美月 隣町の石神高校に出稽古に行くことになったダチ高相撲部。石神高校は関東大会準優勝の強豪校で、元中学生横綱の国宝・三日月宗近=沙田美月(さだ・みつき)が在籍している。沙田との対決に期待する火ノ丸だったが、辻は火ノ丸にある特別な会場を用意していた。 一方、補修授業で居残りの千比路の前に、相撲部の偵察と称して他校から謎の人物が現れる・・・!
第七番 愚直な道化
火ノ丸相撲 第七番 愚直な道化 いよいよ始まったインターハイ県予選!無名のダチ高は完全になめられていたものの火ノ丸は他校の生徒を豪快に投げ飛ばしていく。次に続く選手たちも快勝を続け、礼奈たちが見守る観客席からもどよめきが一気に広がる。決勝の舞台へ勝ち進み、因縁の石神高校との対決が始まった。これまで一度も勝利したことがない蛍であったが、彼の眼には強い覚悟が宿っていた。
第八番 覆水盆に返らず
火ノ丸相撲 第八番 覆水盆に返らず 一勝一敗で金盛と佑真の試合が始まる。佑真は追い込まれながら今自分がここにいる意味を問いただしていた。大会前、佑真はかつて自分が不良の道に進み、投げ出してしまった空手の道場を訪れる。師範に対し、これまでの非礼と過ちを謝罪し、更生を誓い再び教えを乞うが、師範は空手で人を傷つけた過去は許すことはできないと一刀両断する。
第十番 譲れない気持ち
火ノ丸相撲 第十番 譲れない気持ち 団体戦の余韻も束の間、個人戦トーナメントが始まる。仲間同士の対決に戸惑う小関をよそに、千比路はやる気満々で持ち前の格闘センスでトーナメントを順調に勝ち上がっていく。そんな様子を見て悩みが吹っ切れていく小関。一方火ノ丸は、団体戦で受けた右腕の負傷を部員達に隠しながら、仲間との対決に臨む。大事な仲間と真剣勝負をすることも火ノ丸なりの彼らへの礼儀であった。
第十一番 焼肉
火ノ丸相撲 第十一番 焼肉 熱く激しかった戦いも終わりダチ校相撲部を待ち受けていたのは、県大会優勝を祝福する校門の垂れ幕と、生徒たちの声援だった。大会の動画が校内に拡散されていたことを知り戸惑う部員達の前に、一年生の堀 千鶴子(ほり・ちづこ)が現れ、大会の健闘を他生徒たちに伝えるべく動画をアップロードしたことを説明した。そして彼女はある告白をする。
第十二番 激突!!名古屋城
火ノ丸相撲 第十二番 激突!!名古屋城 柴木山部屋へ遠征することになったダチ校相撲部は、火ノ丸の希望で名古屋城の観光をすることに。相撲イベントに飛び入り参加した火ノ丸は、そこに居合わせた学生と相撲を取ることになった。それは偶然にも国宝・大典太光世=日景典馬であった。国宝同士の対決は一気に真剣勝負の場へと発展する。磨きあげた「百千夜叉墜(ひゃくせんやしゃおとし)」を放つ火ノ丸であったが・・・。
第十三番 100円玉の修業
火ノ丸相撲 第十三番 100円玉の修業 元横綱・駿海の道場に来た火ノ丸。そこで言い渡された指令は「100円でカレーを人数分用意すること」だった。火ノ丸と礼奈は与えられたお題に試行錯誤を繰り返すが失敗ばかり。理由も分からず稽古も制限される中、突然典馬が稽古場に現れ、火ノ丸の代わりに自分を弟子にすることを駿海へ要求する。弟子の座を賭け、再び対決が始まる!
第十六番 国宝 is デリシャス
火ノ丸相撲 第十六番 国宝 is デリシャス 右腕の治療のため、柴木山の行きつけの診療院に駆け込む火ノ丸。緊急の治療をしたところで強豪の金沢北高に勝てるはずがないと、治療の引き受けを拒否する医師・蟹江(かにえ)に対し、火ノ丸はダチ校相撲部への想いを語る。胸を打たれた蟹江は治療を開始する。一方、火ノ丸不在のダチ校は全国3位の金沢北高に挑むのであった。
第十七番 相撲の神に愛された男
火ノ丸相撲 第十七番 相撲の神に愛された男 初日の団体戦を終え、練習場へ向かうダチ校。そこに現れたのは沙田をはじめとする石神高校の面々であった。沙田は、鳥取白楼戦の練習相手として協力をすることを提案する。その頃、個人戦決勝トーナメントでは、公式戦無敗のまま王道を駆け上がる久世と、百戦錬磨の覇王・天王寺の戦いが始まろうとしていた。
第二十番 鬼丸国綱と童子切安綱、再び
火ノ丸相撲 第二十番 鬼丸国綱と童子切安綱、再び 鳥取白楼戦、ついに大将同士の対決が始まる。久世に敗れたことで自らを『挑戦者』として受け入れてしまっていた天王寺は、部員達の期待に応えるため再び『横綱』として奮起し復活を遂げる。それに挑む火ノ丸も仲間や周囲に支えられて高校横綱に挑む。一度敗れ去った者同士の戦いはお互いの技の読み合いで一進一退の攻防が続く。
第二十一番 バカとバカ
火ノ丸相撲 第二十一番 バカとバカ 激戦が終わり、勝利を喜ぶダチ校相撲部であったが、その和やかなムードに礼奈は一人違和感を覚える。勝利に浮かれ緩んだ空気に礼奈が喝を入れることで改めてダチ校の気持ちがひとつになったのであった。そしてついに団体戦の決勝戦。栄華大に挑む先鋒・千比路の前に立ちふさがる兵藤真磋人(ひょうどう・まさと)は、千比路の実の兄であった。
第二十二番 忘れられた国宝・鬼切安綱
火ノ丸相撲 第二十二番 忘れられた国宝・鬼切安綱 土俵に上がる桐仁。これまで監督としてチームを支えてきた桐仁であったが、怪我をしてしまった蛍から強い想いを託され、選手として戦いに挑むのであった。土俵上での活動限界がある中、栄華大・澤井に正面から組合い、技を繰り出すが、相手の巧みな試合運びのため、ついに20秒のタイムリミットを超えてしまう。
第2話 『ドキッ!メルティブラッド』
カーニバル・ファンタズム 第2話 『ドキッ!メルティブラッド』 遠野家のプライベートビーチに集った「メルブラ」御一行。楽しいバカンスのはずが琥珀の甘言により急遽志貴との甘~い一夜を賭けたビーチボール対決に!? 人外たちの戦いの行く末やいかに!?
第3話 『どこでもヒナタノユメ』
カーニバル・ファンタズム 第3話 『どこでもヒナタノユメ』 『どこでもいっしょ』 志貴の学校に押しかけてきたアルクェイド。しかしシエルの妨害により校内への侵入を拒まれてしまう。そんな彼女がとった行動とは!? 『ヒナタノユメ』 縁側の布団を取り込みに来た士郎。イリヤの暗示で眠らされてしまった士郎を巡ってFateヒロインたちが大騒ぎ。
第5話 『バーサーカー はじめてのおつかい』
カーニバル・ファンタズム 第5話 『バーサーカー はじめてのおつかい』 イリヤから突然おつかいを言い渡されたバーサーカー。生まれて初めて(?)のおつかいに戸惑いながらも奮闘するバーサーカーだったがその影響は大きかった・・・。果たして結末やいかに!?
第7話 『通な贈り物』
カーニバル・ファンタズム 第7話 『通な贈り物』 『通』 志貴に料理を作ってあげたいとはりきるアルクェイド。最高の食材を求め真冬の海に飛び込んだ!? 『賢者の贈り物 ~LOVE Fate~』 葛木の妻として毎日健気に振舞うキャスターだったが、彼女には夫に知られたくない趣味があった。
第8話 『はたらくセイバー』
カーニバル・ファンタズム 第8話 『はたらくセイバー』 『野生の王者』 解説に衛宮士郎とセイバーを迎え、セイバーライオンの生態に迫る。 『はたらくセイバー』 アーネンエルベで働くことになったセイバー、ギルガメッシュの横暴に堪えきれなくなった彼女は黒セイバーへと変身する!?
第9話 『SEIHAI GRANDPRIX』
カーニバル・ファンタズム 第9話 『SEIHAI GRANDPRIX』 今度の聖杯戦争はカーレース!? 各陣営がくじ引きで決定したマシンに乗込み、激烈なバトルを繰り広げる! 思わぬレース展開で一時も気を抜けないこの戦いを制し、聖杯を勝ち取るのいったいどの陣営だ!?
第11話 『FINAL DEAD LANCER』
カーニバル・ファンタズム 第11話 『FINAL DEAD LANCER』 数々の死に見舞われてきたランサー。一見本編とは無関係と思われていた彼の死が一つに繋がるとき、物語は思わぬ展開を見せる! 果たしてランサーは死の運命から逃れられるのか!?
第12話 『ドキドキデート大作戦 解答編』
カーニバル・ファンタズム 第12話 『ドキドキデート大作戦 解答編』 綿密(!?)に練り上げた計画を信じ、成功させるべく行動を開始する志貴と士郎。身を削りながらもギリギリのところで踏みとどまり、なんとか順調に進んでいると感じていたのだが・・・。
第2話 死神のお仕事
BLEACH 第2話 死神のお仕事 死神化した一護がホロウを撃退した翌朝、一護の家族は昨夜の事件をまったく覚えていなかった。不思議に思いながら登校する一護は、学校で転校生としてやってきた昨夜の死神・朽木(くちき)ルキアと再会する。死神の能力の大半を一護に奪われたルキアは、自らの能力が戻るまで死神代行として戦うことを一護に迫る。しかし、ルキアの命令を拒否する一護。その頃、一護のクラスメイト・井上織姫(いのうえ おりひめ)のもとに不穏な影が忍び寄ろうとしていた。