「東名 事故」の検索結果

今すぐ視聴する

危険運転認めるも1審破棄 “東名あおり”差し戻し
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 危険運転認めるも1審破棄 “東名あおり”差し戻し  東名高速であおり運転の末に一家4人を死傷させた罪などに問われて一審で懲役18年の判決を受けた男の控訴審で、東京高裁は危険運転致死傷の罪にあたるとしながらも、裁判を横浜地裁でやり直すよう命じました。  あおり運転が社会問題化するきっかけともなった事故。おととし6月の夜、神奈川県の東名高速で起きました。石橋和歩被告(27)は萩山さん夫妻らが乗る車に対してあおり運転を繰り返した末に車の前に出て追い越し車線で無理やり停止させました。車が止まっている状態で石橋被告は車内にいた嘉久さんに暴行を加えるなどし、その時、後ろから大型トラックが追突しました。事故で萩山さん夫婦は死亡。一緒に乗っていた娘2人がけがをしました。  去年に行われた一審の裁判員裁判では、運転中の行為に対する処罰を前提とする危険運転致死傷罪が停車した後に起きた事故にも適用できるのかが争点となりました。判決で横浜地裁は、事故当時、車は動いていなかったものの、停止させるなどの妨害行為と死亡の因果関係を認めて危険運転致死傷罪が成立すると判断して懲役18年を言い渡しました。弁護側は判決を不服として控訴。控訴審では追突したトラックの責任を過小評価しているとして石橋被告の運転と死亡事故に関係はないと主張しました。  そして迎えた6日の控訴審判決。プロの裁判官はどう判断するのか。  裁判長:「原判決を破棄し、本件を横浜地裁に差し戻す」  危険運転を認めた一審の判断に誤りはないものの、一審判決を破棄するとした判決。その時、石橋被告は特に…
一審判決破棄 審理やり直しへ 東名あおり運転事故
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 一審判決破棄 審理やり直しへ 東名あおり運転事故  おととし、神奈川県の東名高速道路であおり運転の末に一家4人を死傷させた罪などに問われた男の裁判で、東京高裁は6日に一審の懲役18年の判決を取り消して審理をやり直すよう命じました。  (社会部・古賀康之記者報告)  判決の瞬間、石橋和歩被告(27)は特に表情を変えることなく、その後もじっと裁判長の方を見ていました。石橋被告はおととし6月、神奈川県の東名高速でワゴン車の前に車を止めて事故を引き起こし、夫婦を死なせた危険運転致死傷などの罪で、一審の裁判員裁判で横浜地裁は懲役18年の判決を言い渡しました。控訴審で弁護側は「あおり運転と夫婦が死亡した事故に因果関係はない」として、法律を拡大解釈していると主張していました。6日の判決で東京高裁は一審に続き、危険運転致死傷罪の成立は認めました。その一方で、裁判の争点を整理する手続きにおいて法令違反があったと指摘し、「有罪宣告は不意打ちになることは明らか」として一審判決を破棄し、横浜地裁に裁判をやり直す判決を言い渡しました。裁判は午前に終わりました。今後、横浜地裁で改めて裁判員裁判が行われるものとみられます。

おすすめの作品

東名あおり運転 東京高裁が横浜地裁に差し戻し判決
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東名あおり運転 東京高裁が横浜地裁に差し戻し判決  東名高速道路で2017年にあおり運転の末に一家4人を死傷させた罪などに問われて一審で懲役18年の判決を言い渡された石橋和歩被告(27)の控訴審で、東京高裁は一審判決を破棄し、審理を横浜地裁に差し戻すよう命じました。
東名あおり運転 横浜地裁に差し戻し
無料
【アベマ厳選】注目の最新&独自ニュースをチェック! 東名あおり運転 横浜地裁に差し戻し いま、世の中で起きている最新ニュースをアベマが厳選してラインアップ。緊急ニュースや災害情報などの速報はもちろん、話題のテーマを独自目線で掘り下げた企画や、注目の記者会見もノーカットでお届けします!さらに、独自取材を重ねたこだわりのドキュメンタリーも配信中です。
人命救助
無料
まさかの時のサバイバル 人命救助 ベア・グリルスが何時、貴方の身に起こるやも知れない絶体絶命の状況から生還するためのテクニックを伝授...今回は交通事故と水難事故での人命救助法を紹介。乗用車とトラックの衝突事故が発生。車は漏れたガソリンに引火しあっという間に火に包まれる。ベアは割れたルームミラーをナイフ代わりにして、今にも爆発しそうな車の中から仲間と共に脱出する。そして、ジェットスキーとボートの衝突事故を目撃したベアは湖に飛び込み、蘇生法などを紹介しながら2人の男性を救出する。
高速道路に「冥土の使い」凍結路面で21台が次々と…
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 高速道路に「冥土の使い」凍結路面で21台が次々と…  高速道路の路面が凍り、自動車20台が次々とスリップしました。  高速道路を走る車のドライブレコーダーです。前方でスリップ事故が起きました。事故に巻き込まれた男性でしょうか。停止するよう手で合図をしています。ところが、事故に気付くのが遅れた車が走り込んできて間一髪、男性は飛びのきますが、そこへまた別の車が。  原因は、路面に薄い氷が張ったブラックアイスバーンでした。黒い路面との区別が難しく、凍っているように見えないことが事故が事故を呼び込む結果となっていました。現場は、橋の上で風が吹き付けるブラックアイスバーンが発生しやすい場所で、結局、この多重事故には、乗用車やトラックなど21台が巻き込まれ、5人が負傷したということです。韓国では、「道路の暗殺者」「冥土の使い」などと呼ばれるブラックアイスバーン。事故を防ぐためには十分な車間距離や急加速、急ブレーキを避けることなどが大切になります。
車はじき飛ばされ…7台絡む玉突き 日本人3人けが
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 車はじき飛ばされ…7台絡む玉突き 日本人3人けが  タイ北東部で4日にトラックや乗用車など7台が絡む玉突き事故があり、日本人3人が軽いけがをしました。事故の瞬間を車載カメラが捉えていました。  タイ北東部のノンカイ県で午前、玉突き事故を起こしたトラックの車載カメラの映像です。道路を直進するトラックは渋滞の列に突っ込み、前方の車に次々とぶつかっていきます。追突された車は左右にはじき飛ばされ、荷台からは荷物が飛び出しているのが分かります。現地メディアによりますと、この事故で6台の車が事故に巻き込まれ、そのうち1台の車に乗っていた日本人の男性3人が軽いけがをしたということです。現地警察はトラックの運転手の居眠りが原因とみて事故の詳しい状況を調べています。
目の前に逆走する車が…関越道死亡事故直前の映像
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 目の前に逆走する車が…関越道死亡事故直前の映像  群馬県渋川市で関越自動車道を逆走した軽乗用車が乗用車と正面衝突して軽乗用車を運転していた80代の男性が死亡した事故で、事故直前の映像が入ってきました。  関越道の上り車線を走行していた車から撮影された映像には、下り車線を逆走する車が映っています。映像には「おじいさんだった…。皆よけてる」という声も入っています。事故があったのは、渋川市赤城町の関越道の下り車線です。消防などによりますと、1日午後2時半ごろに「逆走してきた軽乗用車が車とぶつかった」と目撃した女性から119番通報がありました。この事故で軽乗用車を運転していた80代の男性が心肺停止の状態で救出されましたが死亡、乗用車に乗っていた70代の男女がけがをしました。警察は、軽乗用車がどこから逆走してきたのかなど事故の状況を詳しく調べています。
交通事故を防ごう! 駒込警察署が体験型イベント
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 交通事故を防ごう! 駒込警察署が体験型イベント  年末にかけて増える子どもや高齢者が被害に遭う交通事故を防ごうと、東京・文京区で事故の衝撃を知ってもらう体験型のイベントが開かれました。  警視庁駒込警察署が開いたイベントには地元の小学生や高齢者らが参加しました。会場では時速5キロで衝突した際の衝撃を体験できるほか、警察官がパンフレットなどを配って小学生らに交通ルールを守るよう呼び掛けました。  警視庁駒込署・倉田葉子署長:「一人ひとりの方が交通ルールを守って、模範となるような行動をして頂けると交通安全指導が地域全体に広がっていくと思う」  駒込署の管内では2015年8月以降、死亡事故は起きていませんが、都内では例年、年末にかけて子どもや高齢者の交通事故が増えることから警視庁は交通事故の防止に向けて警戒を強めています。
暖房器具火災が増える季節 高齢者中心に注意喚起
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 暖房器具火災が増える季節 高齢者中心に注意喚起  寒さが厳しくなり始めたこの時期、石油ストーブなどの暖房器具による火災事故に注意が必要です。  NITE(製品評価技術基盤機構)によりますと、石油ストーブに給油する時に灯油がこぼれたり、布団など燃えやすいものが電気ストーブに接触して火が出る事故などが起きていて、5年間で965件、108人が亡くなりました。死亡事故のうち、60歳以上が7割以上を占めているということです。今後、気温が下がって空気が乾燥するにつれて事故の発生は増えるうえ、事故のうち3割は夜の間に起きていることから、NITEは「寝る前には必ずストーブを消してほしい」と注意を呼び掛けています。
大雪の北海道 衝突後、建物に突っ込む事故相次ぐ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大雪の北海道 衝突後、建物に突っ込む事故相次ぐ  大雪に見舞われている北海道では4日朝から車の事故が相次いでいます。  午前6時半ごろ、江別市の道道で同じ方向に走っていたワンボックスカーとトラックが衝突し、そのはずみでトラックが歯科医院に突っ込みました。車の運転手がそれぞれ軽いけがをしました。一方、札幌市北区でも午前8時ごろに乗用車2台が正面衝突する事故があり、一方の車が住宅に突っ込みました。この事故でも、双方の車を運転していた男性2人が軽いけがをしました。
関越道で逆走、衝突し大破 1人が心肺停止2人けが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関越道で逆走、衝突し大破 1人が心肺停止2人けが  群馬県渋川市の関越自動車道で80代の男性が運転する軽乗用車が逆走し、乗用車と正面衝突しました。この事故で1人が心肺停止、2人がけがをしています。  事故があったのは渋川市赤城町の関越自動車道下り車線です。消防などによりますと、1日午後2時半ごろ、「逆走してきた軽乗用車が車とぶつかった」と目撃した女性から119番通報がありました。この事故で軽乗用車を運転していた80代の男性が心肺停止の状態で車内から救出され、乗用車に乗っていた70代の男女がけがをしました。警察は、軽乗用車がどこから逆走してきたのかなど事故の状況を詳しく調べています。この事故により、関越自動車道下りの赤城インターチェンジから昭和インターチェンジの間で通行止めになっています。