「東名高速 事故 ニュース」の検索結果

「東名高速 事故 ニュース」に関する情報は見つかりませんでした。
「東名高速 ニュース」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

受刑者の男刃物持ち暴れ逃走 厚木市内で車を発見
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 受刑者の男刃物持ち暴れ逃走 厚木市内で車を発見  19日に神奈川県愛川町で実刑が確定した男が自宅から収容される際、刃物を持って暴れて逃げ、夜になって逃走に使われた車が神奈川県厚木市内で見つかりました。  警察などによりますと、午後1時半ごろ、窃盗罪などで実刑が確定した小林誠受刑者(43)を収容するため、横浜地検の係官や警察官が愛川町の自宅を訪れました。その際、小林受刑者は刃物を持って暴れ、車で逃走しました。車はその後、東名高速の下り大和トンネル付近を通過したことが確認されました。そして、午後11時半ごろになって捜査員が厚木市内のアパート敷地内に止められている車を発見しました。小林受刑者は依然、見つかっていません。警察は20日朝から愛川町や厚木市の小学校で登校の見守りを行う予定です。
小中学校は“自宅待機で…” 逃走受刑者見つからず
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小中学校は“自宅待機で…” 逃走受刑者見つからず  神奈川県愛川町から受刑者の男が逃走を続けている事件で、19日夜に男が乗っていた車が見つかった神奈川県厚木市などは小中学校の児童と生徒に自宅待機を指示しました。  窃盗罪などで実刑が確定している小林誠受刑者(43)は午後1時半ごろ、愛川町の自宅で身柄の収容のために訪れた横浜地検の係官や警察官に包丁を振り回し、そのまま車で逃走しました。車は神奈川県相模原市内や東名高速を走った後に行方が分からなくなっていましたが、午後11時半に厚木市内のアパート敷地内に止められているのを捜査員が見つけました。これを受けて厚木市と愛川町は、45校ある公立小中学校の児童・生徒約1万9500人に自宅待機を指示しています。
全国指名手配に 厚木市内を最後に刃物男は何処へ…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 全国指名手配に 厚木市内を最後に刃物男は何処へ…  刃物を持って逃走している男の続報です。事件発生から30時間以上が経過しましたが、男はまだ逃走を続けています。  不安な一夜が明け、公園からは子どもたちの姿が消えていました。刃物を持ったまま逃走を続けている小林誠容疑者(43)。逃走に使われた車が発見された神奈川県厚木市と小林容疑者の自宅がある神奈川県愛川町は、45校ある公立の小中学校を休校にしました。警察は20日、小林容疑者を公務執行妨害の容疑で全国に指名手配しました。小林容疑者は傷害や窃盗などの罪で起訴され、裁判中は保釈されていましたが、2月に懲役3年8カ月の実刑が確定。横浜地検は出頭するよう書面で連絡していましたが、小林容疑者は4カ月間、応じていませんでした。そのため、横浜地検と警察合わせて7人が19日、身柄を拘束に小林容疑者のアパートを訪れたところ、「お前らだましたな」と小林容疑者は、刃物で威嚇しながらアパートにあった黒い車で逃走しました。  愛川町、相模原市、厚木市などで、その足取りが捉えられています。19日午後1時すぎにアパートから逃走した小林容疑者は午後5時40分ごろに国道16号の古淵付近を走っていることが確認され、その15分後に量販店の駐車場で車を降りるところを警察官に目撃されています。午後6時すぎには東名高速大和トンネル付近を走っていました。午後6時46分ごろには厚木市内のコンビニエンスストアの防犯カメラに捉えられ、午後11時半すぎにコンビニエンスストアから北へ約4キロの地点で逃走車両が見つかりました。

おすすめの作品

ギア間違え前進か ハンコ店に突っ込む 事故の瞬間
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ギア間違え前進か ハンコ店に突っ込む 事故の瞬間  車が店の窓ガラスを突き破る様子を防犯カメラが捉えていた。  防犯カメラが捉えた事故の瞬間映像だ。駐車場からいきなり1台の軽ワゴン車が店へと突っ込んできた。別のカメラにもガラスを突き破って商品をまき散らす様子が…。事故は日本有数の温泉の街、大分県別府市にある印鑑販売店で起きた。運転していた男性を直撃すると…。  事故を起こした男性(70):「(Q.話をうかがってもいいですか?)何?」「(Q.運転の操作を誤った?)まあ…一概にはそうですね」「(Q.普段から運転のミスはあった?)ないです」  男性ドライバーは70歳。仕事柄、車は日常的に運転していたという。男性は店で商品を受け取った後、車を出す際にバックするはずがギアを入れ間違えて前進させたという。  事故を起こした男性(70):「(Q.運転は日常的にしていた?)初めてやな」「(Q.「こういう事故」はですか?)…」  今回の事故で、運転していた男性や店員2人にけがはなかった。
名神高速でトラックなど3台事故 3人が意識不明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 名神高速でトラックなど3台事故 3人が意識不明  滋賀県の名神高速道路でトラックが乗用車に追突し、3台が絡む事故が起きました。この事故で3人が意識不明の重体です。  消防によりますと、13日午後1時すぎ、トラック運転手から「普通車に追突して車内に3人取り残されている」と119番通報がありました。名神高速の上り車線は当時、渋滞していて、10トントラックが普通乗用車に追突、その前にいた4トントラックも巻き込まれて計3台が絡む事故が発生しました。この事故で5人がけがをし、うち20代の男女3人が意識不明の重体です。
75歳以上に目立つ“踏み間違い” 他世代の5倍にも
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 75歳以上に目立つ“踏み間違い” 他世代の5倍にも  ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故が75歳未満の5倍近くに上りました。  政府は今年の「交通安全白書」を決定しました。去年1年間の死亡事故の原因を見ると、ブレーキとアクセルの踏み間違いが75歳未満では1.1%なのに対して75歳以上では5.4%で5倍近くに上っています。また、運転免許証を持つ人10万人あたりの年齢別の死亡事故件数は、75歳以上のドライバーによる事故は8.2件で、75歳未満の3.4件と比べ、約2.4倍に上りました。高齢者の運転による事故の危険性が浮き彫りになりました。
過去にもあった…大型滑り台でまた事故 外国人けが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 過去にもあった…大型滑り台でまた事故 外国人けが  骨折事故が相次いだ滑り台で、また事故です。  6日、長野県諏訪市の公園で大型滑り台を滑った外国人観光客の男性が全治2週間の切り傷を負いました。滑り台は当時、雨で濡れていたということですが、けがの原因は分かっていません。この滑り台では2015年から2017年にかけて毎年、利用者が骨折する事故があり、市は「撤去も視野に対応を検討していく」としています。
縁石にぶつかり“火花”も…瞬間 男性は重傷
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 縁石にぶつかり“火花”も…瞬間 男性は重傷  防犯カメラは猛スピードで走る車を捉えていました。街路樹をなぎ倒し、ようやく止まった車の事故。19歳の男性が重傷です。  12日午前5時前、長野市の県道で車が大破する単独事故がありました。縁石は壊され、その先では街路樹がなぎ倒されていました。この事故直前、近くの防犯カメラが事故を起こしたとみられる車を捉えていました。防犯カメラの映像には1台の黒いセダンが猛スピードで走っていきます。縁石にぶつかりながら走行しているのか、火花のようなものも確認できます。警察によりますと、運転していたのは長野県須坂市の19歳の男性で、頭や顔などを切る重傷です。警察が事故の詳しい原因を調べています。
酒気帯び運転で事故 知人の市職員に身代わり依頼か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 酒気帯び運転で事故 知人の市職員に身代わり依頼か  酒気帯び運転で事故を起こし、知人の市職員に身代わりを依頼していたということです。  パート従業員の金沢ユカリ容疑者(36)は先月30日、福島県いわき市の市道で単独事故を起こし、知人のいわき市職員(41)に身代わりを依頼した疑いが持たれています。この職員も犯人隠避の疑いで逮捕され、その後、釈放されました。事故直後、金沢容疑者の呼気からは基準を超えるアルコールが検出されていて、警察の取り調べに対し、「飲酒運転がばれるのが怖かった」と容疑を認めているということです。
名神高速の多重事故 大破した車の男女3人が死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 名神高速の多重事故 大破した車の男女3人が死亡  名神高速の多重事故で意識不明だった男女3人が死亡しました。  13日午後1時15分ごろ、滋賀県竜王町の名神高速竜王インターチェンジと八日市インターチェンジの間の上り線で大型トラックが乗用車に追突するなど、車3台が関係する事故がありました。警察によりますと、この事故で、乗用車のいずれも20代の男女3人が搬送先の病院で死亡が確認されました。警察は大型トラックを運転していた池田竜也容疑者(33)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。池田容疑者は「追突したことに間違いない」と容疑を認めているということです。
トレーラー衝突で次々3台…4人けが 首都高湾岸線
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 トレーラー衝突で次々3台…4人けが 首都高湾岸線  川崎市の首都高速湾岸線でトレーラーと乗用車3台が絡む事故があり、4人がけがをしました。  18日午前6時半ごろ、川崎市の首都高速湾岸線西行き東扇島出口付近でトレーラーと乗用車3台が絡む事故がありました。警察によりますと、トレーラーが前を走っていた乗用車に相次いで衝突するなどして3台を巻き込んだということです。このうち1台は横転しました。この事故で横転した車に乗っていた人など合わせて4人がけがをしましたが、いずれも軽傷です。警察はトレーラーの運転手から話を聞くなどして、事故の原因を詳しく調べています。
大津・保育園児死傷事故 重体の男の子の意識回復
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大津・保育園児死傷事故 重体の男の子の意識回復  大津市で車が保育園児らの列に突っ込んで園児らが死傷した事故で、意識不明の重体となっていた2歳の男の子の意識が回復したことが分かりました。  先月8日、大津市の交差点で直進車が右折車と衝突し、信号待ちをしていた保育園児らの列に突っ込みました。この事故で園児2人が死亡し、13人が重軽傷、1人が意識不明の重体となっていました。捜査関係者によりますと、重体となって病院で治療を受けていた2歳の男の子が19日までに意識を取り戻したということです。男の子は現在も入院して治療を続けています。事故を巡っては、右折車を運転していた新立文子被告(52)が過失運転致死傷の罪で起訴されています。
猛スピードで接近、火花散らし車横転 瞬間映像
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 猛スピードで接近、火花散らし車横転 瞬間映像  突然、車が猛スピードで接近してきて横転するという事故。ドライブレコーダーがその一部始終を捉えていた。この車、酒気帯び運転だったとみられている。  片側2車線の国道を走行していると、クラクションが聞こえたその数秒後、猛スピードで後ろから軽自動車が左側から接近。直後、バランスを崩して火花を散らしながら横転した。そして、数十メートル先で横転したまま止まった。  事故は8日午前9時半ごろ、愛知県大治町の国道で交通量の多い幹線道路で起きた。事故を起こしたのは52歳の男性。一体なぜ、白昼にクラクションを鳴らしながら蛇行運転を繰り返したのか…。50代の男性は、警察の調べに対して「酒を飲んで車を運転したことは間違いない。車線を変更したところ、車がいたのでハンドルを急に切ったら横転した」と話している。50代の男性の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出され、酒気帯び運転などの疑いで一時、逮捕された。幸いにもこの事故によるけが人はいなかった。警察は事故の詳しい状況を調べている。