「東名高速 事故 ニュース」の検索結果

「東名高速 事故 ニュース」に関する情報は見つかりませんでした。
「東名高速 ニュース」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

台風19号 静岡は暴風雨と高波 海は猛烈なしけに…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 静岡は暴風雨と高波 海は猛烈なしけに…  大型で非常に強い勢力の台風19号が12日にも東海または関東に上陸する恐れがあります。大雨や暴風などに最大級の警戒が必要です。  静岡市清水区の由比です。東名高速は11日から通行止めになっています。かなりの雨で路面が光っています。駿河湾では激しく雨が打ち付けて白波が立っています。この後、予想される波の高さは13メートルです。まだ、風は強くないようですが、こちらでも最大瞬間風速60メートルが予想されています。
覚醒剤使用の疑い “あおりエアガン”男を再逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 覚醒剤使用の疑い “あおりエアガン”男を再逮捕  「あおり運転」の末にエアガンを発射したとして逮捕された男が覚醒剤を使用した疑いで再逮捕されました。  再逮捕された兵庫県尼崎市の無職・佐藤竜彦容疑者(40)は先月5日から14日までの間に覚醒剤を使用した疑いが持たれています。警察の調べに対し、容疑を認めています。佐藤容疑者は先月8日に愛知県内の東名高速上りで前を走る車にエアガンを発射して車体を傷付けたとして逮捕され、逮捕後の尿検査で覚醒剤の陽性反応が出ていました。警察はあおり運転の際に覚醒剤を使用していたかどうかについて慎重に調べる方針です。
最大規模の計画運休 鉄道いつから止まる?詳しく
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 最大規模の計画運休 鉄道いつから止まる?詳しく  上陸が12日に迫った台風19号。12日の首都圏では、かつてないほどの計画運休が実施されます。  「鉄道」です。東京メトロは丸の内線、日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、副都心線では一部区間の運転を見合わせます。  「私鉄」です。東急電鉄は午前9時ごろから本数を減らして正午前から運転取りやめます。そして、京王線は正午以降、本数を減らして午後2時ごろまでにすべての列車の運転を取りやめとします。そのほか、西武鉄道など各路線も情報を出しています。  「JR」です。JR東日本は首都圏のすべての在来線で計画運休を実施します。始発から運転を見合わせるのが湘南新宿ライン、上野東京ラインなどです。午前10時ごろからは東海道線、横須賀線、京葉線、相模原線などです。午前11時ごろからは横浜線などが運転を取りやめます。正午ごろからは京浜東北根岸線、中央・総武線、埼京線などです。そして、午後1時ごろには山手線、南武線などが運転を取りやめます。  「新幹線」です。JR東海は東海道新幹線の東京-名古屋間を始発から終日、運休にします。名古屋-新大阪間も一部を除いて運休します。JR西日本も午前から山陽新幹線の新大阪-岡山間で計画運休を実施すると発表しました。そのほか、東北新幹線、秋田新幹線、山形新幹線、上越新幹線、北陸新幹線も午前11時以降から本数を減らしてその後、運休します。  続いては「道路」の情報です。高波などの影響で西湘バイパスと東名高速道路下りの一部区間がすでに通行止めとなっているほか、状況次第…

おすすめの作品

“自転車事故794隊” 交通ルールの徹底を訴える
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “自転車事故794隊” 交通ルールの徹底を訴える  警視庁で唯一の自転車事故対策の専門部隊、その名も「自転車事故794隊」が交通ルールの徹底を訴えました。  自転車事故794隊:「夜間の安全運転に努めて下さい」「反射材っていって、ライトで光って事故防止になるものですので」  警視庁の管内で最も自転車の保有台数が多い東京・江戸川区の葛西署管内では、今年に入って起きた交通死亡事故3件のうち、2件が自転車が絡んだ事故でした。そこで警視庁で唯一、自転車事故対策の専門部隊である葛西署の自転車事故794隊が地元の自転車店と協力して安全ルールの徹底と安全走行を呼び掛けました。  半田正浩署長:「私、実は自転車屋の息子でありまして、自転車については特に思い入れがあります。自転車は大変便利な乗り物ですが、頭部を打ってしまえば死亡事故につながる。そういった点では、交差点において一時停止を必ずする、そして左右の安全確認をする、こういうことが一番大切だと思います」
“同じ交差点”で8人死傷 死亡事故が相次ぐワケ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “同じ交差点”で8人死傷 死亡事故が相次ぐワケ  8日に宮城県の交差点で車同士が衝突し、3人が死傷する事故がありました。くしくも、1日にも同じ交差点で同様の死亡事故が起きていました。何らかの問題のある交差点なのでしょうか。  宮城県名取市にある県道と市道が交わるごく普通の交差点。信号機は県道側には付いていますが、私道側には付いていない交差点です。1件目は1日の午前10時すぎ。県道と市道が交わる交差点で車3台が出合い頭に衝突しました。この事故で1人が死亡、4人が重軽傷を負いました。そして、2件目は8日午後5時ごろに2台の車が出合い頭に衝突。1台は衝撃で電柱をなぎ倒しました。この事故では1人が死亡、2人が軽いけがをしています。  2件の事故は不思議なことにいくつもの共通点がありました。2件の事故当時、県道側の信号は青でした。また、飛び出した車は同じ道路を同じ方向に走っていて、一時停止をしていませんでした。なぜ、全く同じ事故が立て続けに起きたのか。専門家によりますと、この交差点にはいくつかの問題点があると指摘しています。  交通ジャーナリスト・浜田拓郎氏:「一時停止しなければいけない市道側の『止まれ』の標識が高いので、乗用車からは見にくい。カーブミラーが付けてあるが、(ドライバーから)確認しにくい。(市道側は)直線道路なのにちゃんと止まらないで徐行しないでそのまま行ってしまう」  警察でも市道側はスピードが出て一時停止の標識を見逃しやすい場所になっていると注意を呼び掛けています。事故の予防策として、専門家は信号のない市道側に赤の…
動物まさかのハプニング SP
カメラが捉えた!話題の動画ニュース【月~金 更新】 動物まさかのハプニング SP 今回は「話題の動画ニュース」で放送した事件や事故の映像から、選りすぐった「動物まさかのハプニング SP」映像を特集としてお届けします。
分離帯に衝突きっかけに後続十数台玉突き 横横道路
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 分離帯に衝突きっかけに後続十数台玉突き 横横道路  横浜市の横浜横須賀道路で軽自動車が中央分離帯に衝突し、後続の車十数台が絡む玉突き事故となりました。軽自動車の運転手ら14人がけがをしています。  11日午後6時、横浜横須賀道路の堀口能見台インターチェンジ近くで「軽自動車が中央分離帯にぶつかった」と通報がありました。警察などによりますと、軽自動車が中央分離帯に衝突し、その後、後続の車十数台が次々と衝突する玉突き事故となりました。軽自動車の運転手ら14人が軽いけがをしているということです。警察などは事故の詳しい原因を調べています。
突然の侵入に仰天! 衝撃の”珍客” 2連発
カメラが捉えた!話題の動画ニュース【月~金 更新】 突然の侵入に仰天! 衝撃の”珍客” 2連発 カメラが捉えた衝撃的な事件・事故の瞬間や偶然撮影できた貴重な一瞬、 思わずクスリと笑ってしまうハプニング、動物の見たこともない仕草、ネットで人気沸騰中の動画など思わず見てしまう話題にしたくなる動画映像によるニュースをお届けします。
オットセイが大繁殖! 火山島に3万6千頭
カメラが捉えた!話題の動画ニュース【月~金 更新】 オットセイが大繁殖! 火山島に3万6千頭 カメラが捉えた衝撃的な事件・事故の瞬間や偶然撮影できた貴重な一瞬、 思わずクスリと笑ってしまうハプニング、動物の見たこともない仕草、ネットで人気沸騰中の動画など思わず見てしまう話題にしたくなる動画映像によるニュースをお届けします。
電柱に“だんじり”激突 屋根崩れ 人が落下
カメラが捉えた!話題の動画ニュース【月~金 更新】 電柱に“だんじり”激突 屋根崩れ 人が落下 カメラが捉えた衝撃的な事件・事故の瞬間や偶然撮影できた貴重な一瞬、 思わずクスリと笑ってしまうハプニング、動物の見たこともない仕草、ネットで人気沸騰中の動画など思わず見てしまう話題にしたくなる動画映像によるニュースをお届けします。
日本人DJが世界一に “独創的”テクで魅了
カメラが捉えた!話題の動画ニュース【月~金 更新】 日本人DJが世界一に “独創的”テクで魅了 カメラが捉えた衝撃的な事件・事故の瞬間や偶然撮影できた貴重な一瞬、 思わずクスリと笑ってしまうハプニング、動物の見たこともない仕草、ネットで人気沸騰中の動画など思わず見てしまう話題にしたくなる動画映像によるニュースをお届けします。
那須岳雪崩事故の真相
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 那須岳雪崩事故の真相 017年3月、栃木県那須岳の雪崩事故で、大田原高校山岳部の生徒7人と教諭1人が亡くなった。県の検証委員会は「自然発生と、人為発生という両方の可能性を否定できない」と結論付けた。真実が明らかにされていないと、強い不満を抱く遺族たち。その日、山岳部員たちはどのルートを、どのように行動していたのか。そして雪崩はどこで発生したのか。関係者の証言、事故現場の画像解析で、雪崩の全容に迫った。
関電役員の金品受領問題 原子力規制委員長が批判
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関電役員の金品受領問題 原子力規制委員長が批判  関西電力の役員らが多額の金品を受領していた問題で、原子力規制委員会の更田豊志委員長は「驚き、憤りを感じている」と厳しく批判しました。  原子力規制員会・更田豊志委員長:「まず驚いたし、それから憤りも感じたし、さらにはあきれてしまったというのが率直な受け止めです」  更田委員長は福島第一原発の事故の後、原子力に携わってきたすべての者が厳しく事故を反省して、信頼回復の努力をしていると指摘しました。そのうえで、関西電力の幹部らが事故の後も金品を受け取っていたことについて「情けないというか、憤りを感じました」と厳しく批判しました。今後、関西電力の経営陣から直接、話を聞く機会を設ける方針です。