「東名高速 事故」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

人命救助
無料
まさかの時のサバイバル 人命救助 ベア・グリルスが何時、貴方の身に起こるやも知れない絶体絶命の状況から生還するためのテクニックを伝授...今回は交通事故と水難事故での人命救助法を紹介。乗用車とトラックの衝突事故が発生。車は漏れたガソリンに引火しあっという間に火に包まれる。ベアは割れたルームミラーをナイフ代わりにして、今にも爆発しそうな車の中から仲間と共に脱出する。そして、ジェットスキーとボートの衝突事故を目撃したベアは湖に飛び込み、蘇生法などを紹介しながら2人の男性を救出する。
首都高速で8台の玉突き15人けが 脇見運転が原因か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 首都高速で8台の玉突き15人けが 脇見運転が原因か  東京・大田区の首都高速で渋滞の最後尾にトラックが突っ込み、8台が絡む玉突き事故になりました。この事故で男女15人がけがをしました。  13日午後10時すぎ、大田区の首都高速1号羽田線下りの東海ジャンクションと昭和島ジャンクションの間で、渋滞中の車の列の最後尾に男性が運転するトラックが突っ込みました。警視庁によりますと、8台が絡む玉突き事故になり、男女15人が頭をぶつけたり開いたエアバッグで打撲するなどけがをしました。いずれも軽傷だということです。トラックを運転していた男性の話などから脇見運転が事故の原因とみられていて、警視庁は過失運転傷害の疑いがあるとみて詳しい事故原因を調べています。
笹子トンネル事故から7年 遺族から原因究明の声
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 笹子トンネル事故から7年 遺族から原因究明の声  9人が犠牲となった笹子トンネル崩落事故から7年が経つのを前に、中日本高速道路が遺族に現在、行っている安全のための取り組みを説明しましたが、遺族からは改めて事故原因の究明を求める声が上がりました。  2012年12月、山梨県の中央道笹子トンネルで天井板が崩落し、ワゴン車などに乗っていた男女9人が死亡しました。道路を管理する中日本高速は、事故で潰れた車や当時のトンネル内を再現した実物大の模型を展示する社員用の研修施設を来年度に作ることにしていて、5日にその内容を遺族に説明しました。一方、遺族からは事故原因の究明が今も不十分だとする声が上がりました。  娘・友梨さんを亡くした石川信一さん:「原因究明、解明説明がない限り、私たちはずっと納得できない人生を送ってますので、強くそれを希望したいと思います」
ベビーベッドの使用に注意 落下や挟まれる事故も
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 ベビーベッドの使用に注意 落下や挟まれる事故も  ベビーベッドの隙間に赤ちゃんが挟まれ窒息する事故が相次いでいます。  事故が起きているのは木製で、ベッドの下に収納が付いたタイプのベビーベッドです。側面にある収納の扉部分にきちんとロックが掛かっていないと扉が勝手に開き、赤ちゃんが滑り落ちてしまう危険があります。6月には、東京都内で保護者が目を離した間に扉が開き、8カ月の赤ちゃんが頭を挟まれて死亡する事故が起きています。消費者庁と国民生活センターでは、こうしたタイプのベビーベッドを使う時には扉のロックをしっかり確認するよう注意を呼び掛けています。
衝突事故で川に転落! 沈む車から決死の救出(13日配信)
無料
カメラが捉えた!話題の動画ニュース【月~金 更新】 衝突事故で川に転落! 沈む車から決死の救出(13日配信) カメラが捉えた衝撃的な事件・事故の瞬間や偶然撮影できた貴重な一瞬、 思わずクスリと笑ってしまうハプニング、動物の見たこともない仕草、ネットで人気沸騰中の動画など思わず見てしまう話題にしたくなる動画映像によるニュースをお届けします。
園児死傷事故 運転していた女が遺族に謝罪
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 園児死傷事故 運転していた女が遺族に謝罪  園児ら16人が死傷した事故の裁判で、車を運転していた女が遺族に謝罪しました。  新立文子被告(52)は5月、滋賀県大津市の交差点を右折しようとしたところ、前方から直進してきた車と衝突、散歩中の園児らを巻き込んで16人を死傷させた罪などに問われています。12日の被告人質問で新立被告は「自分勝手な運転だった」と話し、遺族らに対して「申し訳ありませんでした」と謝罪しました。新立被告は保釈中だった8月に出会い系サイトで知り合った男性にストーカー行為を行った罪などでも起訴されていて、「事故を起こして苦しく、全く事故を知らない人と話したかった。恋愛感情があった」と話しました。
野良犬襲撃
まさかの時のサバイバル 野良犬襲撃 ベア・グリルスが何時、貴方の身に起こるやも知れない絶体絶命の状況から生還するためのテクニックを伝授...今回は車の事故の対処法ともし野良犬に襲われたら...。電信柱に車が激突しエンジンがかからない状態に。しかし車の上には1万ボルトの電線が切れて垂れ下がり、火花を散らしていた。彼はベルトのバックルで窓を割って車から脱出する。そして次にベアが挑むのは2匹のどう猛な野良犬。イヌに追いかけられた場合、逃げるのは逆効果である。そこで彼は野良犬から身を守る様々な知恵を紹介する。
エレベーター故障
まさかの時のサバイバル エレベーター故障 ベア・グリルスが何時、貴方の身に起こるやも知れない絶体絶命の状況から生還するためのテクニックを伝授...今回はエレベーターが故障した時の対処法を紹介。もしも、エレベーターが故障して、急降下してしまったら...。そんな日常生活で起こり得る事故に備えるため、エレベーターが落下して地面に衝突した時の衝撃を最小限に抑えるテクニックを紹介する。また停電時のエレベーターの中で安全に行動する方法を伝授する。
那須岳雪崩事故の真相
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 那須岳雪崩事故の真相 017年3月、栃木県那須岳の雪崩事故で、大田原高校山岳部の生徒7人と教諭1人が亡くなった。県の検証委員会は「自然発生と、人為発生という両方の可能性を否定できない」と結論付けた。真実が明らかにされていないと、強い不満を抱く遺族たち。その日、山岳部員たちはどのルートを、どのように行動していたのか。そして雪崩はどこで発生したのか。関係者の証言、事故現場の画像解析で、雪崩の全容に迫った。
“池袋暴走”飯塚元院長を書類送検 怒り震える遺族
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “池袋暴走”飯塚元院長を書類送検 怒り震える遺族  東京・池袋で起きた暴走事故で12日、運転していた88歳の男が書類送検されました。事故から約7カ月が経っていますが、今回の書類送検を受けて遺族が会見を開きました。  今年4月、池袋で車が暴走して松永真菜さん(当時31)と3歳の莉子ちゃんが死亡した事故。警視庁は車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長を過失運転致死傷の疑いで書類送検しました。警視庁は「厳重処分」を求める意見を付けています。  送検を受け、今月12日夕方には遺族の男性らが会見を開きました。先月、テレビで放送された元院長のインタビューについて質問が及ぶと…。  事故で亡くなった松永真菜さんの夫(33):「(Q.(飯塚元院長が)一部報道のインタビューに対して『安全な車を開発するようにお願いしたい』。こういった発言に対してどのように思うか?)あの限られた映像を見た感想というのを前提としてお話させて頂きます。見た時は体が震え出して、怒りよりは空しくなってしまった」  事故当時、飯塚元院長が運転する車は歩行者や自転車を次々とはね、ごみ収集車などに衝突して停車しました。松永さん親子をはねた時点で時速90キロ台後半のスピードが出ていたということです。飯塚元院長は「ブレーキが利かなかった」などと話していましたが、警視庁はブレーキとアクセルを踏み間違えたことが事故の原因と断定しました。  ネット上では飯塚元委員長が元官僚ということで「逮捕されなかった」ことについて臆測が飛び交い、一般国民にはない特権を持つ“上級国民”とい…