「東地」の検索結果

今すぐ視聴する

中東の新しい地図
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 中東の新しい地図 中東が大きく変わりつつある。アラブの春、シリア内戦、イスラム国の盛衰...それらを経た中東では今、イランが存在感を高めその影響力を及ぼすエリアは「三日月地帯」とも呼ばれる。そんなイランではSNSが国民に浸透、自己表現のツールとする若者も出てきている。イランを中心とした中東の新しい地図とは?中東地殻変動の今を追った。
中東戦争
歴史の分岐点 中東戦争 1948年から1973年にかけて、神聖なパレスチナの地を巡り、アラブ人とイスラエルは幾度となく中東戦争を繰り返してきた。1948年のイスラエルの独立宣言から始まり、1973年の第四次中東戦争を経て歴史的な平和条約まで。番組ではCGや当時の映像を交えて、現在の中東地域に影を落としている古い歴史や主要な戦い、重要な転機を解説する。
第12話 嘘つき!
メジャー 第4シリーズ 第12話 嘘つき! メンフィス・バッツは遠征12連戦で9勝3敗で東地区2位に。吾郎とサンダースが始めた意識改革も、選手たちに伝わりはじめた。同じころ日本では、小森が大学の野球部で練習に汗を流していた。だが、1年生の小森は球拾いばかり。ただ、155キロの速球で昨夏の甲子園をわかせたピッチャー・武内は別格の扱いだった…。
第13話 バカな賭け
メジャー 第4シリーズ 第13話 バカな賭け メンフィス・バッツは東地区首位となり、吾郎も19セーブを記録。日本でそのニュースを知った寿也は、監督に呼ばれ、初のスタメンを命じられる。このチャンスに、闘志を燃やす寿也。いよいよ首位攻防のロケッツ戦。試合前のバッツ選手陣に、カーター監督が紹介したその選手、ジェフ・キーンはなんと…!
読売記者が覚醒剤使用か 歌舞伎町で職質→陽性反応
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 読売記者が覚醒剤使用か 歌舞伎町で職質→陽性反応  読売新聞北海道支社の34歳の記者の男が覚醒剤を使用したとして逮捕されました。  読売新聞北海道支社千歳通信部記者の石橋武治容疑者は先月中旬以降、東京都内または周辺で覚醒剤を使用した疑いが持たれています。警視庁によりますと、石橋容疑者は病気療養のため、勤務先の北海道から関東地方の実家に戻ってきていました。3日夕方、東京・新宿区歌舞伎町の路上で警察官から職務質問を受けた際に注射器などを持っていて、尿検査では覚醒剤の陽性反応が出たということです。取り調べに対し、「覚醒剤は使っていない」と容疑を否認しています。読売新聞グループ本社は「捜査の行方を見て適切に対処します」とコメントしています。
第4話 違法所持者
プランダラ 第4話 違法所持者 軍に追われる立場にもかかわらずホムホゥの住人に手を差し伸べるリヒトーを見て、自然と笑顔がこぼれるリィン。だが、いつまでも続くかに思われた和やかな逃走劇は唐突に終わりを告げた。『違法所持者』を取り締まるため、ジェイル=マードック中尉の鉄拳がリヒトーに迫る!
第2話 だいっきらい!
プランダラ 第2話 だいっきらい! 撃墜王を名乗るダビに騙された陽菜は、ルールも知らぬまま『星奪戦』に敗れ、自分のカウントを奪われてしまった。母の形見である『バロット』まで狙われ、すべてを失いかけた陽菜のため、リヒトーが立ち向かう!白い星が刻まれた大太刀をふるうリヒトーの姿は、まるで伝説の撃墜王のようで……!?
第3話 制服だから仕方ない
プランダラ 第3話 制服だから仕方ない 断崖の街ホムホゥ担当の軍曹・リィンは、部下のペレと共に日々ボランティアに汗を流していた。そんなある日、指名手配の重罪人リヒトー=バッハによく似た、プリンの着ぐるみ男と遭遇する。男を疑うリィンだったが、「全然モテない」と号泣する彼のため、仕方なくデートすることになる。
第1話 伝説の撃墜王
無料
プランダラ 第1話 伝説の撃墜王 母の遺言を頼りに、5年もの間ひたすらに世界を旅してきた少女・陽菜。300年前の大戦『廃棄戦争』を終結に導いた英雄『伝説の撃墜王』を探し求める彼女は、ある街で仮面の青年・リヒトー=バッハと運命的な出会いを果たす。そして、撃墜王を名乗る軍人・ダビが現れ、陽菜を軍部へと連れていくのだが……。
第5話 謝るな、謝れ
無料
プランダラ 第5話 謝るな、謝れ 『違法所持者』を取り締まるジェイル=マードック中尉は、重罪人として指名手配されているリヒトー=バッハと対峙する。リヒトーの倍以上のカウントを持つジェイルは、鉄を創り出す能力を操り、リヒトーを捕らえる。そして、戦いの中で抱いた疑問をリヒトーに投げかけ、その正体を探ろうとするが、リヒトーは答えをはぐらかし続けて……。
第三話 神器ロストヴェイン
七つの大罪 戒めの復活 第三話 神器ロストヴェイン ギーラとジールから記憶を奪ったのは、感情を理解する心を欲するゴウセルだった。記憶をもてあそぶような行為を許せないディアンヌは、神器を手にするゴウセルとぶつかることに。そこへメリオダス、マーリンも駆けつけ、ついにゴウセルの正体が明らかになる……!
第十二話 愛の在り処
七つの大罪 戒めの復活 第十二話 愛の在り処 父親代わりであったジバゴの死を看取ったバンの前に、妖精の森で眠るはずのエレインが現れた!何者かに操られるエレインは恋人を愛しく思う気持ちを訴えながら、バンを傷つけてしまう。さらに〈十戒〉のふたりが姿を現し、バンの魂を狙う……!
第十三話 さらば愛しき盗賊
七つの大罪 戒めの復活 第十三話 さらば愛しき盗賊 ブリタニア支配のため別行動を開始した〈十戒〉たち。だがそれこそが彼らの力を分散させる、メリオダスの計略だった。行動を共にするガランとメラスキュラ。蘇る死体の噂はメラスキュラの禁呪によるものだった!
第十四話 太陽の主
七つの大罪 戒めの復活 第十四話 太陽の主 バン、ジェリコ、そして蘇ったエレインの三人は、〈十戒〉のガラン、メラスキュラと対決しなんとか窮地を脱する。戦いに疲弊したバン、力の弱るエレインを背負い歩むジェリコだが、依然としてガランたちの魔の手が迫ろうとしていた。
第一話 魔神族復活
無料
七つの大罪 戒めの復活 第一話 魔神族復活 ようやく平和が訪れたリオネス王国、その第三王女エリザベスは夢を見る。――闇に包まれる世界。現れる十体の影。何者かと戦うメリオダス。〈七つの大罪〉とともに旅に出るエリザベス。その話を聞き国王バルトラは眉をひそめるが、王国を救った〈七つの大罪〉へ勲章授与式を開催する。しかし〈七つの大罪〉の勲章授与に異議を唱える者がいて……。
第二話 存在と証明
七つの大罪 戒めの復活 第二話 存在と証明 〈七つの大罪〉から抜けることをメリオダスに告げて〈豚の帽子〉亭を去るバン。後を追うキング、そしてなぜかついてきたジェリコ。向かった妖精王の森で歓迎を受けるバンに対しキングは……。そんななか大地を揺るがす光が空に向かって放たれる。三千年の封印から復活した十戒はエジンバラの丘を目指す。
第四話 〈十戒〉始動
七つの大罪 戒めの復活 第四話 〈十戒〉始動 王都キャメロットに出現した魔人族に作られた古の兵器、巨獣アルビオン。空飛ぶホークママから飛び出し、メリオダスは神器ロストヴェインを振るいアルビオンを粉砕する。だがアルビオンが現れたのはキャメロットだけではなかった。 妖精王の森に現れた、その大樹をしのぐ大きさのアルビオン。妖精たちから裏切り者と言われてしまったキングは、それでも大切な故郷を守るためアルビオンへ立ち向かう。
第五話 圧倒的暴力
七つの大罪 戒めの復活 第五話 圧倒的暴力 メリオダスたちの前に現れた〈十戒〉のひとり、ガラン。ホークの魔眼が示したのは、魔眼の異常を疑うほどに飛び抜けた数値だった。その圧倒的な力に挑むメリオダスだが……。 一方旅に出たギルサンダー、ハウザー、グリアモールの三人はバイロンの町を襲う赤き魔人に遭遇する。力を合わせる三人の前に予想外の人物が現れる……!
第六話 償いの聖騎士長
七つの大罪 戒めの復活 第六話 償いの聖騎士長 灰色の魔神と戦うギルサンダー、ハウザー、グリアモールの前に現れたのは、メリオダスに倒されたはずのヘンドリクセンだった。戸惑いながらも協力して灰色の魔神を倒す四人。ギルサンダーの覚えのある力を放つヘンドリクセンから、王国を混乱に陥れたその真実がついに語られる……!
第七話 記憶が目指す場所
七つの大罪 戒めの復活 第七話 記憶が目指す場所 ガランとの戦いで怪我を負ったディアンヌがようやく目を覚ました。しかし顔を覗き込むキングへ困惑の表情を向ける。戦いで頭を強打したディアンヌは記憶を失っていた……!記憶と異なるキングの風貌、団長をメリオダスと呼び、エリザベスのことは覚えてすらいない。〈七つの大罪〉入団以前へ記憶が戻ってしまったディアンヌは仲間の前から姿を消す。
第八話 ドルイドの聖地
七つの大罪 戒めの復活 第八話 ドルイドの聖地 ゴウセルに記憶を操作され姿を消したディアンヌを探すため、メリオダスたちはディアンヌが向かうであろう巨人族の里・メガドーザへと移動を始める。ところがメガドーザへの道中には〈十戒〉が魔力回復を行うエジンバラ城跡があった。数百マイル離れた先で何者かが戦っているのを察したメリオダスは……。
第九話 愛する者との約束
七つの大罪 戒めの復活 第九話 愛する者との約束 〈十戒〉と戦う力を得るため、メリオダスたちは森の賢者ドルイドの聖地・イスタールを訪れた。10年前にマーリンに奪われたメリオダスの強大で危険な力は、ドルイドに預けられていたのだ。力を取り戻すため、苦しく辛い試練に挑むメリオダスの前に現れるリズの姿。そしてエリザベスにも試練が待ち受けていた。
第十話 僕たちに欠けたもの
七つの大罪 戒めの復活 第十話 僕たちに欠けたもの レイブンズに着いたバンとジェリコは瀕死のウェアフォックスに遭遇する。盗賊都市と呼ばれるその町はバンが子供の頃に住んでいた町。バンは傷だらけだった幼い頃と、そんなバンに手を差し出した男のことを思い出す……。 一方メリオダスたちはドルイドの聖地・イスタールで厳しい修業を続けていた。修練窟へ入ったメリオダスとキングだが……。
第十一話 父親と息子
七つの大罪 戒めの復活 第十一話 父親と息子 『女神の琥珀』に入れられていた力がついにメリオダスの元へと戻った。本来の力を取り戻し、メリオダスはひとり〈十戒〉の元へと乗り込む。殺気立つガランを制してメリオダスは余裕の表情を浮かべるのだった。挑発された〈十戒〉たちはブリタニア侵略のため散会して行動を開始する。
第十五話 戦慄の告白
七つの大罪 戒めの復活 第十五話 戦慄の告白 ガランとメラスキュラに追撃されるジェリコたちが逃げ込んだのは、洞窟の奥の酒場〈麗しき暴食〉亭。そのマスターこそが七人目の大罪〈傲慢の罪〉エスカノール!〈十戒〉のふたりを圧倒的な力で蹴散らしてしまう。 一方、〈蒼天の六連星〉は〈十戒〉フラウドリンに身体を乗っ取られたドレファスを捕獲する。ゼルドンの研究棟に捕われたドレファスだが……。
第十六話 死の罠の迷宮
七つの大罪 戒めの復活 第十六話 死の罠の迷宮 〈十戒〉グロキシニアの操る魔神によって、大陸中に『バイゼル大喧嘩祭り』のチラシがばらまかれた。瀕死の子供たちを救うため奇跡にすがるマトローナとディアンヌ、喧嘩祭りに興味を持つメリオダスたち、バンやエレインを荷車に乗せて酒樽を運ぶエスカノール一行。散り散りになった仲間たちを迎えるのは、バイゼル大喧嘩祭り第一関門『死の罠の迷宮』だった!
第十七話 伝承の者共
七つの大罪 戒めの復活 第十七話 伝承の者共 〈十戒〉巨大迷宮の中でディアンヌはエリザベス、ホークと再会する。またメリオダスはバンに再会、バンは〈豚の帽子〉亭へ戻る意志を見せる。ふたりは再生する壁をぶち抜くという荒技でついにゴールへたどり着くが、そこにいたのは禍々しいオーラを放つ〈十戒〉のドロールとグロキシニアだった。
第十八話 その光は誰が為に
七つの大罪 戒めの復活 第十八話 その光は誰が為に バイゼル大喧嘩祭りタッグマッチが始まった!メリオダス&バンペア、エリザベス&エレインペアは対戦相手を撃破し、他のペアたちも戦いを繰り広げる中、キング&ディアンヌペアに立ちはだかるのは〈十戒〉のふたりが操るゴーレムとサーバント。強力な攻撃にキングは妖精王として真の力を見せるが……。
第十九話 メリオダスvs〈十戒〉
七つの大罪 戒めの復活 第十九話 メリオダスvs〈十戒〉 タッグマッチで敵対することになったゴウセル&ジェリコペアと、ホーク&エスカノールペア。ゴウセルの“悪夢語り〈ナイトメア・テラー〉”によって心を弄ばれたエスカノールは神器を解放する。だがその攻撃の矛先はゴウセルではなく、ドロールとグロキシニアだった!深い傷を負ったふたりの前にメリオダスが降り立つ!
第二十話 希望を求めて
七つの大罪 戒めの復活 第二十話 希望を求めて ドロールとグロキシニアを倒すため、罠と知りながら大喧嘩祭りに参加したメリオダス。しかし勝利を寸前にして、集結した〈十戒〉の攻撃を受けてしまう。渾身の力で振るった神器・ロストヴェインさえも「慈愛」の戒禁を持つエスタロッサに受け止められ、ついにメリオダスは倒れてしまう。エスタロッサから語られる三千年前の事実とは……!?