「東城日沙子 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

第4話
放課後さいころ倶楽部 第4話 【最新話】「放課後さいころ倶楽部」毎週日曜日26時00分に最新話を配信!
第06話 スガキヤいこみゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第06話 スガキヤいこみゃあ 涙ぐましい努力によって八十亀と連絡先の交換に成功した陣。 早速メッセージを送る陣出会ったが、八十亀の返事は標準語で、どこか素っ気ない返事であった。 そんな時、やん菜から八十亀と仲良くなるための魔法の言葉を教わり…。
第3話
無料
放課後さいころ倶楽部 第3話 【最新話】「放課後さいころ倶楽部」毎週日曜日26時00分に最新話を配信!
第5話
放課後さいころ倶楽部 第5話 【最新話】「放課後さいころ倶楽部」毎週日曜日26時00分に最新話を配信!
第6話
無料
放課後さいころ倶楽部 第6話 【最新話】「放課後さいころ倶楽部」毎週日曜日26時00分に最新話を配信!
第02話 トーキョーもん
八十亀ちゃんかんさつにっき 第02話 トーキョーもん 昨日拾った八十亀ちゃんの生徒手帳を手に登校する陣。ふと、コメダ珈琲の中を見ると、八十亀ちゃんを見つける。 「高校生がこんな時間にカフェ?!しかも新聞読んでて…何歳だよ?!」八十亀ちゃんに生徒手帳を返し陣はコーヒーとシロノワールを頼む。 …シロノワールはミニサイズを頼むのが常識とも知らずに……。
第03話 認めにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第03話 認めにゃあ 担任の先生から写真部への入部が決まっていることを知らされる陣。 もっと刺激のある部活が良かったと残念がる陣だが、部室を開けるとそこにはあの八十亀ちゃんと八十亀の写真をハイテンションで撮りまくる只草舞衣がいた。 入部をかけて写真勝負をすることになった陣と八十亀ちゃんであったが…。
第07話 そっちじゃにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第07話 そっちじゃにゃあ 陣の写真部入部の歓迎会が行われることになった。各自300円以内でお菓子を持ち寄ることになったが、八十亀はしるこサンド、やん菜はおにぎりせんべい、只草はカニチップを持参した。 一方陣は東京でも売っていたからとベビースター、ヤングドーナツ、クッピーラムネを持参したが…。
第08話 アキバじゃにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第08話 アキバじゃにゃあ 写真部に入ったんだし、カメラが欲しい。そう言いだした陣。 次の日に写真部みんなで大須に陣のカメラを買いに行くことになった。 待ち合わせ場所についたものの居るのは陣と八十亀だけ…。 しばらく経っても只草とやん菜が来ないので先に八十亀とコメ兵へ向かうと…。
第09話 関係にゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第09話 関係にゃあ コメ兵でカメラを買った後、大須を散策していたらアイドルを激しく応援している只草に会った陣と八十亀。 只草に話を聞いてみるとアイドルやアニメのキャラみたいに可愛いものが好きらしい。 そんな話を聞いていると、「あ、14時!」と言って八十亀がどこかへ走り出した。八十亀を追っていくとそこには…?
第11話 涼しくにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第11話 涼しくにゃあ 陣が名古屋に来て初めての夏が来た。 ムシムシしたまとわりつくような暑さに徐々に視界が暗くなっていった。 次に起きた時には地下にいて只草と八十亀に見守られていた。どうやら気を失っていたらしい…。 「夏に名古屋の地上を歩くなんて……死にたゃあの?」と言う八十亀に、陣はたじろいだ。
第12話 また会おみゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第12話 また会おみゃあ 休日に写真部のメンツと遊ぶことになった陣。いきなりカラオケ店に行こうとする状況に疑問を投げかけると「遊ぶときは大体、カラオケ行くやろ」と返されてしまう。 八十亀も只草も頷いているところを見るとこれが普通の名古屋スタイルらしい…。 それぞれが思い思いの歌を歌い上げる中、八十亀は…。
第04話 撮れてにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第04話 撮れてにゃあ 写真対決当日、名古屋駅の待ち合わせ場所が分からない陣はやっとのことで八十亀ちゃんと合流することができたが、 「名駅で待ち合わせ言うたら、金時計しかにゃーがね!」とまたもや名古屋の洗礼を受けるのであった。 前日に名古屋に観光地はないことを聞かされていた陣は、八十亀ちゃんに写真を撮るような場所はあるのか聞く。 いっぴゃあある!と言う八十亀ちゃんについていくと…。
第05話 教えにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第05話 教えにゃあ 陣は、八十亀ちゃんと仲良く慣れない日々が続いていた。 話しかけようと必死に話題を探して声をかけるも、迷惑だと一蹴される陣。 こんな自分をなぜ写真部に入れたのか只草に聞くと、八十亀の今までにない表情が撮影できるからとにこやかに返事をされる。 只草とやん菜に八十亀ちゃんと仲良くなるコツを聞く陣であったが…。
第10話 かけるしかにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第10話 かけるしかにゃあ 学食でトンカツ定食を頼んだ陣。食堂が混んでいたため、部室で食べようと部室に来たところ、八十亀に出会う。 部室での二人きりに緊張していると、ふと八十亀のお弁当が目に入った。 八十亀が自分で作ったらしいが、キュウリやナス、こんにゃくなどがほぼ無加工で入っていた。こんなんでご飯がすすむのか?と八十亀に聞くと…。
第01話 はじまり
無料
八十亀ちゃんかんさつにっき 第01話 はじまり 東京から名古屋に引っ越してきた陣界斗。 名古屋ならではの方言や食事に憧れていたが、周りのクラスメイトに訛っている人も何にでも味噌をかけている人もいなかった…。 ここでも東京と同じ退屈な日々が続くのかと思った矢先、探し物をしている女子高生を見つける。「どこにもにゃあ」という訛り全開の発言を聞いた陣の心に名古屋の風が吹いた——。
第2話 これはゴキブリです!
無料
放課後さいころ倶楽部 第2話 これはゴキブリです! 人付き合いが苦手な武笠美姫は、ボードゲームを通じて高屋敷綾、大野翠と親しくなることができた。ある日の放課後、3人でボードゲームをしようとしていたところに、翠の幼馴染みで、綾の隣の席の田上翔太が教室の入口に…。「忘れ物を取りに来た」と説明する翔太だが、綾に誘われ、ゲームに参加することに…。張り切ってゲームに参加した翔太だったが、なぜかそわそわと落ち着きがない…。それに気がついた美姫の胸に、ある想いが湧く。「もしかしたら、田上くんて…。」
第1話 知らない世界
無料
放課後さいころ倶楽部 第1話 知らない世界 いつも引っ込み思案で人付き合いが苦手な武笠美姫は、ある日、天真爛漫なクラスメイト、高屋敷綾に声をかけられ、一緒に知らない場所をさまようことに。そんな奔放な綾に戸惑う美姫だったが、初めて人と一緒にいる温かさを感じる。 帰り道、街でクラス委員長の大野翠を見かけ、あとを追ってみると、「さいころ倶楽部」と書かれたいかがわしい店にたどり着く。美姫と綾が恐る恐るドアを開けてみると、そこには見たこともない数々の美しいボードゲームが彼女たち待っていた…。
第2話 君を呼ぶ
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第2話 君を呼ぶ 同居を始めた素晴と猫。猫のエサが切れていたことに気付きペットショップへと向かうが、普段触れ合わない動物たちに囲まれ動揺する素晴。すると、ショップ店員の「なな」に声を掛けられ、猫の名前を聞かれ、まだまだ名付けていなかったことに気付く。一緒に暮らしている“家族”なんだから名前をつけてとななに言われ、ひとまず考えてはみるものの、なかなか決まらない。そんな時、自室で『月と太陽』という思いでの本を見つける――
第3話 君に触れる
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第3話 君に触れる 素晴と担当編集・河瀬は朏家で打ち合わせをすることになった。猫好きの河瀬はハルに初めて出会い、追い掛け回したりと興奮が収まらない。一方ハルはこの頃、何もない方をジッと見つめたり、急にジャンプしたりと意味不明な行動ばかり……。おまけに、長い間立ち入っていなかった素晴の両親の部屋を荒らし、ホコリまみれになる始末……。ウンザリする素晴であったが、その部屋の中から“アルバム”を見つける。
第4話 君のため
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第4話 君のため 自宅で大好きな本を読んでいる素晴。だが、大翔と河瀬が次々と家に押し入り、自分の時間を堪能できずにいた。すると突然河瀬から、迷子になっても安全でいられるように、今すぐハルの首輪を買うべきだと告げられる。急遽ペットショップへ向かい、ななの案内のもとハルに似合う首輪を探す素晴。しかし、首輪を嫌がりストレスを抱えてしまう猫も多いという。はたしてハルは喜んでくれるだろうか……。
第5話 君に伝えたいこと
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第5話 君に伝えたいこと 少しずつ距離が縮まってきた素晴とハル。先日病院で太り気味と診断されてしまったハルのため、今日はダイエットの相談にななが家にやって来た。ペットボトルを使ったエサのあげ方や適切な量など、初めて聴く話に熱心になる素晴。ハルもいつもと違うエサの食べ方に楽しそうな様子。しばらくしてななは帰宅したが、なんと自宅の鍵を朏家に忘れて行ってしまった。素晴とハルは鍵を届けに急いでななのもとへ――
第6話 つながるもの
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第6話 つながるもの ななの鍵を返すため素晴と押守家へ向かったハルは、弟・はちと感動の再会を果たした。すると突然、怖い顔をした大きな男が家に入ってきた!なんとその男はななの弟・優伍だった。その大柄な外見におびえる素晴とハルであったが、はちやろくと戯れる様子を見て一安心。すると優伍の鞄に「小説北極星」という雑誌を見つける。それは、素晴の連載が載っている雑誌だった――
第7話 御せぬ君たち
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第7話 御せぬ君たち 朏家で打ち合わせ中の素晴と河瀬。いよいよ素晴の単行本が発売されるため、そのカバーデザインを選んでいると、河瀬からサイン会の話を持ち掛けられる。書店からの強い要望でぜひ開催してほしいと言われるが、人付き合いが苦手な素晴にとってサイン会などもってのほか。きっぱりと断る素晴。すると突然、玄関チャイムが鳴り響き、ぞろぞろと子どもたちがやってきた!唐突過ぎる出来事に呆然とする素晴――
第8話 君がいるから
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第8話 君がいるから 自宅で仕事中の素晴は居間へ向かうと、窓際で丸くなって寝ているハルを見つける。午後の日差しにあまりにも気持ち良さそうなハルの姿を見て、素晴は隣に座り資料を読み始めると、思わず寝入ってしまう。すると小学生時代の夢を見始める――。一方ハルは、すぐそばで寝ている素晴にご飯を作るため台所へと向かう。目の前にある猫缶がなかなか開けられず苦戦するハル。すると突然、背後に誰かが――!
第9話 君にさしだす
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第9話 君にさしだす いよいよ今日は素晴のサイン会の日。着慣れていないスーツ姿で、いつもと様子の違う素晴が心配なハル。何度も話し掛けるが、素晴は聞く耳を持たずそそくさと出て行ってしまう。ポツンと家に一匹残されたハルは怒り心頭になる…。一方、素晴はサイン会に集まってくれた人たちを前にして、緊張で震えが止まらず、今にも逃げ出しそうな勢い。するとそこに、あの人がやって来た――!
第10話 いっしょごはん
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第10話 いっしょごはん 締め切り明けでお昼過ぎまで寝ている素晴。大翔からメールが来ていて、妹の鳴海と友人の春ちゃんがハルに会いに来るという。急な出来事に驚いていると、瞬く間に2人がやって来た。手土産に春来軒のご飯をもらい、喜びのあまりお腹を鳴らす素晴。ハルにも分けてあげたいところだが人間のご飯は猫の体に悪いという。すると以前、春がハル用に手作りご飯をあげていたと言うので、3人はハルのためにご飯を作ることになった。
第11話 巡る想い
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第11話 巡る想い 河瀬に連載の新シリーズ突入を提案されたものの、全くネタが思い浮かばない素晴。すると、気分転換に外出してはどうかと勧められ、旅行に行くことを決める。旅行先を考えていると、ふと母・佐保の花壇が目に入る。それは素晴のために、佐保が旅行先で植物の苗や種を買い、育ててきた花壇であった。ガーデンプレートには訪れた地名が書かれていたが、「徳島」と書かれたプレートにだけ何も植えられていなかった……。素晴は徳島へ旅立つことを決める。
第12話 君と僕と
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第12話 君と僕と 嵐のせいで徳島からの帰りが遅くなってしまった素晴は、大翔にハルの様子を見に行ってもらうよう頼む。一方、ハルもなかなか帰って来ない素晴が心配で落ち着かない。そこに大翔がやってくると、素晴を探しに外に飛び出してしまった!!それを聞いた素晴は、居ても立っても居られず、暴風雨のなか走り出す!なな、優伍、河瀬も加わり皆で探し回るが、全然見つからない……。素晴とハルは無事に再会できるのだろうか――
第1話 未知との遭遇
無料
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第1話 未知との遭遇 小説家・朏 素晴(みかづき すばる)は、本しか興味がなく、自分の創作を邪魔する他人が苦手。ひょんなことから猫を拾い、一緒に暮らし始める。猫の予測不能な行動を見ているうちに、小説のネタがどんどん浮かんでくる素晴。「お前は人間みたいに邪魔してこないし、想像をかきたてられるし、最高だよ」と思いきや、エサをばらまいたり、部屋の戸を引っかいたり、やっぱり厄介者!?しかしそれら全てに猫の“想い”があった――