「東城日沙子 1話」の検索結果

今すぐ視聴する

第11話 涼しくにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第11話 涼しくにゃあ 陣が名古屋に来て初めての夏が来た。 ムシムシしたまとわりつくような暑さに徐々に視界が暗くなっていった。 次に起きた時には地下にいて只草と八十亀に見守られていた。どうやら気を失っていたらしい…。 「夏に名古屋の地上を歩くなんて……死にたゃあの?」と言う八十亀に、陣はたじろいだ。
第1話 また会えたでよ
無料
八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ 第1話 また会えたでよ 名古屋に引っ越してきて、写真部に強制的に入部させられ色々あったけど、どうにか馴染んでる。名古屋訛り全開の八十亀最中に、岐阜出身の只草舞衣、それと三重県出身で部長の笹津やん菜。今日も名古屋弁について色々教えてもらおう!でも、「ちんちん」の連呼は心臓に悪いからやめて・・・!
第01話 はじまり
無料
八十亀ちゃんかんさつにっき 第01話 はじまり 東京から名古屋に引っ越してきた陣界斗。 名古屋ならではの方言や食事に憧れていたが、周りのクラスメイトに訛っている人も何にでも味噌をかけている人もいなかった…。 ここでも東京と同じ退屈な日々が続くのかと思った矢先、探し物をしている女子高生を見つける。「どこにもにゃあ」という訛り全開の発言を聞いた陣の心に名古屋の風が吹いた——。
第11話 みんなのゲーム
無料
放課後さいころ倶楽部 第11話 みんなのゲーム NYの有名ゲームデザイナー、ジョージ・ベレスフォードが開催するゲームコンペに参加することになった翠は、オリジナルゲームのワンルームを完成させることに必死になるあまり、自分を見失いかける。そこでもう一度原点に戻ろうと思い出の場所を訪れる翠。そして遂に完成したゲームを美姫、綾、エミーと4人でテストプレイすることに。果たしてその出来は……。
第1話 知らない世界
無料
放課後さいころ倶楽部 第1話 知らない世界 いつも引っ込み思案で人付き合いが苦手な武笠美姫は、ある日、天真爛漫なクラスメイト、高屋敷綾に声をかけられ、一緒に知らない場所をさまようことに。そんな奔放な綾に戸惑う美姫だったが、初めて人と一緒にいる温かさを感じる。 帰り道、街でクラス委員長の大野翠を見かけ、あとを追ってみると、「さいころ倶楽部」と書かれたいかがわしい店にたどり着く。美姫と綾が恐る恐るドアを開けてみると、そこには見たこともない数々の美しいボードゲームが彼女たち待っていた…。
第11話 巡る想い
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第11話 巡る想い 河瀬に連載の新シリーズ突入を提案されたものの、全くネタが思い浮かばない素晴。すると、気分転換に外出してはどうかと勧められ、旅行に行くことを決める。旅行先を考えていると、ふと母・佐保の花壇が目に入る。それは素晴のために、佐保が旅行先で植物の苗や種を買い、育ててきた花壇であった。ガーデンプレートには訪れた地名が書かれていたが、「徳島」と書かれたプレートにだけ何も植えられていなかった……。素晴は徳島へ旅立つことを決める。
第1話 未知との遭遇
無料
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第1話 未知との遭遇 小説家・朏 素晴(みかづき すばる)は、本しか興味がなく、自分の創作を邪魔する他人が苦手。ひょんなことから猫を拾い、一緒に暮らし始める。猫の予測不能な行動を見ているうちに、小説のネタがどんどん浮かんでくる素晴。「お前は人間みたいに邪魔してこないし、想像をかきたてられるし、最高だよ」と思いきや、エサをばらまいたり、部屋の戸を引っかいたり、やっぱり厄介者!?しかしそれら全てに猫の“想い”があった――

おすすめの作品

第06話 スガキヤいこみゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第06話 スガキヤいこみゃあ 涙ぐましい努力によって八十亀と連絡先の交換に成功した陣。 早速メッセージを送る陣出会ったが、八十亀の返事は標準語で、どこか素っ気ない返事であった。 そんな時、やん菜から八十亀と仲良くなるための魔法の言葉を教わり…。
第2話 怖くにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ 第2話 怖くにゃあ お兄ちゃんは毎日が楽しそうだ。いつ車に轢かれるかわからないのに!それに、苦手なクラスメイトの「はちじゅっかめ」さんと、球技大会の実行委員に選ばれちゃうし・・・!ふたりで球技大会の種目を決めるため、コメダ珈琲に行くことになったんだけど・・・。私、大丈夫かな・・・。
第3話 しょぼくにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ 第3話 しょぼくにゃあ 今日は球技大会!なんだけど、「タスポニー」って一体何・・・?誰に聞いてもわからないってどうしてだよ!繁華もまともに会話できなかったし・・・。八十亀が言うにはスポンジボールをつかった手で行うテニスみたいな競技らしい。それって結局、どんな競技なんだ?
第4話 ハブいてにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ 第4話 ハブいてにゃあ 暑い、暑い、暑すぎる・・・。これ前もやったような気もするけど。茹だる様な暑さの中、ロッカーから出てきたのは・・・。呪いでどうこうする的なモノではなく、写真部顧問の初内ララ先生。えっ、まって、この暑い中ずっとロッカーにいたの・・・?ほわほわした感じの先生だけど、心配だな。
第5話 主食じゃにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ 第5話 主食じゃにゃあ うぅ・・・風邪をひいてしまった・・・。買い出しに言った繁華の代わりに部屋に入ってきたのは八十亀?なんで?八十亀が俺の部屋に?「おかってする」ってなに!?どきどきしながら待ってると、八十亀が「味噌煮込みうどん」を持って来た。え?ごはん?ごはんはいらないよ・・・。
第02話 トーキョーもん
八十亀ちゃんかんさつにっき 第02話 トーキョーもん 昨日拾った八十亀ちゃんの生徒手帳を手に登校する陣。ふと、コメダ珈琲の中を見ると、八十亀ちゃんを見つける。 「高校生がこんな時間にカフェ?!しかも新聞読んでて…何歳だよ?!」八十亀ちゃんに生徒手帳を返し陣はコーヒーとシロノワールを頼む。 …シロノワールはミニサイズを頼むのが常識とも知らずに……。
第03話 認めにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第03話 認めにゃあ 担任の先生から写真部への入部が決まっていることを知らされる陣。 もっと刺激のある部活が良かったと残念がる陣だが、部室を開けるとそこにはあの八十亀ちゃんと八十亀の写真をハイテンションで撮りまくる只草舞衣がいた。 入部をかけて写真勝負をすることになった陣と八十亀ちゃんであったが…。
第07話 そっちじゃにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第07話 そっちじゃにゃあ 陣の写真部入部の歓迎会が行われることになった。各自300円以内でお菓子を持ち寄ることになったが、八十亀はしるこサンド、やん菜はおにぎりせんべい、只草はカニチップを持参した。 一方陣は東京でも売っていたからとベビースター、ヤングドーナツ、クッピーラムネを持参したが…。
第08話 アキバじゃにゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第08話 アキバじゃにゃあ 写真部に入ったんだし、カメラが欲しい。そう言いだした陣。 次の日に写真部みんなで大須に陣のカメラを買いに行くことになった。 待ち合わせ場所についたものの居るのは陣と八十亀だけ…。 しばらく経っても只草とやん菜が来ないので先に八十亀とコメ兵へ向かうと…。
第09話 関係にゃあ
八十亀ちゃんかんさつにっき 第09話 関係にゃあ コメ兵でカメラを買った後、大須を散策していたらアイドルを激しく応援している只草に会った陣と八十亀。 只草に話を聞いてみるとアイドルやアニメのキャラみたいに可愛いものが好きらしい。 そんな話を聞いていると、「あ、14時!」と言って八十亀がどこかへ走り出した。八十亀を追っていくとそこには…?