「東日本大震災 津波 被害」の検索結果

「東日本大震災 津波 被害」に関する情報は見つかりませんでした。
「東日本大震災 被害」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

ブランド和牛が値崩れ 東日本大震災直後並みに
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ブランド和牛が値崩れ 東日本大震災直後並みに  ブランド和牛の取引にも新型コロナウイルスが影を落としています。  山形県米沢市で行われた米沢牛の競りは、値を下げながらの売買が続いて平均単価は去年と同じ時期と比べて1164円値下がりして2106円となりました。東日本大震災直後の2011年4月並みの安値です。新型コロナウイルスの影響で、観光客が減少したことで外食産業からのキャンセルが相次ぎ、需要が減少したことなどが要因です。農家からは「子牛の値段にもならない」などと不安の声が上がっています。
世界とつながる被災地
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 世界とつながる被災地 東日本大震災から7年、被災地では人材不足などの構造問題が深刻化する一方、外国人労働者との新たな関係が生まれている。宮城県塩釜市では、技能実習生が地元の祭りに参加するなど地域とのつながりが生まれている。世界からの人々を復興の活力に...。世界とつながる被災地の今を追った。
「エンタメ業界の市場4割消失の危機」ぴあが試算
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「エンタメ業界の市場4割消失の危機」ぴあが試算  新型コロナウイルスでエンターテインメント業界の市場が4割消えるとの試算です。  チケット大手「ぴあ」の試算によりますと、音楽やスポーツなどのエンタメ業界の市場規模は年間約9000億円ですが、新型コロナによるイベントの中止や延期で生じた損失額は、市場の2割にあたる1750億円に上ります。さらに大型連休を含む5月中もイベントの中止が続けば、市場の4割にあたる3300億円が失われるとしています。今回の損失額はすでに東日本大震災の後を超えていて、エンタメ業界のダメージは深刻になっています。
聖火リレー取りやめ 福島県知事「やむを得ない」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 聖火リレー取りやめ 福島県知事「やむを得ない」  聖火リレーの取りやめに対し、福島県の内堀知事は理解を示しました。  福島県・内堀知事:「新型感染症の状況を考えますと、やはり皆さんの安全安心を最優先にすると。これは、やむを得ない判断かと思います」  内堀知事は26日、Jヴィレッジから始まる予定だった聖火リレーの取りやめに対し、組織委員会の森会長から事前に電話で連絡があったと明かしました。また、森会長から福島県で一定期間、聖火を預かってほしいとの要請があり、「喜んで引き受けたい」と述べました。東日本大震災の被災地を巡る聖火「復興の火」は25日に福島県いわき市で予定通り展示されるということです。
3月の景気判断大幅引き下げ「回復」の文言を削除
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 3月の景気判断大幅引き下げ「回復」の文言を削除  政府は3月の景気判断を大きく引き下げ、「厳しい状況にある」としました。これまで続けてきた「回復」という文言を取り除いたのは6年9カ月ぶりです。  新型コロナウイルスの感染拡大により、個人消費や設備投資など11の項目のうち7つの項目を一気に下方修正しました。7項目を同時に下げたのは初めてのことです。総括判断も「大幅に下押しされ、厳しい状況にある」と大幅に下げ、6年9カ月ぶりに「回復」という文言を削除しました。世界経済についても「足元で急速に減速している」として、10の地域のうち8を下方修正しました。こうした急激な下方修正は異例のことで、内閣府は「今後、リーマンショックと東日本大震災を足したくらい悪化するかもしれない」と説明しています。
景気判断約7年ぶり「回復」削除 「厳しい状況」
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 景気判断約7年ぶり「回復」削除 「厳しい状況」  政府は3月の景気判断を大きく引き下げ、「厳しい状況にある」としました。これまで使用し続けてきた「回復」という文言を取り除いたのは6年9カ月ぶりです。  新型コロナウイルスの感染拡大によって個人消費や設備投資など11の項目のうち7項目を一気に下方修正しました。7項目を同時に下げたのは初めてです。総括判断も「大幅に下押しされ、厳しい状況にある」と大幅に引き下げ、6年9カ月ぶりに「回復」という文言を削除しました。こうした急激な下方修正は異例で、内閣府は「今後、リーマンショックと東日本大震災を足したくらい悪化するかもしれない」としています。政府が強調してきた「戦後最長の景気回復」は転換点を迎え、景気の後退局面に入った可能性が強まっています。
「復興の火」は粛々と被災地を…“延期検討”に困惑
最新の社会ニュース【随時更新】 「復興の火」は粛々と被災地を…“延期検討”に困惑  東京オリンピックの聖火「復興の火」が東日本大震災の被災地の岩手県大船渡市に到着しました。新型コロナウイルスの影響による延期の報道に困惑の声も聞かれました。  三陸鉄道などで岩手県内を巡っている復興の火は23日、大船渡市に到着して記念のセレモニーが行われました。IOC(国際オリンピック委員会)がオリンピックの延期を検討するという報道に、復興の火を見に来た人からは困惑の声も上がりました。  復興の火を見に来た人:「せっかく来た時にこういう状況になって大変だなって感じですね」  岩手県に続いて聖火がやってくる福島県でも困惑の声が広がっています。  福島市民:「聖火リレーだけでも見たいなとはちょっと思います」「なるべく早くに決断することが選手・候補の皆様にとって一番良いんじゃないか」  大会組織委員会によりますと、26日から始まる聖火リレーについては予定通り実施する方針だということです。
#34『現代人の食生活を変えた!“ヘルシーで美味しい“サラダチキン』アマタケ:佐藤優
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #34『現代人の食生活を変えた!“ヘルシーで美味しい“サラダチキン』アマタケ:佐藤優 低カロリーなのに高たんぱく...健康志向が高まる中で、食卓の定番となったサラダチキン。 コンビニやスーパーから人気に火が付いた商品ですが、それよりもっと前からサラダチキンを作り続けているパイオニアが、佐藤さんが取締役を務めるアマタケです。鶏の飼育から加工・販売まで、すべての工程を自社でまかなっているアマタケ。サラダチキン開発のきっかけは、ジューシーなもも肉に比べてパサパサする食感のイメージが強く、“業界のお荷物”とまでいわれた鶏むね肉の現状を何とか変えたいという強い思いでした。 しかし、販売当初は鳴かず飛ばず...。その後、東日本大震災が起きたため、苦しい日々が続きます。それでも、将来性にかけサラダチキンを作り続けた結果、一大ブームの立役者となることに成功しました。 今回は佐藤さんに成功までの壮絶な道のりと現代の食卓を豊かにしたサラダチキンに込めた思いを伺いました。 【提供】日産自動車
第56話〜第60話
チャージマン研! 第56話〜第60話 研くんの乗った馬が暴走します・・・ ひたすら。みどころはなんといっても研パパ。ドンっ!頼もしい。/さぁ、もうすぐ南極の遊園地だぞ! ペンギンと氷しかありません・・・ そこにジュラルがあらわれ・・・ 最後バリカン哀れ/ピロピロ大サーカスのライオン使いの美少女、エリカちゃん、みたいけど20円しかないなぁ・・・ でもやっぱり。/研くんファミリー、山でキャンプです。研くん、密漁者から野鳥を守り、正義感にあふれてます。でも、ジュラルには厳しいのでした。/大津波にのまれた、と思ったら、ジュラル星人の人工津波でした・・・ 研の活躍で、平和なビーチが戻ってきた!?ループ?
第六話 紐育(ここ)より永遠(とわ)に
サクラ大戦 ニューヨーク・紐育 第六話 紐育(ここ)より永遠(とわ)に 全てが白い光に包まれた紐育。その上空には神々しい光を放つ、逆ピラミッドが浮かんでいる。次々とピラミッドへ吸い込まれていく人々、紐育全土を飲み込もうとする大津波。今、街はまさに壊滅状態にあった。かろうじて無事だった『リトルリップ・シアター』の中で、紐育華撃団・星組は最後の決断を迫られる。津波から街を守るか、ピラミッドへ突入し人々を救出するか…選択肢は二つ。はたして、彼らが選ぶ道は―?