「松来未祐 キャラ」の検索結果

今すぐ視聴する

第10話 『洗脳探偵ロリ返り』
カーニバル・ファンタズム 第10話 『洗脳探偵ロリ返り』 琥珀の薬で心だけ幼児化してしまった秋葉。すがりつく秋葉を置き去りに出来ず一緒に登校した志貴だったが、当然ながらそこには数々のトラブルが待受けているのだった。
第2話 『ドキッ!メルティブラッド』
カーニバル・ファンタズム 第2話 『ドキッ!メルティブラッド』 遠野家のプライベートビーチに集った「メルブラ」御一行。楽しいバカンスのはずが琥珀の甘言により急遽志貴との甘~い一夜を賭けたビーチボール対決に!? 人外たちの戦いの行く末やいかに!?
第12話 『ドキドキデート大作戦 解答編』
カーニバル・ファンタズム 第12話 『ドキドキデート大作戦 解答編』 綿密(!?)に練り上げた計画を信じ、成功させるべく行動を開始する志貴と士郎。身を削りながらもギリギリのところで踏みとどまり、なんとか順調に進んでいると感じていたのだが・・・。
#1 帰ってきた生徒会役員共
生徒会役員共 番外編 #1 帰ってきた生徒会役員共 「帰ってきた生徒会役員共」 春、桜才学園の制服に身を包んだコトミは無事に入学式を迎えた。シノは早速コトミに校内を案内する。すっかり桜才学園の雰囲気に慣れたコトミは、生徒会役員の面々に新しく出来た友達の時(トキ)を紹介するが、彼女はとんでもなくコワモテだった。
第1章 戯れの接吻
無料
まりあ†ほりっく 第1章 戯れの接吻 い、いま何かが起こりましてっ?ほっぺただけど…ほっぺたにだけど…ううん、期待しちゃダメ!きっとただの挨拶。親愛の証とかそういうのだよね?だけど…、だけど、始まりはただのオトモダチだったとしても、やがてそれがオトモダチ以上の関係に…ああ、どうしよう。胸がドキドキしてとまらないよ〜。というか、てっとり早く言えば見た目がものすごく好み!こんな奇麗な娘とルームメイト、ひとつの部屋で毎日ふたりきりだなんて!あぁっ、いきなり手を?…ううん、期待しちゃダメ。これはただの握手。ただの親愛の証。だけど、だけど、なんて素敵な手、シェイクハンド…。柔らかくて繊細で、まるで心まで優しく包み溶かすような…あぁ、なんて優しいかた…なんて美少女エンカウント率が高いのかしら。素晴らしいよ!来てみてよかった天の妃!
第2章 甘美な疼き
まりあ†ほりっく 第2章 甘美な疼き うわ…、若い!かわいい!かなこはトキメキです…。かなこは美人熟女でも全然OKです。…あぁっ!これまですでにもういろんなタイプの美少女が出尽くしたと思ってたけど、ここに来て、基本中の基本の眼鏡っ娘が!…昨日、修道館で会った美少女!…笑った!可愛い!可愛いよ?!あぁ、本当なら『可愛い』というただその一言で済ませたりはせず、如何に可愛いか、どのように可愛いかをボキャブラリーの限りを尽くして表現せねばならないところ。可愛いものを見てただ『可愛い』としか言えないようじゃ、美味しい物を食べてただ『美味しい』としか言えない三流四流のグルメレポーターと同じ。でも他に言葉が出てこない…!あぁ、これまた殺人的な可愛さ。まだ幼さの残る妹系美少女。しかも、『仲良くしてね』なんて…天国のお母さん。これは俗に言うハーレムフラグというものでしょうか…?
第3章 被虐の若芽
まりあ†ほりっく 第3章 被虐の若芽 …な、なんなの?ヌルヌルしていて、予期せず増えて、ゾウを一頭まるごとペロリと食べちゃって、なつくと可愛い生き物…。ウ、ウミウシとか?でも、少し話と違うわ…他は全てナマモノ中心だった筈なのに、煮凝りといい、ふえちゃうワカメといい、わたしの場合は加工品ばかり…はっ、もしや、これは犯人からの何かのメッセージ?ワカメ、煮凝り、頭の文字をとって、ワ…ニ…、ワニ?でもワニは川の生き物。海産物とは微妙に違う…。頭文字じゃないとすれば…はっ!もしかして、そこにあの海産物に込められた意味が?でも、いったいどんな意味が?フグの煮凝り、ふえちゃうワカメそして、本場土佐の鰹節……はっ!ちょっと待って。今までずっと加工品であることに目を奪われていたけれど、ここでもう一度、材料に注目してみれば……!?
第4章 悦楽の代償
まりあ†ほりっく 第4章 悦楽の代償 ああ…わたしのアイデンティティ否定された…。そっ…そうかもしれないけど…なんかがっかりしたというか、得心がいかない…というか、なにかしらね、この状況…。うぅ…やだなもう視線が痛いや…とりわけ、あのかたの視線が…。せっかくつちかわれようとしていた友情が…。仲直りできたと思ったのにまた勘違いされてる…?そ…それは、嬉しいような、正直ウザイようなアレですが!ああ!突き刺すだけでは飽き足らず!…やっぱりちょっと迷惑な…。今日はすごく疲れたな…早く寮に帰りたい…ってなにを話しているのかな…?隠れてちょっとだけ聞き耳を……ちがう!たしかに道理は通っているかもしれないけど、違う。何がどういうふうにとは言えないけど…。あぁ、そうか。守ろうとしているのはわたしだけじゃなくて!?
第5章 第1節 禁断の匂い/第2節 乙女の秘蜜
まりあ†ほりっく 第5章 第1節 禁断の匂い/第2節 乙女の秘蜜 前略、天国のおかあさん。昨日もいろいろありました。新しい友情…そしてこれは友情の証のプレゼント。早く普通のお友達になれるようがんばります。だけど友達に……か…なれるものならなりたいけど、どうすればなれるんだろう?昨日の事怒ってないのかな。あんなひどいこと言ったのに……それとも気にならない位わたしの事どうでも良いのかな?いやいやいやいや落ち込んでる場合じゃないぞ!このままあきらめるわけにはいかない!折角二人で仕事することになったんだもん。チャンスだと思わなくちゃ!!ここは一つ強引に……って、わたし達が恋人同士だとまだ誤解してる!?前略。天国のおかあさん。他人を理解するのはとてもむずかしいのでございます。
第6章 倒錯の保健室
まりあ†ほりっく 第6章 倒錯の保健室 …ダメだわ。今日のわたし、浮かれ過ぎて挙動不審にも程が…、あぁっ、ダメ、このままじゃまた鼻血が…。そうだわ、こんなときは何か難しいことを考えて興奮を静めればいいって何かで読んだことがある。難しいことを考えるのよ、難しいこと、難しいこと、たとえば数学とか、ににんがしにさんがろくにしがはち……、って、あぁっ、これは九九、全然難しくない!もっと難しいことを、そう、たとえば量子力学の立場から見た特殊相対性理論と超ひも理論の関係性の考察とか…………。あぁっ、だめ!そもそも相対性理論も量子力学も知らないので考えようがないっ…ああ…意識が…遠のく……どうして!?どうしてこんなときに体に力が入らないの?ああ…、カーテンの向こうには、ぱらいそが広がっている筈なのにーー!
第7章 疑惑の黒下着
まりあ†ほりっく 第7章 疑惑の黒下着 ちょっと意外なのですが、彼女はお料理が上手です。それにしても美少女達が戯れる、なんと荘厳な光景なのでしょう!彼女はその白く細い指で美少女の口元についていた×××を取り、桃色の小さな舌でそれを口に含んだ。眼は決して逸らさずに、誘うように相手を見つめたまま…彼女の溶けるような熱い視線を感じて、少女の頬が高揚して紅く染まる。少女は少しだけ躊躇ったが、更におねだりの口を開けて…って、どうしたんだろ?元気ないな……えっ!?うそ!?汚物から衛生害獣にジョブチェンジした!?いつもならどんどん降格を続けるのみなのに!!どうしよう、すごく嬉しい……前略、天国のおかあさん。友情は努力と根性で出来ています。好意だけでは成り立ちません……。
第8章 穢された聖母・前編
まりあ†ほりっく 第8章 穢された聖母・前編 しかし既に天の妃に長く居るのに、聖歌どころかお祈りの一つも覚えてないというのは…さ…さすがにまずい気がする……。いやいや・・・そう!!わからないなら訊けばいいのよ。疑問は解ける!美しい会長ともお近づきになれる!熱心に御指導賜るうちに、いつしか二人の間に必然のマチガイが起こる!パーフェクトですよ!!そして副会長!実は初回のクラス委員会からチェックしてたの。初めてお声を拝聴できたわ!幸せ!次は必ず会話まで到達しちゃうぞ~~っっ!!いやいや、これは真面目な質問会なのよ!浮かれてる場合じゃないわ。これを機にどこへ出しても恥ずかしくないミッション・スクールの生徒になるという目的を忘れてはDA☆ME!!ああ、だけど・・・・・・センパイ♪レッスン♪クリスチャン♪なんて淫猥な、ひ・び……。
第10章 第1節 微乳の過ち/第2節 伯林の恋文
まりあ†ほりっく 第10章 第1節 微乳の過ち/第2節 伯林の恋文 そんな具合で肌色比率がぐんと増した天の妃。こころなしかミニスカ分も増加した気がいたします。冬服のストイックな感じもいいけど、この解放感もなかなか…。透ける白のブラウス。半袖からのぞくまだ日に焼けてない柔らかな二の腕。そして、初夏の日差しを受け崇高な輝きを放つ絶対領域…しかし、喜んでばかりもいられぬもので……天の妃の前期スケジュールは飴から鞭。また飴だとはしゃいだところにロウソク責めが迎え撃つ。なんとディープなSMコンボなのでしょう。うー、今更驚かないけど全教科1位ですか、って、アレ?満点で同率1位の人がいる?…見間違い?やだわたし疲れてる?だってまさかそんな……!?幻想か…守護天使!?今、心から自分が恥ずかしいです!いやいや…わかってねェな、バカという海の底知れなさをよ…。
第11章 神への供物
まりあ†ほりっく 第11章 神への供物 ――私はこの年にして初めて恋を知りました。神に仕えるこの身には許されぬ事です。わかっているのに……。夢寐(むび)にも忘れえぬ程に焦がれてなりません。それはまるで地上に降りた最後の天使。…というのはいささかこじつけが過ぎるか。……いや、その可能性はいなめない!!しかし何故、どうして私を愛してしまった?私と君は会話も碌に交わしていないのに。だがしかし、縁は異なもの。数多の巡り合いの中で思いを育み育てる事に理由が必要なのか?否!!君の健気さに気づかなくて申し訳ない。太陽の強い光の陰にずっと君は居たのだな。ああ。いくら感謝を向けても足りない。君は私に天啓をくれる可能性の女神だ。月の女神よ、私は君を好きになってしまった!!
第12章 美少女だらけの水泳大会 ポロリもあるよ
まりあ†ほりっく 第12章 美少女だらけの水泳大会 ポロリもあるよ 前略、天国のお母さん。天の妃女学院に編入して三ヶ月。いろんなことがありました……あんなことや、こんなこと。そして、あぁ、そんなことまで…1話から11話まで。いろいろあったあんなことやこんなこと。正直、辛いこともありました。もうダメなんじゃと思ったこともありました…なんかいろいろ辛かった想い出の数々。だけど…、だけど、耐えたかいがありました。アイツにも負けず、コイツにも負けず、嫌がらせにも負けず、念願の珍味にも決して我を忘れず、しっかり火を通し、決して食べ過ぎず、妄想は控えめに、みんなに百合ブタと呼ばれ、褒められもせず、苦にもされず、されど、準備は怠らず……、そして…、ついに、待ちに待ったこの日がやってきたのです!!
#2 はんぱない兄貴/大変な仕事も笑顔でこなすスズちゃんはエライなあ(轟談)/児童会役員共
生徒会役員共 番外編 #2 はんぱない兄貴/大変な仕事も笑顔でこなすスズちゃんはエライなあ(轟談)/児童会役員共 「はんぱない兄貴」 新入生が増えたことで活気付く学園内。コトミは、タカトシの周囲に女性が多いことに気付き、こっそり兄をつけまわす。一方、夏を前に、生徒会室の掃除を始めるシノ達。当然、何事もなく終わるわけはなかった。 「大変な仕事も笑顔でこなすスズちゃんはエライなあ(轟談)」 水泳大会開催に向けてプールの清掃をする生徒会メンバー。本番では、チーム分け用の帽子が足りないハプニングが発生!そこでシノが取った解決策とは……。 「児童会役員共」 教育実習生として小学校に赴任してきた小山は、児童会会長のシノと出会う。小山は、シノのエロボケをどうやって切り抜けるのか。生徒会メンバーの幼少期にも注目!
#4 わんこ/津田家の事情/ストレートだと毛が乳首にこすれて気持ちいいですよね
生徒会役員共 番外編 #4 わんこ/津田家の事情/ストレートだと毛が乳首にこすれて気持ちいいですよね 「わんこ」 夏休みも残り1週間。授業はなくても部活動で賑わう学校内で、もちろん生徒会も仕事中。横島が差し入れてくれたケーキに舌鼓を打ちながら談笑をしていると、学校内に思わぬ闖入者が。 「津田家の事情」 タカトシの家に遊びに来たシノ達は、彼の両親が出張中と聞いて家の大掃除を買って出る。台風が近づいているからと、アリアの車で帰宅することになったシノ達。しかし、車は運悪く(?)車検にだされていたのだ。 「ストレートだと毛が乳首にこすれて気持ちいいですよね」 アリアの家で花火大会が開催される。一足先に到着した生徒会メンバーは、七条家の取材に来た新聞部のランコと行動を共にする。夜の花火大会では、アリアに招待された学校の皆が集まって……。
#5 花より大切なもの/桜才七不思議/柄
生徒会役員共 番外編 #5 花より大切なもの/桜才七不思議/柄 「花より大切なもの」 花見にやってきた生徒会役員共は、出島の用意してくれた数々の料理に花より団子状態。そんな中、風船を飛ばしてしまって泣いている少女を見かけたスズは、とある行動にでる。 「桜才七不思議」 桜才学園の七不思議を調べるというランコに、面白半分で同行するシノ達。噂を一つ一つ調べていくが、なにも起る気配はなく、調査は失敗かと思われた。しかし、最後の一つの調査で、柔道部の道場に寝ていたタカトシに迫る影が……。 「柄」 構内に設置された投稿箱があまりに機能していないことを嘆くシノ。そこでタカトシは、学食に希望する新メニューのアンケートを提案する。子供じみた提案にシノは不安だったが、実際には大量の票が集まり……。
#6 お約束じゃ済まさないぜ/夜の学園/兄バカ文化祭
生徒会役員共 番外編 #6 お約束じゃ済まさないぜ/夜の学園/兄バカ文化祭 「お約束じゃ済まさないぜ」 二学期が始まった桜才学園。まだまだ残暑も残っているが、衣替えも無事完了のご様子で、生徒会役員共のハイテンションな日常が戻ってくる。ミニコーナー・スルメとタカトシも収録。 「夜の学園」 今年も桜才祭のシーズンがやってきた。生徒会役員共は、文化祭の準備に追われる多忙な日々を過ごしていた。各クラス、部活が最後の追い込みに入る前夜にシノ達は、つかの間の休息を楽しんでいるが……。 「兄バカ文化祭」 いよいよ始まった桜才祭。生徒会の仕事の他に、自分のクラスの催し物や英陵高校の生徒会長・魚見の登場で、大忙しの生徒会役員共。そんな中、シノ達は畑の計らいでミスコンに参加することになってしまい……。
#7 萩村スズの1日/乗り物談義/やきもきチョコ
生徒会役員共 番外編 #7 萩村スズの1日/乗り物談義/やきもきチョコ 「萩村スズの1日」 タカトシが風邪をひいたことにより、生徒会のツッコミ役を任されてしまうスズ。タカトシ不在の中、いつもと変わらぬ生徒会役員共の下ネタボケにスズは振り回されてしまう。彼女は無事にツッコミ役を勤め上げることができるだろうか。 「乗り物談義」 肌寒さが感じられる桜才学園。放課後の見回りを行う生徒会役員共だが、いつも通りにあらぬ方向へ妄想を働かせてしまう。そんなこんなですっかり夜も更け、アリアの車で送ってもらうことになったのだが…。 「やきもきチョコ」 桜才学園にも毎年恒例のバレンタインの季節がやってきた。生徒会役員共から義理(?)チョコを受け取るタカトシ。それぞれの渡し方に困惑するもののやっぱり嬉しいようだが、コトミはどうやら不満そうな様子で…。
#8 メイド教室とまさかの気持ち/女子高生家庭教師 天草シノ/未来の穴
生徒会役員共 番外編 #8 メイド教室とまさかの気持ち/女子高生家庭教師 天草シノ/未来の穴 「メイド教室とまさかの気持ち」 アリアに突然お見合いの話が持ち上がる。何とか断ろうと、アリアはタカトシに協力を頼む。演技とはいえ、仲のいい雰囲気のアリアとタカトシを見ていたシノとスズは……。4話に渡ったミニエピソード「スルメとタカトシ」も最終回! 「女子高生家庭教師 天草シノ」 期末テストが近くなり、勉強が苦手なタカトシはシノに教えてもらうことに。さらに、クラスの平均点トップを目指そうと、闘志を燃やすスズが、ムツミやネネも誘い、大人数での勉強会が始まったのだった。 「未来の穴」 冬も深まり、もうすぐ年越し。そんな時、温泉を掘り当てたというアリアに誘われて、七条家のホテルに泊まることになった一同。天然の温泉に女性陣は喜び、裸の付き合いを堪能するが、空には彼女らを狙う飛行物体が……。
第34話 なぜ死んだ?!学院文化祭・後編
ハヤテのごとく! 第34話 なぜ死んだ?!学院文化祭・後編 ナギの様子がおかしい。自主的に学校行事に参加して、しかも理事長と一緒に泊り込んでさらに文化祭を盛り上げようとしているのだ。そんなおかしなナギの様子をハヤテとマリアが話しているとそこに突然ハヤテの携帯に着信が。それはヒナギクからの電話であったのが、とりあえず急いで学校に来てくれと言うのだ。慌てて駆けつけるハヤテだったが、そこには変な建物やら、マンガのキャラクターが描かれた車やら、ゲームにグッツに同人誌が売られているブースなどが出展され、人がたくさん押し寄せてきて、大混乱が起きていたのだ。
第37話 普通の女の子に戻りたい、でもキャラソンは買ってね♡
ハヤテのごとく! 第37話 普通の女の子に戻りたい、でもキャラソンは買ってね♡ どんな女性がタイプなのか?ハヤテは突然ナギに質問され、困惑していた。悩んだ挙句、『普通の女の子が好き』と答えるハヤテ。だが、その答えが、ナギの怒りを買ってしまった。ナギは家出をして『普通の女の子』を習得しようと決心。とそこに偶然現れたのが、西沢歩。そこでナギは、西沢さんを観察することで『普通』をマスターしようと考えた。西沢さんの後をつけて、西沢さんの家に向かうことになるのだが、電車に乗ったり、買い物したりと普段の西沢さんの生活を観察するのに『普通の生活』を知らないナギは、戸惑うばかりだった。
第9章 第1節 穢された聖母・後編/第2節 妄想の果てに
まりあ†ほりっく 第9章 第1節 穢された聖母・後編/第2節 妄想の果てに あぁ、もうすぐここで、うるわしき乙女たちの可憐なスク水姿が…。意外と胸のある美少女や、スク水がおそらく一番ぴったり似合う体形の美少女。そして、スク水はちょっとミスマッチ、でもそのミスマッチさんがまたたまらないツンデレの美少女。あぁ、そして、彼女はきっとプールのときはあのメガネをはずして…。いつもと違ってメガネっ娘でない少女の、しかもスク水…。さらにさらに、プールの指導にあたるのはどの先生?まさか保健の先生!?あの大人な魅力のナイスバディを包み込むのはいったいどんな水着…?あんな水着?それともこんな水着…?あぁ、そして、そして…、いよいよメインディッシュは、もしも足がつったり溺れたり、水難事故が発生したときに待ち受ける魅惑のマウス・トゥ・マウス!!あぁ、美少女たちがくんずほぐれつ…。あぁ、もうダメ、これ以上は体中の血液が……。
#3 気分は青空 会長はブルー/ハイリスクが気持ちいい/道着の勲章/桜才・英稜 学園交流会!
生徒会役員共 番外編 #3 気分は青空 会長はブルー/ハイリスクが気持ちいい/道着の勲章/桜才・英稜 学園交流会! 「気分は青空 会長はブルー」 各部活の抜き打ち検査を始める生徒会。将棋盤や自分達が見られて困る物まで、いろいろなものを没収する。そして最後に立ち寄ったロボット研究会にはとある物が置いてあったのだ。 「ハイリスクが気持ちいい」 ついに始まった夏休み!しかし、生徒会メンバーは休み中もだらけているわけにはいかず、今日は花壇の草むしり。頑張ったのはシノ達だけだが、終わったあとにはなぜか横島の姿が。 「道着の勲章」 夏真っ盛りの桜才学園。ムツミが所属する柔道部では毎日熱い練習が行われていた。シノ達生徒会も臨時マネージャーとして夏合宿に参加する。 「桜才・英稜 学園交流会!」 英稜高校生徒会と共に学園交流会を行った桜才学園生徒会。英稜高校の生徒会長「魚見」と初対面したシノは自分に良く似た部分を持つ彼女とすぐに意気投合していく。