「栃木 ニュース 速報」の検索結果

今すぐ視聴する

栃木と京都の斎田で収穫 古式ゆかしく「新穀供納」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 栃木と京都の斎田で収穫 古式ゆかしく「新穀供納」  11月に行われる即位の儀式の大嘗祭(だいじょうさい)に使用される栃木県と京都府の斎田で収穫された新米が皇居に納められました。  大嘗祭では栃木と京都の2カ所の斎田で収穫された米を天皇陛下が食べ、国の安寧を祈られます。皇居・東御苑につくられた大嘗祭の会場「大嘗宮」では、15日午前10時ごろから先月に斎田で収穫された米を納める儀式「新穀供納」が行われました。儀式は栃木、京都の順で行われ、大嘗宮の一角にある「斎庫」と呼ばれる倉庫に米の生産者「大田主」が箱に入った米を納め、宮内庁職員が確認しました。その後、米は神職のおはらいを経て収納されました。大嘗祭は来月14日夕方から夜を徹して行われ、栃木の米は14日午後6時半から、京都の米は15日午前0時半からの儀式に使われます。
「牛が河川敷を歩いてる」栃木から茨城に流された?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「牛が河川敷を歩いてる」栃木から茨城に流された?  水戸市では牛が流されてきました。  14日朝、水戸市の住民から「牛が河川敷を歩いている」と通報が相次ぎました。茨城県によりますと、氾濫した那珂川の上流、20キロ以上離れた栃木県の農家の牛と確認されました。増水した川を流されてきたとみられています。  近所の住民:「たしかに歩いているよ、あれ」  茨城県では台風19号の後、これまでに5頭の牛が捕獲されていて、すべて栃木県の牛でした。14日に捕獲された牛は15日にも持ち主に返されるということです。
大雨特別警報 宮城・福島・新潟・茨城・栃木にも
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大雨特別警報 宮城・福島・新潟・茨城・栃木にも  台風19号の影響で、気象庁は新たに宮城、福島、新潟、茨城、栃木の5県に大雨特別警報を出しました。  気象庁によりますと、数十年に一度のこれまでに経験したことのないような重大な危険が差し迫った状況にあるとして、12日午後7時50分に大雨特別警報を宮城、福島、新潟、茨城、栃木の5県に出しました。午後3時半に発表した7都県と合わせ、同時に12都県に特別警報が出るのは初めてのことです。これは5段階の警戒レベルの中で最も高いレベル5にあたります。気象庁はすでに災害が発生していてもおかしくないとして、周囲の状況に注意して避難情報に従うなど適切な行動を取るよう最大級の警戒を呼び掛けています。
堤防決壊は19河川・29カ所 全国7県…最多は栃木
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 堤防決壊は19河川・29カ所 全国7県…最多は栃木  台風19号の影響で川の堤防が決壊したのは、全国7県の19河川で29カ所に上ることが分かりました。  国土交通省によりますと、堤防の決壊が確認されたのは宮城県、福島県、新潟県、長野県、埼玉県、茨城県、栃木県の7県です。最も多いのは栃木県で、秋山川、粟野川、荒川など8河川が決壊しました。茨城県では7河川、埼玉県で6河川、宮城県で3河川。新潟県、福島県、長野県でそれぞれ1河川の決壊が確認されました。また、堤防から川の水があふれる「越水」は全国で少なくとも100以上の河川で起こったことも分かりました。まだすべての河川の確認が済んでいないため、さらに決壊の数が増える可能性もあります。
全国7県の37河川、52カ所で堤防決壊 台風19号
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 全国7県の37河川、52カ所で堤防決壊 台風19号  台風19号による河川の堤防の決壊は全国7つの県の37河川、52カ所に上ることが分かりました。  国土交通省によりますと、15日までに宮城、福島、新潟、長野、埼玉、茨城、栃木の7つの県で37河川、52カ所の堤防の決壊が確認されています。最も多いのは福島県で、宇田川、広瀬川、滝川など14河川の20カ所で決壊しました。また、秋山川が決壊した栃木県では合わせて8つの河川で確認されています。堤防から川の水があふれる「越水」は全国で少なくとも200以上の河川で起きたということです。
少なくとも3人死亡 自宅に取り残され不明の夫婦も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 少なくとも3人死亡 自宅に取り残され不明の夫婦も  関東では少なくとも3人が死亡し、1人が心肺停止、6人が行方不明、34人のけが人が確認されています。  千葉県では市原市で横倒しになった車から見つかった50歳の男性が死亡したほか、6人がけがをしています。群馬県では富岡市の土砂崩れで男性1人が死亡し、3人がけがをしたほか、今も行方不明の2人の救助活動が行われています。栃木県佐野市では川の様子を見に行った男性2人や自宅に取り残されたとみられる夫婦の行方が分からなくなっています。東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬、山梨の1都7県では3人が死亡し、1人が心肺停止、6人が行方不明になっているほか、合わせて34人がけがをしました。
決壊した堤防の復旧開始 浸水した町で救助要請多数
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 決壊した堤防の復旧開始 浸水した町で救助要請多数  栃木県佐野市では秋山川の堤防が決壊し、住宅地が浸水しています。  (延増惇記者報告)  秋山川の堤防が決壊した現場付近では、今、重機が運び込まれてコンクリートブロックがつり上げられようとしていますが、これ以上の川の決壊、堤防の決壊を防ごうと、そして、川の水の流れを押さえ込もうと、コンクリートブロック、あるいは土嚢(どのう)などが積み込まれる作業が現在、行われている途中です。消防によりますと、台風19号の影響で秋山川は氾濫危険水位を超え、12日午後8時40分すぎに堤防が決壊しました。今も次々と川の水が濁流となって住宅地に流れ込んでいて、決壊現場付近の栃木県船津川町では浸水などで道路が寸断され、孤立状態になっているということです。住民からは「逃げ遅れた」「助けてほしい」などと消防に通報があったということです。また、佐野市では消防がこれまで111人救助したという情報も入っています。佐野市によりますと、市や消防に救助を求める通報が複数寄せられていて、今も消防は150人態勢で救助活動を行っています。
台風19号 各地に甚大な被害 6県で死者11人
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 各地に甚大な被害 6県で死者11人  台風19号は全国各地に甚大な被害をもたらしています。ANNのまとめでこれまでに11人が死亡し、15人が行方不明になっています。そして、河川の氾濫も相次いでいます。  台風19号による大雨特別警報は全国の13都県に出されましたが、13日午前8時45分にすべて解除されました。ANNのまとめでは、亡くなった人は神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、福島で合わせて11人となり、15人の行方が分かっていません。また、総務省消防庁によりますと、108人がけがをしています。  河川の氾濫も相次いでいます。長野県では千曲川の堤防が決壊して周辺が冠水し、新幹線の車両基地にも水が来て新幹線が水につかってしまっています。気象庁によりますと、他にも東京と神奈川を流れる多摩川、埼玉の入間川、茨城の久慈川、栃木の荒川、福島の阿武隈川、宮城の吉田川などで「氾濫発生情報」となっています。  交通でも影響が続いています。東海道新幹線は始発から運転をしていますが、JR東日本の東北・秋田・山形・北陸の各新幹線は運転を見合わせています。
台風19号 依然、16人が行方不明…全国で33人が死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 依然、16人が行方不明…全国で33人が死亡  台風19号でこれまでに全国で33人が死亡し、依然、16人が行方不明になっています。  ANNのまとめによりますと、台風19号による被害は死亡が宮城県と福島県でともに7人、神奈川県と栃木県でともに4人など合わせて33人です。行方不明は神奈川県、宮城県など合わせて16人です。また、総務省消防庁によりますと、194人がけがをしています。
栃木・佐野の秋山川 夜を徹しての決壊現場復旧作業
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 栃木・佐野の秋山川 夜を徹しての決壊現場復旧作業  各地で大きな被害を出した台風19号。少なくとも21人が死亡、そして20人が行方不明になっています。秋山川の堤防が決壊して住宅地が浸水し、修復作業が急ピッチで進められている栃木県佐野市から報告です。  (斎藤康貴アナウンサー報告)  堤防が決壊したのは12日午後9時ごろです。もうまもなく一日が経とうとしています。町全体の水はだいぶ引きましたが、残っている箇所もあります。車のタイヤ部分が水に埋まっていて、まだ人のひざからももくらいの高さまで水位があります。規則正しく並んでいた車は濁流によって流されました。至る所に残っている泥が住宅の1階部分に入り込み、皆さんは「撤去するのが大変だ」と話します。  堤防が決壊した箇所からまだ水はあふれ続けていますが、勢いは弱まりました。今は3台の重機が入っていて、土嚢(どのう)を一つひとつ置いています。これを置いたうえでブロックを置き、川の流れをせき止めるものとみられます。  作業員に話を聞くと、恐らく夜通しの作業になるということです。佐野市周辺では6カ所に避難所が設置されていて、今現在も192人の人が避難を続けているということです。
保険金支払いがスムーズに ドローンでスピード診断
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 保険金支払いがスムーズに ドローンでスピード診断  ドローンで浸水した家の状況を調査しました。  損保ジャパン日本興亜は浸水被害が大きかった栃木県佐野市に調査チームを派遣し、ドローンを使って地域の状況を調べています。台風19号による被害はまだ全容が分かっておらず、ドローンで撮影した映像は自治体にも提供されます。火災保険を適用するには、被災した家屋の損傷を確認する必要があり、ドローンの映像を活用することで、被災した顧客への保険金の支払いがスムーズに行えるということです。
信号無視?路線バスとタクシー衝突 乗客ら2人けが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 信号無視?路線バスとタクシー衝突 乗客ら2人けが  栃木県鹿沼市で路線バスとタクシーが出合い頭に衝突し、乗客の女性ら2人がけがをしました。  11日午前8時30分ごろ、鹿沼市の交差点で「バスとタクシーの事故があった」と119番通報がありました。警察などによりますと、路線バスに乗っていた乗客の女性(64)と70代のタクシー運転手がけがをしました。バスにはけがをした女性以外に乗客はいなかったということです。事故を起こしたバスとタクシーは交差点の中央付近で接触していることから、警察はどちらかが信号を無視した可能性があるとみて調べています。
貯水量限界に近づき緊急放流 城山ダムや水沼ダムで
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 貯水量限界に近づき緊急放流 城山ダムや水沼ダムで  神奈川県の相模川上流にある城山ダムや茨城県北茨城市の水沼ダムなどで緊急放流を行いました。  緊急放流は、ダムにたまった水が容量を超えてあふれるのを防ぐために下流に水を流します。相模川上流の城山ダムは12日夜にかけて水位が上昇を続けたため、緊急放流を始めました。北茨城市にある水沼ダムも同様に緊急放流を行いました。一方で、埼玉県秩父市の二瀬ダムや栃木県日光市の川俣ダムなどでも緊急放流が検討されていましたが、水位の上昇が収まったため見送られました。
河川決壊は7県の52河川73カ所 国交省が情報更新
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 河川決壊は7県の52河川73カ所 国交省が情報更新  台風19号で堤防が決壊した河川は全国7県の52河川、73カ所に上ったことが分かりました。  国土交通省によりますと、堤防の決壊が確認されたのは大雨特別警報が発表された宮城県、福島県、新潟県、長野県、埼玉県、茨城県、栃木県の7県です。決壊した河川は15日午後3時現在、52河川、73カ所に上りました。堤防から川の水があふれる「越水」は、全国で少なくとも200以上の河川で起きたということです。国交省はまだすべての河川の確認が済んでいないため、さらに決壊の数は増える可能性があるとしています。
台風19号 11の県で73人死亡、14人行方不明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 11の県で73人死亡、14人行方不明  台風19号による死者はこれまでに11の県で73人、行方不明者は14人になっています。  ANNのまとめでは、台風19号によって亡くなった人は福島県で25人、宮城県で15人、神奈川県で14人、栃木県と群馬県でそれぞれ4人、長野県で3人、埼玉県と茨城県、岩手県でそれぞれ2人、千葉県、静岡県で1人の合わせて73人になっています。また、行方不明になっている人は福島県で4人、宮城県と神奈川県で3人、長野県で2人、茨城県と静岡県でそれぞれ1人の合わせて14人です。このほか、けがをした人は全国で226人に上っています。
台風19号 死者73人 不明14人 けが234人に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 死者73人 不明14人 けが234人に  台風19号による死者はこれまでに11の県で73人、行方不明者は14人になっています。  ANNのまとめでは、台風19号によって亡くなった人は福島県で25人、宮城県で15人、神奈川県で14人、栃木県と群馬県でそれぞれ4人、長野県で3人、埼玉県と茨城県、岩手県でそれぞれ2人、千葉県、静岡県で1人の合わせて73人になっています。また、行方不明になっている人は福島県で4人、宮城県と神奈川県で3人、長野県で2人、茨城県と静岡県でそれぞれ1人の合わせて14人です。このほか、けがをした人は全国で234人に上っています。
中央道で一部通行止め 北陸新幹線は折り返し運転
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 中央道で一部通行止め 北陸新幹線は折り返し運転  台風による交通への影響が続いています。鉄道では北陸新幹線が一部区間で折り返し運転をしているほか、高速道路では土砂の流入が原因で一部区間で通行止めが続いています。  JR東日本によりますと、車両が被害を受けた北陸新幹線は東京駅から長野駅の間で本数を減らして折り返し運転をしています。運転を見合わせていた山形新幹線は14日昼ごろに再開しました。JR中央線の高尾駅から大月駅の区間や栃木方面に向かう特急電車は14日も終日運転を見合わせます。高速道路は中央道の八王子ジャンクションと大月インターチェンジの間などで土砂が流入した影響で通行止めが続いています。
水の力で堤防えぐられ…拡張工事検討も 秋山川
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 水の力で堤防えぐられ…拡張工事検討も 秋山川  台風19号による影響で各地で甚大な被害が出ています。国土交通省によりますと、川の堤防が決壊したのは全国7県に上ります。栃木県の秋山川や長野県の千曲川など20河川29カ所で堤防が決壊しました。また、堤防から川の水があふれる「越水」も全国で少なくとも100以上の河川で起きたことが分かっています。秋山川の堤防が決壊した栃木県佐野市から報告です。  (菅原知弘アナウンサー報告)  14日午後から投光器がたかれています。秋山川の右岸の堤防が決壊しましたが、急ピッチで作業を進めたこともあり、盛土によって欠けていた部分がだいぶ埋まってきました。ただ、大量の泥水が住宅街を襲い、14日は家族総出で泥水をかき出す作業をする姿が見られました。住民の皆さんが口々に話していたのが「まさか秋山川が氾濫するとは」という言葉です。  なぜ、決壊が起きてしまったのか。それだけ想定外の雨が降ったこともあります。決壊が起きた場所はカーブの外側になっていて、背丈の高い樹木が生えています。川底にも大量の水草が生えていて、この辺りは水の流れが滞りやすい場所だといえると思います。さらに、専門の人によりますと、「越水破堤」という現象が起きていた可能性があるということです。越水破堤とは堤防を越えた川の水が堤防の外側を削っていき、やがて破壊してしまうという現象です。こうした現象が堤防で起きた可能性があるということです。実際に堤防沿いを歩いてみると、くぼみが2、3カ所あって秋山川のなかでは比較的、決壊しやすいリスクの高い場所だ…
カメラがとらえた緊迫の瞬間  そこから学ぶもの
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 カメラがとらえた緊迫の瞬間  そこから学ぶもの  台風19号によって栃木県足利市でも町の一部が水没するなど大きな被害が出ました。足利市内で避難所に向かう車のドライブレコーダーが捉えた増水した川の水が迫る映像を入手しました。自宅を出てからわずか4分で車が水没、乗っていた男性は濁流が迫るなか、九死に一生を得ました。私たちはそこから何を学び取るべきなのでしょうか。  水没した車は現場に残されたままです。栃木県足利市に住む島田茂さん(67)。台風が直撃した12日。この地区に、自治体からの避難情報は出ていませんでしたが、激しさを増す雨風に不安を感じた島田さんは妻とともに自宅を出て車で避難所に向かいました。川からあふれた水が脇の田んぼの稲を巻き込みながら流れてきます。ところが瞬く間に水位が上がり、水の勢いに押されて脱輪。動けない状態になりました。ヘッドライトが消える直前、なんとか外に脱出した島田さん夫妻。胸まで水に浸かったものの一命を取りとめました。  実は、島田さんのご自宅というのは、東側を旗川、そして西側を出流川というそれぞれ川が流れています。その川の間にご自宅があるんですが、島田さんはこの出流川を越えた避難所に向かおうとしていました。自宅から南側の道を通って避難所へ向かおうとされたわけですが、この地点で今のような状態に巻き込まれてしまいます。車は田んぼへと転落します。  時刻は12日午後8時40分ごろです。家を出た時点から強く雨が降っているのが分かります。この時は道は冠水していなくて路面は見えています。家の敷地を出ます。避難所へ…
時間追うごとに増える犠牲者 救助中の事故も…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 時間追うごとに増える犠牲者 救助中の事故も…  台風19号によって亡くなった人は21人、行方不明は20人に上っています。  神奈川県相模原市では12日夜、車が橋から転落して川に流され、乗っていた親子とみられる2人が死亡するなど、神奈川県内では4人が死亡し、4人が行方不明です。他にも関東では埼玉、千葉、栃木、群馬、茨城で死者が出ているほか、東北でも宮城、福島、岩手、さらに長野でも死者が出ていて、合わせて21人が亡くなりました。  一方、福島県いわき市で13日午前10時ごろ、東京消防庁がヘリコプターで70代の女性を救助中に誤って40メートル落下させ、女性は心肺停止の状態で病院に搬送されました。東北や関東、長野の多くの河川で堤防が決壊したり越水したりして住宅地や農地が水につかる被害も相次ぎました。
堤防決壊に見舞われた街 水引くも室内の泥と格闘
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 堤防決壊に見舞われた街 水引くも室内の泥と格闘  台風19号による影響で各地で甚大な被害が出ています。秋山川の堤防が決壊した栃木県佐野市から報告です。  (菅原知弘アナウンサー報告)  近くの住宅街では1時間ほど前から強い雨が降ってきました。ひとけがなくなって静まり返っているように見えますが、なかにはまだ室内で作業を続けている人もいます。床上、ひざの辺りまで泥水が入り込んでいました。ソファやじゅうたん、さらにテレビなどの家財道具がもう使えなくなりました。13日も午前2時ごろまで作業を続け、14日も朝から泥のかき出しをしましたが、それでもなお泥水が大量に残っています。14日も何時まで作業を続けるか分からないということです。
台風19号 死者74人 不明13人 けが234人
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 死者74人 不明13人 けが234人  台風19号による死者はこれまでに11の県で74人、行方不明者は13人になっています。  ANNのまとめでは、台風19号によって亡くなった人は福島県で26人、宮城県で15人、神奈川県で14人、栃木県と群馬県でそれぞれ4人、長野県で3人、埼玉県と茨城県、岩手県でそれぞれ2人、千葉県、静岡県でそれぞれ1人の合わせて74人になっています。多くが土砂崩れや河川の氾濫によって被害を受けた地域で亡くなっています。また、川に流されるなどして行方不明になっている人は福島県と宮城県、神奈川県でそれぞれ3人、長野県で2人、茨城県と静岡県でそれぞれ1人の合わせて13人です。このほか、風にあおられて転倒するなどしてけがをした人は全国で234人に上っています。
イノシシが3人にかみつく 警察官や高校生らけが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 イノシシが3人にかみつく 警察官や高校生らけが  高校生や警察官などが相次いでイノシシにかまれました。  17日午前8時半ごろ、栃木県足利市で「イノシシ2頭が畑にいる」などの通報が相次ぎました。約40分後、4キロほど離れた東武伊勢崎線の福居駅に体長1メートルほどのイノシシが現れ、駅周辺で男子高校生(10代)や男性警察官(30代)ら3人がかまれるなどしてけがをしました。  イノシシを目撃した男性:「かなり興奮していて鼻息も荒く、足で地面を蹴るような様子でした」  イノシシはこの後、約2キロ離れた住宅で捕獲されましたが、その際、72歳の男性が手などにけがをしたということです。周辺では14日にもイノシシにかまれるなどして2人がけがをしています。
台風19号 11の県で死者55人、行方不明15人に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 11の県で死者55人、行方不明15人に  台風19号による死者はこれまでに11の県で55人、行方不明者は15人に上っています。  ANNのまとめでは、台風19号によって亡くなった人は福島県で16人、神奈川県で12人、宮城県で10人、栃木県と群馬県でそれぞれ4人、埼玉県と岩手県、それに長野県でそれぞれ2人、茨城県と千葉県、静岡県でそれぞれ1人の合わせて55人に上っています。なかには、突風で乗っていた車が横転したり川の様子を見に行って流されたりした人がいました。半数近くは土砂崩れや河川の氾濫によって被害を受けた地域で亡くなっています。また、川に流されるなどして行方不明になっている人は神奈川県で5人、福島県と長野県でそれぞれ3人、宮城県で2人、茨城県と静岡県でそれぞれ1人の合わせて15人です。このほか、風にあおられて転倒するなどしてけがをした人は全国で197人に上っています。
台風19号 全国で29人が死亡 16人が行方不明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 全国で29人が死亡 16人が行方不明  台風19号によって全国で29人が死亡し、現在も16人が行方不明になっています。  神奈川県相模原市では増水した川に車が転落し、乗っていた親子とみられる2人が死亡しました。千葉県では市原市で横倒しになった車から見つかった50歳の男性が死亡したほか、20人がけがをしています。ANNのまとめによりますと、これまでに全国で29人が死亡し、16人が行方不明になっています。  交通情報です。台風19号によって車両が浸水する被害があった北陸新幹線では、東京駅から長野駅の間で当面の間、本数を減らして折り返し運転を行うとしています。山形新幹線は14日昼ごろ、運転を再開する見込みです。またJR東日本の在来線は13日からほとんどの路線で運転を再開しています。JR中央線の高尾駅から大月駅間と特急「日光」など栃木方面の特急電車は14日も終日、運転を見合わせます。高速道路は中央道の八王子ジャンクションから大月インターチェンジ間、上信越道の松井田妙義インターチェンジから佐久インターチェンジの間で、台風によって土砂が流れ込んだなどの影響で通行止めとなっています。
川が決壊、海のように…濁流の先には住宅 越辺川
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 川が決壊、海のように…濁流の先には住宅 越辺川  各地で甚大な被害が出ています。国土交通省によりますと、川の堤防が決壊したのは全国7県に上ります。栃木県の秋山川や長野県の千曲川など20河川29カ所で堤防が決壊しました。また、堤防から川の水があふれる「越水」も全国で少なくとも100以上の河川で起きたことが分かっています。埼玉県では川越市を流れる越辺川が決壊し、大きな被害が出ています。現場から報告です。  (柳下圭佑アナウンサー報告)  越辺川は台風の影響で川が増水し、川から手前に200メートルほど先にある堤防が決壊しました。幅は約50メートルほどにわたってえぐり取られるようにして壊れています。地肌もあらわになっていて、その当時の水の勢いが分かります。堤防の隣は荒地になっているのですが、そこにはまだ水がたまっています。また雨も降り始めました。水はさらに奥に進んでフェンスをなぎ倒し、付近のヘリポートにまで及びました。建物を見てみると、窓ガラスが割れていたり、ヘリコプターにまで泥水が及んだことが分かります。ヘリポートにはいまだに水がたまっていて、ポンプ車による懸命な排水作業が行われている状況です。
堤防を乗り越え濁流が住宅に…作業難航の千曲川
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 堤防を乗り越え濁流が住宅に…作業難航の千曲川  各地で甚大な被害が出ています。国土交通省によりますと、川の堤防が決壊したのは全国7県に上ります。栃木県の秋山川や長野県の千曲川など20河川29カ所で堤防が決壊しました。また、堤防から川の水があふれる「越水」も全国で少なくとも100以上の河川で起きたことが分かっています。千曲川の堤防が決壊した長野市から報告です。  (萩原早紀子アナウンサー報告)  雨が強まったり弱まったりを繰り返しています。14日午後に長野市には大雨洪水警報が発表されています。また、夕方になってくるのと同時に気温も下がってきました。そんななか、14日も日中は懸命な救出作業が行われていました。電気が通っていないなど環境が整わないなかの復旧作業です。待っている人も恐らく寒い思いをされている人がいたと思います。  決壊をした場所では重機を使った復旧作業が行われています。川は堤防道路を乗り越えて反対側の住宅地へと濁流が流れていきました。まだ茶色く濁った水が残っています。日中は水位が下がって家の整理に帰る人もいましたが、「人力での作業では到底追い付かず、きりがない」といった声が聞かれました。また、この地域の多くの人が避難所に身を寄せています。自宅の復旧作業に手を付けられない人がまだまだ多くいます。
【全国天気】秋雨前線の影響で雨 土砂災害に警戒
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 【全国天気】秋雨前線の影響で雨 土砂災害に警戒  川の氾濫などが続いている所にきょう、また雨が降ってきています。今後の雨について、豪雨となった直後なので例え弱い雨でも新たな災害のきっかけになる恐れがあります。  今回の台風による大雨は各地で記録的になりました。箱根での1000ミリ超えというのが目立ちますが、栃木県佐野の267ミリも観測史上1位、関東北部から東北南部にかけての7割の地域で10月として1位の記録更新。特に赤い地点は200ミリ以上降った所で地盤の緩みなどの危険がありますが、関東から東北にかけて非常に範囲が広いです。今回の大雨がいかに大規模だったか分かります。なかには地盤が限界を超えて水が染み出してきているような所もありますが、ここへ雨が降ってきていて、さらにこの後もまだ降ります。  きょう午後6時から見ると、今後も関東甲信から東北にかけて赤い地点の上に広く雨雲がかかります。午後9時ごろまで広範囲で降りやすいです。今夜遅くも茨城や福島中心に降り続きます。あす朝にかけては太平洋側ではやんできますが、今後は新潟から長野の山沿いで降りやすくなります。このエリアでは、あす日中にかけても降り続く傾向です。雨量は多い所で30ミリほど。大雨ではないですが崩れやすい所がまだあるため油断は禁物です。  あさって以降は回復しますが、今度の週末の土曜日はまた雨になります。今の所は一時的な雨ですが、低気圧が近付いてくるため雨脚強まる恐れもあります。
決壊の原因?「越水破堤」とは
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 決壊の原因?「越水破堤」とは  台風19号の被災地には14日になって冷たい雨が降っています。復旧作業や救助作業が続くなかで、土砂崩れや河川の増水など、さらなる被害の発生が心配されます。  神奈川県相模原市を流れる串川。朝、ようやく白い車体が見つかりました。濁流にのみ込まれて約1キロ流された車は原形をとどめないほどに大破していました。車内に乗っていたとみられる家族4人の姿はありませんでした。  当時、川は橋桁のすぐ下まで水の量が増えていたといいます。家族は雨がやみつつあった12日午後10時半ごろ、近所に住む祖父の様子を見に行こうとした途中で事故に遭ったとみられています。39歳の母親と11歳の長女が13日に現場から約2キロ下流で、また、14日に49歳の父親とみられる遺体が約5キロ下流の沿岸の竹やぶの中から見つかりました。8歳の長男は依然、行方が分かっていません。  大雨をもたらした台風19号は各地で河川による災害を引き起こしています。国土交通省によりますと、堤防が決壊したのは全国7つの県の20河川で合わせて29カ所。堤防から水があふれる越水は少なくとも100以上の河川で起きていました。  栃木県佐野市の中心部を流れる秋山川では2カ所が決壊し、道路や住宅街に濁流が押し寄せました。なぜ、堤防は壊れてしまったのでしょうか…。そのヒントが決壊した場所のすぐ近くにありました。  「越水破堤」とは堤防からあふれた河川の水が堤防の外側から土砂を切り崩していくことで最終的に堤防が完全に破壊されてしまうことです。越水させないよ…
【全国の天気】あすにかけ激しい雨…新たな災害警戒
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 【全国の天気】あすにかけ激しい雨…新たな災害警戒  東京は雨が降ってきています。気温も低く、冷たい雨となっています。一方で、西日本では激しい雨となっていますが、あすにかけては東日本や東北でも激しい雨が降りそうです。予想雨量は最大100ミリから250ミリ降る恐れがあり、新たな災害の発生に警戒が必要です。  では、雨の予想からです。今夜9時から見ると、まず、西日本で引き続き激しい雨が予想されます。そして、夜中になると東日本にも活発な雨雲が流れ込み、雨が強まってきます。関東甲信はあす朝にかけて土砂降りになる恐れがあります。また、東北でも朝には激しい雨になる所が出てきます。その後、お昼前後にかけて局地的に強い雨となりそうです。時間ごとのマークで見ると、強い雨のピークは東京や栃木の佐野であす早朝にかけて。福島の郡山、宮城の丸森町では朝9時前後にかけて。午後は雨はやむ傾向ですが、夕方になると再び降ってくる所もありそうです。  一方で、西日本東日本はこの土日、また夏日が復活して暑くなりそうです。最高気温を見ていくと、西日本は土日とも25度以上になる所が多くなります。特に鹿児島は28度、27度まで上がりそうです。東日本、日曜日は名古屋で27度、東京でも26度と夏日復活です。金沢でもあすは25度まで上がりそうです。きょうからすると大きな気温変動です。そして、きょう新たに台風が発生しています。  《全国の予報》  ■台風20号がけさ、沖縄の南で発生しました。今後はあまり発達しない予想で、来週火曜日には温帯低気圧に変わる予想です。ただ、沖縄は来週…