「格闘技 ジム」の検索結果

今すぐ視聴する

#26 チャンピオンになれたらイイナ!
おねがいマイメロディ #26 チャンピオンになれたらイイナ! 真菜ちゃんが格闘技のコーチをしているジムを見学していた歌ちゃんは、そこでなぜか、妹の琴ちゃんを目撃した。一体どうして、琴ちゃんがジムに?実は琴ちゃんのボーイフレンドの太田くんが格闘技を習っていたのだ。おまけにいじめっこで強くて有名な、ライバルジムのヤマトくんとの対戦をひかえて特訓中だった。マイメロディちゃんも格闘技に興味津々で・・・
大沢ケンジMMA探訪ONEシンガポール大会前編
大沢ケンジのニッポンMMA探訪 大沢ケンジMMA探訪ONEシンガポール大会前編 元格闘家で、現在はAbemaTV格闘チャンネル解説者としても活躍中の大沢ケンジが、世界最高峰の格闘技イベント・ONE Championshipのシンガポール大会の舞台裏に密着したスペシャル企画。 シンガポール大会の前日リハーサに潜入し貴重な舞台裏をリポート。出場選手「ビビアーノ・フェルナンデス」「クリスチャン・リー」「上久保周哉」にもインタビューを敢行。アジア最大規模の格闘ジム「EVOLVE MMA」を体感します。
#2:トライアウト&ドラフト会議開催!
無料
格闘代理戦争 K-1 FINAL WAR #2:トライアウト&ドラフト会議開催! 過去最大規模のトライアウトが幕を開ける! 夢を掴もうと全国から集結した金の卵達によるKOが連発! K-1トップファイターの監督達を 唸らす原石は現れるのか!? 魔裟斗はタイでライバル、ブアカーオのジムで逸材の発掘に! 更に亡き戦友KIDの想いを繋げるべく彼のジムを訪れ KIDイズムの継承者と出会う
LETHWEI IN JAPAN 11 ~一千年の力~ 2.27
LETHWEI(ラウェイ) 2019 LETHWEI IN JAPAN 11 ~一千年の力~ 2.27 地上最も過激な格闘技『LETHWEI “ラウェイ”』。 “地球上で最も危険な格闘技”とも言われ、特徴的なルールの中、過激な死闘を繰り広げる。 “ビルマ拳法”としてミャンマーでは古くから行なわれているミャンマーの伝統ある国技。 2019年2月27日東京・後楽園ホールにて開催された、第11回目の日本大会『LETHWEI IN JAPAN 11 ~一千年の力~』をAbemaTVで配信! 【対戦カード】 ▼74.00kg 3分5ラウンド 渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺) vs シャン・コー(ミャンマー) ▼63.00kg 3分5ラウンド 東修平(AACC) vs フィリップ・レプリス(ニュージーランド) ▼60.50kg 3分5ラウンド 一休そうじゅん(ゴリラジム) vs イェ・スィー・ニ(ミャンマー) ▼66.50kg 3分5ラウンド ソー・ミン・アウン(ミャンマー) vs ケイン・コンラン(ニュージーランド) ▼74.50kg 3分4ラウンド ロクク・ダリ(Honey trap) vs カイ・チー(マレーシア) *2018 ISKA マレーシアミドル級王者
SHOOT BOXING 海人 ベストバウト
SHOOT BOXING 特別番組 2019 SHOOT BOXING 海人 ベストバウト パンチ、キックに加え、投げ技や立った状態での関節技が認められた立ち技総合格闘技「SHOOT BOXING」。34年に渡る伝統の中で、その都度、時代を象徴するエースが誕生してきた。2019年版のエースはこの男“海人”。モデル然たるルックスはさることながら、同階級の日本人トップファイターを次々と撃破。幾多の団体が乱立する格闘技界だが、日本最強の称号は誰しもが納得するところ。まだ21歳ながら、多くの名勝負を残す日本のエースの名勝負をプレイバック! 【使用試合映像詳細】 1.ザカリア・ゾウガリー 2017.04.08 東京・後楽園ホール 2.鈴木 博昭 2017.06.16 東京・後楽園ホール 3.宮越 慶二郎 2017.09.16 東京・後楽園ホール 4.憂也 2017.11.22 東京ドームシティホール 5.健太 2017.11.22 東京ドームシティホール 6.タップロン・ハーデスワークアウト 2018.02.10 東京・後楽園ホール 7.不可思 2018.04.01 東京・後楽園ホール 8.ジャオウェハー・シーリーラックジム 2018.06.10 東京・後楽園ホール 9.チャムアトーン・ファイタームエタイ 2018.09.15 東京・後楽園ホール 10.チョ・ギョンジェ 2018.11.18 東京・両国国技館 11.健太 2018.11.18 東京・両国国技館 12.UMA 2018.11.18 東京・両国国技館
第6試合 62.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R 村田 聖明 vs ヒンチャイ・オー.センスックジム
SHOOT BOXING 2019 第6試合 62.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R 村田 聖明 vs ヒンチャイ・オー.センスックジム 2019年2月11日に開催された、SHOOT BOXINGの厳選シーンをAbemaTVがお届け!
第4話 クイーンの意外な素顔
スウィートコンバット~恋の接近戦~ 第4話 クイーンの意外な素顔 方宇(ファン・ユー)が不在と聞いて肩すかしを食らった小楓(シャオフォン)。そのうえ、なぜか亜楠(ヤ―ナン)が冠言(グワンイエン)の挑戦を受けることに。自信満々で挑戦を受けた亜楠だったが、あっさり負けてしまいどうにも怒りが収まらない。父が経営するボクシングジム程家拳館で不平を言っていると、またしても冠言が現れ...。
【第5試合】会場総立ちの逆転KO!!!スアキム・PKセンチャイムエタイジム vs タリソン・ゴメス・フェレイラ
RISE 2019 【第5試合】会場総立ちの逆転KO!!!スアキム・PKセンチャイムエタイジム vs タリソン・ゴメス・フェレイラ 2019年3月10日に大田区総合体育館で開催された、「RISE WORLD SERIES2019」のハイライトシーンを厳選してお届け!
那須川天心 vs ロッタン・ジットムアンノン
RISE 2018 那須川天心 vs ロッタン・ジットムアンノン メインイベント RISE世界フェザー級(-57.15kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R 那須川天心(TARGET/Cygames/RISEバンタム級王者) ロッタン・ジットムアンノン(タイ/ジットムアンノンジム/ルンピニースタジアムスーパーフェザー級1位、ラジャダムナンスタジアム同級2位)
K-1 OUTSTANDING #2
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #2 3月10日にさいたまスーパーアリーナで行われたK-1最大のビッグマッチ「K'FESTA.2」。ライト級のタイトルマッチで同門対決が実現。2018年12月のライト級世界最強決定トーナメントで優勝をもぎ取った林健太が、下剋上宣言から勢いもそのままに、敬愛するジムの先輩にして完璧王者・卜部功也攻略に挑む。
新K-1伝説 #5
新K-1伝説 新K-1伝説 #5 木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/Fighting Kairos/マイウェイジム)特集。スーパーファイト/K-1 -65kg Fight/3分3R・延長1R ゲーオ・フェアテックス vs 木村“フィリップ”ミノル。スーパーファイト/K-1 -65kg Fight/3分3R・延長1R HIROYA vs 木村“フィリップ”ミノル など。
ONEDAY #99 武尊 アメリカ合宿編
ONE DAY ONEDAY #99 武尊 アメリカ合宿編 3月10日K'FESTA.2で右拳を怪我してリハビリ中の武尊選手が年内復帰を目指しアメリカ合宿を敢行。親友・大岩龍矢選手と共にカリフォルニアで合宿を行った武尊選手に密着。マニー・パッキャオ所属のボクシングジムでのトレーニングでは武尊が格闘技ができる喜びを表す姿が印象的。格闘家の1日(One day)に密着しながら、「いつか(One day)頂点に・・」という熱い思いをリアルに描く格闘家ドキュメンタリー
新K-1伝説 #11
新K-1伝説 新K-1伝説 #11 第11回放送は、11月21日、「K-1 WORLD GP 2015 ~THE CHAMPIONSHIP~」国立代々木競技場第二体育館大会から、【スーパーファイト/K-1 -65kg Fight】左右田泰臣(K-1ジム・シルバーウルフ)vs野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場)の一戦を放送します。K-1 -65kg日本人頂上決戦となったこの戦い。ハイレベルな技術の攻防をどうぞお楽しみください。また、2016年3月4日(金)「K-1 WORLD GP 2016 ~-65kg日本代表決定トーナメント~」国立代々木競技場第二体育館大会で行われる【-65kg日本代表決定トーナメント】の第1弾出場選手発表記者会見の模様もお届け!
那須川天心 vs ロッタン・ジットムアンノン
RISE 2019 那須川天心 vs ロッタン・ジットムアンノン 3/10(日) 格闘3チャンネルでAbemaTVでRISE初生中継! 2018年6月17日(日)幕張メッセ・イベントホールで行われた 『Cygames presents RISE125』 ▼メインイベント RISE世界フェザー級(-57.15kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R 那須川天心(TARGET/Cygames/RISEバンタム級王者) ロッタン・ジットムアンノン(タイ/ジットムアンノンジム/ルンピニースタジアムスーパーフェザー級1位、ラジャダムナンスタジアム同級2位)
那須川天心 vs 内藤大樹
RISE 2019 那須川天心 vs 内藤大樹 3/10(日) 格闘3チャンネルでAbemaTVでRISE初生中継! 2018年11月17日(土) 両国国技館で行われた 『Cygames presents RISE129』 ▼メインイベント(第13試合)RISE World Series -57kg契約 3分3R延長1R 那須川天心(TARGET/Cygames/初代RISE世界フェザー級王者、第6代RISEバンタム級王者、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者) 内藤大樹(ストライキングジムAres/RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017優勝、元SB日本スーパーバンタム級王者)
ONE DAY #15 武居由樹
ONE DAY ONE DAY #15 武居由樹 9月18日「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ウェルター級王座決定トーナメント~」での試合を控える武居由樹。10歳の頃、母親も匙を投げる程素行が悪く、ジムの会長に預けられ 無理やり格闘技を始めさせられた武居選手。様々な出会い、経験を経てついにK-1世界チャンピオンとなった武居選手の一日に密着。 格闘家の1日(One day)に密着しながら、「いつか(One day)頂点に・・」という熱い思いをリアルに描く、格闘家ドキュメンタリー。18日に王者として初の試合を控えた武居由樹は、試合を控えた今日一日に、何を感じているのか・・・。
新K-1伝説 #10
新K-1伝説 新K-1伝説 #10 第10回放送は、11月21日、史上初の3大タイトルマッチを開催した「K-1 WORLD GP 2015 ~THE CHAMPIONSHIP~」国立代々木競技場第二体育館大会から、【K-1 WORLD GP -65kgタイトルマッチ】ゲーオ・ウィラサクレック(王者/タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)vs木村“フィリップ”ミノル(挑戦者/ブラジル/Fighting Kairos/マイウェイジム)の一戦を放送します。1月に行ったスーパーファイトでは木村が判定でゲーオを下し、大金星を挙げました。タイトルマッチという舞台でも木村が勢いそのままにベルト奪取なるか。王者ゲーオが本来の実力発揮でリベンジを果たし王座防衛となるか-。また、11月14日「Krush.60」後楽園ホール大会で行った【Krush -65kgタイトルマッチ】王者・NOMAN(DTS GYM)vs挑戦者・山崎秀晃(K-1ジム・チームドラゴン)の試合映像も公開します!
新K-1伝説 #7
新K-1伝説 新K-1伝説 #7 2014年11月3日に旗揚げした新生K-1。 第7回放送は、11月21日(土)「K-1 WORLD GP 2015 ~THE CHAMPIONSHIP~」 国立代々木競技場第二体育館大会で行う“史上最大の兄弟ゲンカ”【K-1 WORLD GP -60kgタイトルマッチ】卜部功也(王者/日本)vs卜部弘嵩(挑戦者/日本)を特集します! 1月のK-1 WORLD GP -60kg初代王座決定トーナメント決勝戦から今回の対戦が決まるまでの弟・王者卜部功也と兄・挑戦者卜部弘嵩を振り返ります。そして【K-1甲子園2015~高校生日本一決定トーナメント~決勝戦】に出場する4選手と昨年K-1甲子園王者に輝き、今大会ではスーパーファイトでマサロ・グランダー(オランダ)と対戦する平本蓮(K-1ジム総本部チームペガサス)も登場します!
新K-1伝説 #12
新K-1伝説 新K-1伝説 #12 第12回放送は、11月21日、「K-1 WORLD GP 2015 ~THE CHAMPIONSHIP~」国立代々木競技場第二体育館大会から、【スーパーファイト/K-1 -65kg Fight】マサロ・グランダー(オランダ/Mike’s Gym)vs平本蓮(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)を放送します。「K-1甲子園2014」王者の平本が、世界の強豪グランダーに挑みます。また、【K-1甲子園2015~高校生日本一決定トーナメント~ -55kg決勝戦】西京春馬(あずさ第一高等学校・3年)vs椿原龍矢(大阪府立枚方なぎさ高等学校・1年)、【K-1甲子園2015~高校生日本一決定トーナメント~ -65kg決勝戦】篠原悠人(大阪・関西大学第一高等学校・2年)vs近藤拳成(大阪府立西成高等学校・1年)の試合映像も公開。
SHOOT BOXING ベストバウト MIO &海人
SHOOT BOXING 特別番組 2019 SHOOT BOXING ベストバウト MIO &海人 SB日本女子ミニマム級王者 MIO 1、Union 朱里 2016.11.11 東京ドームシティホール 2、ヴィッキー・タン 2017.04.08 東京・後楽園ホール 3、MISAKI 2018.02.10 東京・後楽園ホール 4、山口 遥花 2018.09.15 東京・後楽園ホール S-cup2018世界王者 SB日本スーパーライト級王者 海人 5、鈴木 博昭 2017.06.16 東京・後楽園ホール 6、宮越 慶二郎 2017.09.16 東京・後楽園ホール 7、健太 2017.11.22 東京ドームシティホール 8、不可思 2018.04.01 東京・後楽園ホール 9、ジャオウェハー・シーリーラックジム 2018.06.10 東京・後楽園ホール 10、チョ・ギョンジェ 2018.11.18 東京・両国国技館 11、健太 2018.11.18 東京・両国国技館 12、UMA 2018.11.18 東京・両国国技館
那須川天心 vs ロッタン・ジットムアンノン、vs 内藤大樹 ver.1
RISE 2019 那須川天心 vs ロッタン・ジットムアンノン、vs 内藤大樹 ver.1 3/10(日) 格闘3チャンネルでAbemaTVでRISE初生中継! ▼2018年6月17日(日)幕張メッセ・イベントホールで行われた 『Cygames presents RISE125』 メインイベント RISE世界フェザー級(-57.15kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R 那須川天心(TARGET/Cygames/RISEバンタム級王者) ロッタン・ジットムアンノン(タイ/ジットムアンノンジム/ルンピニースタジアムスーパーフェザー級1位、ラジャダムナンスタジアム同級2位) ▼2018年11月17日(土) 両国国技館で行われた 『Cygames presents RISE129』 メインイベント(第13試合)RISE World Series -57kg契約 3分3R延長1R 那須川天心(TARGET/Cygames/初代RISE世界フェザー級王者、第6代RISEバンタム級王者、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者) 内藤大樹(ストライキングジムAres/RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017優勝、元SB日本スーパーバンタム級王者)
那須川天心 vs ロッタン・ジットムアンノン、vs 内藤大樹 ver.2
RISE 2019 那須川天心 vs ロッタン・ジットムアンノン、vs 内藤大樹 ver.2 3/10(日) 格闘3チャンネルでAbemaTVでRISE初生中継! ▼2018年6月17日(日)幕張メッセ・イベントホールで行われた 『Cygames presents RISE125』 メインイベント RISE世界フェザー級(-57.15kg)王座決定戦 3分5R無制限延長R 那須川天心(TARGET/Cygames/RISEバンタム級王者) ロッタン・ジットムアンノン(タイ/ジットムアンノンジム/ルンピニースタジアムスーパーフェザー級1位、ラジャダムナンスタジアム同級2位) ▼2018年11月17日(土) 両国国技館で行われた 『Cygames presents RISE129』 メインイベント(第13試合)RISE World Series -57kg契約 3分3R延長1R 那須川天心(TARGET/Cygames/初代RISE世界フェザー級王者、第6代RISEバンタム級王者、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者) 内藤大樹(ストライキングジムAres/RISE DEAD OR ALIVE -57kg TOURNAMENT 2017優勝、元SB日本スーパーバンタム級王者)
#1【全編】 RISE WORLD SERIES2019.3.10 大田区総合体育館
RISE 2019 #1【全編】 RISE WORLD SERIES2019.3.10 大田区総合体育館 2019年3月10日(日)大田区総合体育館で行われる『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2019 1st Round』をお届け。 ▼メインイベント(第12試合) 那須川天心 vs フェデリコ・ローマ ▼セミファイナル(第11試合) チャンヒョン・リー vs 裕 樹 ▼第10試合 大雅 vs セクサン・オー・クワンムアン ▼第9試合 梅野源治 vs ル・ジュン ▼第8試合 志 朗 vs ウラジスラフ・ミキータス ▼第7試合 白鳥大珠 vs ヘクター・サンチアゴ ▼第6試合 ルンキット・ウォーサンプラパイ vs フレッド“The Joker”コルデイロ ▼第5試合 スアキム・PKセンチャイムエタイジム vs タリソン・ゴメス・フェレイラ ▼第4試合 "ブラックパンサー"ベイノア vs タップロン・ハーデスワークアウト ▼第3試合 鈴木真彦 vs ユン・ドクジェ ▼第2試合 ミゲール・マルティネス vs 原口健飛 ▼第1試合 瑠 夏 vs 篠塚辰樹
第23話 こんぽんてきに/異種格闘技戦
「鬼灯の冷徹」第弐期 第23話 こんぽんてきに/異種格闘技戦 桃太郎や一寸法師が過去を克服したのを見てきた芥子は、自分の「〇ヌキ」嫌いを克服せねばと思っていた。芥子が目指すのは、狙いをコントロールし亡者のみを攻撃する精度。頭では「タ〇キ」の全てが悪い訳ではないと分かっていながら、「タヌ〇」と聞けばすぐに爆発してしまう今の自分は足軽の精度の良くない乱れ打ち。精神修行してさらに強くなりたい。そう打ち明けられた鬼灯は、修行といえば、というある場所を思い出す。/ジムでひたすら己を鍛え上げていた芥子がふと思う。自分は今どのくらい強いのか、他の動物獄卒に追いつけているのか、と。セコンドとして芥子の猛烈な攻撃を受け止めながら問われた鬼灯は、他の肉食動物たちとの手合わせを提案するが、芥子の全勝。捕食者と被食者の間に革命が起こっている。そう感じた鬼灯は芥子の実力を試すついでに、動物獄卒を世間により認知してもらういい機会と、『窮鼠猫を噛む大一番!』を開催する。