「桐谷まつり」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第7話
無料
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 第7話 【毎週木曜 よる9時00分放送】 横浜桜木署の管轄内にある公園で大学生・江島陸(永田崇人)が知人男性らから集団暴行を受け、全身を打撲した上、何らかの凶器を使って脚の骨を折られた。加害者は会社員の久保田明(濱正悟)、フリーターの宮前幸介(柾木玲弥)、専門学校生の黛友之(今井悠貴)の3人。彼らは江島と同じ高校の卒業生。 さっそく桜木署では加害者3人の取り調べが行われることに。すると、仲井戸豪太(桐谷健太)が聴取した黛が真っ先に、久保田にやれと言われたと打ち明け、素直に自白。それを受け、最初は否認していた久保田と宮前も犯行を認め、3人は集団暴行の容疑で横浜地方検察庁みなと支部に送検される。
第7話 湖畔の夜とキャンプの人々
ゆるキャン△ 第7話 湖畔の夜とキャンプの人々 四尾連湖の言い伝え……それは丑三つ時に現れるという牛鬼の亡霊……。「だったら丑三つ時になる前に寝ればいい!」と切り替えて、なでしことリンはキャンプを開始した。リンはコンパクト焚火グリルの準備をするも、なぜか思うように着火してくれず、お隣のベテランキャンパーさんの力を借りて無事、火おこしは成功!焼肉と鱈鍋をたらふく食べて、二人は夜を迎えた。真夜中の丑三つ時、リンはトイレに行こうとテントを離れて……。
第11話 クリキャン!
ゆるキャン△ 第11話 クリキャン! クリスマスキャンプは静岡の朝霧高原。集合時間より2時間も早く到着した千明とあおいは、近くの牧場でアイスを堪能。リンも早めに来てテントを設営する。メンバーが揃い、斉藤の飼い犬のチクワや高原に訪れていた子供たちと遊んで過ごしていると、徐々に日が落ち気温も下がってきた。今夜の献立はA5ランク牛肉のすき焼き!あおい特製の関西風すき焼きとトマトすき焼きに、なでしこたちは身も心も温まるのだった。
第5話 二つのキャンプ、二人の景色
ゆるキャン△ 第5話 二つのキャンプ、二人の景色 地元グルメや温泉の誘惑に勝ったり負けたりしながら、なんとかキャンプ場に辿り着いたなでしこたち。さっそくテントを立て、焚火を起こし、キレイな景色を見ながら煮込みカレーに舌つづみ。長野へ向かったリンは、高ボッチ高原でスープパスタ作りに挑戦。カレーめんとは一味違う手作りごはんの美味しさを堪能した。すっかり夜も更けて、寝る前にリンとメールをしていたなでしこは、リンに夜景を見せようとテントを抜け出して……。
第2話 ようこそ野クルへ!
ゆるキャン△ 第2話 ようこそ野クルへ! 転入先の高校で野外活動サークル、略して野クルに入会したなでしこ。サークルと言っても、会員は大垣千明と犬山あおいの二人だけ。いつもは焚火をおこしてコーヒーを飲むくらいだが、キャンプ道具は使わないと意味がない!三人はグラウンドでテントを組み立ててみることに。そんななでしこたちを校内から見ていたのは、本栖湖で出会ったリン。再会に感激して、野クルに誘うなでしこだったけど、リンの反応はいまいちで……。
#8:あの子の中のあいつ
真冬のオオカミくんには騙されない♥ #8:あの子の中のあいつ オオカミくん投票で1位になったたいぞーが脱落したあと、最後の恋の駆け引きに奔走するメンバー。 りんね・おと・SORAの3人が高尾山デートで三角関係の最終決戦! ついにたくみはおとを海へと連れ出して...? 一方あさやが呼び出したのはなんと...たいぞーを失って傷心のなな? そして...いなくなったあの男の影?
第112話 フォーエバー!幽☆遊☆白書/魔界トーナメント編
幽☆遊☆白書 第112話 フォーエバー!幽☆遊☆白書/魔界トーナメント編 久しぶりに幻海の寺に仲間が集まった。だが、その中に幽助と飛影の姿はない。幽助はまだ戻らず、飛影は魔界に残ることにしたのだ。集まったみんなに幻海は「もしも自分が死んだら」と切り出し…。
第109話 対決!飛影とムクロ/魔界トーナメント編
幽☆遊☆白書 第109話 対決!飛影とムクロ/魔界トーナメント編 飛影とムクロの戦いは熾烈を極めた。ふたりはお互いの思いをぶつけ合い、激しく戦う。過去を解き放ち、すべての憎しみを終わらせるために…!
第101話 魔界盗賊・千年目の再会/魔界トーナメント編
幽☆遊☆白書 第101話 魔界盗賊・千年目の再会/魔界トーナメント編 かつての盗賊仲間、蔵馬と黄泉。だが蔵馬には昔、黄泉を抹殺するため、刺客を送った過去があり、黄泉はこのとき光を奪われた。黄泉は、人間界にいる蔵馬の家族を人質に、彼を味方に引き入れようとするのだった。
第102話 妖狐変化!忍び寄る殺意/魔界トーナメント編
幽☆遊☆白書 第102話 妖狐変化!忍び寄る殺意/魔界トーナメント編 蔵馬は、瞬く間に黄泉の参謀としての信頼を受けるようになった。そんな中、軍事参謀総長鯱は蔵馬を妬み、殺意を抱くようになる。一方、蔵馬は、幻海とコエンマの協力により、新戦力となる戦士の養成を急いでいた。