「桜の木」の検索結果

今すぐ視聴する

#1 桜の木の下
無料
僕だけが17歳の世界で #1 桜の木の下 「もしも奇跡が起こるなら、もう一度会いたい。今度こそ、君に想いを伝えたい。」 航太と芽衣は、幼馴染の高校二年生。2人はお互いを意識し始め、”好き”という想いをいつだって伝えられると思っていたが、航太は突然この世を去った...。 7年後の2020年。芽衣は7年ぶりに故郷に戻り、航太との思い出が詰まった桜の木の下を訪れる。 そこに現れたのは、死んだはずの17歳のままの航太だった。 奇跡の桜が咲く間しかこの世にいられない航太は、残された時間で芽衣に想いを伝えることができるのか。 航太と芽衣の幼馴染の恋の行方は?航太の死に隠された衝撃の秘密とは? 最後に二人がとった運命の選択はーー。
#2 空白の7年
無料
僕だけが17歳の世界で #2 空白の7年 満開の桜の丘に現れたのは、7年前にこの世を去ったはずの航太(佐野勇斗)だった。驚いた芽衣(飯豊まりえ)は思わずその場から逃げ出し、亮平(渡辺佑太朗)に報告する。 「桜の木の下に行ったら、航太がいたの」 その場にはるか(大友花恋)も現れ、航太が走っている姿を見かけたという。 もう一度航太に会いたいと思った芽衣は再び桜の丘を訪れるも、その姿はない。 神社で「もう一度航太に合わせてください」と手を合わせると、そこに見覚えのある姿を発見する--。
#7 親愛なる君へ
僕だけが17歳の世界で #7 親愛なる君へ 「この桜がすべて散れば……君も消える」 桜の木の前で見知らぬ老人にそう告げられた航太(佐野勇斗)。 桜について神社の神主・大輝(浜野謙太)に尋ねると、「冬に桜が咲くと奇跡が起きる。花が散るまでの間だけ、桜に不思議な力が宿る」という。 桜が散れば消えてしまう。そう感じた航太は、芽衣(飯豊まりえ)のために何かできることはないかと考え、仲間たちをスケートに誘う。 まるで高校時代に戻ったようにはしゃいだ航太たちだったが……。
Last ただ1つの奇跡
無料
僕だけが17歳の世界で Last ただ1つの奇跡 「芽衣のために、これ以上、辛い思いさせたくないから」 突然、芽衣(飯豊まりえ)たちの前から姿を消した航太(佐野勇斗)。最後に仲間5人で撮った写真を手に航太を探す芽衣だが、見つけることはできなかった。 「会いたいよ……航太に会いたいよ」 航太がいなくなり、この上なく落ち込む芽衣。それを見た伊織は、葛藤の末ある覚悟を決め、驚きの行動に出る。 風に吹かれている桜の木、残り少ない花びらがハラハラと舞い落ちる。 芽衣の7年越しの願いは叶うのか。航太が出した答えとは……。
第47話 さくらんぼってアレ桜の木になるの?
銀魂 第47話 さくらんぼってアレ桜の木になるの? 例年以上にひどい花粉に悩まされる銀時たち。一説にはどこかの星の植物が原因だと言うが、詳しいことは判らずじまい。あのお登勢が店を休むほどの花粉と言うから、ただごとではない。そんな折、かぶき町に新たな住人がやってきた。屁怒絽と名乗る凶悪な顔をした天人は、万事屋の隣で花屋を営むという。そして、その花屋こそが、この花粉をまき散らす元凶だったのだ。屁怒絽が花粉で人々を弱らせ、その隙に地球征服を企んでいると考え怯える万事屋の面々。しかし、そんな彼が、屁怒絽のもとへ回覧板を届けることに…。
#4 望まぬ再会
無料
僕だけが17歳の世界で #4 望まぬ再会 神社で働く航太(佐野勇斗)を訪ねた芽衣(飯豊まりえ)。 「これからのこと、もう一度ちゃんと考えてみようかなって」 と、しばらく東京に戻らないことを告げる。 一方、はるか(大友花恋)は「俺が航太を殺した」という伊織(結木滉星)の言葉が気になっていたが、誰にもそれを話せずにいた。 「母さん、どうしてるかな」 行方がわからなかった母・志乃(石田ひかり)が気がかりだった航太は、神社に集まった桜の署名帳の中から偶然母の名前と現在の住所を見つける。 ひとり東京に向かった航太。しかしそこでは……。
第1話 また桜の樹の下で/ねむねむの季節ポロッ/ねこをかぶったオオカミ
無料
生徒会役員共* 第1話 また桜の樹の下で/ねむねむの季節ポロッ/ねこをかぶったオオカミ 私立桜才学園2年になった津田タカトシ。1年前と同じく桜の木の下で、生徒会長天草シノに制服を着崩していたことを再び咎められた。その後、生徒会書記の七条アリア、会計の萩村スズ、さらに桜才学園生徒が次々に登校してくるが、タカトシの妹、津田コトミが遅刻してきてしまう。4月1日、エイプリルフールの昼下がり、生徒会室ではいつもの日常が繰り広げられていた。共学化されて随分経った今、校内では男女の交際が見受けられ、生徒会でもその風紀の乱れが懸念事項であった。部活動に入っていない時(トッキー)は、三葉ムツミより柔道部への勧誘を受ける。ムツミが勝ったら柔道部に入るという条件の元、審判を務めるシノはシリアスな表情を受かべながら、開始の合図を出すのだった…
#5 記憶
僕だけが17歳の世界で #5 記憶 病院で偶然の再会を果たした芽衣(飯豊まりえ)と伊織(結木滉星)。 「私、また航太に会えたんだよ。一度、会いに来てみてくれないかな?」 芽衣(飯豊まりえ)は航太(佐野勇斗)との鍋パーティーに伊織(結木滉星)を呼ぶも、結局姿を現さなかった。 はるか(大友花恋)は、7年前の事故の日に伊織が航太を待ち伏せしていたこと、「航太は俺が殺した」と言っていたことを芽衣に告げる。 だが芽衣は、伊織が航太を殺すなんて絶対に有り得ないと反論する。 そんな中、伊織は神社で航太の姿を目の当たりにし、唖然とする。 7年ぶりの再会を果たした航太と伊織。だが航太は事故当時のことをまったく覚えていなかった。 「お前らに、ずっと黙ってたことがある」 皆を集めた伊織が意を決して語り始めたのは、7年前の”あの日"の真実だった……。
#6 逃れられない運命
僕だけが17歳の世界で #6 逃れられない運命 7年前の真実を伊織(結木滉星)から聞き、事故当時のことを思い出した航太(佐野勇斗)。 自転車で勝負をしていた途中、突然目の前に現れた車を避けようとして、崖から転落したのだった。 航太はその時、誰かが見下ろしているのに気づいたが、それが誰かはすぐに思い出せなかった。 記憶を辿ろうとした途端、倒れてしまった航太。 心配した芽衣(飯豊まりえ)が神社に駆けつけ、今はとにかく安静にしているようにと釘を刺す。 「桜の花が散るまでに告白されますように」 帰り際、自分が願掛けした絵馬を見つめる芽衣。 「もしも私があんな願い事をしなければ、もっと違う未来が待っていたのだろうか?」 複雑な思いを抱えた芽衣は、伊織の元を訪ね……。
第1話 桜の木の下で/毎回続くのこの感じ?!/とりあえず脱いでみようか
無料
生徒会役員共 第1話 桜の木の下で/毎回続くのこの感じ?!/とりあえず脱いでみようか 私立桜才学園1年の津田タカトシは、校門前で服装検査していた生徒会長の天草シノに制服を着崩していたことをとがめられる。その後生徒会書記の七条アリア、会計の萩村スズも加わって、すったもんだしているうちにタカトシは遅刻。するとシノはお詫びと称してタカトシを強引に生徒会副会長に任命するのだった。入学したてで校内に不案内なタカトシは、生徒会の会議に遅刻してしまう。そんなタカトシのためにシノたちは校内の案内を買って出るのだが、保健室や女子更衣室、体育倉庫などを、男子がトキメキそうな場所として紹介。さらには女子トイレの詳しい用途を教える。不慣れながらも、副会長として生徒会活動に精を出すタカトシ。あるとき生徒会に、新聞部の畑ランコから取材のオファーが届く。すると何故かアリアはタカトシにインタビュー指導を依頼する。その理由は「AVに良くあるから」というものだった。
#3 ラストチャンス
無料
僕だけが17歳の世界で #3 ラストチャンス 芽衣(飯豊まりえ)が不倫していたことを知り、ショックを受けた航太(佐野勇斗)。 直輝(YOSHI)に「お前は17歳のままだけど、あっちは24歳なんだから男のひとりやふたりいて当然」と言われ、7年の歳月に苛立ちを隠せない。 職場で不倫をしていたことをはるか(大友花恋)に打ち明けた芽衣。 「私、航太にがっかりされたくないの。できれば17歳の自分に戻りたいけど、それは無理だから」と、東京に戻ることを決める。 一方、7年前に航太がいなくなったあとかなり塞ぎ込んだという芽衣の様子を亮平(渡辺佑太朗)から聞いた航太は、「俺、戻ってこない方が良かったのかな」とやりきれない気持ちになる。 そんな中、神主の大輝(浜野謙太)の「この世に偶然なんて存在しないんだ。取るに足らない出来事にも必ず意味がある。それが運命というものだ」という言葉を聞き、自分がこの世界に戻ってきた理由を考えた航太は……。
第四話 開花
TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」 第四話 開花 一年前の春、大事なものを埋めると願いが叶うという桜の木の下で出会った『Trickstar』の4人。時が流れ、革命の第一歩である【S1】の本番を前に、彼らは揃いで作った新しい衣装に袖を通して円陣を組む。ステージでは『UNDEAD』が『紅月』に奇襲をかけ、続けざまに『2wink』もパフォーマンスを披露する。舞台が混乱する中、応援してくれる仲間たちに見守られ、いよいよ『Trickstar』が登場。果たして、その勝負の行方は……。
最終話 侘びしく燦爛たるトッケビ
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 最終話 侘びしく燦爛たるトッケビ 季節外れの桜の木の下でウンタクにプロポーズをしたシン。ウンタクは「侘しく燦爛たる男の花嫁になる」と言ってそれに応える。シンの気まぐれで数日後に挙式をすることになった2人はすぐに結婚式の準備を始めるが、そのさなかサニーが、死神とウンタク宛てに手紙を残して家を出る。思い出の歩道橋でサニーから今生の別れを告げられた死神は、シンが一度姿を消した時から保管していたキム・ソンの絵をシンに返そうとする。