「桜井マッハ」の検索結果

「桜井マッハ」に関する情報は見つかりませんでした。
「桜井」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第4話 連休は一緒に遊びたい!
無料
宇崎ちゃんは遊びたい! 第4話 連休は一緒に遊びたい! GWにぼっちの桜井は家でTVゲームをしていた。そんな中、突然現れた宇崎ちゃんが桜井を誘い、ドラモンGOのモンスターを探しに公園へと出掛ける。連日のゲームプレイで目つきが相当悪い桜井。PC用眼鏡を買おうと2人は眼鏡屋へ。偶然居合わせた亜実と一緒に桜井の眼鏡を選ぶが、面白眼鏡大会に終わる。再びモンスター大量発生イベントへと向かう桜井と宇崎ちゃん。が、満員電車で宇崎ちゃんと桜井が密着!?桜井の運命やいかに……。
第3話 亜細親子は見守りたい!
宇崎ちゃんは遊びたい! 第3話 亜細親子は見守りたい! 桜井のバイト姿を密かに観察する喫茶店のマスターの娘・亜実。そこへ元気に現れる宇崎ちゃん。水と油のような2人の組合せを見て、更に興味を抱く亜実。そんな中、宇崎ちゃんとぶつかり水を被ってしまったせいで高熱で寝込むこととなった桜井は、宇崎ちゃんに看病されることに。その甲斐あって桜井は快復し、快気祝いで亜実とマスター、桜井と宇崎ちゃんは焼肉屋に集う。2人の関係に進展があったのでは!?と興味津々の親子であったが……。
第2話 マスターは垣間見たい!
宇崎ちゃんは遊びたい! 第2話 マスターは垣間見たい! 喫茶店でバイト中の桜井。心落ち着くコーヒーの香り、ダンディなマスター、大人な雰囲気の店内。桜井がこよなく愛する安らぎの場所……に、宇崎ちゃんが現れる!笑い声と怒声で店内の静寂は喧騒に変わる。通学路では近所の住民から宇崎ちゃんへのハレンチ行為を誤解され、学食ではぼっちを疑われ散々な桜井。再び喫茶店では宇崎ちゃんのレポート作業を手伝うはめになるが、ダンディなマスターは密かにそれを楽しんでいた……。
第1話 宇崎ちゃんは遊びたい!
無料
宇崎ちゃんは遊びたい! 第1話 宇崎ちゃんは遊びたい! 一人ぼっちを愛する大学三年生の桜井真一。同級生とはつるまず、学食では一人ぼっち。 ポカポカ陽気の中、キャンパスのベンチでは一人で昼寝。 それはそれは幸せな学生生活を送っていた。が、ある日突然、一つ下の後輩・ 宇崎花が現れ、桜井のぼっち楽園は崩壊する。 ぼっちをバカにし、男心をかき乱し、唐揚げを横取り!? 平穏な学生生活を送るはずだった桜井に、恋の?ただの?ウザかわいい嵐の予感!
第6話
僕の初恋をキミに捧ぐ 第6話 ある夜、小さな棚を運んだ逞(野村周平)は、その程度の行動で息苦しくなってしまった自分にがく然とする。穣(生瀬勝久)から「前は普通にできたことをやろうとすると、息が苦しいということがあるかもしれない。そのときは極力安静に」と注意を受けたことを思い出す。逞が、体調に異変を感じている中、繭(桜井日奈子)からは「助けて」と連絡が...!
着信アリ2
着信アリ2 着信アリ2 「遊ぼ。」 “死の予告電話”事件も遠い記憶となった1年後、保育士の奥寺杏子が“死の予告電話”の着信を受ける。杏子を救うために恋人の桜井尚人はルポライターの野添孝子と共に、死の着メロの謎を解くべく動き出し、その答えが台湾にあるらしいことを突き止める。しかし、そこで待っていたのは生きたまま口を縫われた少女にまつわる忌まわしい恐怖の末裔だった。
第1話
僕の初恋をキミに捧ぐ 第1話 18歳の垣野内逞(野村周平)は、写真館に来ていた。カメラを向ける店主に写真の用途を聞かれるが「何となく」と応え、満面の笑みでピースサインを出した――。 時は遡り、逞が8歳の頃。病院に入院している逞のそばにはいつも、同じ年の女の子・繭(桜井日奈子)がいた。ある日、病室を抜け出して訪れた夜の公園で、逞と繭は夜空を仰ぎながら結婚の約束を交わす。自分たちには未来があると信じて、疑わずに...。
最終回
僕の初恋をキミに捧ぐ 最終回 突然、心臓移植が受けられることになった逞(野村周平)。繭(桜井日奈子)は安堵と喜びを覚えるが、心臓の提供者は脳死状態に陥った昂(宮沢氷魚)だった。逞の病気をよく分かっていた昂は、自分に万一のことが起きた場合に備え、ドナーカードを書いていたのだ。それを知ってしまい、複雑な思いにかられる逞。移植手術を拒否すると書いた手紙を残し、病院から姿を消してしまう。さらに昂の母親も、臓器提供を取りやめると言い出し...。
第2話
僕の初恋をキミに捧ぐ 第2話 律(佐藤寛太)の提案で、ギクシャクするくらいなら友達として仲良くするという道を選んだ逞(野村周平)と繭(桜井日奈子)。二人は律や結子(矢作穂香)らと楽しい日々を過ごしつつも、“友達”という関係に複雑な思いを感じ始めていた。 そんな二人の微妙な関係を崩そうとする生徒会長・昂(宮沢氷魚)は、繭を“姫”と呼び、なんとか自分の方を振り向かせようと画策。昂と律の父親は、実は逞と同じ病気で亡くなっており、昂は、繭に自分と同じツライ経験をさせたくないという思いも抱えていたのだった。
第3話
僕の初恋をキミに捧ぐ 第3話 病院で再会した逞(野村周平)と照(馬場ふみか)。同じ病気と闘う二人の姿になにか通じ合うものを感じた繭(桜井日奈子)は、のけものにされたようで悲しい気持ちになる。さらに、二人きりの病室で、照が逞にキスをねだる場面を目撃し、思わず逃げ出してしまう。 翌日、逞は繭に話しかけるものの、冷たい態度を取られてギクシャク。そんな状況にもかかわらず、二人は美術の授業でペアになってしまう。お互いをモデルにデッサンすることになるが、気まずさからイライラして言い合いになってしまい、教師は居残りを命じる。
第4話
僕の初恋をキミに捧ぐ 第4話 自分の気持ちにケリをつけると決めた繭(桜井日奈子)は「来なければ諦める」と言い、逞(野村周平)を呼び出す。二十歳までしか生きられないという命のタイムリミットを抱えている逞は、繭を悲しませたくないと、気持ちを押し殺してきたが、律(佐藤寛太)から「お前と離れているよりは一緒の方が幸せなんじゃねえの」と言われ、目が覚める。その言葉に背中を押され、自分の気持ちに正直になると決めた逞は、自分を思ってくれる照(馬場ふみか)との関係にケジメをつけるため病院へ向かう。
第5話
僕の初恋をキミに捧ぐ 第5話 主治医の穣(生瀬勝久)から心臓移植の話を聞き、希望が湧いてきた逞(野村周平)に、律(佐藤寛太)から電話がかかってくる。ドライブデートに出かけた昂(宮沢氷魚)と繭(桜井日奈子)が事故に遭ったという。慌てて病院に向かった逞だが、なかなか繭の姿を見つけられない。白い布がかけられたストレッチャーのそばに繭のカバンを見つけた逞は、絶望感に苛まれ、“なんであのとき行くなって言わなかったんだろう”と、ぼうぜんと立ち尽くす......。その時、逞の前に繭が現れ、逞は思わず繭を抱きしめる。しかし、その様子を昂が見ていた...。
GO
GO GO 普段は意識しないが、杉原は韓国の国籍を持つ所謂「在日」。中学までは民族学校に通っていたが、広い世界を見たくなり日本の普通高校に入学した。未だに将来の夢も進路も決まらず、バスケ部をやめて以来、喧嘩しかすることがない。父に、幼い頃から仕込まれたこともあって喧嘩は24連勝中。記念すべき初勝利の相手は、ヤクザの息子で同級生の加藤。今では親友だ。ある日、杉原は加藤のバースディパーティーで声をかけてきた少女・桜井と突然の恋に落ちる。ぎこちないデートを重ね、2人で同じ場所を歩き、同じものを観て、同じものを聞く度にお互いの気持ちが近づいていくのが分った。桜井の家に招待されて両親に会い、かみ合わない会話を交わした後、2人は部屋でキスをする。...いつかは告白しなきゃならない。自分が「在日」であることを...。そのことが、時々杉原の頭をよぎるけれど、それで全てを失うはずはないと思っていた。怖いくらい何もかもがうまく回り始める日々に、杉原は有頂天になっていく。悲劇は突然起こった。在日の親友・正一が駅で少年に刺され、命を落としてしまう。「話したい事がある。すげえ事なんだ。オマエなら分ってくれると思うんだ」直前まで正一と話していた杉原の耳には、正一の最後の言葉がいつまでも残って離れなかった...。
09. 本当の気持ち
恋する小惑星(アステロイド) 09. 本当の気持ち あおが転校せず、みらの家に同居できるようそれぞれの家族を説得するみらとあお。 バレンタインを控え、桜はすずに教えてもらいながら作った、初めての手作りチョコを地学部のみんなに渡す。 そしてみさが遠くの大学に行くことを知ったすずは……。
11. きら星チャレンジ!
恋する小惑星(アステロイド) 11. きら星チャレンジ! あおも見学者として参加が許され、いよいよきら星チャレンジがスタート! 天文台の見学などのプログラムが進み、そして夜。同じグループになった友利と蒔田とともに、ついに天文台で小惑星の探索が始まる。ところが、空に雲が広がってきて…。
12. つながる宇宙
恋する小惑星(アステロイド) 12. つながる宇宙 きら星チャレンジ2日目。空には雲もなく観測日和だ。 撮影したデータのチェックを進めると、未知の小惑星らしき天体が見つかる。 高まる緊張。これが本当にラストチャンスと再度の撮影が行われる。みらとあおが、同じ班の友利と蒔田とともに画像をチェックすると…。
日常の第二十三話
日常 日常の第二十三話 桜井泉は、誠の部屋で偶然イケナイ本を発見してしまう。しどろもどろな言い訳をする誠に対して、姉として毅然な態度を取ろうとする泉なのだが…。
02. 河原の天の川
恋する小惑星(アステロイド) 02. 河原の天の川 今日は河原で新入部員歓迎会のバーベキュー! 石ころハンティングや星空観察会と盛りだくさんの一日を楽しんだ後は、会報「KiRA KiRA」作り。それぞれがテーマを決める中、なかなか記事が書けないみら。なんとかまとめたものの、姉のみさには「みららしさが感じられない」と言われてしまう。 そんな時、あおから記事の挿絵を頼まれたみらは…。
03. 思い出はたからもの
恋する小惑星(アステロイド) 03. 思い出はたからもの 追試になったみらとあおは、みらの家ですず、そしてみらの姉のみさも交えて勉強会。なんとか追試をパスした二人は、すずのパン屋さんで初めてのアルバイトを経験する。初バイト料を手に「駅前デート」に出かけた二人は、並んで歩くイノ先輩とすずを見かける。意外な組み合わせに驚き、二人の後をこっそり追いかけるが…。
06. 星咲祭!
恋する小惑星(アステロイド) 06. 星咲祭! 文化祭の準備を進める地学部員たち。地質班の桜とイノは校庭で本格的なボーリング調査。 一方、天文班のみら、あお、モンローはみらの家で太陽系惑星の模型作りに励む。そしていよいよ始まった文化祭。 すずも協力してくれた地学部のジオカフェがオープンする。お揃いのメイド服に着替えた地学部員たちは……。
07. 星空はタイムマシン
恋する小惑星(アステロイド) 07. 星空はタイムマシン モンローと桜が引退し、みら、あお、イノの新生地学部がスタート。イノに部長としての自信を持ってもらうために、子供会の天体観望会の講師を引き受ける。 一筋縄ではいかない子供たちに興味を持ってもらおうと奮闘するみらたち。 そして、オリオン座流星群を観測した翌朝、あおは学校を欠席する。心配したみらとイノはお見舞いに出かけるが……。
08. 冬のダイヤモンド
恋する小惑星(アステロイド) 08. 冬のダイヤモンド 「地学オリンピック」の予選に挑戦するイノ。部長として独り立ちするための第一歩だ。そして二学期も終わりが近づき、地学部でクリスマス忘年会が開かれる。鍋で温まった後は恒例の星空観測。わいわい言いながら冬のダイヤモンドを見上げていると、突然あおの瞳から涙がこぼれる。 大丈夫と言うあおだったが…。
10. 雨ときどき占い
恋する小惑星(アステロイド) 10. 雨ときどき占い 地学部に七海と、桜の妹の千景という2人の新入生が入部してきた。 桜と同じく地質班希望の千景。 一方、「気象」を学びたいという七海は地学部の活動に物足りなさを感じている様子。 新入生にも色々な楽しい体験をしてほしいと考えたみらは、昨年を思い出し新歓バーベキューをしようと提案して…。
01. 二人の約束
無料
恋する小惑星(アステロイド) 01. 二人の約束 春。高校に入学した木ノ幡みらは、絶対入ろうと決めていた天文部がなくなっていて大ショック。みらには、幼い頃にある人物と約束した「小惑星を発見する」という夢があったのだ。今年から「天文部」と「地質研」が合併した「地学部」が出来たと聞いてさっそく入部する。部室でみらを待っていたのは個性的な3人の先輩と、そしてもう1人……。
04. わくわく!夏合宿!
恋する小惑星(アステロイド) 04. わくわく!夏合宿! 夏合宿! 行き先は地質標本館にJAXAなどなど。鉱物や化石を見て、珍しくはしゃぐ桜と、そんな桜に興奮するイノ。一方、モンロー、みら、あおは人工衛星やロケットに盛り上がる。みらとあおは小惑星発見の情報を得ようとあちこち聞いて回るが、手がかりは得られない。宿泊先の遠藤先生の祖父母の家でバーベキューや天体観測を楽しんだ後、遠藤先生が取り出したのは…。
05. それぞれの夏休み
恋する小惑星(アステロイド) 05. それぞれの夏休み すずの提案で海に遊びにやって来たみら、あお、イノ。みらの親友の座を賭けて、すずとあおが勝負!その結果は…。。また別の日、みらは桜と2人で「ミネラルショー」に出かける。桜は様々な石を前に大興奮だったが、「受験勉強に身が入らない」とこぼす。将来への具体的な目標がないことに悩んでいたのだ。夏休みが明け、文化祭の準備が始まって…。
第25話 決戦! 勝利への執念
金色のガッシュベル!! 第25話 決戦! 勝利への執念 清麿とガッシュの前に、アポロとロップスが立ちはだかる。 ラシルドで跳ね返した岩石でさえ、アポロはすばやく身を かわした。それならば...清麿は気合を込めて叫ぶ。「第四の術、バオウ・ザケルガ!」しかし、その声は空しく木霊するだけ。焦る清麿に、ロップスの放った巨岩が迫る!
第2話 氷結呪文ギコルvsザケル
金色のガッシュベル!! 第2話 氷結呪文ギコルvsザケル 「清麿!!今日もせいぎのみかた作戦しようぞ!!」意気込むガッシュに呆れる清麿。学校へ行くと金山と清麿の怪我を見た同級生が噂していた。清麿が金山とケンカなど出来る訳がない、あいつにそんな勇気はない、と。それを聞いたガッシュは怒るが清麿は無関心を装ってその場を去ってしまう。
第3話 第2の術ラシルド!
金色のガッシュベル!! 第3話 第2の術ラシルド! 銀行強盗の事件以来、学校での清麿に対する周囲の見る目が変わった。教室に行っても、清麿の周りにクラスメイト達が集まって来る。清麿は、初めて満たされた気持ちで学校にいた。クラスメイトと話す楽しそうな清麿の顔に、ガッシュも鈴芽も嬉しくなる。だが、帰り道、清麿達の目の前に巨大な氷柱が突き刺さる!
第4話 100人の魔物の戦い
金色のガッシュベル!! 第4話 100人の魔物の戦い 何とか戦いには勝利したが、「こいつは化け物なんだよ」という細川の言葉に、ショックを受ける清麿。そして、ガッシュもとうとう気付いてしまった。自分の口から電撃が出ること、普通の子供とは違うということを...。それ以来、落ち込むガッシュにどう声を掛けていいのか分からず、清麿は思い悩む。