「桜花学園 バスケ」の検索結果

「桜花学園 バスケ」に関する情報は見つかりませんでした。
「バスケ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

劇場版スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏
劇場版スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏 劇場版スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏 決勝リーグ・陵南戦を間近に控え、連日、湘北バスケット部のメンバーたちはハードな練習をこなしていた。中でも流川は今まで以上に気合が入っており、全国制覇に向けて暑い日を過ごしていた。そんな中、赤木晴子の家に中学時代の友人、水沢茜が訪ねてきた。 茜の弟イチローは流川の後を継いで富が丘中学のバスケット部のキャプテンを務めていた。流川が湘北に入った今、イチローの夢は湘北で流川とともにインターハイで全国制覇を成すことだった。だが、突然のアクシデントがイチローの夢を砕いてしまった。バスケットマンの命でもある脚に激痛がはしり、後遺症を残さないためには一日も早い手術が必要だというのだ。この突然の病気で、イチローの選手生命は絶たれた。絶望のどん底に落ち、手術を拒むイチロー。「一日でいいから、流川先輩ともう一度プレイしたい」それがイチローの最後の願いだった。
第96話 バスケットシューズII
スラムダンク 第96話 バスケットシューズII 合宿最終日。ついに花道は最後のシュートを決めて2万本のシュート練習を終えた。ちょうど赤木たちも静岡から戻り、明日からは全国大会直前の総仕上げが行われることになる。花道のバスケットシューズがボロボロであることに気づいた晴子は、翌日、花道を連れ立ってスポーツショップを訪れた。かつて30円でプレミアモノのバスケットシューズを花道に奪われた店長だが、その後彼の活躍を実際に見ていたこともあり、湘北と同じ赤と黒でカラーリングされたプレミアモノのバスケットシューズを気前よくプレゼントしてくれるのだった。
劇場版スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道
劇場版スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道 劇場版スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道 湘北高校バスケ部の次の対戦相手は、赤木、木暮と同じ中学のバスケ部だった伍代が率いる津久武高校。ここまで絶不調の花道は次こそ活躍して晴子にいい所を見せたいと張り切るが、津久武の新人・南郷が恋のライバルとしても登場。強力なジャンプ力の南郷と伍代の3Pシュートに試合は津久武ペースで進むが、後半リバウンドを取ることに専ら専念した花道の活躍で、徐々に試合は湘北ペースに。“リバウンドを制す者は試合を制す”天才リバウンド王・桜木花道の誕生である。
第20話 バスケットシューズ
スラムダンク 第20話 バスケットシューズ 花道はこれまで使っていた体育館シューズの代わりにバスケットシューズを買いに行くことにする。晴子に連れられ、靴屋で初めてバスケットシューズを選ぶ花道。着地時に衝撃を吸収すること、足元がすべらないことに感動しながら、心配顔の店主の目前ではしゃぎ回る。そして......。
第23話 湘北バスケ部最後の日
スラムダンク 第23話 湘北バスケ部最後の日 三井が鉄男らを連れて練習中の体育館へと押し寄せてきた。目的は、リョータはもちろん、バスケ部を潰すこと。彼らはインターハイが近いのをいいことに、花道たちを挑発する。ケンカ沙汰になれば、間違いなく出場停止処分となるからだ。やりたい放題の三井たちに対し、課外授業で赤木が不在のバスケ部はなす術がない。
第27話 バスケがしたいです!
スラムダンク 第27話 バスケがしたいです! 赤木に遅れをとりたくないというライバル心と、試合に出たいという焦りによって、無理に練習に参加した結果、足の傷が再び痛み出し、三井はバスケを断念。失意のままバスケ部にも姿を現すことがなくなったという......。そして体育館にやってきた安西と再会する。
劇場版スラムダンク
劇場版スラムダンク 劇場版スラムダンク 強豪・武園高校との練習試合に意気込んで望んだ湘北バスケ部。だが武園は女生徒が7割を占める学校で、その黄色い声援もプレッシャーの一つ。そんな中、桜木花道は中学時代にフラれた島村葉子と出会う。彼女は武園のエースセンター・小田竜政を慕って武園に来ていたのだった。その小田から、中学時代に遊んでいたおまえにバスケをやる資格はない、とののしられる花道は、試合が始まっても小田の前で無様な姿を晒すだけだった。だが、晴子の声援ですべてが変わる。「桜木君、ガンバッテ!」とたんに動きが良くなる花道。花道をナメていた小田をはじめとする武園のメンバーも俄然、熱くなっていく。
第4話 Let's Cheer Up!
TVアニメ 『アニマエール!』 第4話 Let's Cheer Up! こはねたちにバスケ先輩からバスケットボールの練習試合の応援依頼が舞い込む。同好会での初めてのチア、練習やユニフォームの準備に熱が入っていくこはねたち。そんな中虎徹はある思いを抱いていた。
第2話 くたばれバスケ! 花道vs流川
スラムダンク 第2話 くたばれバスケ! 花道vs流川 屋上で晴子の意中の人物・流川と鉢合わせした花道は、ライバル心をむきだしにして彼に掴みかかった。しかしその現場を目撃した晴子に「大っ嫌い! 」と突き放され大ショック! そのせいでイライラがつのっていた花道は、体育館の外で顔を合わせたバスケ部主将・赤木剛憲と言い争いになり、一触即発の状態に......。
第1話 天才バスケットマン誕生!?
無料
スラムダンク 第1話 天才バスケットマン誕生!? 中学時に50人にフラれた高校一年生・桜木花道。188cmという身長や赤い髪で、学校では“不良”と敬遠されていた。そんな花道に「バスケットはお好きですか? 」とたずねる女の子がいた。理想のタイプである赤木晴子に話しかけられ、乗せられるように体育館へ。そして花道は「ダンク」を晴子に教えてもらい......。
第71話 ゴリ・復活の雄叫び!
スラムダンク 第71話 ゴリ・復活の雄叫び! 魚住に倒されたまま、ピクリとも動かない花道。その様子から彼が試合中にも関わらずキレたのだと洋平たちは察知し、すばやい処置を施したためどうにか乱闘という最悪の事態は回避する。続いて赤木もゴリラダンクを決めることで完全復活をアピールしたのだった。この局面で陵南ベンチはタイムアウトをとり、福田を誉めることで本領発揮させようとする。かつて部活禁止処分を受けた福田は、バスケをする場所もなくバスケに餓えていた。誉められることで実力を発揮する福田のことをよく知っていた田岡は、そうすることで「餓え」を勢いと粘り強いプレーに変えさせようと考えたのだ。
第88話 バスケットの国アメリカ
スラムダンク 第88話 バスケットの国アメリカ 木暮が流川から感じた違和感は、アメリカへバスケ留学に行きたいという彼の悩みが原因だった。しかし安西は流川の決意に反対し、鬼コーチだった時代にも同じ考えを持った生徒・谷沢がいたことを告白する。その生徒は自分の実力を過信したまま渡米し、失意のまま事故死したというのだ。夫人からも、いかに自分と花道が期待されているかを聞かされた流川は、ようやく留学を思いとどまる。その頃、彦一はかつて舎弟だった男からの手紙を受けて大阪へと足を運んでいた。そしてそこで大阪大会に優勝した大栄学園の実力を目の当たりにする。
劇場版スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道
劇場版スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道 劇場版スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道 海南戦に破れ、全国大会出場に向けてもはや崖っぷちの湘北は日々練習にあけくれていた。花道は土壇場での痛恨のミスに責任を感じて丸坊主に。いっそうコワイ花道だった。 そんなある日、湘北に緑風高校から練習試合が申しこまれる。三日後に武里戦を控え慎重になるメンバー達だったが、緑風のマネージャー・恵理に挑発されたことも手伝い、試合を受けることになる。 1、2年生だけの新設校ということもあり甘く見ていた湘北だったが、緑風は大のバスケ好きで理事長の娘である恵理が、全国からトップレベルのメンバーを集めていた強豪チームだった。その中には、本場アメリカでNBAからスカウトされたこともあるバスケット留学生・マイケル沖田や中学全国大会で活躍していた名高もいた。唖然とする部員たち。 試合開始のホイッスルが鳴った。超高校級の強さを見せるマイケルたちの前に、司令塔の赤木を欠く湘北は序盤から大きく引き離される。練習試合とはいえ負けることは今の湘北には許されない。果たして挽回することはできるのか!?
第6話 流川vs赤木・本物対決!
スラムダンク 第6話 流川vs赤木・本物対決! 湘北バスケ部は、安西監督から県でベスト4の強豪・陵南との練習試合を告げられた。安西は練習試合に先駆け、一年生vs上級生との模擬試合を指示。まだビギナーな花道を除き、流川が注目される一年生チームと、赤木率いる上級生チームの試合開始!
第4話 バスケットマン花道入部!
スラムダンク 第4話 バスケットマン花道入部! 花道の入部を認めない赤木は、まともに取り合おうとしない。そこで、赤木に気に入られようと、自らがつけたアダ名「ゴリ」にちなんで、バナナをひとケースまるごとと、大量のグラビア写真を送りつける花道。次いで洋平たちを巻き込んで部室を隅々まで掃除するが、赤木はOKを出す気配がなかった......。
第9話 オレはバスケットをやる!
スラムダンク 第9話 オレはバスケットをやる! 柔道場で主将の青田と対峙していた花道は、晴子の写真をエサに柔道部への勧誘を受けていた。晴子ファンとしては写真を手放すのは惜しいが、それ以上に花道を入部させて全国制覇を実現したい青田。しかし花道は「晴子さんの写真は欲しいが入部するつもりはない」とキッパリ断る。青田はついに実力行使に出るが......。
第10話 庶民のシュートはむずかしい
スラムダンク 第10話 庶民のシュートはむずかしい バスケットの魅力を実感し本格的に打ち込むようになった花道。赤木は、シュートの基本「レイアップシュート」の練習を花道にさせたいと安西に提案するのだった。しかしスラムダンクがすべての花道にとってシュートの基本「レイアップシュート」は「庶民のシュート」にすぎず、まったく興味を示さない......。
第12話 倒せ陵南! 決戦前夜の猛特訓
スラムダンク 第12話 倒せ陵南! 決戦前夜の猛特訓 花道がひとり練習していた体育館に現れた男、それは陵南の彦一だった。湘北の様子を探りに来たが、花道のペースにはめられて逆に陵南のキャプテン・魚住とエース・仙道のことをもらしてしまう。 陵南との練習試合を明日に控え、バスケ部は熱の入った練習をしていた。赤木は花道を呼び止め、体育館に残るよう言い渡す。
第21話 スーパー問題児! 花道VS宮城
スラムダンク 第21話 スーパー問題児! 花道VS宮城 大楠や洋平たちが一触即発の状態で睨みあった男はバスケ部の2年生・宮城リョータだった。彼は3年生の三井寿率いる不良グループとケンカしてずっと入院していたのだ。リョータはやはり退院したばかりの三井に再びからまれるが、それよりも片思いの彩子が花道と付き合っていると勘違いして気が気ではない。
第24話 正義の味方・花道軍団参上!
スラムダンク 第24話 正義の味方・花道軍団参上! 三井たちに怒りを堪えきれない流川。リョータも彩子に手を出した三井の手下に殴りかかる。偶然その様子を目撃した女子生徒が騒ぎ始め教師たちまで外に駆けつけるなど、内も外もピンチのバスケ部。花道がついに動いたこともあり、最悪の状況に陥ることは目に見えていた。だが、そこで思わぬ助っ人が参上した......!
第26話 三井寿15歳の悩み
スラムダンク 第26話 三井寿15歳の悩み 木暮の告白から、三井がかつてバスケ部員だったことを知る花道たち。三井は入部早々に足を負傷し、入院したのだった。木暮に、湘北に来た理由を語る三井。諦めそうになった試合で安西に励まされたため、恩返しのつもりで湘北に進学したのだ。三井はまだ怪我のことをさほど心配しておらず、復活を信じていたのだが......。
第32話 天才花道! 必殺ダンク
スラムダンク 第32話 天才花道! 必殺ダンク 花道のファウル誘発に成功した内藤。花道が潰すだけの戦力に達していないこともあり、流川にターゲットを移す。だが流川にとって、バスケ歴1年の内藤など眼中になかった。すでに流川は内藤の弱点を見切っていた。流川のプレーから赤木・三井・リョータの3人もそのことに気付き、湘北は反撃に出る。そして花道は......。
第64話 本領発揮! 王者・海南
スラムダンク 第64話 本領発揮! 王者・海南 仙道の活躍でリードする陵南は、10点差で後半に挑んだ。20得点を上げた福田が次第に騒がれ始める。彼はバスケ部員だったのだが、叱って育てようと考えた田岡に手を出したため学校側から無期限の部活禁止を言い渡されていたのだった。そんな遅れてきたルーキーの活躍もあり、ヒートアップする試合だったが......。
第67話 最終決戦!湘北VS陵南
スラムダンク 第67話 最終決戦!湘北VS陵南 ついに運命の陵南戦の日がやって来た。ベストコンディションの陵南に対し、湘北は監督不在の状況。ついに開始される前半戦。互いに火花を散らす中、リキんだ花道がしてしまったファウルで、まずは陵南が先取点。しかし花道がとられたバスケットインターフェアは、通常の高校レベルでは出ないはずのファウルだった。
第50話 王者への挑戦
スラムダンク 第50話 王者への挑戦 決勝リーグ出場の湘北・海南・陵南・武里の4校から全国に行けるのはたったの2校。湘北の初戦の相手は海南で、花道たちにも闘志がみなぎる。彦一の姉で「週刊バスケットボール」の記者・弥生が注目する中、早くも激しい火花を散らせる両者。試合が開始されると、とても高校生とは思えない、スーパープレーの連続だった。
第85話 あらたなる挑戦!全国制覇
スラムダンク 第85話 あらたなる挑戦!全国制覇 県大会準優勝、そして全国大会出場という快挙に湘北高校全体が騒然となっていた。特にレギュラーメンバーの注目度は高く、放送部のやり手レポーター・2年の河合マリは最高人気の流川に目をつける。しかし特番の取材を申し込んでも彼の態度はそっけなく、部員の取材をしようにも「練習の邪魔だ」と赤木にシャットアウトされてしまった。あくまでも勝利や注目に浮かれることなく気を引き締めるバスケ部。その中でも流川は、いつも以上のストイックさで練習に打ち込んでいた。まるで全国大会以外の思いを胸に秘めたような流川の態度に、木暮だけは違和感を覚える。
第91話 全国が危ない!
スラムダンク 第91話 全国が危ない! 湘北バスケ部は意外な形でピンチを迎えていた。湘北高校は規則で「赤点を4つ取ったらインターハイ出場は認めない」と定めており、花道・流川・三井・リョータの4人がそれに該当してしまったのだ。しかし赤木が必死の思いで教師に懇願したため、追試という救済措置が取られる。赤木は4人を自宅に合宿させると、晴子と彩子の手伝いを借りて補習勉強を実施。明け方まで頑張らせるのだった。その努力が実り、翌日の追試ではなんとか全員が合格する。これで心おきなくインターハイに向けての練習に取り組むことができるのだった。
第94話 静岡の激闘!湘北vs常誠
スラムダンク 第94話 静岡の激闘!湘北vs常誠 花道が2万本のシュート練習に励んでいる頃、静岡に合同合宿で訪れていた赤木たちは、常誠高校でバスケ部員と練習試合をしていた。静岡ではナンバーワン、全国でもベスト8の常誠は気を抜くことができない強敵であることに間違いはない。最初は気が緩んでいた流川も次第にエンジンがかかり、一気に点差を埋めにかかる。特に「負けたら花道に笑われる」という赤木の発破に触発されたこともあって、湘北は常誠も驚くほどの巻き返しを見せるのだった。結果、73対72の僅か一点差で湘北は勝利を収め、常誠は次こそは勝利すると闘志を燃やす。
第97話 熱き思い・魚住再び!
スラムダンク 第97話 熱き思い・魚住再び! 合宿の成果を早く赤木たちに自慢したかった花道は、しつこく練習試合を提案していた。そこへ翔陽の藤真・花形・長谷川が、街で偶然会ったという彦一と共に激励にやって来る。ここで悪巧みを巡らせた花道は、藤真たちに練習試合を提案。彦一が残りのメンバー集めを始めたため、赤木もOKを出さざるを得なくなる。まず彦一が陵南の池上をつかまえたものの、魚住はバスケには未練はないと断り、仙道は弥生が探しに回っているが見つかる保証はない。仕方なく、翔陽の藤真・花形・長谷川、陵南の池上のチームに花道が加わろうとするが、試合開始直前で魚住が登場。花道はベンチに入れられてしまう。
第4話 小学生は最高ぽよ!
ぱすてるメモリーズ 第4話 小学生は最高ぽよ! またしても摩耶たちによって、作品世界がウイルスに破壊されてしまった。ウイルス退治に作品世界へ向かった、小町・怜・沙織とねじウサたちは、小学生のバスケット少女と出会う。「ちっちゃくて、かわいい女の子が許せない」摩耶は、ウイルスたちと、小町・怜・沙織のバスケット勝負を持ち掛ける!はたして小学生を守ることはできるのか?