「森川智之 ジョジョ」の検索結果

「森川智之 ジョジョ」に関する情報は見つかりませんでした。
「森川智之」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第二話 『地球ロボット・オズマ』
超可動ガール1/6 第二話 『地球ロボット・オズマ』 ノーナに続き、アニメのなかで彼女のサポート役だった オズマのフィギュアまでもが動き出してしまう。いった い、なぜ……!? そんななか、自分がフィギュアである と知ってしまったノーナは――。
第八話 『ストライキングフィスト』
超可動ガール1/6 第八話 『ストライキングフィスト』 冠の企みで、『ストライキングフィストIII』の世界に 囚われてしまった春人。ノーナ、ベルノア、すばるの三 人は彼を救出に向かうが、そこには強大な敵が待ち構え ていた――!
第十二話『君の宇宙を見せて』
超可動ガール1/6 第十二話『君の宇宙を見せて』 クサビの力を使い、アニメ『少女→惑星探査』の最終回 の世界へと向かったノーナ。それは、春人たちとの別れ を意味していた。そして、それを知った春人は――。
第三話 『今日知ったことは明日覆る』『ふたりのクリスマス』
超可動ガール1/6 第三話 『今日知ったことは明日覆る』『ふたりのクリスマス』 動くフィギュアの存在あっさりと受け入れたかに見えた、 春人の妹・ミコト。しかし、彼女は謎を解くためにノー ナに迫るのだった。一方、春人は昔からのオタク友達で ある冠成次郎とオタク談義に花を咲かせるが――。
第四話 『勇者ベルノア』
超可動ガール1/6 第四話 『勇者ベルノア』 春人とノーナの前に現れた第二の動くフィギュア・ベル ノア。RPG『ドラグリウスサーガ』の主人公であり戦 闘マニアの彼女は、いくら説明しても現実を受け入れら れない。さらにはノーナの隠された力までが発動し――。
第五話 『ドラグリウスサーガ』
超可動ガール1/6 第五話 『ドラグリウスサーガ』 新たな動くフィギュア・クサビの不思議な力で『ドラグ リウスサーガ』の世界に入り込んでしまった春人。勇者 であるベルノアと共に竜魔王を倒すための旅に出るが、 彼女は深い悩みを抱えていたのだった――。
第六話 『ラブしても ラブしても』
超可動ガール1/6 第六話 『ラブしても ラブしても』 『ドラグリウスサーガ』の世界から、なんとか帰還した 春人たち。しかし、その冒険のなかでベルノアは春人に 好意を抱いてしまっていた。正妻を自称するノーナとベ ルノア、ふたりの愛を賭けた戦いが始まる……!
第七話 『ナイショはヒミツにしておいて』
超可動ガール1/6 第七話 『ナイショはヒミツにしておいて』 動くフィギュアの謎を解明すべくやって来た冠成次郎。 しかし、春人は協力を拒んでしまう。そんな彼の前に現 れたのは、第四の動くフィギュア・すばる。格闘ゲーム 『ストライキングフィストIII』のキャラクターだった。
第九話『死ぬまで愛して ウソまで愛して』
超可動ガール1/6 第九話『死ぬまで愛して ウソまで愛して』 次第にベルノアやすばるとの仲を深めていく春人。そん ななか、不吉な夢を見てしまったノーナは、春人との将 来が心配になってしまう。そのため、どうにかして春人 の気を引こうとするが――。
第十話『別天地! フィギュアと泊まれる温泉宿』
超可動ガール1/6 第十話『別天地! フィギュアと泊まれる温泉宿』 冠からの招待で、温泉宿にやって来た春人とノーナたち。 だが、くつろいでいた彼らの前に新たな動くフィギュア ・比等間ルウが現れ、闘いを挑んで来る。ノーナはDP システムを開放して対抗するが――。
第十一話『惑星探査機(ちゅうひこうし)の歌』
超可動ガール1/6 第十一話『惑星探査機(ちゅうひこうし)の歌』 自分のルーツを知るために、アニメ『少女→惑星探査』 の最終回を観る春人とノーナたち。そこに映し出された 物語を見たノーナは、ある決断をする。一方、春人の部 屋を訪れた冠は、驚くべき事実を語るのだった――。
第2話 鮮烈デビュー!
メジャー 第6シリーズ 第2話 鮮烈デビュー! いよいよメジャーが開幕! 吾郎はホーネッツの開幕第3戦の先発として初登板を果たす。 ついにメジャーのマウンドに立った感慨とともに、さらに頂点を目指す決意をする吾郎は序盤から落ち着いた態度で快調なピッチング。 やがて「メジャー初先発でノーヒットノーラン」という史上初の記録を意識し始めるが…。
第3話 逃げ場なきピンチ
メジャー 第6シリーズ 第3話 逃げ場なきピンチ メジャーデビュー戦、ノーヒットのまま7回途中で自らマウンドを降りた吾郎。だが大河は「あの先輩が?」と釈然としない。 2回目の先発の日、試合前のピッチング練習での吾郎はいつもどおりの様子。だが、それを見ていたワッツは「もしかしたら吾郎は『イップス』になっているのでは?」という疑いを抱くのだった。
第5話 治療の成果
メジャー 第6シリーズ 第5話 治療の成果 オリバーの家で目覚めた吾郎が見せられたDVDには、自分が試合でノックアウトされた場面ばかりが映っていた。 「イップスは、まずそれを認めて向き合うことから始めない限り、治らない」と諭すオリバー。 吾郎はオリバーのもと、イップスを克服するための治療を始めるが、原因がどうもはっきりしないのだった…。
第6話 プロの資質
メジャー 第6シリーズ 第6話 プロの資質 シルヴァに打たれたものの、自分自身を落ち着かせて後続を断った吾郎。だがカーター監督に「交代していい」と言われると、素直にマウンドを降りる。打たれた悔しさも抑えた喜びも感じられない自分に驚く吾郎。 そんな中、アリスからメジャー再昇格が決まったと告げられ、吾郎はひとりオリバーの元へと向かう…。
第7話 ルーキーの苦悩
メジャー 第6シリーズ 第7話 ルーキーの苦悩 以前のように野球に対する情熱を持てないままマウンドに上がる吾郎。 そんな吾郎に『プロになった以上、お前の投げるボールはお前ひとりのものではない』と告げる茂野。 一方、スランプに陥り思うようなバッティングができなくなったギブソンJr.は、アドバイスを求め、意を決して父の元を訪ねるのだった。
第8話 電撃復帰
メジャー 第6シリーズ 第8話 電撃復帰 ギブソンのメジャー復帰会見に衝撃をうける吾郎。 自分やジュニアのために無理しているのなら止めて欲しいと思う吾郎に、ギブソンは「お前らは何も分かっちゃいない!」と言い放つ! だが、復帰後最初の試合で吾郎と投げ合うことになったギブソンは球威も制球力も無く、ホーネッツ打線の連打を浴びてしまうのだった。
第12話 暗黙のルール
メジャー 第6シリーズ 第12話 暗黙のルール 快進撃が続き、首位コヨーテスと2ゲーム差に迫ったホーネッツ。そんな中、「荒くれマードック」と呼ばれる問題児がトレードで加入。チームの皆が恐れる中、キーンやワッツは冷静。吾郎は、「自分も問題児扱いされたから」と気にしない。 だがチームに合流した翌日、マードックはいきなり自分勝手で危険なプレーを見せる。
第16話 断固たる意志
メジャー 第6シリーズ 第16話 断固たる意志 連勝と連敗を繰り返す不安定なホーネッツ。キーンはワッツが自分に投げかけた言葉の意味を考え始め、一方のステーシー監督は、オーナー・ランスの介入に毅然とした態度を示す。 連敗脱出をかけて吾郎が先発したブラウンズ戦では、吾郎が自信を持って投げたボールが、ことごとくボールと判定されてしまい…。
第25話 未来へ
メジャー 第6シリーズ 第25話 未来へ ソフィアの厳しい管理のもとでリハビリを続けた吾郎に、ようやく日本への帰国許可が出た。来年こそワールドチャンピオンになると誓い、アメリカを去る吾郎。 帰国当日、さっそく吾郎に会いたいと自宅を訪ねた清水であったが、吾郎にも隠して日本へやって来たソフィアの姿を目の前にして動転してしまい…。
第8話 デビュー!
メジャー 第4シリーズ 第8話 デビュー! 3Aチーム、メンフィス・バッツへの入団が決まった吾郎は、アリスの説得で先発へのこだわりを捨てクローザーとしてオープン戦に登板する。そのころ、日本ではドラフト1位でウォリアーズに入団した佐藤寿也が、即戦力としてチーム首脳の期待を受け、早くも紅白戦の先発キャッチャーとして出場するが…。
第9話 挑戦者
メジャー 第4シリーズ 第9話 挑戦者 寿也は紅白戦のふがいないプレーで、矢田部に「お前はプロじゃねぇ!」と言われてしまう。より厳しいトレーニングを自分に課しつつも、プロとしてやっていく自信をなくしかけていた寿也に、対ジャッカルズのオープン戦に先発出場の声がかかる。ジャッカルズの先発には、海堂高校のチームメイトだった薬師寺がいた。
第10話 無理じゃねえ
メジャー 第4シリーズ 第10話 無理じゃねえ オープン戦の終盤、快調に登板を重ねていく吾郎。英語もずいぶん上達している。そのころ日本では、高校の卒業式が…。海堂高校では、寿也たちプロへ進んだ選手がマスコミの注目を浴びる一方、吾郎不在の聖秀高校では、清水がソフト部の後輩たちに送られ、野球部では大河が田代や藤井たちを送り出しそれぞれの道へ…。
第11話 狙ってみるか
メジャー 第4シリーズ 第11話 狙ってみるか トリプルAでリーグ優勝を目指し、仲間の意識改革を決意した吾郎だが、負け続きで、チームは最下位。監督もチームの現状に危機感がなく、賛同者のサンダースがどんなに言っても効き目無し。そんなある日のバイパース戦、9回同点のチャンスを、ケロッグやバトラーのミスがつぶしてしまう。それを見ていた吾郎は…。
第12話 嘘つき!
メジャー 第4シリーズ 第12話 嘘つき! メンフィス・バッツは遠征12連戦で9勝3敗で東地区2位に。吾郎とサンダースが始めた意識改革も、選手たちに伝わりはじめた。同じころ日本では、小森が大学の野球部で練習に汗を流していた。だが、1年生の小森は球拾いばかり。ただ、155キロの速球で昨夏の甲子園をわかせたピッチャー・武内は別格の扱いだった…。
第13話 バカな賭け
メジャー 第4シリーズ 第13話 バカな賭け メンフィス・バッツは東地区首位となり、吾郎も19セーブを記録。日本でそのニュースを知った寿也は、監督に呼ばれ、初のスタメンを命じられる。このチャンスに、闘志を燃やす寿也。いよいよ首位攻防のロケッツ戦。試合前のバッツ選手陣に、カーター監督が紹介したその選手、ジェフ・キーンはなんと…!
第14話 キーンの過去
メジャー 第4シリーズ 第14話 キーンの過去 キーンとの賭けに敗れた吾郎。思いは複雑だが、キーンのリードでチームが勝っているので、何もいえない。次のバイパース戦、先発のケサダは、前回の対戦でホームランをあびた敵の4番に、今度は抑える、と燃えていたが、キーンは敬遠を指示し、冷徹に「プライドを捨てろ」といい放つ…。
第15話 ヒーロー
メジャー 第4シリーズ 第15話 ヒーロー キーンのリードの効果もあり、好調が続くバッツ。ただひとりサンダースだけは、出番がなくなってしまっていた。そんなある日、キーンが自打球を足に当ててしまい、久しぶりにサンダースが先発出場することに。だが、バッティングは散々な結果、さらに守備でも一瞬の迷いから、サヨナラ負けの原因を作ってしまう。
第16話 ムカつく!
メジャー 第4シリーズ 第16話 ムカつく! 夏の高校野球大会の季節。キャプテン・清水大河がひきいる聖秀高校野球部は、1回戦を突破していた。 2回戦の相手は、かつて吾郎たちが練習試合を戦った、強豪・帝仁高校。だが、試合はあさってだというのに、エース・渋谷をはじめとする1年生部員たちが、ランニングから戻ってこない…。
第17話 目指すべきもの
メジャー 第4シリーズ 第17話 目指すべきもの サンチェスから言われた「力」を身につけるため、ずっと練習を続けてきた吾郎。だが、なかなか成果はあがらず、特に最近は、救援に失敗してばかり。夜遅くまで練習を続けている吾郎を見て、気分転換にと、ドライブに誘うロイとケロッグ。そのころ日本では、ソフトボールひと筋の生活を送っていた清水を友人が誘い出し…。