「横浜 事件 速報」の検索結果

今すぐ視聴する

死刑判決の植松被告の弁護人が控訴 相模原殺傷事件
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 死刑判決の植松被告の弁護人が控訴 相模原殺傷事件  死刑判決を不服として植松聖被告(30)の弁護人が控訴しました。  植松被告は2016年、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人を殺害した罪などに問われ、今月16日に横浜地裁で死刑判決を言い渡されました。横浜地裁によりますと、27日に植松被告の弁護人が死刑判決を不服として控訴したということです。植松被告は13日、ANNの接見取材に対して「どんな判決が出ても控訴しない」「弁護士が控訴しても取り下げる」と話していました。
「黒のセダンが走り去った」ひき逃げで男性が死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「黒のセダンが走り去った」ひき逃げで男性が死亡  24日未明、横浜市の路上で男性が倒れているのが見つかり、まもなく死亡しました。警察は死亡ひき逃げ事件として調べています。  午前1時半ごろ、横浜市南区の県道で「ドンという音を聞いて見てみると男性が倒れていた」と近くにいた男性から119番通報がありました。救急隊などが駆け付けたところ、路上には近くに住む会社員の大川優太さん(31)が倒れていました。大川さんは全身を強く打っていて、まもなく死亡しました。警察によりますと、当時、現場を走行していた車の運転手が「黒のセダンが現場から走り去った」と話しているということです。警察は黒いセダンタイプの車が大川さんをはねて現場から逃走したとみて、行方を捜査しています。

おすすめの作品

最終話
無料
ケイジとケンジ 所轄と地検の24時 最終話 【毎週木曜 よる9時00分放送】 横浜桜木署管内で、激しい暴行を受けた身元不明の遺体が見つかった! 遺体の胸元にある火傷の痕を見た桜木署の刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、犯人が身元を隠ぺいするためタトゥーを消そうとしたのだと推測。これを重要視した横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、「3人組の犯人を見た」という第一発見者の証言と照らし合わせ、ある仮説を立てる。その目の付けどころを部長検事・樫村武男(柳葉敏郎)は評価。修平にこの事件を担当させることにする。 まもなく豪太は、先だって決闘罪で送検した男たちの一人・澤登大介(木村龍)から重要な証言を引き出す。なんと殺された男は半グレ集団「ベイシャークス」の幹部で、その集団のリーダーこそは…桜木署が児童虐待容疑で追っている男・久我山勝也(桐山漣)だったのだ!
Episode20 横浜騒乱編Ⅱ
無料
魔法科高校の劣等生 Episode20 横浜騒乱編Ⅱ 達也の自宅にハッキングが仕掛けられた。達也は魔法コンペの研究が狙われているのではと警戒。摩利もまた、論文が産学スパイの標的になることを懸念し、鈴音たちに警備をつけることに。達也たちの予測は的中し、彼らを尾行する者や、奇妙な術式で校内に探りを入れる者たちが現れる。同じころ、エリカの兄・千葉寿和は横浜や横須賀で起きた密入国事件を調査していた。その過程で、思いがけない人物から協力を要請される。
Episode23 横浜騒乱編Ⅴ
無料
魔法科高校の劣等生 Episode23 横浜騒乱編Ⅴ 呂をはじめ、大亜連合のスパイたちが捕らえられたことで事件は解決したかに思われた。それでも、エリカたちは論文コンペの警備を達也に申し出て、事件の調査にあたった独立魔装大隊少尉・藤林もまた寿和に警戒を促す。それぞれの思惑が錯綜する中、ついに論文コンペ開催の日がやってきた。一高の発表が始まる中、全国から集まった魔法関係者、そして魔法協会関東支部を狙い、大亜連合の特殊工作部隊が作戦を開始する。
Episode18 九校戦Ⅺ
無料
魔法科高校の劣等生 Episode18 九校戦Ⅺ 深雪がミラージ・バットで優勝したことで、最終日を待たずして一高の総合優勝が確定する。真由美たちが一足早く勝利を祝う一方で、達也は横浜市内へと向かっていた。行き先は一連の事件を引き起こした国際犯罪シンジケート・無頭竜の拠点。日常では決して表に出すことのない能力を使い、深雪に危害を与えようとした幹部たちを消し去る。そして迎えた九校戦最終日。最後の種目、モノリス・コード本戦決勝トーナメントが開催される。
Episode21 横浜騒乱編Ⅲ
無料
魔法科高校の劣等生 Episode21 横浜騒乱編Ⅲ 論文コンペの準備が進む中、紗耶香が実験機の傍にいる不審な少女を発見。エリカたちの協力を受け、その少女・平河千秋を捕まえた。花音が事情を聞いたところ、千秋の動機は八つ当たりともいえる達也個人への恨みだった。パスワードブレイカーという違法の品を持っていたことから、黒幕の存在は明らかであったが、達也は想定の範囲と意に介さない。一方、千秋の事件がおとりだと察したエリカは、レオとともに独自に動き出す。
横浜港のクルーズ船 消毒・検疫が終了し出港
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 横浜港のクルーズ船 消毒・検疫が終了し出港  船内で新型コロナウイルスの感染が拡大し、先月4日から横浜港の大黒ふ頭に停泊していた大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が今月25日午後2時すぎに出港しました。  横浜市などによりますと、船では乗客乗員が全員、下船した後に続けられていた消毒作業が終わり、25日の午前中に検疫も終わったということです。行き先など詳しいことは明らかになっていません。ダイヤモンド・プリンセスを巡っては船内で感染が拡大して712人が陽性となり、10人が死亡しました。
休校続く横浜市の小学校 健康維持のため校庭開放
最新の社会ニュース【随時更新】 休校続く横浜市の小学校 健康維持のため校庭開放  休校が続く横浜市の公立小学校では児童の運動の機会を確保するため、校庭が開放されています。  校庭で遊ぶ児童:「(休校が続くと)ストレスはたまっちゃう。久しぶりに校庭使えて楽しかった」「友達と会えてうれしい」  横浜市では臨時休校による長期間の自宅待機で児童の運動の機会が減ることから、健康維持を目的に公立小学校の校庭の開放が始まっています。準備が整った小学校から行われていて、18日は192校が開放されています。校庭で遊ぶ前に手を消毒するなどの対策が取られているということです。
横浜市 短縮授業や時差通学で4月8日に公立学校再開
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 横浜市 短縮授業や時差通学で4月8日に公立学校再開  新学期は短縮授業や時差通学で学校を再開します。  横浜市は、市内の公立学校について来月8日から新学期の授業を再開すると発表しました。小中学校については教室に児童や生徒が集まる時間をできるだけ短くするため、4時間目までの短縮授業にするということです。児童・生徒は給食や弁当を食べてから下校することになります。また、高校では電車などのラッシュ時間を避けて2時間目からの時差通学を実施します。5月以降の対応は改めて判断するとしています。
船が通れぬ一大事!新設の橋めぐり港ヨコハマ大騒動
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 船が通れぬ一大事!新設の橋めぐり港ヨコハマ大騒動  横浜港で観光客向けに設置される歩行者用の橋が、思わぬ事態になっていました。  横浜市みなとみらい地区。海沿いに長さ70メートル以上の歩行者用の橋が建設中です。その名も「女神橋」。しかし、その名前とは裏腹に少々、困った事態に。水面から橋桁までの高さが低く、一部の船が海へ出られなくなってしまったのです。  ちなみに、女神橋から約130メートル離れた場所にある国際橋。この国際橋に比べて新しくできる女神橋は高さが、約60センチ低いそうです。  それにしても、なぜ新しく設置される女神橋は60センチ低く設計されたのでしょうか。横浜市港湾局によりますと、桁下3.5メートルとしている国際橋に合わせて女神橋も同じ3.5メートルで設計したそうです。国際橋の橋の方は表示通り3.5メートルですが、船がよく通る真ん中付近は実は4.2メートルあります。そのため、船会社はその真ん中の高さに合わせてを導入していました。しかし、新しくできた女神橋は真ん中付近も3.6メートルで設計されました。結果、国際橋よりも60センチ低い状態となり、通れない船が出てきたのです。今年7月に完成予定の女神橋。横浜市は女神橋の建設を予定通り進め、観光船の運航会社とは個別で話をしていく方針です。
「どんな判決も控訴しない」 植松被告の死刑確定へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「どんな判決も控訴しない」 植松被告の死刑確定へ  自ら控訴を取り下げ、死刑判決が確定することになります。  植松聖被告(30)は2016年、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人を殺害した罪などに問われ、16日に横浜地裁で死刑判決を言い渡されました。27日、植松被告の弁護人が死刑判決を不服として控訴していました。横浜地裁によりますと、植松被告は30日午後、自ら控訴を取り下げました。これで死刑判決が確定することになります。植松被告は13日のANNの接見取材に対し、「どんな判決が出ても控訴しない」と話していました。