「横浜市 事故 速報」の検索結果

「横浜市 事故 速報」に関する情報は見つかりませんでした。
「横浜市 速報」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

消防士原作の防災絵本 自ら子どもに読み聞かせ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 消防士原作の防災絵本 自ら子どもに読み聞かせ  空気が乾燥して火事が多くなる冬を迎え、横浜市消防局は現役の消防士が書いた絵本を子どもたちに朗読して火災予防を呼び掛けました。  横浜市消防局の現役消防士による原作の絵本「みんな森の仲間とオオカミのサイレン」は、子どもでも分かりやすく火災予防を学べるように書かれています。1日に横浜市で行われた防災イベントでは、市の消防局音楽隊の男性隊員が演奏に合わせて集まった子どもたちに絵本を読み聞かせました。また、会場には防災マップを作るコーナーが設けられたり、災害現場で働く消防車などが展示されたり、親子が一緒に火災予防などを学んでいました。
コインランドリー現金窃盗 15件繰り返し犯行か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 コインランドリー現金窃盗 15件繰り返し犯行か  横浜市のコインランドリーから現金が盗まれた事件で、逮捕された男は他のコインランドリーでも約15件の窃盗を繰り返していたとみられることが分かりました。  無職の青木一晃容疑者(43)は9月、横浜市西区のコインランドリー「ピエロ」で、両替機をバールなどでこじ開けて現金約23万円を盗んだ疑いが持たれています。取り調べに対して容疑を認めています。その後の警察への取材で、現場の遺留物や防犯カメラの映像などから、青木容疑者が他の店でも盗みを繰り返していた可能性があることが分かりました。警察は今年1月以降、神奈川県内で相次いでいる同じチェーン店などで発生した約15件の窃盗事件にも関与したとみて調べています。
売れ行き好調な安眠グッズ 温泉施設では“快眠食”
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 売れ行き好調な安眠グッズ 温泉施設では“快眠食”  快眠にこだわった温泉施設が横浜市に登場します。また、都内の雑貨店では130種類もの安眠グッズを取りそろえるコーナーが人気なんです。  多くの人が抱えている睡眠の悩み。解消したいという人は多いようです。都内の雑貨店にずらりと並べられた安眠グッズ。売り上げは好調だといいます。  渋谷ロフト健康雑貨チーフ・渡邉和恵さん:「年々、人気が出ておりまして、前年の190%を超える人気ぶり」  そんな安眠グッズは約130種類。なかでも人気なのが、お休み中、顔や首などを温め、乾燥から守ってくれるというマスクです。寒いこの時期にはピッタリ。  今、睡眠を取るためのビジネスが広がりを見せています。横浜市にある温泉施設では、仮眠に特化したエリアを新設しました。体にフィットするというソファ。寝心地は抜群のようです。こちらで快眠食として勧めているのがチゲ鍋うどんです。  港北天然温泉ゆったりCOco・中田珠美マネージャー:「まずはお食事で体の中を温めて、温泉で外から温めて睡眠、リフレッシュ、心身ともに健康になって頂きたい」
土地の所有者になりすまして売却か 69歳の男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 土地の所有者になりすまして売却か 69歳の男逮捕  横浜市都筑区にある土地の所有者になりすまして土地を売却し、約1億円をだまし取ったとして69歳の男が逮捕されました。  無職の倉石健一容疑者は2013年12月、60代男性が所有する都筑区にある250坪の土地を無断で売却し、1億2300万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、倉石容疑者は東京・大田区にある不動産会社に対し、偽造の印鑑登録証明書や運転免許証を提出して土地所有者であると信じ込ませていました。取り調べに対し、倉石容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。
絶対断らない…評判の病児保育室が閉鎖 嘆く利用者
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 絶対断らない…評判の病児保育室が閉鎖 嘆く利用者  病気の子どもを100人規模で預かってくれる“絶対に断らない”と評判だった保育室が13日、閉鎖しました。保育の現場で今、何が起きているのでしょうか。  13日も朝から多くの親子が詰め掛けたのは「病児保育室」です。病児保育とは、風邪やインフルエンザなど、突然の病気でいつも通っている保育園に預けられなくなった子どもを一時的に預かってくれる保育体制のことです。しかし、従来の病児保育の印象は…。  横浜市在住の母親(30代):「(Q.従来の病児保育の印象は?)争奪戦なんですよ。結局、早いもの勝ちの10人待ちとかで」  そんな予約が取れないイメージを覆すのが、横浜市にある東海キッズケアです。なんと100人規模を誇る大型の病児保育で、これまで一度も受け入れを断ったことがないといいます。ところが13日、わずか2年ちょっとで閉室に追い込まれてしまいました。実際、大型ならではの良さが詰まった画期的な施設でした。  夫婦共働きだという山中さんは、碧君がインフルエンザにかかり、この日、病児保育室を利用。ここは、同じ地域にある認可の施設よりも1時間半も早い午前7時から利用できるうえ、小児科を併設しているため、遅刻せずに出勤が可能です。まさに、子育て世代の「駆け込み寺」のような施設です。なぜ、閉室となるのでしょうか。  東海キッズケアを運営する岡田眼科・岡田栄一院長:「年間、約1億円赤字を出していた」  そもそも、いつ子どもが病気になるのか分かるはずもなく、月々の利用者数は大きく変動。それでも、常時約…
12月なのに「土砂降り」 道路冠水しバイク受難
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 12月なのに「土砂降り」 道路冠水しバイク受難  関東では、12月としては異例の激しい雨となりました。  2日正午ごろの横浜市内。雨が強まった影響でしょうか、マンホールから勢いよく水が噴き出しています。1時間に45ミリの激しい雨が降った神奈川県藤沢市では道路が冠水し、バイクを押して進む人がいます。この雨の影響でしょうか、イチョウの葉も落ちてしまい、雨水と一緒に流れてしまっています。  2日、関東では暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で関東南部に雨雲が発達しました。12月に入ったにもかかわらず、神奈川の一部地域で大雨警報が発表されました。この大雨で箱根で33.5ミリ、辻堂で35.5ミリと12月の1時間雨量で観測史上、最大を記録しました。3日以降は晴れの天気が続く見込みです。
ランドリー連続襲撃犯か 工具類や偽造ナンバー押収
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ランドリー連続襲撃犯か 工具類や偽造ナンバー押収  電動ドリルやバール、そして、複数のナンバープレートなどが押収されました。逮捕された男の自宅で見つかった数々の道具。コインランドリーを襲うのに使っていたとみられています。  周囲に飛び散る火花。力ずくで破壊される精算機。手にしたバール。顔を覆うマスク。コインランドリーを標的とした窃盗事件が相次いでいます。犯行の多くは電動カッターやバールを使い精算機のカバーを力ずくで破壊し、内部の現金を奪うという手口です。一見、メンテナンスのようにも見えるのか、利用客も気にする様子はありません。  4日、逮捕されたのは青木一晃容疑者(43)。今年9月、横浜市内にあるコインランドリーで精算機を破壊し、現金約23万円を盗んだ疑いが持たれています。逮捕の際、乗っていた車からは偽造ナンバーやバールなどの工具が見つかっています。狙われたのはコインランドリーチェーンの「ピエロ」。警察によりますと、青木容疑者は1人で犯行に及んだとみられ、これまで明らかになっているコインランドリー連続窃盗事件に関与していたのかどうかは分かっていません。調べに対して、青木容疑者は「コインランドリーで盗んだことは間違いない。ただ、金額はもっと少なかった」と答えています。

おすすめの作品

大津園児死傷事故 右折車の女に禁固5年6カ月求刑
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大津園児死傷事故 右折車の女に禁固5年6カ月求刑  大津市で保育園児ら16人が死傷した事故を引き起こしたとされる女の裁判で、検察官は禁錮5年6カ月を求刑しました。  新立文子被告は今年5月に大津市の交差点で衝突事故を起こし、相手の車を散歩中の園児らの列に突っ込ませ、16人を死傷させたとして過失運転致死傷などの罪に問われていました。
大雪の北海道 衝突後、建物に突っ込む事故相次ぐ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大雪の北海道 衝突後、建物に突っ込む事故相次ぐ  大雪に見舞われている北海道では4日朝から車の事故が相次いでいます。  午前6時半ごろ、江別市の道道で同じ方向に走っていたワンボックスカーとトラックが衝突し、そのはずみでトラックが歯科医院に突っ込みました。車の運転手がそれぞれ軽いけがをしました。一方、札幌市北区でも午前8時ごろに乗用車2台が正面衝突する事故があり、一方の車が住宅に突っ込みました。この事故でも、双方の車を運転していた男性2人が軽いけがをしました。
車はじき飛ばされ…7台絡む玉突き 日本人3人けが
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 車はじき飛ばされ…7台絡む玉突き 日本人3人けが  タイ北東部で4日にトラックや乗用車など7台が絡む玉突き事故があり、日本人3人が軽いけがをしました。事故の瞬間を車載カメラが捉えていました。  タイ北東部のノンカイ県で午前、玉突き事故を起こしたトラックの車載カメラの映像です。道路を直進するトラックは渋滞の列に突っ込み、前方の車に次々とぶつかっていきます。追突された車は左右にはじき飛ばされ、荷台からは荷物が飛び出しているのが分かります。現地メディアによりますと、この事故で6台の車が事故に巻き込まれ、そのうち1台の車に乗っていた日本人の男性3人が軽いけがをしたということです。現地警察はトラックの運転手の居眠りが原因とみて事故の詳しい状況を調べています。
止まらない…車50台次々衝突 吹雪で高速道路が凍結
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 止まらない…車50台次々衝突 吹雪で高速道路が凍結  高速道路で50台もの車を巻き込む玉突き事故です。  吹雪で視界が悪くなり、道路が凍結するなか、車が次々とスリップしていきます。アメリカ・アイオワ州で9日の朝、吹雪の影響で高速道路が凍結し、トラックや乗用車、約50台を巻き込む玉突き事故が発生しました。少なくとも1人が重傷を負いましたが、命に別状はないということです。この事故の影響で高速道路は数時間、通行止めとなりました。
高速道路に「冥土の使い」凍結路面で21台が次々と…
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 高速道路に「冥土の使い」凍結路面で21台が次々と…  高速道路の路面が凍り、自動車20台が次々とスリップしました。  高速道路を走る車のドライブレコーダーです。前方でスリップ事故が起きました。事故に巻き込まれた男性でしょうか。停止するよう手で合図をしています。ところが、事故に気付くのが遅れた車が走り込んできて間一髪、男性は飛びのきますが、そこへまた別の車が。  原因は、路面に薄い氷が張ったブラックアイスバーンでした。黒い路面との区別が難しく、凍っているように見えないことが事故が事故を呼び込む結果となっていました。現場は、橋の上で風が吹き付けるブラックアイスバーンが発生しやすい場所で、結局、この多重事故には、乗用車やトラックなど21台が巻き込まれ、5人が負傷したということです。韓国では、「道路の暗殺者」「冥土の使い」などと呼ばれるブラックアイスバーン。事故を防ぐためには十分な車間距離や急加速、急ブレーキを避けることなどが大切になります。
目の前に逆走する車が…関越道死亡事故直前の映像
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 目の前に逆走する車が…関越道死亡事故直前の映像  群馬県渋川市で関越自動車道を逆走した軽乗用車が乗用車と正面衝突して軽乗用車を運転していた80代の男性が死亡した事故で、事故直前の映像が入ってきました。  関越道の上り車線を走行していた車から撮影された映像には、下り車線を逆走する車が映っています。映像には「おじいさんだった…。皆よけてる」という声も入っています。事故があったのは、渋川市赤城町の関越道の下り車線です。消防などによりますと、1日午後2時半ごろに「逆走してきた軽乗用車が車とぶつかった」と目撃した女性から119番通報がありました。この事故で軽乗用車を運転していた80代の男性が心肺停止の状態で救出されましたが死亡、乗用車に乗っていた70代の男女がけがをしました。警察は、軽乗用車がどこから逆走してきたのかなど事故の状況を詳しく調べています。
交通事故を防ごう! 駒込警察署が体験型イベント
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 交通事故を防ごう! 駒込警察署が体験型イベント  年末にかけて増える子どもや高齢者が被害に遭う交通事故を防ごうと、東京・文京区で事故の衝撃を知ってもらう体験型のイベントが開かれました。  警視庁駒込警察署が開いたイベントには地元の小学生や高齢者らが参加しました。会場では時速5キロで衝突した際の衝撃を体験できるほか、警察官がパンフレットなどを配って小学生らに交通ルールを守るよう呼び掛けました。  警視庁駒込署・倉田葉子署長:「一人ひとりの方が交通ルールを守って、模範となるような行動をして頂けると交通安全指導が地域全体に広がっていくと思う」  駒込署の管内では2015年8月以降、死亡事故は起きていませんが、都内では例年、年末にかけて子どもや高齢者の交通事故が増えることから警視庁は交通事故の防止に向けて警戒を強めています。
大阪で車5台絡む事故 7歳女児死亡、9人重軽傷
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大阪で車5台絡む事故 7歳女児死亡、9人重軽傷  大阪府枚方市の交差点で車5台が関係する事故が起き、7歳の女の子が死亡して9人が重軽傷を負いました。  7日午後7時すぎ、枚方市の国道1号の交差点で信号待ちの車の列に普通自動車が追突し、合わせて5台が関係する事故が起きました。追突された軽自動車の後部座席に乗っていた小学生の早川千尋さんが死亡したほか、3歳から80歳の男女9人が重軽傷を負いました。警察は、追突した普通自動車を運転していた山本文吾容疑者(22)を現行犯逮捕しました。山本容疑者は容疑を認めていて、事故の原因について「眠かった」と話しているということです。
関越道で逆走、衝突し大破 1人が心肺停止2人けが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関越道で逆走、衝突し大破 1人が心肺停止2人けが  群馬県渋川市の関越自動車道で80代の男性が運転する軽乗用車が逆走し、乗用車と正面衝突しました。この事故で1人が心肺停止、2人がけがをしています。  事故があったのは渋川市赤城町の関越自動車道下り車線です。消防などによりますと、1日午後2時半ごろ、「逆走してきた軽乗用車が車とぶつかった」と目撃した女性から119番通報がありました。この事故で軽乗用車を運転していた80代の男性が心肺停止の状態で車内から救出され、乗用車に乗っていた70代の男女がけがをしました。警察は、軽乗用車がどこから逆走してきたのかなど事故の状況を詳しく調べています。この事故により、関越自動車道下りの赤城インターチェンジから昭和インターチェンジの間で通行止めになっています。
笹子トンネル崩落7年 発生時間に合わせ遺族ら黙とう
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 笹子トンネル崩落7年 発生時間に合わせ遺族ら黙とう  9人が犠牲になった中央道の笹子トンネルの天井板崩落事故から2日で7年です。遺族らが事故現場を訪れ、黙祷(もくとう)を捧げました。  2012年12月2日、山梨県の中央道笹子トンネルで天井板が崩落し、走行中のワゴン車などに乗っていた男女9人が死亡しました。今年4月には、トンネルの入り口と現場近くの初狩パーキングエリアに新たに慰霊碑が建てられ、遺族らは事故が起きた午前8時3分に黙祷を捧げました。  娘・友梨さんを亡くした石川信一さん(70):「(事故の)再発防止を唱えられれば唱えられるほど、真実を言って頂かないと本当の意味での安全確保のスタートにはならない」  道路を管理する中日本高速は来年に、当時のトンネルや事故の車を展示した社員用の研修施設を作る予定です。