「正彦」の検索結果

今すぐ視聴する

第五十五廻 「ゲート オブ バビロン」
シャーマンキング 第五十五廻 「ゲート オブ バビロン」 ハオと同時に葉もゲートオブバビロンで排除すると聞かされ、ショックを受けるリゼルグ。しかし、ハオを倒すという使命感に突き動かされているリゼルグは、葉を抹殺する決意を固めるのだった。  一方、リゼルグを失ったことをいまだに引きずっている竜は、まん太にはげまされていた。そこへ現れたリゼルグは、まん太を人質にするために、連れ去ってしまうのだった。
第五十八廻 「炎上エンジェル」
シャーマンキング 第五十八廻 「炎上エンジェル」 ハオたちの後を追いはじめる葉たち。ところがその時、突然蓮が葉と対決したいと言いはじめる。そして戦闘を開始する葉と蓮。葉はスピリット・オブ・ソードを凝縮して蓮を圧倒し、戦いを優位に進めるが、蓮も最後に巨大なパワーを放って葉をふきとばした。結局、おたがいまだまだ強くなることを確認し、戦闘を終えるのだった。  グレート・スピリッツがある「星の聖地」に続いているといわれている「入らずの森」へと入っていく葉たち。その前に、ハオの手下たちが次々と立ちはだかり、おそいかかってきた。
第六十廻 「友達」
シャーマンキング 第六十廻 「友達」 重傷を負ってしまい、息もたえだえの蓮。ファウストが蓮の治療をしている間、竜、ホロホロ、チョコラブは、ターバインたちの攻撃を必死になって防御する。  しだいに弱っていく蓮に、ファウストは巫力を使って治りょうを続けようとするが、竜たちの防御は限界に近づいていた。もうダメだと思ったその時、リゼルグが現れ、ターバインたちの前に立ちはだかった。  一方葉は、花組の猛攻撃を受けていたが…。
第六十三廻 「在るべき場所」
シャーマンキング 第六十三廻 「在るべき場所」 何度たおされても、ハオに立ち向かっていく蓮たち。しかし彼らの攻撃はまったくハオには通用しない。「麻倉葉という存在はこの世から完全に消滅した」というハオに対し、「葉はオレたちの心の中で生きている」とさけぶ蓮たちは、またしてもハオに向かっていく。そんな蓮たちの姿に、ハオはしだいにイライラしはじめる。その時、なんと死んでいたはずの葉がよみがえった。そして葉は、阿弥陀丸とともにハオへの攻撃を開始する。
第六十四廻 「エピローグ」(最終廻)
シャーマンキング 第六十四廻 「エピローグ」(最終廻) はげしい空中戦をくり広げる葉とハオ。しかしその力の差はあまりにありすぎる。葉の攻撃はまったく通用せず、スピリットオブファイアの火の玉に圧倒され、意識を失ってしまう。そしてハオがとどめをさそうとしたその時、蓮、竜、ホロホロ、そしてアンナやまん太たちのオーラがすべてひとつになり、葉に集まった。意識をとりもどした葉は、ついに反撃を開始する。
第三十廻 「うばわれたオラクルベル」
シャーマンキング 第三十廻 「うばわれたオラクルベル」 つまらないことでシャローナたちとケンカしてしまったミリーは、ひとりで森の中へ駆け出していってしまう。そんなミリーの前に、どうしてもシャーマンファイトに参加したい男・クライスラーが現れた。十祭司のテストをパスできなかったためオラクルベルをもらえなかったクライスラーは、ミリーを捕らえ、オラクルベルを奪い去ってしまう。  パッチ村への道を探って森の中を進む葉たちは、気絶しているミリーを発見。事情を聞いた葉たちは、ミリーを助けるため、クライスラーを探すことにする。
第四十廻 「超・占事略決」
シャーマンキング 第四十廻 「超・占事略決」 アンナやまん太たちと再会した葉たち。アンナは葉を強くするために、大陰陽師麻倉葉王の力が書かれている「超・占事略決」を持ってきたという。  超・占事略決を覚えるために、スペシャル修行コースを用意したというアンナ。それは、時空トンネルで超・占事略決の世界に入り込み、葉王の偉大さを目の当たりにするというもの。この修行は、二度と元の世界に戻ってこれないかも知れないというきびしいものだったが、蓮、ホロホロ、竜、チョコラブも葉についていくことに。そして残されたまん太は、自分の非力さに落ち込んでいた。そこへハオが現れ…。
第五十六廻 「バビロンの扉」
シャーマンキング 第五十六廻 「バビロンの扉」 ハオと戦うジャンヌだったが、スピリットオブファイアの炎に包まれ、意識を失ってしまう。アイアンメイデンの中にとりこまれ、再生をはかるジャンヌ。X-LAWSの面々は、アイアンメイデンをとりかこみ、ハオの手下たちの猛攻撃からジャンヌを守ろうとする。 一方、ジャンヌによりオリのような拷問具にとらえられている葉たちは、体をはってハオの手下の攻撃をたえているX-LAWSの姿を見ていられなくなり、なんとか拷問具から脱出しようとする。その時、突然拷問具が姿を消した。それはジャンヌの死を意味することだったが…。
第五十七廻 「シャーマンファイト終了?」
シャーマンキング 第五十七廻 「シャーマンファイト終了?」 はなればなれになってしまった葉たち。チョコラブはスピリット・オブ・ファイアのあまりの強さに、「オレにできることはなにもない」と自信を失いかけるが、たまおに勇気づけられ、いっしょに葉たちをさがしはじめることにする。リゼルグはX-LAWSに合流しようとしていたが、ミイネに帰れと言われてしまい、肩を落としていた。そして、荒野を歩いていたアンナとまん太は、落ち込んだモルフィンと出会う。  一方、グレート・スピリッツのいる「星の聖地」をめざすハオは、ゴルドバたちのいる秘密の運営本部に攻め入っていた。そこへ幹久が姿を見せ…。
第六十一廻 「永遠にサヨナラ」
シャーマンキング 第六十一廻 「永遠にサヨナラ」 星の聖地の関門にやって来た葉とシルバ&カリム。するとそこへ、「その魂をわれにしめせ」という言葉とともに、グレートスピリッツを守る守護精霊が現れた。先を急ぐ葉たちは、さっそく精霊へ攻撃を開始。しかしその攻撃はまったく通じない。その時、葉は、精霊がまったく攻撃をしてこないことに気づく。葉が春雨をサヤにおさめることで自分の「魂」をしめしたことにより、葉たちは精霊のもとを通りぬけることに成功する。  ついにハオのもとへたどり着いた葉たちだったが、シルバ&カリムは簡単にたおされてしまう。そして葉はハオと一対一の勝負を開始するが…。
第1話 可能性の始まり
無料
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第1話 可能性の始まり VRMMO<Infinite Dendrogram>がリリースされてから約1年半。大学受験を終えた椋鳥玲二は念願の<Infinite Dendrogram>をプレイする。レイ・スターリングとなり、兄シュウに会うためアルター王国にやってくると、突然クエストに巻き込まれて……!?
第2話 墓標迷宮
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第2話 墓標迷宮 <エンブリオ>ネメシスの力で初のクエストをクリアしたレイ。次なる目標はランカーになること。戦争に敗れプレイヤーが減少するアルター王国でなら、ランカーになることも不可能ではない。早速レベル上げに励んでいると、ルークとその<エンブリオ>バビロンに出会う。
第3話 超級
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第3話 超級 王都アルテア周辺でのPKテロが止まった。情報屋のマリーによれば、連合を組んでいたPK集団がフィガロをはじめとする<超級(スペリオル)>プレイヤーたちによってデスペナルティに追い込まれたという。レイはその圧倒的な戦いぶりに唖然とするばかりで……。
第4話 逆転は翻る旗の如く
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第4話 逆転は翻る旗の如く 決闘都市ギデオンを目指す道中、レイたちは商人の馬車を襲うゴブリンの群れに遭遇する。見過ごすことができないレイはゴブリン退治に協力するが、<UBM>の出現によって窮地に陥ってしまう。圧倒的なパワーと状態異常攻撃を前に、勝機はあるのか!?
第5話 地獄門
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第5話 地獄門 アレハンドロの商店で謎のレアアイテムを手に入れたレイ。しかし、そのアイテムを使うためには、あるアクセサリーを購入し新たなスキルを得る必要があった。金策のため冒険者ギルドに向かうと、路地裏で襲われている女性と彼女を救おうとする少年に遭遇する。
第6話 小数点の彼方
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第6話 小数点の彼方 レイが救出した少年は山賊団の頭目の一人メイズに操られていた。油断したところをナイフで刺されたレイ。塗布された秘薬によって複数の状態異常を受けるが、膨れあがる怒りと殺意がレイを突き動かした。メイズを圧倒するほどの威圧感を見せるが……。
第7話 決闘都市
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第7話 決闘都市 決闘都市ギデオンが主催するイベント<超級激突>がいよいよ開幕する。極みに到達した<超級(スペリオル)>たちが集まり、激闘が繰り広げられるとあって街中はお祭り騒ぎ。レイもまたフィガロの一戦に期待を寄せるが、水面下では様々な<マスター>たちの思惑が交錯していた。
第8話 超級激突
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第8話 超級激突 勘違いしたレイは迅羽に攻撃を仕掛けてしまい、一触即発の空気に。シュウの介入でその場は収まるが、<超級(スペリオル)>が持つオーラを目の当たりにし、肝を冷やすばかり。 ついに始まるフィガロと迅羽の一戦に、レイは何を見るのか
第9話 狂宴の始まり
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第9話 狂宴の始まり <超級激突>に乱入してきたMr.フランクリンは、第二王女エリザベートを人質に取り、王国の<マスター>たちに「ゲーム」を挑む。犠牲者が増える前にこのゲームを攻略しなければならない。行動を制限された<マスター>が多い中、カギを握るのはレイだった。
第10話 盤上の攻防
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第10話 盤上の攻防 エリザベートを再び奪われてしまったマリーの前に、【キング・オブ・オルケストラ】ベルドルベルが立ちはだかる。音楽に身を捧げてきたベルドルベルのスキルは、まるで楽団を指揮するかのように流麗で豊潤。追い詰められるマリーに逆転の一手はあるのか……!?
第11話 勝利者の右腕
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第11話 勝利者の右腕 激闘を繰り広げるルークとユーゴー。<マジンギア>の攻撃を先読みしながらも、ルークの身体はユーゴーの【凍結】スキル《地獄門》によって確実に蝕まれていた。窮地に陥る中、ルークは思考する。この【凍結】にはなんらかの条件と法則がある、と――。
第12話 破壊王
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第12話 破壊王 大ダメージを負いながらも、【RSK】――レイ・スターリング・キラーを破ったレイ。《超級殺し》の暗躍もあって、フランクリンは徐々に追い詰められていった。しかし、彼が用意していたもうひとつのプラン、「ギデオン殲滅作戦」が動き出そうとしていた。
第13話 可能性を繋ぐ者達
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第13話 可能性を繋ぐ者達 圧倒的な力でモンスターを殲滅していくシュウ。一方、レイはパンデモニウム上部で、ついにフランクリンと対峙する。膨れあがるいくつもの疑念。無限の可能性が広がる<Infinite Dendrogram>。果たしてここは「世界」なのか、「ゲーム」なのか。