「武田緑」の検索結果

「武田緑」に関する情報は見つかりませんでした。
「武田」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

【夏SP2】武田真治「脱しくじり筋トレ!簡単&時短!おうちで出来る筋トレ授業」
しくじり先生 俺みたいになるな!! 【夏SP2】武田真治「脱しくじり筋トレ!簡単&時短!おうちで出来る筋トレ授業」 今回は鍛えた肉体を披露する筋肉キャラとしても注目される俳優・武田真治先生による筋トレ授業を開講!おうち時間が増えて、自宅で筋トレをする人が増加しているが、自己満の筋トレで十分な効果が出ていない人たちがいるといいます。そこで、筋トレ伝道師として人気も高い武田真治先生が暑い夏でも毎日続けられる効率的な筋トレを伝授します!お楽しみに!!
【年始SP】武田真治 暗黒期からの心の闇を初告白!人生をかけた授業
しくじり先生 俺みたいになるな!! 【年始SP】武田真治 暗黒期からの心の闇を初告白!人生をかけた授業 1990年に俳優デビューし「フェミ男」としてアイドル的人気を博して大ブレイクした武田真治が登壇!映画・ドラマだけでなくバラエティ番組でも活躍し輝かしい芸能生活を送っていたその裏で、地獄の引きこもり生活していたことをテレビ初告白!その原因を「完璧な自分を求めすぎて自分に絶望してしまった」と分析する武田先生。自分に絶望して自分を追い詰めないための教訓を涙ながらに熱弁します!お楽しみに!
〔土曜〕#80:たけやま3.5武田雛歩、生電話で大感動回に!
The NIGHT 〔土曜〕#80:たけやま3.5武田雛歩、生電話で大感動回に! たけやま3.5武田雛歩生登場! 課金システムと生電話でまさかの大感動回に! 五輪はアメリカのテレビ局の金で動いている れんの格安韓国旅行 ねるとんはすごかった たけやま3.5武田雛歩 生登場!メンバーからのビデオレターも 抜き打ち麻雀テスト Mリーグから生オファー! 竹山、雛歩ちゃんに生セクハラ 雛歩ちゃんファンの青めがねさん「リアル電車男」生電話
第五話  雪山大炎上♥の巻き
無料
御曹司ボーイズ 第五話  雪山大炎上♥の巻き 渋谷で変装したテル(稲葉友)を見かけた優(岡本夏美)。出版社のビルから出てきたテルを問い詰めたところ、彼の意外な行動が明らかに。一方、ふみの(武田玲奈)が収録の待ち合わせ場所でしていた会話が盗み撮りされ、麦(平祐奈)と優に見せていた高飛車な態度と発言がネットで拡散され大炎上していた。動画を見た御曹司・陸(磯村勇斗)とタッセイ(山本涼介)の反応に、ふみのはーー。
第八話 麗しき決戦の刻の巻
御曹司ボーイズ 第八話 麗しき決戦の刻の巻 麦(平祐奈)が大雅(飯島寛騎)と、優(岡本夏美)がテル(稲葉友)といい感じになったことに焦りを覚えたふみの(武田玲奈)は、陸(磯村勇斗)にアプローチをかける。が、まったく相手にされず、しかもその様子をタッセイ(山本涼介)に見られてしまいーー。また、次回のイベント「2ショットデート大会」が発表され、そこに着ぐるみ姿の御曹司たちが現れる。ペアになるのはーー。
第九話 狙われたシンデレラの巻
御曹司ボーイズ 第九話 狙われたシンデレラの巻 「2ショットデート大会」の相手を決めるため、大雅(飯島寛騎)と陸(磯村勇斗)がスノーボードで対決することに。勝って麦(平祐奈)とデートをするのは、果たしてーー。一週間後、テル(稲葉友)とふみの(武田玲奈)の2ショットデート当日。テルが企画した豪華なデートプランに、ふみのは終始驚きを隠せずにいた。そんな中、とうとう謎の美女・椿(山下リオ)が動き出すーー。
第十六話 嘘から出たマコトの愛!?の巻
御曹司ボーイズ 第十六話 嘘から出たマコトの愛!?の巻 カメラを止め、『プリンスマリッジ』の本当の目的を語り始めた御曹司ボーイズの陸(磯村勇斗)と大雅(飯島寛騎)。麦(平祐奈)、ふみの(武田玲奈)、優(岡本夏美)の3人が困惑している最中、総合演出で御曹司らの幼馴染である椿(山下リオ)が現れ、衝撃の行動と発言をする。次回でプリマリは最終回、そのとんでもないテーマが明らかになるーー。
第十七話 走れプリンセス♥の巻
御曹司ボーイズ 第十七話 走れプリンセス♥の巻 『プリンスマリッジ』最終回は、プリンセスから御曹司への生告白。ふみの(武田玲奈)はタッセイ(山本涼介)、優(岡本夏美)はテル(稲葉友)を指名し、それぞれ想いを告げる。残るはプリンセスは麦(平祐奈)と椿(山下リオ)。次に告白をする麦が中央へ行き、陸(磯村勇斗)と大雅(飯島寛騎)を見つめる。麦はどちらを指名するのか?そして想いを告げられた御曹司たちの出した答えとは―?
第十八話 映画のような恋をしたの巻
御曹司ボーイズ 第十八話 映画のような恋をしたの巻 『プリンスマリッジ』最終回は、プリンセスから御曹司への生告白。ふみの(武田玲奈)はタッセイ(山本涼介)、優(岡本夏美)はテル(稲葉友)を指名し、それぞれ想いを告げる。残るはプリンセスは麦(平祐奈)と椿(山下リオ)。次に告白をする麦が中央へ行き、陸(磯村勇斗)と大雅(飯島寛騎)を見つめる。麦はどちらを指名するのか?そして想いを告げられた御曹司たちの出した答えとは―?
第1球 「運命の再会」
無料
球詠 第1球 「運命の再会」 新越谷高校に入学した武田詠深は、隣の席で野球好きの川口芳乃、その双子の姉・息吹と仲良くなる。詠深が中学の時ピッチャーだったことを知り、芳乃はすぐに食いつくが、詠深自身は高校では野球から離れようとしていた。ところが入学式の後、幼馴染の山崎珠姫と再会。強豪チームの捕手だった珠姫とキャッチボールを始めると、やがて詠深は封印していた“あの球”を珠姫に投げ込む。
第三話 仁義なき花嫁バトル☆の巻
無料
御曹司ボーイズ 第三話 仁義なき花嫁バトル☆の巻 最終候補の3人に選ばれた麦(平祐奈)。こうして、埼玉の成金プチお嬢様・ふみの(武田玲奈)と貧乏なギャルモデル・優(岡本夏美)との、御曹司の花嫁の座をかけたガチバトルが始まる。今回の舞台は王宮のようなテル(稲葉友)の別荘で、テーマは『テスト』。『学力』『表現力』『和の道』の三部構成で、3人の力が試される。学力テストはふみのが1位、『和の道』では意外にも優がプロ級の腕前で琴を演奏し1位に。果たして麦の運命はーー。
第四話 御曹司には秘密がある…の巻
無料
御曹司ボーイズ 第四話 御曹司には秘密がある…の巻 『表現力』のテストでふみの(武田玲奈)はフラワーアレンジメントを、優(岡本夏美) は別人メイク、麦(平祐奈)は部活の仲間と一緒にチームダンスをそれぞれ披露。3人のレベルの高さに圧倒される御曹司たち。全てのテストが終了し総合順位が発表されるも、結果はまさかの……。その後、3人はそれぞれどの御曹司を狙っているのか告白しあうのだがーー。そして翌朝、ジョギング中に陸(磯村勇斗)と出会った麦は、彼の知られざる秘密を見てしまう。
第七話 西園寺大雅の憂鬱の巻
御曹司ボーイズ 第七話 西園寺大雅の憂鬱の巻 スキーリゾートでのバトルも後半戦。麦(平祐奈)は大雅(飯島寛騎)から、もっと話がしたいと夜のレストランバーに誘われる。しかし心躍らせて向かった先で大雅から予期せぬ話をされる。その帰り、麦は酒に酔った外国人に絡まれてしまいーー。一方、出版社から連載の話を持ちかけられたテル(稲葉友)は、その喜びを優(岡本夏美)と分かち合う。だが、それを物陰で聞いていたふみの(武田玲奈)がーー。
第十話 嵐の前のキュン!キュン!キュン!の巻
御曹司ボーイズ 第十話 嵐の前のキュン!キュン!キュン!の巻 椿(山下リオ)にデートを妨害されたふみの(武田玲奈)とテル(稲葉友)だが、ちょっとした意見の食い違いから険悪な雰囲気に。続いてタッセイ(山本涼介)と優(岡本夏美)の2ショットデートが始まる。タッセイが握った寿司を食べ、高級車でドライブ、乗馬とセレブ感満載のデートプランに喜ぶ優だったがその帰りに事件が起こるーー。そして麦(平祐奈)と陸(磯村勇斗)のデート。麦が企画した待ち合わせ場所はなんともんじゃ焼き屋。財閥御曹司の陸が見せた意外な反応は?
第十四話 ロマンスをもう一度!の巻
御曹司ボーイズ 第十四話 ロマンスをもう一度!の巻 2ショットデートの結果、麦(平祐奈)だけでなくふみの(武田玲奈)と優(岡本夏美)も番組を辞めたいと言い出し、番組は暗礁に乗り上げる。椿(山下リオ)からどうにかしろと問い詰められたプロデューサーの巧(染谷俊之)は優のエントリーシートから、このピンチを打破する策を思いつく。次の舞台はキャンプ場。辞めるにしても一度みんなと会ってからと、麦とふみのはロケバスに乗り込むのだがーー。
第十五話 ナ・カ・ナ・オ・リ!?の巻
御曹司ボーイズ 第十五話 ナ・カ・ナ・オ・リ!?の巻 キャンプ場でのテーマは『共同作業』。時間内にテント張り、薪割り、水汲みなど様々なミッションが課せられる。米国でボーイスカウト経験のある陸をリーダーに、2ショットデートで遺恨があったタッセイ(山本涼介)と優(岡本夏美)、テル(稲葉友)とふみの(武田玲奈)、そして大雅(飯島寛騎)と麦(平祐奈)の3組に分かれ、それぞれの作業に取りかかった。無事ミッションを達成しわだかまりも解けた後、大雅と陸は、彼女たちに『プリンスマリッジ』の本当の狙いを話す決意をするーー。
ホリエモン主演舞台クリスマスキャロル!西澤アナも出演!
クリスマスキャロル ホリエモン主演舞台クリスマスキャロル!西澤アナも出演! 〈あらすじ〉 主人公のスクルージはIT企業の社長として順風満帆の生活をしているように思える。しかし実際は相当に心の闇を抱えていた。 クリスマスのせまったこの時期、スクルージは何やらイライラしている様子。 わびしいクリスマスシーズンを送るスクルージは、教会の孤児院の前でかつての恋人ケイトと再会し…。
第一話 嗚呼、タマノコシ!!!の巻
無料
御曹司ボーイズ 第一話 嗚呼、タマノコシ!!!の巻 ダンス部所属のごく普通の女子高生・相原麦(平祐奈)は、カリスマモデルの大雅(飯島寛騎)率いる全員イケメンお金持ちの『御曹司ボーイズ』が、結婚相手を探すリアリティーショー番組に軽い気持ちで応募すると見事当選!夢の玉の輿のチャンスをつかむ。 大雅の他、頭脳明晰のテル(稲葉友)、スポーツ万能のタッセイ(山本涼介)、由緒正しき財閥の跡取りの陸(磯村勇斗)ら御曹司ボーイズの前で2次選考会に臨む麦だったが、ライバルは成金コンプレックス埼玉のプチお嬢様・ふみの(武田玲奈)、母子家庭の母の幸せを願うギャル読モの優(岡本夏美)など玉の輿を狙うクセの強い面々。そんな中、運よく選考通過を勝ち取り大喜びの麦だったが、次の瞬間思いもよらぬ災難が襲い掛かる!天国から一転、麦の運命は…!?
第2球 「一緒に野球やりましょう」
球詠 第2球 「一緒に野球やりましょう」 野球部へ入部届けを提出した詠深たち。同じ1年生の川﨑 稜と藤田 菫もチームに加わるが、不祥事で停部していたため部員がほとんどいないことが発覚。残っていた2年生の岡田 怜と藤原理沙も復帰せず、外部のクラブチームに参加するつもりだという。詠深は強打者の怜に「私の球、打ってみませんか?」と勝負を持ちかける。
第3球 「私を連れていってよ」
球詠 第3球 「私を連れていってよ」 活気の戻ってきた新越谷野球部に、2人の1年生が体験入部してくる。1人は福岡の強豪チームでプレイしていた中村 希。もう1人は野球初心者だが剣道で全国優勝経験のある大村白菊。どちらもその日のうちに野球部の一員となり、ついにチームに必要な人数が揃った。「全国を目指そう!」と詠深が声を上げる一方、珠姫はどことなく複雑な表情を見せる。
第4球 「約束のあの球」
球詠 第4球 「約束のあの球」 野球部の顧問として藤井杏夏が就任し、さっそく練習試合が組まれることになった。迎える相手は今夏大会の注目チーム・柳川大附属川越だが、先発は2番手投手の大野彩優美。新越谷は3点を先制すると、詠深・珠姫のバッテリーも先頭打者を三振に仕留めてみせる。2回表、新越谷が三者凡退に抑えられた頃、ようやく学校に着いた柳大川越の2年生エース・朝倉智景の姿があった。
第5球 「ススメ!!泥沼連敗街道」
球詠 第5球 「ススメ!!泥沼連敗街道」 ゴールデンウィークに学校で合宿を行う新越谷ナイン。初日から予想だにしない杏夏のハードなノックに悲鳴が上がる一方、新越谷に控え投手の必要を感じていた芳乃はメンバーの投手適正を見極める。その夜、素振りをしていた理沙に怜が声をかける。停部になった去年のこと、中学時代に出会ったときのことを振り返る2人だったが、理沙が野球を続けてきたのは意外な理由からだった。
第6球 「希望を胸に…」
球詠 第6球 「希望を胸に…」 守谷欅台との練習試合。合宿中に芳乃が告げたとおり、4番は希。打点を上げられず悩んでいた希だったが、初回にタイムリーヒットを放つ。一気に6点を取った裏の守り、珠姫の提案で“あの球”を封印した詠深はピンチを招くものの、杏夏のノックと芳乃の分析が生きたバックの守備に助けられる。だが、守谷欅台の投手も立ち直り、ジリジリと追い上げられつつ試合は終盤を迎える。
第7球 「雨上がりの夜空に」
球詠 第7球 「雨上がりの夜空に」 夏の県大会の抽選に参加する怜と芳乃。不祥事で停部していた新越谷の名前が挙がると会場には不穏な空気が流れるが、柳大川越・大野の助け舟で事なきを得る。抽選の結果、初戦の相手は影森高校、勝ち上がった二戦目の相手は一昨年の優勝校・梁幽館高校が濃厚となった。さっそく梁幽館戦を想定した練習に入る詠深たち。一方、芳乃と息吹はデータのない影森へ偵察に出かけていく。
第8球 「ゼロから」
球詠 第8球 「ゼロから」 迎えた県大会の開会日。柳大川越ナインと健闘を誓い合う中、珠姫は中学時代の先輩でバッテリーを組んでいた梁幽館の投手・吉川和美に会い、その様子を見た詠深は吉川と張り合おうとする。影森戦ではエースの詠深を温存し、理沙が先発のマウンドに上がる。エラーもあり先制を許してしまうが、得点したにも関わらず、影森ベンチからは歓声が上がることもなく、不気味な雰囲気を漂わせる。
第9球 「流れの作り方」
球詠 第9球 「流れの作り方」 影森の投手・中山のアンダースローをコピーした息吹の好リリーフで6回表のピンチを切り抜けた新越谷。その裏の攻撃、ペースを崩した中山から息吹がデッドボールを受けてしまう。しかし希のタイムリーヒットで息吹が生還すると、さらに打線が繋がり、大量得点に成功する。理想の試合運びになったものの、芳乃は結果的に息吹を危険な目に遭わせてしまった自分の采配を責める。
第10球 「見せつけてやろう」
球詠 第10球 「見せつけてやろう」 二戦目・梁幽館戦。相手の選手層や大応援団に稜や菫がたじろぐ一方、詠深は気負いを見せない。それを見て気を引き締める梁幽館のキャプテン・中田奈緒。初回、1番に入った珠姫のヒットを足がかりに、怜のタイムリーヒットで1点をもぎ取る新越谷。その裏の守り、詠深は先頭打者の陽 秋月こそ“あの球”で三振に打ち取るものの、その後2塁にランナーを置き、大会屈指の強打者・中田を迎える。
第11球 「これが全国レベル」
球詠 第11球 「これが全国レベル」 梁幽館の堅い守備にことごとく得点を阻まれる新越谷。不運なエラーなども重なり、満塁の場面で打席には中田を迎えるが、ここで新越谷は敬遠を決断する。客席からは非難の声が飛ぶが、詠深は気丈な様子を見せ、全力投球のストレートで切り抜ける。突破口を開けない新越谷と、詠深の球を捉えきれない梁幽館との攻防が続く中、中田の第3打席を迎え─。
第12球 「悔いなく投げよう」
球詠 第12球 「悔いなく投げよう」 リードを広げられた直後、新越谷は怜の3塁打から再び1点差に詰め寄る。その裏、詠深も梁幽館の下位打線を寄せ付けず、試合は1点差のまま、いよいよ最終回に突入する。先頭の珠姫、続く菫がともに出塁する新越谷だが、梁幽館は投手交代を告げ、マウンドにエースの中田が立つ。そして打席に向かった4番の希。仲間への思いを込めて振りぬいた打球の行方は――。
第二話 運命の御曹司様!?の巻
無料
御曹司ボーイズ 第二話 運命の御曹司様!?の巻 77人の候補の中から最終選考の10人に残った麦(平祐奈)。だが何者かに背中を押されプールに落ちるハプニングに見舞われる。泳げない麦を救ってくれたのは、意外にも陸(磯村勇斗)だった。まさかのファーストキス……。しかし陸の想定外な態度に、印象は最悪なものに。その放送を見つめる大雅(飯島寛騎)と謎の美女・椿(山下リオ)。彼女の正体は? フリートーク、社交ダンスの選考会を経て、プリンセスは3人に絞られるーー。