「死亡 流れ」の検索結果

今すぐ視聴する

台風19号 全国で29人が死亡 16人が行方不明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 全国で29人が死亡 16人が行方不明  台風19号によって全国で29人が死亡し、現在も16人が行方不明になっています。  神奈川県相模原市では増水した川に車が転落し、乗っていた親子とみられる2人が死亡しました。千葉県では市原市で横倒しになった車から見つかった50歳の男性が死亡したほか、20人がけがをしています。ANNのまとめによりますと、これまでに全国で29人が死亡し、16人が行方不明になっています。  交通情報です。台風19号によって車両が浸水する被害があった北陸新幹線では、東京駅から長野駅の間で当面の間、本数を減らして折り返し運転を行うとしています。山形新幹線は14日昼ごろ、運転を再開する見込みです。またJR東日本の在来線は13日からほとんどの路線で運転を再開しています。JR中央線の高尾駅から大月駅間と特急「日光」など栃木方面の特急電車は14日も終日、運転を見合わせます。高速道路は中央道の八王子ジャンクションから大月インターチェンジ間、上信越道の松井田妙義インターチェンジから佐久インターチェンジの間で、台風によって土砂が流れ込んだなどの影響で通行止めとなっています。
川に流され女性死亡 ツアーガイドの男性も行方不明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 川に流され女性死亡 ツアーガイドの男性も行方不明  秋田県の渓谷で、男女2人が雨で増水した川に流されて女性が死亡しました。男性の行方はいまだ分かっていません。  8日午後0時半ごろ、北秋田市の小又峡にある遊歩道で、観光に来ていた静岡県の70代の女性とガイドの男性が雨で増水した川に流されました。女性は約3時間後に心肺停止の状態で発見されて病院に搬送されましたが、死亡しました。  参加者:「(水が)急に増してきた。私の何人か前の人をガイドさんがエスコートして、転んですーっと流れた」  女性を含む観光客ら18人が滝を見に行くツアーに参加していて、ガイドの男性は女性を安全な場所に誘導していた際に流されたということです。ガイドの男性はいまだ見つかっておらず、9日も朝から捜索が行われています。
多摩川河川敷に男性の遺体 流されたホームレスか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 多摩川河川敷に男性の遺体 流されたホームレスか  14日午後、東京・日野市を流れる多摩川の河川敷でホームレスとみられる70代くらいの男性の遺体が見つかっていたことが分かりました。台風19号との関連を調べています。  午後3時前、日野市を流れる多摩川の河川敷で「全裸の男性が木に引っ掛かっている」と通行人から110番通報がありました。警視庁によりますと、男性は河川敷に生えている木の根元部分に漂流物と一緒に挟まっていて、現場で死亡が確認されました。男性は70代くらいで、この辺りで生活していたホームレスとみられます。外傷などはなく、警視庁は男性が台風19号の影響で増水した川に流されて死亡したとみて、身元の確認や死因を調べています。
道路が陥没 自衛隊足止め 断水続く福島・相馬市
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 道路が陥没 自衛隊足止め 断水続く福島・相馬市  22人が死亡した福島県では断水が続いている相馬市などへ続く道路が陥没し、災害派遣の自衛隊車両などが進めなくなっています。  福島県南相馬市の県道12号で15日朝、道路の一部が陥没しているのが見つかり、飯舘村から南相馬市の区間の約5キロが通行止めになりました。陥没した場所の近くでは渋滞が発生し、災害派遣のために相馬市に向かっていた自衛隊などが先に進めなくなっています。  ドライバー:「飯舘村の現場に行く途中だったけど、通れなくなったので、今、待機してます」  相馬市では市内を流れる宇多川が氾濫し、水が住宅に流れ込むなど被害が大きく、今も全域で断水が続いています。
相模川の中州で遺体発見 車転落し不明の男児と確認
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 相模川の中州で遺体発見 車転落し不明の男児と確認  台風19号による被害はこれまでに全国で死亡が63人、行方不明が15人になっています。台風上陸の12日に神奈川県相模原市の川に家族4人が乗った車が転落し、見つかっていなかった8歳の男の子の遺体が15日朝に川の下流で発見されました。  午前8時ごろに相模原市を流れる相模川の中州で男の子の遺体が見つかり、12日夜に相模原市緑区の串川に車で転落した菊地原誠さん(49)の8歳の長男と確認されました。転落現場から発見場所まで約9キロ離れていました。車には菊地原さんの一家4人が乗っていたとみられ、これまでに誠さんと妻(39)と長女(11)の3人の遺体が見つかっていました。
千曲川決壊現場で救助活動 流量減るも爪痕あらわに
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 千曲川決壊現場で救助活動 流量減るも爪痕あらわに  各地で大きな被害を出した台風19号。少なくとも21人が死亡、そして20人が行方不明になっています。堤防が決壊した長野市を流れる千曲川から報告です。  (草田敏彦アナウンサー報告)  長野市を流れる千曲川が決壊しました。その決壊した場所のすぐ近くの住宅では今、まさに救出活動が行われています。上空にいるヘリコプターは海上保安庁の救出ヘリコプターだということです。今、救助隊員が取り残された人を抱えてゆっくりとヘリコプターへと収容していきます。  長野市の北部に位置する千曲川沿いの子安地区は濁流にのみ込まれました。1つの重さが2トンのブロックが重機で積み上げられ、これ以上の浸食がないように応急の措置が取られています。  下流に向かって左側の左岸が決壊しました。この決壊した堤防の幅は約70メートルです。浸水の深さは一時、2メートルに達しました。13日昼ごろまで千曲川本流からの非常に強い茶色の濁流が住宅地に流れ込み、住宅の1階部分は完全に沈んでいました。今、流入してくる水の勢いは弱まりつつあるものの、それでもなお一帯は水につかっています。
茨城・水戸市の住宅地が冠水 那珂川は数カ所で決壊
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 茨城・水戸市の住宅地が冠水 那珂川は数カ所で決壊  各地で大きな被害を出した台風19号。少なくとも21人が死亡、そして20人が行方不明になっています。那珂川が氾濫して大規模な浸水被害が起きている水戸市から報告です。  (社会部・中條雄喜記者報告)  消防の出張所は完全に冠水してしまっています。また、近くの住宅街はすっぽりとのみ込まれるような形で大規模に冠水してしまっています。西田川と藤井川という主流が那珂川へと流れ込み、水量が増える場所です。大規模に住宅街が水没している様子がうかがえます。  また、国土交通省によりますと、茨城県常陸大宮市内でも2カ所の堤防が決壊していることが新たに確認されました。那珂川周辺では至る所で被害が確認されています。
一家4人車転落で遺体発見 行方不明の8歳の長男か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 一家4人車転落で遺体発見 行方不明の8歳の長男か  台風19号が上陸した12日に神奈川県相模原市の川に車が転落して乗っていた家族4人のうち唯一、見つかっていなかった8歳の男の子とみられる遺体が15日午前8時ごろに川の下流で発見されました。    午前8時ごろ、相模原市を流れる相模川の中州で男の子の遺体が見つかりました。警察は12日夜、相模原市緑区の串川に車で転落した後に行方不明になっている菊地原誠さん(49)の8歳の長男とみて身元の確認を急いでいます。車に乗っていた一家4人が行方不明になり、これまでに誠さんと妻(39)と11歳の長女の3人が遺体で見つかっていました。  今回の台風19号ではこれまでに長野や福島など11の県で56人が死亡し、15人が行方不明になっています。
決壊した宮城・吉田川 依然流入続き広範囲に冠水
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 決壊した宮城・吉田川 依然流入続き広範囲に冠水  各地で大きな被害を出した台風19号。少なくとも21人が死亡、そして20人が行方不明になっています。堤防が決壊し、いまだ氾濫が続く宮城県大郷町の吉田川から報告です。  (渕井亮太アナウンサー報告)  国土交通省によりますと、吉田川では13日午前7時50分ごろ、約100メートルにわたって決壊し、相当な量の水、濁流が住宅地に流れ込みました。午後1時ごろと比べても現在の水かさはあまり変わっていません。そして、川岸の家にはがれきが流れ込んでいます。濁った水は依然、住宅地にとどまったままです。また、13日正午ごろから決壊した箇所に重機を使って土嚢(どのう)とコンクリートブロックを投入していますが、水の流入が続いていて、復旧のめどは立っていません。また、決壊した部分は住民から「堤防が低くなっている」という指摘があり、9月に土嚢を積んで補強していた箇所だということです。大郷町役場によりますと、浸水被害を受けたのは約140世帯470人とみられます。最大で25人ほどが住宅に取り残されていましたが、午後4時10分に全員が救助されました。また、町では12日午後2時半に町内3カ所に避難所を開設していて、浸水した住民の多くが12日の夜のうちに避難していましたが、なかには一度、自宅へ戻って取り残されてしまった住民もいたということです。
台風19号 各地に甚大な被害 6県で死者11人
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 各地に甚大な被害 6県で死者11人  台風19号は全国各地に甚大な被害をもたらしています。ANNのまとめでこれまでに11人が死亡し、15人が行方不明になっています。そして、河川の氾濫も相次いでいます。  台風19号による大雨特別警報は全国の13都県に出されましたが、13日午前8時45分にすべて解除されました。ANNのまとめでは、亡くなった人は神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、福島で合わせて11人となり、15人の行方が分かっていません。また、総務省消防庁によりますと、108人がけがをしています。  河川の氾濫も相次いでいます。長野県では千曲川の堤防が決壊して周辺が冠水し、新幹線の車両基地にも水が来て新幹線が水につかってしまっています。気象庁によりますと、他にも東京と神奈川を流れる多摩川、埼玉の入間川、茨城の久慈川、栃木の荒川、福島の阿武隈川、宮城の吉田川などで「氾濫発生情報」となっています。  交通でも影響が続いています。東海道新幹線は始発から運転をしていますが、JR東日本の東北・秋田・山形・北陸の各新幹線は運転を見合わせています。
第5話 悪党の覚悟
ルパン三世 PART5 第5話 悪党の覚悟 ドローンファイターに頭を撃ち抜かれたルパン。ターゲットの死亡によって、ルパン・ゲームは終息する……。月日は流れ、人々がゲームのことを忘れ始めた頃――ルパン専任を解かれ、異動となった銭形は、アミと共に暮らしていた。そんな中、アミのもとを訪ねて来る五ェ門。伝言を受け、アミは因縁の相手・マルコポーロの幹部へ会いに行く。
栃木・佐野の秋山川 夜を徹しての決壊現場復旧作業
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 栃木・佐野の秋山川 夜を徹しての決壊現場復旧作業  各地で大きな被害を出した台風19号。少なくとも21人が死亡、そして20人が行方不明になっています。秋山川の堤防が決壊して住宅地が浸水し、修復作業が急ピッチで進められている栃木県佐野市から報告です。  (斎藤康貴アナウンサー報告)  堤防が決壊したのは12日午後9時ごろです。もうまもなく一日が経とうとしています。町全体の水はだいぶ引きましたが、残っている箇所もあります。車のタイヤ部分が水に埋まっていて、まだ人のひざからももくらいの高さまで水位があります。規則正しく並んでいた車は濁流によって流されました。至る所に残っている泥が住宅の1階部分に入り込み、皆さんは「撤去するのが大変だ」と話します。  堤防が決壊した箇所からまだ水はあふれ続けていますが、勢いは弱まりました。今は3台の重機が入っていて、土嚢(どのう)を一つひとつ置いています。これを置いたうえでブロックを置き、川の流れをせき止めるものとみられます。  作業員に話を聞くと、恐らく夜通しの作業になるということです。佐野市周辺では6カ所に避難所が設置されていて、今現在も192人の人が避難を続けているということです。
特養ホームの孤立者全員救出「パン1枚で過ごした」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 特養ホームの孤立者全員救出「パン1枚で過ごした」  各地で大きな被害を出した台風19号。少なくとも21人が死亡、そして20人が行方不明になっています。埼玉県川越市の特別養護老人ホームが近くを流れる川の決壊で孤立状態となりました。13日午後に入所者ら124人全員の救助活動が終わりました。  (山岡秀喜記者報告)  特別養護老人ホームの入所者たちを救出するボートの発着点です。川の氾濫によって浸水したため、300メートル先の施設に向けて約10艇のボートを使って消防などが救助作業にあたりました。入所者たちは建物の上層階に移動をして救出を待っていました。  救助された人:「(浸水して)移動した。低い所から高い所の部屋へ。それが大変だった。パン1枚で一日過ごしたからね」  川越市は越辺川などが氾濫し、広い範囲にわたって水浸しになりました。障害などで介助が必要な人を自衛隊や消防など240人余りの態勢で救助にあたりました。午前11時前から始まった救出作業。最初は職員を含めた124人で、午後5時15分に救助が無事に完了しました。約6時間の作業時間。けが人はいません。当初は200人以上が孤立して全員を救出する予定でしたが、隣接するケアハウスの入所者については安全性が確保されたため施設にとどまることになりました。川越の日の入り時刻は午後5時10分ごろということで、なんとかギリギリ明るいうちに救助が間に合いました。
被害全容は?“中枢が水没”報道少ない茨城・大子町
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 被害全容は?“中枢が水没”報道少ない茨城・大子町  各地で復旧作業が続いていますが、その後も新たな被害が次々に判明しています。そうしたなか、避難所の受け入れ態勢やホームレスへの対応が注目されています。  役場を含む町の広い範囲が浸水した宮城県丸森町では15日に新たに3人の遺体が見つかり、これまでに7人の死亡が確認されました。神奈川相模原市の相模川の中州では男の子の遺体が見つかり、上流の串川に車で転落した菊地原誠さん一家4人の8歳の長男と確認されました。菊地原さん一家はこれまで誠さんと妻と長女の3人の遺体が見つかっていました。  そして、3連休明けの15日朝、川崎市のJR武蔵小杉駅には長蛇の列ができていました。駅の自動改札やエレベーターなどが冠水によってダメージを受けたためです。  河川の決壊は7県の52河川、73カ所。これまでに73人が亡くなり、15人が行方不明になっています。台風の通過から3日。次々と被災地の映像や情報が入ってきますが、いまだ孤立した地区も多く、被害の全容がつかめていないのが現状です。  茨城県の最北部の大子町では住宅への被害は少なかったものの、役場や病院など町の中枢が被災しました。さらに、町内を流れる久慈川が増水し、鉄橋が崩落して無残な姿を見せていました。重機が入り、ようやく車が通り始めた大子町。復旧には多くの時間がかかりそうです。
第56話
朱蒙 第56話 3年の月日が流れ、ヨンタバルとソソノはソンヤンやヨンチェリョンの勢力に服従しつつ、ひそかに強力な傭兵の大軍を養成し、ケルにやってくるソンヤンを襲って権力を奪還するという計画を練る。そうとは知らないソンヤンは、ヤンジョンにさらなる忠誠と服従を誓ったのち、ケルへ向かう。プヨではクムワの努力もむなしく、干ばつなどによる深刻な食糧不足のため民の一揆さえ起きかねない情勢に陥る。一方、警備隊の総官として国境に送られたテソは、やる気を失って自堕落な日々を過ごし、ヤンソルランはそんな夫の情けない姿に業を煮やす。 ウテが率いるケルの傭兵軍団は、計画通りケルへ向かうソンヤンの一行を襲撃するが、肝心のソンヤンを取り逃がしたうえ、ウテが敵兵の凶刃に倒れてしまう。ソソノとケピルはウテ死亡の悲報に泣き崩れ、その後、ソソノは力ずくでヨンチェリョンたちを服従させソンヤンへの復しゅうを宣言する。 ソソノたちはポンゲ山のタムル軍の砦を訪れ、チョルボンを母体に新たな国をともに建てることをチュモンに提案する。オイたちは大乗り気だったが、チェサの慎重論を考慮したチュモンは返答を保留する。一方、深手を負いつつ逃げ延びたソンヤンはソソノたちの不穏な動きを察し、ヤンジョンと漢軍の支援を得てケルを潰すことを宣言する。オイとともに漢とプヨ周辺の偵察に出かけたチュモンは、ソソノが危機一髪の状況に置かれていることを知る。