「決算書」の検索結果

「決算書」に関する情報は見つかりませんでした。
「決算」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

「ソフトバンク」3月期の決算 営業赤字1兆3646億円
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「ソフトバンク」3月期の決算 営業赤字1兆3646億円  ソフトバンクグループが過去最大の1兆3600億円を超える赤字になりました。  ソフトバンクグループ・孫正義社長:「今回の新型コロナ、世界の大きな影響を与える出来事だったのではないか。大変な未曽有の危機だったのではないか」  ソフトバンクグループは今年3月期の決算を発表し、本業のもうけを示す営業損益が1兆3646億円の赤字に、最終損益も9615億円の赤字に転落しました。ソフトバンクは90社近くの新興企業などに投資していますが、新型コロナウイルスの影響などで投資先の企業の価値が下がったことが要因です。通期での営業赤字、最終赤字はいずれも15年ぶりです。
#13 10日間恋愛旅の総決算!運命の告白
人間観察恋愛バラエティ ラブアース #13 10日間恋愛旅の総決算!運命の告白 イケメンバーテンダー・マキシとモテ女・もみーが、旅そっちのけで2人の 世界に入っているとケンカが勃発。運命の告白を翌日に控え、6人は険悪な ムードに。その最悪な状況を治めたのはリーダーのたつろう。たつろうの大人 の対応で再び旅を続ける6人。 そんなたつろうに、この旅ではなぜかモテないましろんが最後のアプローチ。 「なんで私のところに来ないの?」 この直球の言葉がたつろうの気持ちを大きく動かす! さらに、揺れる男、筋肉マン・山ちゃんは最後のラブタイムでもみーの元へ。 果たして、鉄板のマキシともみーの間に割って入ることはできるのか?! カンボジア、10日間の恋愛旅の総決算。6人の出した答えとは、いったい? 運命の告白をお見逃しなく!
第7話 中間決算
社長、バトルの時間です! 第7話 中間決算 経営が軌道に乗り始め、張り切る社員一同。しかし女神召喚の前に、考えるべきは目前に迫った中間決算!膨大な資料に目を剥くミナトに、ぽつぽつと語られるガイドの昔話。そしてアカリのお願いとは…?
#140:酔っ払いドS女王様VS年の瀬お泊まり会
おぎやはぎの「ブス」テレビ #140:酔っ払いドS女王様VS年の瀬お泊まり会 ▼「彼の家を大掃除!そして年越し前に強制帰宅!?」ブスの大晦日はやっぱり悲しかった… ▼バンジージャンプに深夜の謎行動!ブス家に泊まろう!山田編 ▼「中指じゃなくて、人差指派?親指派?」まだ報告してなかった!ブスのHの総決算!
第242話 ブタゴリラの総決算!お騒がせ大全集!
キテレツ大百科 第242話 ブタゴリラの総決算!お騒がせ大全集! 年末。夜、トイレに起きたブタゴリラは、「景気が悪く赤字で借金取りが来たら年を越せない」と両親が話しているのを聞いてしまう。そこで英一は、借金取りが来ても姿が見えなくなる『夜逃げ電球』を発明する。そんな時、英一のパパとみよ子は、八百八の看板が別の店の名前に掛けかえられる現場を目撃する・・・!
第62話 帳簿の秘密
白詰草 第62話 帳簿の秘密 ユミンから聞いた粉飾決算の帳簿についてボンチョルを問いただすスンナム。弱みを握られ窮地に立たされたボンチョルは、ユミンがキム刑事とコンタクトを取っていることを知り、キム刑事を見つけ出すようパク秘書に命じる。

おすすめの作品

第1話
DOCTORS 3 最強の名医 第1話 全身の怠さと右肩の痛みを訴えていた入院患者・平林芙美江(佐津川愛美)が精密検査の結果、悪性腫瘍の一種である肝血管肉腫を発症していることが判明する。このまま何もしなければ平均生存期間は6ヶ月。相良(沢村一樹)は一刻も早い手術が必要だと判断する。一方、森山(高嶋政伸)はバカンス旅行中の院長・たまき(野際陽子)から院長代理を指名され、ますます調子に乗っていた。
第2話
DOCTORS 3 最強の名医 第2話 院長代理の肩書きをふりかざす森山(高嶋政伸)の怒りに触れ、他のドクターたちの目の前で土下座させられた相良(沢村一樹)。だが、そんな森山の暴走も彼の想定内だった。いったい相良は何を企んでいるのか。 その夜、心窩部の痛みを訴えて平松(西岡德馬)という男性が救急搬送されてくる。だが、武藤(志賀廣太郎)という入院患者を目撃したとたん、平松の態度に異変が!担当医である相良は彼らの間に何かあると直感。案の定、平松は佐知(比嘉愛未)に武藤が小学校の同級生だったことを打ち明ける。
第4話
DOCTORS 3 最強の名医 第4話 森山院長代理(高嶋政伸)の身勝手な振る舞いのせいで患者が激減してしまった堂上総合病院。バカンスから帰って来た院長のたまき(野際陽子)は、自分が守ってきた病院の惨憺たる有様に激怒するが、当の森山はまったく堪えていない様子。そんな彼を見て佐々井(正名僕蔵)らチーム森山の面々はこのまま病院にいても良いのか真剣に悩み始める。彼らの葛藤を察知した相良(沢村一樹)はチーム森山の後釜探しに動き出す。
第7話
DOCTORS 3 最強の名医 第7話 巨大医療グループ・満潤会の満堂潤三郎(大和田伸也)から「50億円で堂上総合病院を売って欲しい」と持ちかけられた森山(高嶋政伸)は高級料亭で接待を受け、ますますその気になっていく。相良(沢村一樹)はたまき(野際陽子)に自分が堂上を去る意志があると伝えると共に、翔子(滝沢沙織)から入手した森山と満堂の密会の写真を見せ、さらなる危機感をあおる。
第3話
DOCTORS 3 最強の名医 第3話 「この病院に来られても、必ずしも病気が治るとは限りません」という告知を患者に行うという森山院長代理(高嶋政伸)の突拍子もないアイデアによって、医療トラブルや患者からのクレームは激減。「究極のリスク管理は何もしないこと!」と、ますます図に乗る森山。 一方、相良(沢村一樹)は、前の病院で手術を断られたS状結腸ガン患者・堀口晴子(西田尚美)の手術を担当。「責任はすべて自分一人が負う」と宣言し、千住(斉藤陽一郎)や瀬戸(浅利陽介)の協力のもと困難な手術に立ち向かう。患者の気持ちに全力で応えるという、医師として本来あるべきその姿に、和枝(伊藤蘭)や佐知(比嘉愛未)、看護師たちも気持ちを一つにする。
第6話
DOCTORS 3 最強の名医 第6話 「危機感がチームを強くする」。相良の作戦が奏功し、ドクターたちの意識は少しずつ高まっていた。だが、たまき(野際陽子)や桃井(小野武彦)の願いもむなしく、相変わらず森山(高嶋政伸)だけは一人蚊帳の外。大人げなく拗ねるだけの森山に、佐々井(正名僕蔵)らチーム森山の面々もお手上げ状態だ。 そんなある日、関西を拠点とする満潤会グループの会長・満堂潤三郎(大和田伸也)が、たまきを訪ねてくる。挨拶もそこそこに提携話を持ちかける満堂。巨大な満潤会の傘下に入ることは大きなメリットだが同時に経営権の譲渡を意味する。病院を守りたいたまきは申し出を拒否。しかし、満堂はあきらめていない様子。
最終回
DOCTORS 3 最強の名医 最終回 買収されるまでもはや待ったなしの堂上総合病院。相良(沢村一樹)は生体ドミノ肝移植の準備のために北海道の病院へと向かうが、アクシデントにより堂上で手術を行うことになる。超ハイレベルな手術だけに成功すれば病院の信頼はたちまち回復するだろう。思いがけないチャンスに沸き立つ医局だったが、ただ一人、森山(高嶋政伸)だけは反対する。 一方、相良は翔子(滝沢沙織)に依頼し、手術の情報を満堂(大和田伸也)が知るように仕向ける。だが、今回の難手術に森山の協力は不可欠だ。思い余った佐々井(正名僕蔵)は孤立を続ける森山を訪ね、チーム森山の一員としての想いを彼に伝えるが......。
最終回
DOCTORS 最強の名医 最終回 ステージ2の胃がんが発覚した相良(沢村一樹)は、その手術を森山(高嶋政伸)に依頼する。森山の腕を信じて自分の命を託す相良だったが、森山は相良を救うべきか否か、葛藤する。「相良さえいなくなれば堂上総合病院は自分のものになる」という気持ちから、揺れ動く森山。そしてついに運命の手術の日を迎え...?
第5話
DOCTORS 3 最強の名医 第5話 自分が不在の間にすっかり落ちぶれた堂上総合病院を立て直すべく、たまき(野際陽子)は幹部の給料カット、医師のマイカー通勤や豪勢な出前の禁止など、本格的な病院改革に乗り出す。だが、肝心の森山(高嶋政伸)だけはどこ吹く風で、まったく変化の兆しが見られない。そんな中、森山は突然、腹痛で倒れてしまい、手術を受けることに! 一方、病院では、クリーニング店を経営している小金沢芳雄(市川勇)が救急搬送され、直腸にガンが見つかる。相良(沢村一樹)は病気の確実な根治のために時間をかけた治療を進めるが、経済的理由から小金沢はそれを拒否。相良は小金沢の息子・春樹(柏原収史)に経済的な援助を依頼するも、春樹は不仲を理由に拒絶する。このままではたとえガンを切除できても、再発の不安は拭えない。
第8話
DOCTORS 3 最強の名医 第8話 急に腹痛を訴えた淵森(金井勇太)の容態はとりあえず落ち着いたが、主治医の森山(高嶋政伸)は満堂(大和田伸也)とたまき(野際陽子)の板挟みにあい、気もそぞろな様子だ。そんなある日、肝臓の血管が詰まるという難病を抱えた女性・久保浩子(阿知波悟美)が病院を訪れる。だが、彼女は心臓に持病があり手術を頑に拒む。相良(沢村一樹)は和枝(伊藤蘭)らと共に浩子にとって最善の道を模索する。 時を同じくして、相良は先輩医師・青柳(升毅)から生体ドミノ肝移植への協力を依頼され、参加を希望する旨をたまきに告げる。そんな相良を見て、ますますへそを曲げていく森山。 堂上総合病院最大の危機にもかかわらず、まったく変わろうとしない森山にたまきもついにさじを投げる。