「河瀬篤 おすすめ」の検索結果

「河瀬篤 おすすめ」に関する情報は見つかりませんでした。
「河瀬」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第7話 手繰る乙女
戦×恋(ヴァルラヴ) 第7話 手繰る乙女 連日悪魔との戦いが続いた拓真と9姉妹。疲れた心身をケアしようと九瑠璃が全自動お医者さんスーツを開発する。拓真がこのスーツを装着し戦恋「お医者さんごっこ」をすることに!!姉妹の診察を無事やり遂げることができるのか!?
第1話 戦う乙女
無料
戦×恋(ヴァルラヴ) 第1話 戦う乙女 強面な風貌から「アクマ」と呼ばれ、周囲に馴染めない人間恐怖症の高校生亜久津拓真は、一人の少女を助けたことがきっかけで、その少女の9人姉妹と一つ屋根の下で暮らすことに。その9人姉妹とは恋をするほど強くなる戦乙女(ヴァルキリー)だった。
第2話 縛る乙女
戦×恋(ヴァルラヴ) 第2話 縛る乙女 定期試験の結果、生徒会長の五夜は全科目満点の学年1位だったが、拓真は努力の甲斐なく学年最下位に。人間恐怖症のため思うような結果を出せずに落ち込む拓真のもとに校内放送で呼び出しがかかる。向かった視聴覚室で、突如何者かに縛りつけられてしまう拓真。果たしてその正体とは!?
第3話 秘密の乙女
戦×恋(ヴァルラヴ) 第3話 秘密の乙女 人気急上昇中のアイドル「MUTSUMI」として活動している六海。拓真とともに「アイドルとデート」の戦恋を実行することに。誰にもバレずに一日中デートをして無事帰宅できれば成功なのだが、デート中にゴシップ好きの悪魔ギャラルホルンが登場し大ピンチに!無事デートを終えることができるのか!?
第4話 奉仕する乙女
戦×恋(ヴァルラヴ) 第4話 奉仕する乙女 全国模試を受けるも、いつもの緊張で失敗してしまい落ち込む拓真。そんな様子を見て三沙は、勉強の息抜きにと鬼ごっこに誘う。渋々参加する拓真だったが、その鬼ごっこというのが「パンツを取られたら負け」という驚きのルールだった。さらに、鬼役の二葉は一瞬でパンツを奪い取る強さから「女王陛下」の異名を持つことが判明。果たして姉妹と拓真はパンツを守り切れるのか!?
第5話 信じる乙女
戦×恋(ヴァルラヴ) 第5話 信じる乙女 拓真たちの通う学校で学園祭が始まった。戦恋「学園祭デート」は一緒にお店を回れば回るほど経験値が入るボーナスステージ!二葉、三沙、八雲、九瑠璃も参加し、姉妹たちと共に校内を巡る拓真だったが、慣れない人込みに疲れてしまい、一息つこうと一人になったその隙に悪魔に襲われてしまう。絶体絶命の拓真を戦乙女たちは救うことができるのか!?
第6話 裸の乙女
戦×恋(ヴァルラヴ) 第6話 裸の乙女 ガルムの攻撃により絶対絶命のピンチに陥る拓真だったが、二葉の助けもあり、何とか七樹と合流することに成功する。一方校内では悪魔スヴァジルファリに襲われた姉妹たちが、七樹の到着を待ちながら格闘していた。拓真と七樹は、戦恋「一糸まとわぬ姿で抱き合って濃厚ディープキス5分間」をクリアし、姉妹たちを救うことができるのか!?
第8話 強くする乙女
戦×恋(ヴァルラヴ) 第8話 強くする乙女 オーディンからのオラクルにより、明日悪魔の襲撃が起こることを知った9姉妹と拓真は作戦会議をすることに。九瑠璃が開発したタブレットで調べると、七樹は今の状態ではAP不足で戦乙女に変身できないことが判明。そこで今回の悪魔は六海と八雲と拓真で「鬼ごっこ悪魔バテバテ大作戦」で撃退することに。作戦は成功するのか!?
第9話 触る乙女と触られる乙女
戦×恋(ヴァルラヴ) 第9話 触る乙女と触られる乙女 五夜と拓真で戦恋「痴漢から乙女を守る」を成功させるため、七樹が痴漢役として協力することに。五夜の様々な場所を真剣に弄り続ける七樹。レベルアップのため、これに耐え続ける五夜だったが、我慢もいよいよ限界に。人間恐怖症の拓真は、人口密度の高い電車へ乗り込み五夜を助け出すことができるのか!?
第10話 酔う乙女
戦×恋(ヴァルラヴ) 第10話 酔う乙女 見回り中に邪神派を捉えた一千花は、戦女神(ノルン)第三女スクルド、レスクヴァ、ガルムらと対峙することに。予想外の一千花の強さに圧倒される邪神派の面々だったが、一瞬の隙をついて三体の悪魔を召喚することに成功する。人間界での主神派VS邪神派の戦況が大きく動こうとしていた―。
第11話 認める乙女
戦×恋(ヴァルラヴ) 第11話 認める乙女 とうとう邪神派が亜久津家に攻撃をしかけて来た。戦乙女たちは、戦力不足と判断し、戦女神(ノルン)の恋人のレスクヴァを襲撃することで、スクルドを無力化する作戦に挑むことに。一千花の槍で奇襲するチャンスを作るため、二葉が必死に応戦するものの、限界が近づいていた。果たして邪神派の攻撃に打ち勝つことができるのか!?
第12話 恋する乙女
戦×恋(ヴァルラヴ) 第12話 恋する乙女 拓真を恋人と認める戦恋に成功した一千花は、スクルドたちへの反撃を開始する。一方、拘束が解かれた七樹もエインヘリヤルとして覚醒した拓真にAPを回復してもらい参戦する。戦乙女たちの勢いに戦況が不利と判断したスクルドとレスクヴァは、これまで封じていたある作戦に打って出る。最終決戦の行方は如何に―。
#01 さよなら、私のささやかな世界
無料
22/7 #01 さよなら、私のささやかな世界 滝川みうの元に届いた、芸能事務所「G.I.P」からの怪しげな手紙。 運命に導かれるように集められたのは、みうを含め8人の少女たち。 「あなた方にはアイドルユニットとしてメジャーデビューしていただきます」 ――合田と名乗る男に導かれ、目の前に現れたのは地下に存在する極秘施設と謎の“壁”。 みうたち8人は光と闇の渦巻く運命のステージへと歩き出す……。
#04 約束に咲く花
22/7 #04 約束に咲く花 無事初ライブを成功させた22/7は、“壁”から新たな指令を受ける。 『一目千本桜でグラビア撮影を成功させよ』。 合田たちスタッフがまたも“壁”からの無謀な要求に応え、急遽、雑誌の表紙グラビアが決まって大喜びのメンバーたち。しかし、桜だけは様子が違った。『一目千本桜』に特別な想いがある桜。その胸にあるのは、大切な祖母との想い出だった。
#06 偶数と奇数のあいだ
22/7 #06 偶数と奇数のあいだ 『リーダーは佐藤麗華』と突然”壁”から任命され、人一倍責任感の強い麗華はひとり思い悩む。そんな中、22/7は新たな指令で沖縄へ写真集の撮影に向かう。晴れ渡る沖縄の空の下、海辺ではしゃぐメンバーたちとは裏腹に、麗華の心はもやもやと曇ったまま。その矢先、麗華に渡された撮影用の衣裳は、なんとセクシーな水着。「清く正しく」がモットーの麗華は激しく抵抗するが……。
#07 ハッピー☆ジェット☆コースター
22/7 #07 ハッピー☆ジェット☆コースター 突如、倒れてしまったメンバーたち。 しかし仕事が増え始めた22/7には、今日もスケジュールが詰まっている。この緊急事態を前に、無事だったのはまさかのジュンただ一人。 「みんなの分もわたし頑張る!」 どれほど大変な仕事でも、明るくこなしていくジュン。しかし昔のジュンは、病弱で後ろ向きな性格の少女だった。そんな彼女を変えたのは、一人の女の子で……。
#08 ゆめみるロボット
22/7 #08 ゆめみるロボット 大規模なワンマンライブが決まり、張り切る22/7。大舞台を前に喜びをあらわにするメンバーの中、いつも通り冷静沈着、ロボットのようなあかね。そんな彼女はなぜアイドルになろうと思ったのか?——あかねの胸の奥に封印されているのは、故郷・北海道の大自然の記憶。幼いあかねの身に起こった生き方すら変えてしまう程の「ある事件」だった。
#09 お星さまのララバイ
22/7 #09 お星さまのララバイ ワンマンライブも成功し、結成一周年を前に順風満帆の22/7。そのご褒美として、“壁”からメンバーへ一泊二日の温泉旅行がプレゼントされる。 老舗旅館での豪華料理や露天風呂、久々のバカンスを満喫するメンバーたち。そんな落ち着いた時間の中で絢香は、二人の姉と過ごした日々、そして、人付き合いを面倒だと思っていた『昔の自分』を思い出し……。
#10 さよなら、私たちの世界
22/7 #10 さよなら、私たちの世界 “壁”から出された突然の解散命令に立ち尽くすみうたち。合田すら戸惑いを見せるものの、“壁”の指令は絶対。事務所の閉鎖が決定し、22/7は解散会見を開くことに。そこで渡される会見コメント用の原稿。自分の言葉で戸惑いや悲しみを伝える事すら許されず、暗い面持ちで会見場に立つ8人。「解散は無責任」と記者たちの言葉を浴びることになるが……。
#11 ただその背中を追いつづけて
22/7 #11 ただその背中を追いつづけて “壁”の指令により22/7は解散。GIPの事務所も閉鎖され、メンバーは全員バラバラになってしまった。アイドルになりたい訳ではなかった……。それでも、解散に納得できないみう。誰よりもアイドルに思い入れがあるニコルも、現状に憤りを感じていた。そんなニコルの幼少期は、今からは想像できないほど引っ込み思案な女の子。彼女を変えたのは、クラスに転校してきた一人の少女だった。
#12 ナナブンノニジュウニ
22/7 #12 ナナブンノニジュウニ 22/7への想いを確かめあった8人に、解散会見以来止まっていたはずの”壁”が突如語り出す。これまでメンバーを監視し、その活動の全てが“壁”による実験だったのだと明かされる。実験が次のフェーズに移ったいま、22/7は『用済み』と言われ、自分たちもファンも全て利用されていたと憤るメンバー。しかしニコルだけはひとり、22/7を守ろうと必死に嘆願する。
#02 めまいの真ん中
22/7 #02 めまいの真ん中 突然”壁”が吐き出したプレートによって『22/7』と名付けられたみうたち。吐き出された2枚目のプレートには『審査会を行う』という“指令”が。戸惑いながらも思い思い準備を始めるメンバーだが、みうはまだアイドルとしての自分をイメージ出来ず、ひとり落ち込む。不安と緊張の中で始まる審査会。向けられる大人たちの厳しい眼差し。 圧倒的実力を見せつけるニコルとは裏腹に、みうは自己紹介すら上手く出来ず……。
#03 こんにちは、新しい世界
22/7 #03 こんにちは、新しい世界 “壁”からの指令により、22/7のお披露目ライブが2月27日に決まる。 ライブに向けて、みうたちはレッスン漬けの毎日。しかしセンターを任されたみうが、メンバーの足を引っ張ってしまう。 「今はあなたが真ん中なの。これ以上ガッカリさせないで!」 ニコルから喝を入れられるみう。センターとして、一体自分に何ができるのだろうか? そして、ライブ当日。ステージに立ったみうは、そこで予想外の光景を目の当たりにする。
#05 ひっくり返せばええねんで!
22/7 #05 ひっくり返せばええねんで! 新たな“壁”の指令は、アイドルの登竜門・ITF(アイドルトーキョーフェスティバル)に参加すること。 22/7にとって初めてのフェス。しかし他のアイドルグループと比べ、まだまだ結束が足りない。 危機感を抱いた都が提案したのは、全員強制参加のお好み焼きパーティー。 和気藹々とお好み焼きを作り始めるメンバーたち。みんなを優しく見守る都。 そして、そんな都にも誰にも話していない〈アイドルになった理由〉があった……。