「河西」の検索結果

今すぐ視聴する

#1 この勇者が傲慢すぎる
無料
慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ #1 この勇者が傲慢すぎる 駄女神リスタは超難度の異世界救済を任され、高スペックな勇者・竜宮院聖哉を召喚。 だが聖哉は異常なほど慎重だった! リスタは用心深すぎる勇者に振り回されっぱなしで……
#2 新米女神には荷が重すぎる
慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ #2 新米女神には荷が重すぎる 魔王軍四天王に急襲される聖哉とリスタ。 聖哉は持ち前の慎重さで一時撤退。神界に戻り、相変わらずのレベル上げに励む。 だが異世界では四天王による、村人の虐殺がはじまっていた……
#3 この勇者は身勝手すぎる
慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ #3 この勇者は身勝手すぎる 村を後にした聖哉は、さらなる強敵に備え、またしても神界でのレベル上げ。 剣神セルセウスを修行に無理矢理付き合わせ、新たな町で待望の仲間と出会うのだが……
#4 仲間なんて超いらなすぎる
慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ #4 仲間なんて超いらなすぎる 聖哉は新たな仲間、マッシとエルルと合流。 そんな折、アンデッドの大軍が村に迫っているとの情報が入る。 聖哉は一人で戦いに向かうも、マッシュが敵に捕らわれてしまう……
#5 この女神が不気味すぎる
慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ #5 この女神が不気味すぎる 聖哉はマッシュとエルルを仲間にするも、いつものように神界へ。 今度は不気味すぎる軍神アデネラに稽古をつけてもらった後に、 伝説の武器を求め、竜族の村へ向かうのだが……
#6 竜王なのにズルすぎる
慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ #6 竜王なのにズルすぎる 聖哉たちは最強の剣を求め、竜族の里へ。勇者として竜族の歓迎を受けるも、 なんと最強の剣を手に入れるためには、エルルの命を犠牲にしなければならないという……
#7 この女騎士が犬っぽすぎる
慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ #7 この女騎士が犬っぽすぎる 竜族の里を後にした聖哉たちの前に、ロズガルド騎士団が現れ、力を貸してくれという。 だが、そこで出会ったのは聖哉と正反対の無謀な性格を持つ女騎士のロザリーだった……
#8 清楚なくせに淫乱すぎる
慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ #8 清楚なくせに淫乱すぎる 難敵ベル=ブブを倒すため、神界にて修行する聖哉。弓の女神ミティスのもとで特訓するも、一見は清楚に見えるミティスには、とんでもない秘密があった……
#9 死神がとにかく無敵すぎる
慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ #9 死神がとにかく無敵すぎる 聖哉は信じられない強さの死神と対峙。 いつものように神界へ戻るも、死神は神界まで追ってくる。 死神の圧倒的な強さに数多くの神々が倒され、絶体絶命の危機に……
#10 老人なのに強すぎる
慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ #10 老人なのに強すぎる 聖哉とリスタは、再びゲアブランデへ。そこで戦帝ことウォルクス=ロズガルドなる、人類最強騎士の強さを目の当たりにする。だがウォルクスには、とある秘密があった……
#11 その真実は重すぎる
慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ #11 その真実は重すぎる 魔王に心酔する最強の敵、戦帝を退けた聖哉たち。 その後、リスタは魔王との戦闘を前に、しばしの休息を提案。 聖哉も珍しく休暇を受け入れるのだが……
#12 この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる
慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ #12 この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる たった1人で魔王討伐に向かった聖哉。リスタは人間だったころの聖哉と自分の過去を知り、愛する聖哉のため、魔王のもとへ向かう。女神としての資格を剥奪される覚悟で……
第拾参話 仕組まれた罠
炎炎ノ消防隊 第拾参話 仕組まれた罠 紺炉から「第7」設立時の話を聞き、紅丸と紺炉の間に深いつながりを感じたシンラ。 一方、町に出た紅丸は町中で起きる喧嘩や言い争いの大混乱に出会う。
第九話 燃え拡がる悪意
炎炎ノ消防隊 第九話 燃え拡がる悪意 憧れの先輩隊員であったレッカ中隊長の無情な拳によって、最大の危機を迎えていたタマキを救ったのは、間一髪のところで現れたシンラだった。苦戦しながらもレッカを追い詰めていくシンラ。
第拾壱話 第8特殊消防隊結成
炎炎ノ消防隊 第拾壱話 第8特殊消防隊結成 最も新しい特殊消防隊として設立された「第8」。 その設立のきっかけは3年前、一般消防士だった桜備と東京皇国軍の軍人だった火縄の運命的な出会いにあった。火縄の語った設立までの顛末は、「第8」の持つ使命や意義に深く結びついたものであった。
第拾弐話 浅草開戦前夜
炎炎ノ消防隊 第拾弐話 浅草開戦前夜 白装束の調査の為「第7」管轄の浅草へやって来た「第8」。早々に見せつけられた、最強の消防官と言われる「第7」の大隊長・紅丸の破天荒な鎮魂に驚きを隠せない「第8」の面々だが、浅草の独特なスタイルを否定することなく自然体で接し、次第に町民たちとも馴染んでゆく。
第弐拾話 誇りを纏って
炎炎ノ消防隊 第弐拾話 誇りを纏って 隊を分断され、単独で「地下(ネザー)」を進む火縄。暗闇と霧が視界を妨げる中、突如、閃光とともに飛び来る炎の矢。 白装束の射手・アローの冷徹な攻撃に負傷し苦戦するも、部下であるシンラの人格を軽視するアローの言葉が、火縄の感情に火を灯す。アローを倒すため火縄が手にしたものとは――。
第弐拾弐話 兄の意地
炎炎ノ消防隊 第弐拾弐話 兄の意地 “アドラリンク”によってシンラは漆黒の炎の中、ショウを抱くように立つ“伝導者”の姿を垣間見る。 圧倒的な強さのショウにことごとく攻撃を返されるシンラだったが、諦めることなく何度でも立ち上がり愚直に向かっていく......。今、シンラを支えているのは母との約束、そして兄としての意地だった。
第弐拾参話 笑顔
炎炎ノ消防隊 第弐拾参話 笑顔 “アドラリンク”によって、時間を止めたショウに干渉する術を得たシンラ。さらに、絶対的な凍てついた時間の中にいるショウの意識へ“アドラリンク”を通じてシンラの記憶が流れこむ。自身の知らない過去に触れたショウは――。目視不可能な光速の兄弟喧嘩、勃発!
第壱話 森羅 日下部、入隊
炎炎ノ消防隊 第壱話 森羅 日下部、入隊 太陽暦佰九拾八年、東京皇国。人々は原因不明の“人体発火現象”と、その犠牲者のなれの果て、炎の怪物“焰ビト”の脅威に怯えて暮らしている。“焰ビト”に対抗する特殊消防隊の新人隊員で、悪魔の足跡と呼ばれる発火能力を持つ少年・シンラは、桜備大隊長の率いる第8特殊消防隊に配属されることに。 配属初日の夜、突如、勤務地・第8特殊消防教会に警報が鳴り響く。“焰ビト”の出現。いよいよシンラ初出動の任務が始まる――。
第弐話 消防官の心
炎炎ノ消防隊 第弐話 消防官の心 第8特殊消防隊の新人隊員はシンラだけではなかった。新たに配属されて来た新人は、なんとシンラの訓練校からのライバル、自称・騎士王のアーサーだった。シンラとアーサーはケンカばかりしながらも、桜備、火縄、マキから消防官としての知識・強さを学んでいく。 しかし、そんな中、舞い込んだ緊急出動の現場で”焰ビト”の鎮魂という特殊消防隊の使命に必要なものは、知識や強さだけではないことを二人は知ることになる――。
第参話 消防官新人大会
炎炎ノ消防隊 第参話 消防官新人大会 全ての特殊消防隊の新人隊員が技能を競う「消防官新人大会」。「第8」の新人として出場しているシンラは、十二年前の火事の真相の鍵を握る人物が会場内にいるのではと密かに目を凝らしていたのだが、「第1」の新人・タマキの「ラッキースケベられ」に巻き込まれ、そのまま競技開始の時間に......。 競技開始直後から一人先行するシンラだったが、そこに一人の男が姿を見せる。意味深な態度の男が、シンラに語った事とは――。
第四話 ヒーローと姫
炎炎ノ消防隊 第四話 ヒーローと姫 罪を犯した消防士・ミヤモトは“焰ビト”化したにも関わらず人間のような「自我」を残していた。 現場に到着する「第8」の隊員達。シンラは、まるで人間のように振る舞う相手に、一瞬戸惑うが、その使命感と正義感で”焰ビト”となったミヤモトを圧倒する。 だが、そこに突如として現れたのは、第5特殊消防隊とその大隊長・プリンセス火華だった。管区を無視してまでやってきた「第5」の目的とは一体......。
第五話 開戦
炎炎ノ消防隊 第五話 開戦 「第5」火華大隊長との一件以来、どこか浮かない顔のアイリス。シンラは気遣いからアイリスに声をかけるが、やはりどこか翳りのある笑みで返されてしまう。 桜備は、”焰ビト”の秘密を解明するためには、「第5」を調査する必要があることと、その方法としては戦闘も辞さないことを隊員達に伝え、シンラも新たな任務に意気込む。 その夜。アイリスは他の隊員達とは別の決意を固めて、一人、「第5」の本拠地へと赴くのだった。
第陸話 約束の火華
炎炎ノ消防隊 第陸話 約束の火華 かつて同じ修道院で暮らしていたアイリスと火華。まだ無垢な少女だった二人の穏やかな生活は、ある日突然に失われ、火華の心は悲しみと憎悪で塗りつぶされた......。 「第5」火華大隊長に挑み、猛攻をうけ続けるシンラだったが、彼女の過去を聞き、奮起。人々を救う「ヒーロー」としての心持ちを新たに立ち向かってゆく。
第七話 第1調査開始
炎炎ノ消防隊 第七話 第1調査開始 「第5」火華大隊長の協力を得られることになった「第8」。彼女からの情報提供により、“焰ビト”を人工的に生み出している者の存在と、新宿地区がこの問題に深く関わっている可能性を知る。 新宿地区を管轄する、バーンズ大隊長率いる第1特殊消防隊の関与を調査する為、桜備大隊長はシンラとアーサーに潜入調査を命じる。シンラは今度こそ「十二年前の火事」の秘密を聞き出せるのではという思いを秘め、任務に赴く。
第八話 焰の蟲
炎炎ノ消防隊 第八話 焰の蟲 第1特殊消防隊の潜入調査を続けるシンラとアーサー。一見、平穏な日が続いていたある朝、第1特殊消防大聖堂に唐突に警報が鳴り響く。 5体の“焰ビト”が同時発生した知らせを受け出動する「第1」にシンラ達も同行するが、現場の新宿でシンラは謎の“蟲”によって人が“焰ビト”になる瞬間を目撃する。しかも犯人は「第1」の中隊長のローブを着た男。姿を隠した犯人を追ったシンラが追い詰めた先にいたのは――。
第拾話 約束
炎炎ノ消防隊 第拾話 約束 「第1」レッカの事件の報告の為、シンラは特殊消防隊の大隊長会議に参加することになる。初めて赴いた「中央」でシンラは、特殊消防隊全8部隊の大隊長らと東京皇国を統べる皇王ラフルス三世にまみえる。白装束、伝導者、そして“アドラバースト”。新たな謎や事実が語られた会議の後、同じ「中央」にある教皇庁の展望台をひとり訪れたシンラの前に、何の前触れもなく、あの不吉な男が現れる。
第拾四話 誰が為の炎
炎炎ノ消防隊 第拾四話 誰が為の炎 白装束らの策謀によって炎と混沌に包まれる浅草。町が秩序を失い、とるべき道を見失った町民たちは導きを求めるが、「第7」の大隊長・紅丸は自ら統率をとることに未だ迷いを感じていた。 白装束らと交戦していたシンラとアーサーの前には、驚異的な力を持つ鬼の“焰ビト”が立ちはだかる。その猛攻に劣勢となる中、シンラは“アドラバースト”を宿すその両脚に妙な違和感を感じ――。
第拾伍話 鍛冶屋の夢
炎炎ノ消防隊 第拾伍話 鍛冶屋の夢 第8特殊消防隊の元に現れた怪しい白衣の男。それは、巨大企業「灰島重工」から「第8」に配属された研究員リヒトだった。不自然な人事をいぶかしく思う「第8」の面々。 そんな中「機関員」の不在という問題を前に、桜備はシンラ達にヴァルカンという男を訪ねるよう命じる。様々な組織からのスカウトを拒否してきたというその孤高の凄腕技術者とは、一体どのような男なのか。