「洋画」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#549 思い出したいマサオくんだゾ
クレヨンしんちゃん #549 思い出したいマサオくんだゾ 町中でおじいさんとすれ違うマサオくん。どこかで見たことがあるのに、誰なのか全然思い出せない。マサオくんは、しんのすけ達の力を借りて、何とか思い出そうとするのだが……。
第6話 ≪森≫の巫女
魔術士オーフェンはぐれ旅 第6話 ≪森≫の巫女 マクドガルと対峙するオーフェンの前に、突如現れるディープ・ドラゴン。オーフェンはディープ・ドラゴンの魔術を受けるが、フィエナの癒しの力で命拾いする。 明日はマクドガルがドラゴンの聖域に向かう日で、その目的のためにフィエナは犠牲になろうとしていた。フィエナを助けたいマジク。フィエナはオーフェン達に、このまま里から逃げるように告げるが……。
#12 ナナブンノニジュウニ
22/7 #12 ナナブンノニジュウニ 22/7への想いを確かめあった8人に、解散会見以来止まっていたはずの”壁”が突如語り出す。これまでメンバーを監視し、その活動の全てが“壁”による実験だったのだと明かされる。実験が次のフェーズに移ったいま、22/7は『用済み』と言われ、自分たちもファンも全て利用されていたと憤るメンバー。しかしニコルだけはひとり、22/7を守ろうと必死に嘆願する。
第238話 忘れ競争!ミョウガVS逆境タイマツ
キテレツ大百科 第238話 忘れ競争!ミョウガVS逆境タイマツ 真っ青な顔をして八百八に現れた勉三。店にあるミョウガを全部買うという。ミョウガを食べると忘れっぽくなると言われていることから、どうやら何かあったらしい。取引先との打ち合わせでホテルに行ったパパから、友紀がブライダルコーナーに勉三とは別の男性といるところを見たと聞いた英一。忘れたいのは友紀の事だったのだ。
#37 ダーリンって呼ばれたらイイナ!
おねがいマイメロディ 〜くるくるシャッフル!〜 #37 ダーリンって呼ばれたらイイナ! 歌ちゃんのお家に泊まって以来、潤くんは歌ちゃんのことをますます好きになってしまった。歌ちゃんと結婚して本当の家族になりたい! まずは歌ちゃんの家族に認められようと努力を開始するが…? 一方、小暮くんも、潤くんのがんばりに触発され、ある決意をするのだが…?
#10 魔王復活
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #10 魔王復活 残りは6チーム。サバンナで戦うレンとフカ次郎のふたりは《MMTM》の襲撃を受けた。そのとき、前回《スクワッド・ジャム》のライバルチーム《SHINC》が、レンたちの前に現れる。《SHINC》のボスは、レンにガチのタイマン勝負を申し込むが……。 「ごめん……それはできない」  唯一ピトフーイを止められるのはレンのみ。7チームを返り討ちにして勢いが止まらないピトフーイとエムのチーム《PM4》に《SHINC》と《LF》が挑む。エムの狙撃をかいくぐり、最強の盾を突破することはできるのか……。 「各員、気合い入れな! 目標《PM4》! 《お菓子作戦》を開始する!」
第一章『本のない世界』
無料
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第一章『本のない世界』 本が大好きな女子大生・本須麗乃は本に埋もれて亡くなり、気がつくと別の世界で、病弱な少女・マインとして転生していた。本があれば、どんな環境でも耐えられると思ったマイン。さっそく本がないか家中を探し回るが、どこにも本が見つからない。さらに母親のエーファと一緒に街へ出ても、文字すらなかなか見かけることができない。そこは識字率が低く、本がとても高価な世界だったのだ――。
第二章 『生活改善と石板』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二章 『生活改善と石板』 本が貴重なこの世界で、マインは自ら本を作ろうと決意する。だが、体が弱いマイン。姉のトゥーリと一緒に、父親・ギュンターの忘れ物を届けるため門へ行こうとするが、少し歩いただけで息が上がってしまう。そんなマインの前に、ルッツが現れる。マインと同い年のご近所さんだ。転んだマインに手を差し伸べてくれるルッツにマインは感激する。そして、門へ着いたマインはそこで古い石板をもらい、字を書ける喜びをかみしめる。
第三章 『冬のできごと』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第三章 『冬のできごと』 冬。雪に閉ざされる中、マインは本作りの第一歩としてパピルスもどきを作ることに。一方、姉のトゥーリは夏に洗礼式を控え、母・エーファから様々な仕事を教わっていた。マインも見習い仕事について考えるよう言われるが、相変わらず本のことしか頭にない。 そんなマインと家族との距離は冬を過ごす間に徐々に縮まっていき、マインはトゥーリの洗礼式のためにある物をプレゼントしたいと思いつく。
第四章 『初めての森と粘土板』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第四章 『初めての森と粘土板』 春になり、家族に森へ行きたいと言うマイン。だが、体力がないからと反対されてしまう。しばらく門へ通い、皆に遅れずに歩けるようになれば、森へ行っても良いと言うのだ。オットーの書類仕事を手伝うことになったマインは、門へ通いながら体力をつけることに。そして、次第に歩けるようになり、ついに森へ行くことを許されたマイン。さっそく森で、粘土板を作ろうとするのだが……。