「消費増税 ポイント還元」の検索結果

「消費増税 ポイント還元」に関する情報は見つかりませんでした。
「消費増税」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

消費増税後も「個人消費衰えてない」日銀・黒田総裁
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 消費増税後も「個人消費衰えてない」日銀・黒田総裁  消費増税の後も個人消費は衰えていないとの見方を示しました。  日本銀行・黒田東彦総裁:「全体としてみると、消費の減少は一時的なもので個人消費の増加基調は維持されている」  日銀の黒田総裁は21日の記者会見で「個人消費は堅調」として、昨年の消費増税によって個人消費は衰えていないとの考えを示しました。ただ、日銀が21日に公表した物価上昇率の見通しでは来年度の上昇率は1%にとどまっていて、日銀が景気の好循環のための目標とする「2%」には届かないとみています。
消費増税と暖冬の影響…百貨店売り上げ前年比-5%
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 消費増税と暖冬の影響…百貨店売り上げ前年比-5%  消費増税と暖冬の影響で、百貨店の売上高が下がりました。  先月の全国の百貨店の売上高は約6404億円で、前の年の同じ月に比べて5%のマイナスでした。消費増税前の駆け込み消費の反動や暖冬の影響で、コートなどの冬物衣料が苦戦するなど、ほとんどの商品で売り上げがマイナスに転じました。また、去年1年間の売り上げは約5兆7547億円で、2年連続で減少しました。日本百貨店協会は、今月末から全国で冬のセールを実施して消費喚起をしたいとしていますが、通常の売り上げのペースに戻るには、半年以上かかるとしています。
増税がスーパー直撃 売り上げ3カ月連続マイナス
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 増税がスーパー直撃 売り上げ3カ月連続マイナス  消費増税以降、売り上げ前年比マイナスが続いています。  先月の全国のスーパーの売り上げは約1兆1884億円で、去年10月から3カ月連続で前年を下回りました。暖冬の影響で食料品では鍋の野菜などの売れ行きが悪く、衣料品でもアウターなどの売れ行きが例年より良くないということです。また、去年1年間の売り上げ高は約12兆4324億円で、4年連続でマイナスとなりました。日本チェーンストア協会は消費増税が家計に影響して、消費の弱さが長引くことを懸念していると不安感を示しました。
ああ悲しき“宮仕え”…サラリーマン川柳100選
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 ああ悲しき“宮仕え”…サラリーマン川柳100選  流行や世相を映す「サラリーマン川柳」の今年のベスト100が発表されました。  第一生命が発表した今年のサラリーマン川柳ベスト100は、全国から集まった5万句以上のなかから選ばれました。就業時間が終わっても上司の仕事が終わらず、帰ることができない「ノーサイド 笛が鳴らない 我が職場」など日本中が熱狂したラグビーの用語を交えた句が多かったほか、「万一に キャッシュ握って 初ペイペイ」など消費増税に関わる句も多く登場しました。「会議数 減らせないかと 会議する」の句からは働き方改革が進まないことに悩むサラリーマンの姿が浮かびます。5月下旬にベスト10が発表される予定です。
320年の歴史に幕 山形の老舗百貨店が破産
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 320年の歴史に幕 山形の老舗百貨店が破産  西暦1700年、元禄13年創業の山形市に本店のある老舗百貨店「大沼」が320年の歴史に幕を下ろすことになりました。  大沼・長沢光洋代表取締役:「私だって破産させたくない。借り入れをしてしのいでいきたかった」  山形市の百貨店「大沼」は27日、裁判所に破産を申請しました。民間調査会社の東京商工リサーチによりますと、大沼は1993年2月期に196億6000万円あった売上高が去年2月期には約74億円まで落ち込みました。さらに、去年10月の消費増税後、売り上げが大きく減り、負債総額は約30億円に上るということです。パートを含めた従業員191人は全員、解雇されました。山形県は全国で唯一、百貨店がない都道府県になります。

おすすめの作品

増税に伴うポイント還元の話|Sparkle College -MONEY-
無料
Sparkle Sparkler 増税に伴うポイント還元の話|Sparkle College -MONEY- 【Sparkle Sparkler 毎週月〜木曜日 13:00 〜 16:00 生放送!】AIR-G Sparkle Sparklerで放送中のコーナー『Sparkle College』。聴くと役立つ!ためになる!情報を、その道のスペシャリストがわかりやすく解説。「MONEY」では、知っていると得するマネー術や気になっているけど実はわからない!という言葉など、ファイナンシャルプランナーが伝授!
マイナンバーカードによるポイント還元についての話|Sparkle College -MONEY-
無料
Sparkle Sparkler マイナンバーカードによるポイント還元についての話|Sparkle College -MONEY- 【Sparkle Sparkler 毎週月〜木曜日 13:00 〜 16:00 生放送!】AIR-G Sparkle Sparklerで放送中のコーナー『Sparkle College』。聴くと役立つ!ためになる!情報を、その道のスペシャリストがわかりやすく解説。「MONEY」では、知っていると得するマネー術や気になっているけど実はわからない!という言葉など、ファイナンシャルプランナーが伝授!
「購入」決定ボタンわかりにくく…業者に指示処分
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「購入」決定ボタンわかりにくく…業者に指示処分  通販のホームページで購入を決定するボタンが分かりにくくなっていました。  東京・新宿区の「株式会社GRACE」はダイエットサプリメントなどを販売するホームページで、定期購入契約の申し込みを完了させるボタンを「初回完全無料のぜいたくコースに参加する」と表示していました。この表示が消費者にとって分かりにくいことが特定商取引法違反にあたるとして、消費者庁は表示を改めるように指示しました。GRACEを巡っては「知らないうちに購入決定になっていた」など、全国の消費生活センターに去年1年間で4700件以上の相談が寄せられていました。
外国人観光客の消費相談 最も多いのは宿泊関連
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 外国人観光客の消費相談 最も多いのは宿泊関連  日本を訪れた外国人観光客の消費トラブルは宿泊に関することが最も多いことが分かりました。  国民生活センターは外国人観光客向けの消費相談窓口を設けて1年が経過したことを受け、相談の実態を初めて明らかにしました。年間相談件数は283件で、このうち最も多かったのは中国語での相談で、約6割でした。具体的には「予約した民泊に行ったが、オーナーが不在で宿泊できず野宿した」などといった宿泊に関する相談が最も多く、次いで「レストランで高額なお通し代の請求を受けた」など外食に関することが多かったということです。国民生活センターでは英語と中国語のほか、韓国語やタイ語、ベトナム語など6カ国語で電話相談を受け付けています。
こたつなど…電気でも油断禁物 死者9割は高齢者
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 こたつなど…電気でも油断禁物 死者9割は高齢者  火を使わないからといって油断は禁物です。死者の多くが高齢者でした。  消費者庁によりますと、電気ストーブや電気こたつによる火災は去年1年で493件発生し、67人が死亡しています。死亡した人の約9割が65歳以上で、電気こたつに座椅子を押し込んで使用するなど誤った使い方をしていました。高齢者は自分の手の届く範囲に必要なものを置く傾向があることも火災につながりやすいということです。消費者庁はストーブやこたつの周りに燃えやすいものを置かないなど、正しい使い方をするよう注意を呼び掛けています。
期間限定の“お得キャンペーン”常態化…景表法違反
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 期間限定の“お得キャンペーン”常態化…景表法違反  期間限定のはずがずっと割引が続いていました。  トランクルームなどの収納スペースを運営する株式会社「キュラーズ」は、東京・勝どき月島店のホームページ上で「3カ月間30%オフ」とするキャンペーンを期間限定として行っていました。しかし、実際には期間は限定されず、去年2月から10月までキャンペーンが続けられ、さらに多くの店舗で常態化していた可能性もあるということです。消費者庁は消費者のお得感を不当にあおる景品表示法違反にあたるとして、キュラーズに再発防止などを命じました。キュラーズは「命令を真摯に受け止め、管理体制の強化に努める」とコメントしています。
#45 ゲストに竹中平蔵氏を迎え消費税増税・軽減税率についてほろ酔いトーク
無料
NewsBAR橋下 #45 ゲストに竹中平蔵氏を迎え消費税増税・軽減税率についてほろ酔いトーク 今回のゲストは元経済財政政策担当大臣の竹中平蔵さん! 関西電力の会長・社長が辞任を表明した件に対して橋下さんの見解とは? また消費税増税がスタートし国民の生活はどう変わるのか? 更に視聴者からの子供に対する「お金の教育」についての質問に竹中さんが真意に答える! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式アカウント @abemanews_barHT
#128②:日村とローション消費NO,1芸人の変態サミット
日村がゆく #128②:日村とローション消費NO,1芸人の変態サミット ★変態サミット ローションを鍋で温める!? ローションを1ダース使い切る!? バイきんぐ西村の変態性が明らかに!
視界不良 ~揺れる商業捕鯨再開~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 視界不良 ~揺れる商業捕鯨再開~ 去年12月、日本は国際捕鯨委員会からの脱退を表明し、今年7月からの商業捕鯨再開を決めた。 南極海捕鯨の基地として発展してきた山口県下関市。悲願の再開に歓迎の声が上がる一方、戸惑いが広がった。漁場が日本の領海と排他的経済水域内に限定されたのだ。 南極海にはもう行けない。新たな漁場でクジラは捕れるのか。鯨肉消費が低迷する中、商業捕鯨は成立するのか。視界不良の中、捕鯨船団は下関を出港した。
財政審 財政健全化で…政府試算に厳しい意見相次ぐ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 財政審 財政健全化で…政府試算に厳しい意見相次ぐ  財務省の財政制度等審議会は今年初めての会議を開き、財政健全化に関する政府の試算について厳しい意見が相次ぎました。  財政制度等審議会は、大学教授やエコノミストなどから成る財務大臣の諮問機関です。会議では財政健全化に関する政府の試算について委員から「民間の予測はもっと保守的だ」として苦言が相次いだほか、消費税を上げたのに税収が下がるなかで大型の経済対策や過去最大の予算案が編成されたことに懸念が示されました。終了後、増田寛也会長代理は財政健全化に向けて「社会保障の取り組みも含めて強い意見を出していく」と強調しました。