「涼宮ハルヒの憂鬱 小説」の検索結果

「涼宮ハルヒの憂鬱 小説」に関する情報は見つかりませんでした。
「小説」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

#87:時給1万円!耳から脳へ貴女の声が…官能小説朗読モデル
給与明細 #87:時給1万円!耳から脳へ貴女の声が…官能小説朗読モデル 【見どころ】 ▼静まり返った部屋に響き渡る女性の喘ぎ声や卑猥な言葉…その場を見つめるのは仕事着姿の男性達!?官能小説朗読会に初潜入 ▼新人潜入ガール4ちゃん、現役セクシー女優から朗読術を伝授!衣装に着替え官能小説朗読会に挑戦 ▼脱がず、触れず、本を読み上げるだけ!なのに、高収入!?その給与を大公開!
第2話 「恋人号泣!始まったグッドバイ」
グッド・バイ 第2話 「恋人号泣!始まったグッドバイ」 既婚者なのに複数の彼女がいるダメ男の田島毛(大野拓朗)に、「彼女たちとグッドバイしたら?」と思わずアドバイスをしてしまった別所(夏帆)。すっかりその気になった田島毛は、太宰治の小説「グッド・バイ」に登場する妻役を演じる女性の役を、別所にお願いしたいという。結婚指輪まで用意してきた田島毛に引きずられるように、別所は妻のフリをして、しぶしぶ彼女に会いに行く。最初に別れを切り出す恋人は、小説と同じく美容師のりりこ(佐津川愛美)にしたという田島毛。りりこが働く美容院に着くと、田島毛は別所を女房だと紹介してさっさと出て行ってしまう。後に残された別所は「いつも主人がお世話になっております」と声を絞りだすのだが...。
第3話 「女心は、もっとやわらかいもの」
グッド・バイ 第3話 「女心は、もっとやわらかいもの」 1番目の恋人・りりこ(佐津川愛美)と、別れるのに成功した田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)は、別所の会社の会議室で次の作戦を練る。今回も太宰治の小説「グッド・バイ」を参考に別れようと思っていた田島毛。しかし、小説が2番目の対決を前に終わっているのを知ってうろたえる。「自力で考えるしかない」という別所に背中を押され、2番目の恋人・キャバクラ嬢の遥(佐藤玲)の店に向かう。一人で遥に別れを切り出す田島毛だが、遥の「会いたい時に会えばよくない?セフレでよくない?」という都合のいい言葉に、断りきれなくなってしまう。別所を引き連れて、再び遥に話に行くが、妻役の別所を見た途端、遥の態度が急変する。
#7 「妹と世界で一番面白い小説」
無料
エロマンガ先生 #7 「妹と世界で一番面白い小説」 新作の出版を急く正宗は、担当編集者・神楽坂から提示された小説コンペ「ラノベ天下一武闘会」への参加を即決する。しかしそこに居合わせた大人気作家・千寿ムラマサが同じくコンペ参加を申し出、正宗の前に立ちはだかる。正宗たちの夢を「つまらない夢」と呼び、妨げる彼女に、賭けを持ちかける正宗。エルフの助力を受けつつ、改稿作業に取り組む正宗の元を訪れた意外な人物、それは千寿ムラマサその人だった――。
#11 「二人の出会いと未来の兄妹(ふたり)」
無料
エロマンガ先生 #11 「二人の出会いと未来の兄妹(ふたり)」 合宿から帰宅する正宗。正宗の帰りを喜ぶ紗霧。二人は新作の発売日を迎えることとなる。作品が並ぶ本屋を見に行く道すがら、正宗はタブレット越しの紗霧に小説を書き始めた頃のことを語りはじめる。ある「きっかけ」があって小説にのめり込んだという正宗。同じ頃、登校拒否をしていた紗霧もまた、ある「きっかけ」のおかげで学校に通うようになったのだという。二人の過去と現在を繋いだ、これはその「きっかけ」の話――。
第1話 「僕、グッドバイします!」
グッド・バイ 第1話 「僕、グッドバイします!」 WEBデザイナーの別所文代(夏帆)は仕事で外出中に、高校時代の部活の後輩・田島毛収(大野拓朗)と偶然再会する。別所の馴染みのバーで二人が再会を祝していると、酔っぱらった常連客の美春が別所に絡んできた。美春の失恋話につきあう別所を、感動のまなざしで見つめる田島毛。自分の話も聞いてほしそうな様子に気づいた別所が促すと、意を決して、田島毛が悩みを打ち明け始める。田島毛は現在単身赴任中で、秋には家族を呼ぶつもりだが、田島毛には愛人がいるという。それも4人。田島毛のモテ男ぶりを実感した別所は、ふと、この状況が太宰治の小説「グッド・バイ」にそっくりだと気付く。「太宰を見習って、グッドバイしなさい!」という別所のアドバイスに田島毛は...。
第26話 占いとミステリー
エスパー魔美 第26話 占いとミステリー 魔美はミステリー小説に夢中になり、つい夜更かしする。午後、車に轢かれそうになった男性を家まで送ると、昨晩遅くに引越してきた占い師の家だった。助けた男性は占い師の息子で、ミステリー小説マニアで、何だか少しマザコン。その後魔美は占い師の聖天宮宣子に気に入られ、息子の嫁にもらうと家までおしかけ…。
第9話 誕生日パーティー
無料
アンダーエンプロイド ~夢とサイフの相関図~ 第9話 誕生日パーティー [ 海外MTV の人気番組 ] 自分の誕生日が近づきパーティーの準備に大忙しのダフネ。トッドとののろけ話に対抗心を燃やすマイルズは、パーティーの為の料理を始めるが...。ソフィアが小説の執筆に使っているパソコンをラヴィヴァが壊してしまうが、小説の内容を見られるとまずいソフィアは修理の申し出を拒否する。ルーは父親でもある会社の社長から昇進を持ちかけられるが、大学院の進学を予定している彼は進路に悩む。
第9話 「最後のバトルは君次第」
グッド・バイ 第9話 「最後のバトルは君次第」 長らく続いたグッド・バイプロジェクトも、終盤を迎えた田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)。最後の彼女、心療内科医の笠原(奥菜恵)と対峙する。別所一人では歯が立たず、再び田島毛と笠原のもとへ向かう。笠原を説得しようと意気込む別所の前に、田島毛の家族写真に写っていた親子が現れる。突然の出来事に、事態は思わぬ展開に・・・。田島毛はこれまで隠していた、ある真相を打ち明ける。
#10 「和泉マサムネと年下の先輩」
無料
エロマンガ先生 #10 「和泉マサムネと年下の先輩」 山田家の別荘にて、正宗の「お蔵入り小説」を熱心に読むムラマサ。自分の作品を心から好いてくれるムラマサの反応に、正宗も照れながらも嬉しさを隠せない。正宗の提案でその日は仕事をしながら、成り行きで「ムラマサの好きな人」の話題で一同は盛り上がる。変わらぬ恋心を隠しもしないムラマサの、その胸の内で起こっていた変化とは――。
最終話 「嘘は本当で本当は罪で!?~これぞホントのForever Love~」
グッド・バイ 最終話 「嘘は本当で本当は罪で!?~これぞホントのForever Love~」 別所(夏帆)への愛の告白も実らず、引きこもりがちな田島毛(大野拓朗)。その頃、別所は休暇を取り、地元へ帰っていた。笠原(奥菜恵)から思いを貫き通すよう背中を押された田島毛は、再び別所の会社へと向かう。別所の長期休暇を知り、後を追うように地元へ戻った田島毛。別所の実家に着くや否や、そこに現れたのは・・・。果たして田島毛にハッピーエンドは訪れるのか?太宰治も描けなかった衝撃の結末とは!?
#1 「妹と開かずの間」
無料
エロマンガ先生 #1 「妹と開かずの間」 ライトノベル作家で生計を立てる高校生・和泉正宗は、一年間部屋に引きこもっている義理の妹・紗霧と二人きりで暮らしていた。ある日、同じクラスの高砂智恵に、自身の小説の挿絵担当でもある正体不明のイラストレーター「エロマンガ先生」が、ネットで正宗を揶揄していたことを聞かされる。「エロマンガ先生」の動画配信の生放送を観ることになった正宗は、そこで「エロマンガ先生」の正体を知ることとなり――!?
第5話 「2番目でもないならサヨウナラ」
グッド・バイ 第5話 「2番目でもないならサヨウナラ」 今回の相手は3番目の愛人、ストリートミュージシャンの静(三浦透子)。田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)の嘘の結婚話を祝福しつつも、田島毛と別れるつもりのない静に、別所が一人で会いに行く。話がかみ合わないまま、今度は田島毛を含めて三人で対決することに。田島からはっきりと別れを告げられた静は、いきなり田島毛の手を掴み、屋上に連れて行く。「別れるなら飛び降りる!」という静を、田島毛はなんとか説得しようとするが、うまくいかない。これからも月1回は会ってという静に、流されそうになる田島毛。そこで別所が思いがけない行動をとる...。
第6話 特別編「恋はいつでも不均衡」
グッド・バイ 第6話 特別編「恋はいつでも不均衡」 愛人を清算すると言いながらも、新たな彼女を増やしてしまった田島毛(大野拓朗)に激怒した別所(夏帆)は、自分の幸せだけを考えて生きると決意する。第6話は特別編。田島毛と別所の人生を振り返り、モテる人がモテて、モテない人がモテないわけを考える。現代に生きる男女に送る、恋の手引き。田島毛は愛人を増やしてしまったことを、心から反省していると別所に訴えるが、別所はもう協力できないと告げる。別所は田島毛の大きな裏切りに刺激され、久しぶりに自分の恋に目を向け始める。果たしてグッド・バイプロジェクトは終わりを告げるのか・・・。
第7話 「世界で一番必要なあなたへ」
グッド・バイ 第7話 「世界で一番必要なあなたへ」 新たに愛人を増やしてしまったことで別所(夏帆)に愛想を尽かされ、落ち込んでいる田島毛(大野拓朗)。片や自身の恋愛に踏み出そうとはしたものの、海津(清水優)とのデートにどうにも乗れない別所。帰り道に1人でバーへ向かうと、マスターの遠藤(マツモトクラブ)から直前まで田島毛が元カノを連れて飲みに来ていたと打ち明けられる。やっとの思いで別れさせた愛人たちと、よりを戻すことに憤りを隠せない別所は、マスターに諭され、田島毛に会いに行く。会社の前で待ち伏せしていた田島毛に、別所が事の真相を問いただすと・・・。
第8話 「あなたの嘘、知っています」
グッド・バイ 第8話 「あなたの嘘、知っています」 再び愛人の清算に向けて動き出す、田島毛(大野拓朗)と別所(夏帆)。次なる相手は、学習塾の先生をしている桃子(田中千絵)。これまでを鑑みて、夫婦関係を自然に振る舞うことで別れを告げようと作戦を立てる二人。桃子が勤める学習塾に子供の相談と言って訪れた田島毛と別所。そこで偶然、別所の大学時代の友人・千恵子(上地春奈)と出会ってしまう。田島毛と別所の夫婦のフリに、笑いが止まらない桃子。夫婦のフリを見抜かれてしまった別所は逃げ出すように学習塾を去るが、そこで思わぬ光景を目にすることに・・・。
第10話 「おんどりゃーどういうこっちゃ」
グッド・バイ 第10話 「おんどりゃーどういうこっちゃ」 田島毛(大野拓朗)が実は結婚しておらず、妻も子もいないという思わぬ事実を打ち明けられた別所(夏帆)。とんでもない嘘をつかれていたことにショックを受け、涙が止まらない。職場に戻ってきた別所は、黒沼(米村亮太朗)に全てを話す。別所は、自分が愛人たちに“田島毛の妻”だと嘘をついていたことを謝り、グッド・バイプロジェクトに終止符を打とうと心に決める。一人ひとりに謝って回っていると愛人たちから、事前に田島毛が妻と一緒に別れを切り出しに来ても揉めないでほしいと愛人たちに根回ししていた事実を知る・・・。
第1話 悲劇
無料
東京喰種トーキョーグール 第1話 悲劇 東京。ここでは、人に紛れ人を喰らう「喰種(グール)」と呼ばれる怪人がはびこっていた。読書好きの大学生・金木研(カネキ ケン)は、行きつけの喫茶店「あんていく」で自分の好きな作家・高槻泉(タカツキ セン)の小説を愛読する神代利世(カミシロ リゼ)と出会い、本屋デートをすることになる。自らの運命を変える事故に巻き込まれてしまうとも知らずに…。 瀕死の重傷を負うカネキだったが、手術により何とか一命を取り留めるが…。 「何を食べても不味いんです」 目覚めたカネキにある異変が起こりはじめ…!?
第4話 「大事なあの子とモーニングコーヒー」
グッド・バイ 第4話 「大事なあの子とモーニングコーヒー」 2番目の恋人・遥は、逆上して一触即発となったが、田島毛(大野拓朗)の涙で、なんとか別れてくれた。別所に嫌な思いをさせたと意気消沈する田島毛だが、すっかりやる気になった別所は、3番目の恋人・ストリートミュージシャンの静(三浦透子)に会いに行く。別所と結婚して転勤するという田島毛の嘘に、静は笑顔で祝福するのだが...。静とあっさり別れられた田島毛と別所は、別所の部屋で祝勝会をしていた。すると突然、田島毛が別所を押し倒そうとする。未遂に終わったものの動揺を隠しきれない別所。そんな中、静から別所のスマホに田島毛と別所の写真を見ながら大熱唱する静の映像が送られてきて...。
第11話 「良縁は口に苦し」
グッド・バイ 第11話 「良縁は口に苦し」 遥(佐藤玲)に話があると呼び出された田島毛(大野拓朗)。なんとそこには、別所(夏帆)に協力してもらい別れたはずの愛人たちが勢ぞろいしていた。慌てる田島毛に、別所はどうして未婚の田島毛が“奥さんを大事にしたいから別れたい”などと嘘をついたのか、真相が知りたいと詰め寄る。しかし笠原(奥菜恵)は、田島毛はもともと嘘をつくつもりなど無く、別所からの誘導で嘘をついてしまったのではないか、また田島毛の優しさを愛人たちも利用していたのではないかと問いかける。納得できず絶叫する別所、紛糾する愛人たち。追い込まれる気弱な男、田島毛・・・。そして、ついに巧妙に練られた「グッド・バイ」プロジェクト、その驚きの全貌が明かされる!
シャイニング
シャイニング(字幕) シャイニング スティーブン・キングの原作小説を基に、監督スタンリー・キューブリック自らが共同脚色を手がけた、ホラー映画の金字塔。鮮やかな演技、戦慄の設定、そしてトラッキング・ショットによる幻想的な映像を融合し、かつてない恐怖の世界を描き出す。ジャック・ニコルソン(「お客様だよ!」の台詞はあまりにも有名)演じるジャック・トランスは、妻(シェリー・デュバル)と息子(ダニー・ロイド)と共に優雅なオーバールック・ホテルを冬季管理人として訪れたことから物語は始まる。トランスはこのホテルを訪れたことはないはずなのだが ― 果たして?その答えは、狂気と殺戮が渦巻くこの場所にある
第3話 麗しの美形兄妹と出会ってしまった…
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 第3話 麗しの美形兄妹と出会ってしまった… ロマンス小説に夢中になっていたカタリナの元へ、ジオルドとアランが主催する王宮でのお茶会の招待状が届いた。「ロマンス小説仲間を見つけてみせる!」と、やる気満々のカタリナは、美しいながらもその容姿のせいで「呪われた子」として虐げられていたソフィアと、老若男女をも魅了する兄、ニコルと出会うのだった。
時計じかけのオレンジ
時計じかけのオレンジ(字幕) 時計じかけのオレンジ 喧騒、強盗、歌、タップダンス、暴力。山高帽の反逆児アレックス(マルコム・マクダウェル)は、今日も変わらず最高の時間を楽しんでいた ― 他人の犠牲の上にのみ成り立つ最高の時間を。モラルを持たない残忍な男が洗脳によって模範市民に作りかえられ、再び元の姿に戻っていく。多様な意味での恐怖を込めたアンソニー・バージェスの小説を、キューブリックが近未来に舞台を移し映画化。公開当初、世界中に衝撃を与えたのみならず、栄誉あるNY批評家協会賞の作品賞および監督賞を受賞、さらに作品賞を含む4部門でオスカー(R)にもノミネートされた。現在に至っても『時計じかけのオレンジ』の持つ圧倒的な求心力は、観る者を魅了し続けている。
ガチハヤリ選挙2019 延長戦!ガチハヤリBOOKS
ガチハヤリ選挙2019 延長戦!ガチハヤリBOOKS ガチハヤリ選挙2019 延長戦!ガチハヤリBOOKS 流行ること間違いなしの"ガチハヤリBOOKS"を紹介! 浜崎あゆみの恋愛を元に書かれた小説「M~愛すべき人がいて~」を著者 小松成美を迎えて見どころや裏話を紹介! さらに毎年発売される度に大ヒット! 大人気占い師 ゲッターズ飯田の著者「五星三心占い2020」を小森隼がその魅力を熱くプレゼン!
第9羽 青山スランプマウンテン
ご注文はうさぎですか? 第9羽 青山スランプマウンテン チノが歩いて帰っていると、公園の方から原稿用紙で作られた紙飛行機が飛んできた。その紙飛行機は小説家の仕事を辞めたという青山ブルーマウンテンのもので、チノはそんな彼女をラビットハウスに連れてくる。
第13話
花遊記<ファユギ> 第13話 阿斯女は王にした男に裏切られて婚礼を挙げられず、悟空と婚礼を挙げたいと言う。悟空の魂を操ったと思っていた阿斯女だが、それは悟空の人形だった。悟空は阿斯女を始末しようとするが、ソンミに渡した弁当には毒が入っていると阿斯女に脅され悟空は急いでソンミのもとに駆けつける。幸いソンミは料理に口をつけていなかった。料理を食べた魔王も無事だったため、阿斯女にだまされたと悟空は憤る。
第19話
花遊記<ファユギ> 第19話 プジャを殺したのがカン・デソンであることを八戒は知ってしまう。阿斯女がプジャを殺した男に協力していることを知り激高した八戒は、カン・デソンの家に向かう。突然の八戒の訪問に戸惑うカン・デソンは、チョン・セラを知っているかと問い詰められる。そこに魔王が現れ、うまく言いつくろって八戒を連れて帰る。魔王は興奮している八戒に、悟空の命懸けの計画を邪魔したくないからおとなしくしていろと言うのだが...
第9話 小説
僕たちの復讐ノート 第9話 小説 チフン先生との恋愛話を学校の掲示板に載せたミナ。クラスメイトもグヒも完全に2人が付き合っていると思っていたが、あることをきっかけにミナが掲示板に載せた内容と全く同じものがネット小説として出回っていることを知る。一方、ジフンと本格的に付き合い始めたグヒだったが、釣り合わないような気がしてしまう。
第71話 サスペンスゲーム
エスパー魔美 第71話 サスペンスゲーム 放課後、魔美たち仲良し3人組が本屋で新しい小説を探していると、隣のクラスの金井たちがやってくる。そして、彼らが本を万引きしているのをのり子が目撃してしまう。悪いことをした金井たちを注意しようと、本屋を飛び出す魔美。しかし、注意を聞かないばかりか、万引きした本を押しつけられて困ってしまうが…。
第2話
花遊記<ファユギ> 第2話 不幸が移ると、みんなからのけ者にされていた子供の頃のソンミ。そんなソンミを、いつか守ってくれる者が現れると慰めてくれるのは祖母だけだった。そして大人になったソンミは悪鬼に狙われていた。ソンミの血の匂いにつられてやって来る悪鬼を悟空が退治してくれたが、悟空にとって三蔵であるソンミは餌にすぎない。自分に食われろと言う悟空に、生きたいから守ってくれとソンミは頼む。悟空は15日間だけ願いを聞いてやるから食われろと言う。