「淡島世理」の検索結果

「淡島世理」に関する情報は見つかりませんでした。
人気の「大麻 ニュース」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

日大ラグビー部員が大麻所持か「自分で使っていた」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 日大ラグビー部員が大麻所持か「自分で使っていた」  日本大学ラグビー部の部員の男が東京・渋谷区の路上で大麻を所持していたとして逮捕されました。  日大ラグビー部の部員で文理学部3年の樋口弘晃容疑者(21)は18日、渋谷区の路上で大麻を所持していた疑いが持たれています。警視庁によりますと、樋口容疑者を不審に思った警察官が職務質問したところ、大麻が見つかったということです。取り調べに対して「自分で使っていた」と容疑を認めています。警視庁は20日午前10時すぎ、東京・稲城市の樋口容疑者が暮らす日大ラグビー部の寮を家宅捜索しました。警視庁は樋口容疑者がいつから大麻を使っていたかやどうやって入手したのかなど捜査を進める方針です。
“被告は大麻など乱用”友人が証言 やまゆり園裁判
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “被告は大麻など乱用”友人が証言 やまゆり園裁判  危険ドラッグと大麻を乱用していたと友人らが証言しました。  植松聖被告(30)は2016年7月、神奈川県相模原市の「津久井やまゆり園」で入所者19人を殺害して26人にけがをさせた罪などに問われています。20日の法廷では、植松被告が20代前半から危険ドラッグと大麻を乱用していたとする友人らの調書が読み上げられました。また、事件の半年前に「俺は選ばれた人間で障害者を殺さなければいけない」と友人らに話していたということです。弁護側は大麻の乱用による精神疾患があったとして刑事責任能力はなかったと主張しています。
「反省しています」と国母被告 起訴内容認め謝罪
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「反省しています」と国母被告 起訴内容認め謝罪  国母和宏被告(31)は「反省しています」と起訴内容を認めました。  スノーボードの元日本代表・国母被告は、国際郵便でアメリカから大麻の加工品約57グラムを密輸した罪で起訴されました。8日の初公判で国母被告は起訴内容を認め、「14歳ごろから大麻を吸っていた」「アメリカでの生活が長く感覚が麻痺していた」と述べました。また、「たくさんの方に迷惑を掛け、深く反省しています。すみませんでした」「違法なことはもうしません」と謝罪しました。検察側は「大麻への親和性と常習性は顕著」などと指摘し、懲役3年を求刑しました。判決は28日に言い渡されます。
日大ラグビー部員逮捕 渋谷区で大麻所持の疑い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 日大ラグビー部員逮捕 渋谷区で大麻所持の疑い  日本大学ラグビー部の現役部員が東京・渋谷区で大麻を所持していたとして逮捕されたことが分かりました。
日大ラグビー部が活動を無期限停止 部員の逮捕受け
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 日大ラグビー部が活動を無期限停止 部員の逮捕受け  現役部員が大麻所持の疑いで逮捕されたことを受けて、日本大学ラグビー部はホームページで活動の無期限停止を発表しました。  日本大学ラグビー部の部員で文理学部3年の樋口弘晃容疑者(21)は18日、東京・渋谷区の路上で大麻を所持していた疑いで逮捕されました。これを受けて日大ラグビー部は、ホームページにおわびのコメントを載せ、活動の無期限停止を発表しました。また、警察の捜査に全面的に協力し、当該部員に対しては厳正に対処するとしています。
1グラム1万円以上で売買される“大麻ワックス”とは 密輸・営利目的の場合どのような罰則に?
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 1グラム1万円以上で売買される“大麻ワックス”とは 密輸・営利目的の場合どのような罰則に? 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
日大ラグビー部現役部員が大麻所持で逮捕
無料
【アベマ厳選】注目の最新&独自ニュースをチェック! 日大ラグビー部現役部員が大麻所持で逮捕 いま、世の中で起きている最新ニュースをアベマが厳選してラインアップ。緊急ニュースや災害情報などの速報はもちろん、話題のテーマを独自目線で掘り下げた企画や、注目の記者会見もノーカットでお届けします!さらに、独自取材を重ねたこだわりのドキュメンタリーも配信中です。
日本大学ラグビー部員逮捕 大麻所持か
無料
【アベマ厳選】注目の最新&独自ニュースをチェック! 日本大学ラグビー部員逮捕 大麻所持か いま、世の中で起きている最新ニュースをアベマが厳選してラインアップ。緊急ニュースや災害情報などの速報はもちろん、話題のテーマを独自目線で掘り下げた企画や、注目の記者会見もノーカットでお届けします!さらに、独自取材を重ねたこだわりのドキュメンタリーも配信中です。
「麻薬」のある世界
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 「麻薬」のある世界 今回のテーマは「麻薬」。今年10月カナダで娯楽用大麻が合法化された。その背景にはカナダ国民の4割以上が大麻を経験しているという状況がある。一方日本は、厳格な取り締まりで薬物の横行を防いできたが、反面、覚せい剤で検挙された人のうち再犯者率が65%にものぼることから、その徹底した規制主義の意義を問い直す声もあがっている。そんな中、スイスでは、ヘロイン中毒者に医師の管理下で公的にヘロインを処方する試みが進められている。厳罰ではなく治療によって薬物に対応していこうという考え方だ。決してなくなることのない「麻薬」、その現実を前に、揺れる理想と現実を見つめる。