「熱量総選挙」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#17 バーサス
あひるの空 #17 バーサス ヤスのシュートが決まり勢いづくクズ高。一方、古賀監督に発破をかけられた蒲地は、これまで以上にやる気に燃えていた。縦横無尽に走る太郎、必死に食らいつく空。一進一退の「走りっこ」が続く中、20分もの間全くスピードが落ちない蒲地に対し、ついに空のヒザがぐらつく。
#11 男の意地と女のプライド
あひるの空 #11 男の意地と女のプライド クズ高バスケ部の練習を見学していた奈緒は、「このチームで試合に勝てるとは思えない」と言い放つ。奈緒の分析が正しいかを検証するために、女子バスケ部と試合をすることになった。女子が負けたら円が裸になると奈緒が勝手に約束したため、俄然やる気になった空たちは順調に得点を重ねていくが、奈緒が「作戦」を円たちに実行させると、試合状況が少しずつ変わっていく。
#12 TEAM
あひるの空 #12 TEAM 男子バスケ部と女子バスケ部の試合は続いていた。千秋は奈緒の作戦に穴があることに気づいているようで、奈緒自身もそれを察知する。トビは試合の様子を見ながら、勝てる様子がないことに愚痴るが、そんなトビに奈緒はこのチームには勝つために足りないものがあるのだと話す。勝敗が決し、やる気をそがれてしまった様子の男子バスケ部を見て奈緒は落ち込んでしまうが……。
#13 温度の違い
あひるの空 #13 温度の違い インターハイの予選まで1か月と迫ったある日、奈緒の提案でバスケ部は合宿をすることになった。クズ高がインターハイに出場できると信じる奈緒は、部員たちにハードなトレーニングを課し、部員たちもそれに必死についていこうとする。しかし、安原が真面目に自主練習をしようとする一方、奈緒のアドバイスを聞かず、鍋島と茶木が練習後に遊んでいる姿を見て、トビは辛辣なひと言を放つ。
#14 勝利に向かって
あひるの空 #14 勝利に向かって 鍋島と茶木が合宿から逃げ出し、空は二人を探しに出かけた。中学生とのバスケ対決に手も足も出ず、すっかり落ち込んでいた二人だが、その中学生が女の子からバスケを褒められたところを見た途端やる気になり、合宿に復帰する。合宿初日に食あたりで倒れた百春も復調したところで、奈緒が練習試合を提案。奈緒のいとこの蒲地太郎属する北住吉高校との練習試合が始まる。
#15 男の心意気
あひるの空 #15 男の心意気 北住吉高校との練習試合が始まった。たまたま通りがかり、練習試合を見学に来た丸高の常盤から、北住吉高校のフォワード・蒲地太郎の実力を教えられた空は気を引き締める。試合の最中に、空が弱点を克服していることに気づいた常盤は、クズ高の実力が上がっていると確信。一方、北住吉高校もクズ高の実力に気づき、“戦闘態勢”に入っていく。
#16 最高の始まりと最悪の始まり
あひるの空 #16 最高の始まりと最悪の始まり クズ高と北住との練習試合が続く。奈緒を巡って千秋が蒲地にライバル意識を燃やす一方、百春は中学時代の後輩・小西からの挑発を受け、いらだちを募らせていく。流れが北住に傾いていると感じた空だが、追い打ちをかけるように、蒲地にシュートを決められてしまう。タイムアウトを取った奈緒は、空に蒲地を抑えるように指示。空は蒲地に張り付き、これ以上点を取らせないと心に決める。
#18 今・・・・。
無料
あひるの空 #18 今・・・・。 空がベンチに下がるも、リードしたままラストピリオドに繋げたいクズ高は、交代したチャッキーやナベが奮闘。トビも2人のヘルプ、そして攻撃で躍動する。しかしラスト1分、オールコートであたってきた北住吉についに逆転されてしまう。メンバーの必死の攻防を見ていた空は、第3クオーター残り30秒で交代を申し出る。
#2 才能のない少年達
あひるの空 #2 才能のない少年達 空と百春たちの男子バスケ部入部をかけたバスケでの勝負が始まった。男子バスケ部の百春、安原(ヤス)、茶木(チャッキー)、鍋島(ナベ)に加え、千秋の代理として女子バスケ部の円を加えた5対1。圧倒的不利な状況にもかかわらず、空はバスケスキルを見せ、シュートへ。しかしヤスの暴力による妨害で理不尽に勝敗が決しようとしたところ、百春から「十本勝負」の提案。まともな勝負も望めず絶体絶命の空だったが、彼には武器があった。
第297話 (秘)ブタゴリラのアロエビックリ大作戦!
キテレツ大百科 第297話 (秘)ブタゴリラのアロエビックリ大作戦! ブタゴリラの様子がおかしい。遊びに誘っても断り続け、学校からも早々と帰ってしまう。その話を聞いたコロ助は、『真っ黒衣』で姿を消し、ブタゴリラの後をつけることに。すると、着いた場所はフィットネスクラブだった!部屋を出る途中で真っ黒衣が脱げ、侵入したのがバレた上、口止めにやらされることになったのは・・・?