「特命 係長 只野 仁 2」の検索結果

「特命 係長 只野 仁 2」に関する情報は見つかりませんでした。
「特命 2」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第2話「検察捜査~反撃」
相棒 season16 第2話「検察捜査~反撃」 事故死に見せかけて3人の妻を殺害したとされる平井(中村俊介)は、自白が強要されたものだったと、無実を主張し続けていた。法務事務次官の日下部(榎木孝明)を後ろ盾に、その事件の捜査指揮権を掌握した検察官の田臥(田辺誠一)は、特命係の右京(水谷豊)と亘(反町隆史)を捜査から閉め出す。真の狙いは、捜査権を持たない特命係が指示に反して捜査を行った場合、それを違法行為として立件することにあった。田臥は捜査一課の伊丹(川原和久)と芹沢(山中崇史)にも接近し、特命係を追い詰める算段を進めていく。
第1話「検察捜査」
相棒 season16 第1話「検察捜査」 自身の妻を相次いで殺害した連続殺人事件の容疑者である大富豪の平井(中村俊介)が、弁護士の慶子(中村ゆり)を通じて警視庁を告訴した。自分は無実で、右京(水谷豊)や亘(反町隆史)らの脅迫によって自供を迫られたというのだ。特命係に敵意を抱いている法務事務次官の日下部(榎木孝明)は、旧知の検察官・田臥(田辺誠一)に、東京地検で告訴状を受理するよう指示。狙いは、脅迫罪の立件ではなく、「特命係を違法捜査で立件する」というものだった。密命を受けた田臥は、特命係を訪れると共に、美彌子(仲間由紀恵)や幸子(鈴木杏樹)にまで事情を聞き、ジリジリと包囲網を狭めていく。
第115話 特命!やってきた死神たち
BLEACH 第115話 特命!やってきた死神たち ソウル・ソサエティに残ったはずのルキアが、恋次、一角、日番谷、弓親、乱菊とともに、突然、一護の前に姿を現した。驚く一護をいきなり蹴り飛ばしたルキアは、そのまま一護を死神化させると強引にホロウが暴れている場所に連れて行ってしまう。「貴様ならその程度のホロウを倒す事など訳ないだろう」と一護をけしかけるルキア。しかし、一護は自分の内なるホロウの力を恐れて戦うことが出来ない。追い込まれる一護にルキアの檄が飛ぶ。
第6話「ジョーカー」
相棒 season16 第6話「ジョーカー」 早見(山田純大)という元捜査二課の刑事が、警視庁を訴えた裁判に注目が集まっていた。早見の妻・幹子(宮本裕子)が半年前に歩道橋から転落死した一件について、警察は自殺と断定して捜査を打ち切ったが、早見は殺人の可能性を主張。その後、知人に虚偽の目撃証言をさせた疑いで懲戒免職になった早見は、その処分は不当だとして損害賠償を請求していた。そんな早見の代理人は、以前、快楽殺人犯の弁護を担当し、特命係と禍根を残した弁護士の連城(松尾諭)だった。衣笠副総監(大杉漣)は、あくまで処分は妥当だったと印象付けるため、偽証した男の捜索を指示する。
第12話「暗数」
相棒 season16 第12話「暗数」 警視庁副総監の衣笠(大杉漣)が、青木(浅利陽介)と会食後、2人の暴漢に切りつけられる事件が発生。衣笠は7年前、県警本部長時代に、カルト集団の一斉検挙を指揮した経緯があり、その関連も視野に入れて緊急対策チームが編成される。いっぽう、青木から事件の話を聞いた右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、独自の捜査に乗り出し、衣笠家を訪れる。周囲は警備が強化され、許可のない者は門前払いだったが、以前、事件の目撃者として特命係と知り合った衣笠の娘・里奈(桜田ひより)の計らいで話を聞けることに。衣笠家には、4年前にも脅迫めいた手紙が届いており、母の祥子(筒井真理子)はそれで体調を崩して今も療養先から戻ってないという。
第8話 火の試練
幼女戦記 第8話 火の試練 統一暦1925年。ライン戦線へ転属となったターニャに、元共和国領のアレーヌ市でパルチザンが蜂起したとの一報が入る。司令部はターニャの大隊に「アレーヌ市の叛徒および敵魔導部隊を排除せよ」との特命を発令。だが市街戦で民兵と非戦闘員の区別が出来るはずもない。グランツを始めとする大隊各員は非情な任務に動揺を隠せなかった。

おすすめの作品

厄介者「ぎんなん」超人気に 市役所が商品化なぜ?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 厄介者「ぎんなん」超人気に 市役所が商品化なぜ?  多くの学校にあるイチョウの木、そのギンナンが児童の皮膚をかぶれさせる原因となっていました。そんな「厄介者」を逆転の発想で有効活用する市の取り組みを取材しました。  東京・清瀬市役所の窓口案内の前で売られているギンナン。そこには「清瀬市の市役所産」という文字が。実は今、この清瀬市役所産のギンナンが人気だというのです。それにしても、なぜ市役所がギンナンを商品化したのでしょうか。  その訳は小学校にありました。向かってみると、そこにはイチョウの木。その下には大量のギンナンがありました。これが厄介者になっているといいます。  清瀬小学校・長沼正城校長:「子どもたちがおもしろがって拾ってしまう。そうすると、子どもによってはかぶれてしまうっていう子も出てくるので」  そこで、市は子どもの安全などのため回収するようにしていました。これが悩みの種に。  清瀬市総務課営繕係・海老澤雄一係長:「今まではお金をかけて処分していたというのが現状だった」  そこで市は処分費削減などのため商品化を考えたのです。費用を抑えるため、収穫や加工などすべて市の職員が行っています。まずは、市内にある4つの小学校から集めたギンナンを網で果肉と種に分離します。その後、種を水洗いして1週間ほど天日干しをすれば完成です。出来上がったギンナンはすぐさま市役所に並びます。また、清瀬市役所では熟して落ちた実が「地面を汚す」などと苦情がきていた柿を落ちる前に収穫し、販売。  清瀬市総務課営繕係・海老澤雄一係長:「市役所ってどう…
第2話 思いがけない提案
伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~ 第2話 思いがけない提案 マ家の人々は次期社長の座を巡って牽制し合い、スインを邪魔者扱いする。外泊したボンニョは、刑務所の外の世界になじめない。そんな彼女を慰める刑務所の元係長、イムン。イムンは義理の息子のウソクたちと暮らすことになる。プングムはマ家の運転手ウォランとトラブルを起こし、彼をシンファの本部長、ドジンだと思い込む。偶然、再会するスインとウソクだが、2度目の出会いも最悪なものだった。マ家に居場所はないと察したスインは、家を出ていこうとするが...。
第18話 戻る機会
キム課長とソ理事~Bravo! Your life~ 第18話 戻る機会 拉致されたソ理事をパク係長と一緒に助け出したソンニョンは検察庁の前で待っていたマスコミに拉致の事実を暴露する。一方、会社は非常改革案としてリストラを発表し、その中にはチュ部長も含まれていた。検察庁ではイ課長の証拠資料がもみ消されてしまう。そんな中、会長はユソンの側近理事にも濡れ衣を着せようとしていた。ソンニョンは上層部の不安を煽って内部告発させ、ソ理事を検察の潜入捜査官に仕立て上げることにする。
第22話
華政[ファジョン] 第22話 イヌに正体を知られた貞明公主は、謀反の濡れ衣を着せられた仁穆大妃を救いに行こうとするが、かえって仁穆大妃の身に危険が及ぶとイヌに止められる。王宮では、仁穆大妃の処罰を求める声に光海君は苦悩していた。そして、真相を確かめるため仁穆大妃に会いに行くと、仁穆大妃の口からは、公主の証しを使って自分をおびき寄せたと言われる。また、ホ・ギュンが密かに会っていたのはジュソンではなくファイだったと知り驚く。同じ頃、ファイは仁穆大妃を救い出すためジュウォンに用意してもらった女人用の衣に着替えて光海君を訪ねるが...
第50話
華政[ファジョン] 第50話 ジャジョムの意見に耳を貸した仁祖の決定に失望した貞明公主は、仁祖を訪ね最後の機会を逃したと話す...仁祖が即位して5年後、後金による第一次朝鮮侵攻が起きる。仁祖はイ・グァルの乱に続き、またもや都を捨てて逃げるが、結局は降伏し後金と兄弟国の条約を結ぶ。また、この戦によって多くの民が後金の捕虜となった。時は流れ1636年。嬪宮カン氏の出産が間近に迫り、昭顕世子(仁祖の長男)は学問に集中できずにいた。教育係のジュウォンは昭顕世子を諌めるが、貞明公主が産気づいたことを知ると慌てて帰宅。カン氏も貞明公主も無事に男児を出産する。
【Krush.73 -67kgタイトルマッチ】王者・塚越仁志 vs 挑戦者 モハン・ドラゴン
9.18 K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント特集 【Krush.73 -67kgタイトルマッチ】王者・塚越仁志 vs 挑戦者 モハン・ドラゴン 2017年2月18日(土) 東京・後楽園ホール「Krush.73」 Krush -67kgタイトルマッチ 王者・塚越仁志 vs 挑戦者 モハン・ドラゴン
【Krush.60 -67kg次期挑戦者決定戦】渡部太基 vs 塚越仁志
9.18 K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント特集 【Krush.60 -67kg次期挑戦者決定戦】渡部太基 vs 塚越仁志 2015年11月14日(土) 東京・後楽園ホール「Krush.60」Krush -67kg次期挑戦者決定戦 渡部太基 vs 塚越仁志
第45話
華政[ファジョン] 第45話 ジュウォンはイヌのおかげで無事、イ・グァルとヨジョンが交わした書簡を手に入れることができたため、朝報所を動かして都中に貞明公主が陥れられた事実を広める。ジュウォンの活躍により貞明公主は釈放されたが、ジャジョムと仁祖は捕盗大将のイ・グァル一人に責任を負わせ、自分たちは罪を逃れようとしていた。貞明公主は一人で仁祖の元を訪ね、呪いの件に関わったジャジョムとヨジョンたちを引き渡すよう告げる。そして、いい王になりたいという決意を示してほしいと忠言する。そんな中、ジュウォンは貞明公主を危険から守るため婚姻を決意し、仁穆大妃に許しを得る。仁祖は、いい王になるためにジャジョムとヨジョンを追放すべきかどうか悩んでいた...
第41話
華政[ファジョン] 第41話 ある日、ジャジョムの助言で仁祖は直接民の声を聞くための場を設ける。そこで貞明公主の土地を耕す者は租税を免除するという話を耳にし、仁祖は怒りをあらわにする。貞明公主に腹を立てたヨジョンは寝所を訪ね、貞明公主に非礼な物言いをする。そこで貞明公主は、王宮のしきたりに従いヨジョンに鞭打ちの罰を下す。仁穆大妃は王が寵愛するヨジョンを罰したことで心配するが、貞明公主は戦い抜くためには何でもする覚悟だと話す。屈辱を味わされたヨジョンは、ジャジョムに公主をどう追い出すのかと詰め寄るが、ジャジョムの煮え切らない態度にしびれを切らし、仁祖をそそのかして捕盗大将に密命を下させる。
第52話
華政[ファジョン] 第52話 密かに訪ねてきた世子嬪の頼みもあり、昭顕世子に後金との件から手を引いてはと提案する貞明公主だが、昭顕世子は父である仁祖を信じると言って説得に応じない。会談に臨んだ昭顕世子に対し、清の将軍は仁祖が獣の生き血を飲み交わす盟約式に出席すれば捕虜を送還すると約束する。仁祖は猛反対するが、昭顕世子の偽りのない助言により、戦を防ぐためにも盟約式に出ることを決意する。しかし、別造庁から後金の捕虜が見つかった件や、世子嬪が貞明公主と密会していたことを聞かされた仁祖は、世子の提案に疑念を抱くようになり、清との盟約を拒否してしまう。朝鮮は、再び戦乱の危機に直面するのだった...