「特命 係長 只野 仁」の検索結果

「特命 係長 只野 仁」に関する情報は見つかりませんでした。
「特命」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

警察署保管の現金盗んだ疑い 会計課係長「競馬に」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 警察署保管の現金盗んだ疑い 会計課係長「競馬に」  警察署の会計課係長が現金104万円を盗んだ疑いで逮捕されました。  警視庁府中警察署の会計課係長・小針誠一容疑者(49)は2月ごろから4月ごろまでの間、警察署で保管していた落とし物などの現金約104万円を盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、現金は2週間、警察署で保管し、持ち主が現れなかった場合は遺失物センターに振り込むことになっていて、その作業の遅れなどを上司から指摘された際に「現金を抜いた」と話したということです。小針容疑者は取り調べに対して「金は競馬に使った」と容疑を認めています。
第6話 A「秘められし力を持つ者」/B「ぼくらのフェア戦争」
ガイコツ書店員 本田さん 第6話 A「秘められし力を持つ者」/B「ぼくらのフェア戦争」 コミック売り場に新たなメンバー・ケンドウさんがやってきた!彼は、本の在庫を司る流通課の出身。そこには「生きた伝説」と呼ばれる名物係長が在籍していて…
#413 帰ってきたサラリーマンしんのすけだゾ
クレヨンしんちゃん #413 帰ってきたサラリーマンしんのすけだゾ 双葉商事係長の野原しんのすけ5歳。川口と新入社員を連れて、外回りに出かける。だが行った先の会社の部長は、一筋縄ではいかない厳しい人で……。
第2話 思いがけない提案
伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~ 第2話 思いがけない提案 マ家の人々は次期社長の座を巡って牽制し合い、スインを邪魔者扱いする。外泊したボンニョは、刑務所の外の世界になじめない。そんな彼女を慰める刑務所の元係長、イムン。イムンは義理の息子のウソクたちと暮らすことになる。プングムはマ家の運転手ウォランとトラブルを起こし、彼をシンファの本部長、ドジンだと思い込む。偶然、再会するスインとウソクだが、2度目の出会いも最悪なものだった。マ家に居場所はないと察したスインは、家を出ていこうとするが...。
第18話 戻る機会
キム課長とソ理事~Bravo! Your life~ 第18話 戻る機会 拉致されたソ理事をパク係長と一緒に助け出したソンニョンは検察庁の前で待っていたマスコミに拉致の事実を暴露する。一方、会社は非常改革案としてリストラを発表し、その中にはチュ部長も含まれていた。検察庁ではイ課長の証拠資料がもみ消されてしまう。そんな中、会長はユソンの側近理事にも濡れ衣を着せようとしていた。ソンニョンは上層部の不安を煽って内部告発させ、ソ理事を検察の潜入捜査官に仕立て上げることにする。
第22話
華政[ファジョン] 第22話 イヌに正体を知られた貞明公主は、謀反の濡れ衣を着せられた仁穆大妃を救いに行こうとするが、かえって仁穆大妃の身に危険が及ぶとイヌに止められる。王宮では、仁穆大妃の処罰を求める声に光海君は苦悩していた。そして、真相を確かめるため仁穆大妃に会いに行くと、仁穆大妃の口からは、公主の証しを使って自分をおびき寄せたと言われる。また、ホ・ギュンが密かに会っていたのはジュソンではなくファイだったと知り驚く。同じ頃、ファイは仁穆大妃を救い出すためジュウォンに用意してもらった女人用の衣に着替えて光海君を訪ねるが...
【Krush.60 -67kg次期挑戦者決定戦】渡部太基 vs 塚越仁志
9.18 K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント特集 【Krush.60 -67kg次期挑戦者決定戦】渡部太基 vs 塚越仁志 2015年11月14日(土) 東京・後楽園ホール「Krush.60」Krush -67kg次期挑戦者決定戦 渡部太基 vs 塚越仁志
【Krush.73 -67kgタイトルマッチ】王者・塚越仁志 vs 挑戦者 モハン・ドラゴン
9.18 K-1 WORLD GP 初代ウェルター級王座決定トーナメント特集 【Krush.73 -67kgタイトルマッチ】王者・塚越仁志 vs 挑戦者 モハン・ドラゴン 2017年2月18日(土) 東京・後楽園ホール「Krush.73」 Krush -67kgタイトルマッチ 王者・塚越仁志 vs 挑戦者 モハン・ドラゴン
第120話 仁王に見抜かれた菊丸
テニスの王子様 第120話 仁王に見抜かれた菊丸 ダブルス1の試合がはじまった。青学は菊丸&大石のゴールデンペアが出場。いっぽうの立海は、仁王&柳生ペアだ。開始から立て続けにポイントをとる青学ペアだったが、仁王と柳生は余裕の表情をくずさない。そして、波に乗る青学に対し、仁王がボソリと言った一言が、ゴールデンペアに衝撃をあたえることに…。
第四番 ダチ高の五人目
火ノ丸相撲 第四番 ダチ高の五人目 早朝のワカメ漁など、次々と奇妙な特訓を命じる桐仁。それは不安定な船上でバランスを鍛えるための特訓だった。部員達は桐仁の指導に感心しつつも、経歴と実力が不明なため不信感を抱え、ついには不満を爆発させてしまう。監督としての実力を示すため、桐仁は全くの素人である1年生の三ツ橋蛍(みつはしけい)を使って他の部員達を倒すと宣言をする。