「特命係長 只野仁 女」の検索結果

「特命係長 只野仁 女」に関する情報は見つかりませんでした。
「女」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

男と女
男と女 男と女 フィンランドのヘルシンキ、子供たちの国際学校で出会ったサンミンとギホンは、遠く離れた北のキャンプ場に2人で向かうことになる。大雪で通行止めとなり、誰もいない真っ白な森の小屋で2人は体を重ね合わせ、互いの名前も知らないまま別れる。8か月後のソウル。フィンランドでのひとときを雪原が見せた夢だと思い、日常に戻ったサンミンの前に、突然ギホンが現れ、2人はどうしようもないほど熱く惹かれ恋に落ちる。
第1話 ラインの悪魔
無料
幼女戦記 第1話 ラインの悪魔 帝国西方、ライン戦線。帝国は共和国による戦略的奇襲を受け、深刻な劣勢に直面していた。参謀本部の対応策は、主力再配置までの遅滞戦闘。国家理性に命じられ、両国はかき集めた新兵という若者の未来を焚べる。煉獄の如きはライン戦線、そんな戦場に似つかわしくない金髪碧眼の幼女、ターニャ・デグレチャフの姿もあった。
第2話 プロローグ
幼女戦記 第2話 プロローグ ターニャは孤児院の貧しい生活から抜け出すため、帝国軍に志願入隊。最後の研修として、北方のノルデン上空にて、砲弾射撃の観測任務に就く。しかし協商連合軍の越境侵犯を契機に、帝国と協商連合が戦争状態に突入。敵の奇襲を受けたターニャは、何としても生き延び、上層部に戦意旺盛さをアピールするため、とある作戦に打って出る。
第3話 神がそれを望まれる
幼女戦記 第3話 神がそれを望まれる 初戦闘から数週間後。ターニャは本国教導隊へ転属となっていた。待望の後方勤務。だが、あてがわれるのはモルモットこと危険な新型演算宝珠テスト要員。新型とは、とどのつまり『安全性』が確立していない不安定な試作品だ。シューゲル主任技師の強硬な姿勢を前に、ターニャは事故死から逃げねばならぬと、転属願を提出する。
第4話 キャンパス・ライフ
幼女戦記 第4話 キャンパス・ライフ 協商連合軍および共和国軍との戦争が続く中、ターニャは軍大学へと進学する。文明的な生活。文明的な習慣。なにより、努力が教官や同輩から正当な高い評価を受けるのだ。帝都での大学生活は快適そのものだった。時を同じくして参謀本部戦務次長ゼートゥーア准将により、戦訓に基づく即応部隊の創設が枢要へ提唱されていた。
第5話 はじまりの大隊
幼女戦記 第5話 はじまりの大隊 必要とあれば、官僚は制度の抜け道を捻出する。軍務官僚とてその例外ではない。気が付けば、ターニャには軍大学卒業と同時に航空魔導大隊の指揮官辞令が用意されていた。即時編成を完了せよとの厳命を受け、ターニャは渋々選抜を兼ねた訓練を開始する。命令の背景には、帝国南方のダキア大公国での大規模動員の兆候があった。
第6話 狂気の幕開け
幼女戦記 第6話 狂気の幕開け 帝国軍はダキア大公国軍に圧勝したが、協商連合軍および共和国軍との戦闘は依然として継続中であった。そうした状況のなか、ルーデルドルフは国力の脆弱な協商連合から叩くことを提案。ターニャの魔導大隊を北方に送り込む。一方、帝国を敵対視する列強諸国は、協商連合に対する義勇兵や武器の援助を開始。世界大戦の幕開けであった。
第7話 フィヨルドの攻防
幼女戦記 第7話 フィヨルドの攻防 第二〇三大隊は北方に転戦し、早々に爆撃機や諸外国の義勇兵と交戦、これを撃破する。その後、ターニャは戦力を見込んだ参謀本部により大規模作戦の先鋒という『名誉』ある任務を賜る。対して、帝国の動きを警戒する協商連合軍は、沿岸部のフィヨルドに魔導大隊を派遣。そこにはターニャと因縁深い、アンソンの姿もあった。
第8話 火の試練
幼女戦記 第8話 火の試練 統一暦1925年。ライン戦線へ転属となったターニャに、元共和国領のアレーヌ市でパルチザンが蜂起したとの一報が入る。司令部はターニャの大隊に「アレーヌ市の叛徒および敵魔導部隊を排除せよ」との特命を発令。だが市街戦で民兵と非戦闘員の区別が出来るはずもない。グランツを始めとする大隊各員は非情な任務に動揺を隠せなかった。
第9話 前進準備
幼女戦記 第9話 前進準備 帝国軍はアレーヌ市を制圧したが、ライン戦線での正面攻勢は不可能という状況であった。そんななか、ゼートゥーアがルーデルドルフと協力し、敵主力軍の撃滅計画に着手していることを告げる。一方、参謀本部に呼び出されていたターニャは、作戦局が共和国との戦いに決着をつけるための、大規模な包囲殲滅戦を計画していると耳にする。
第10話 勝利への道
幼女戦記 第10話 勝利への道 戦線を大幅に後退した帝国軍は、重要な西方工業地帯を失いかねない状況であった。官僚たちは軍部に政治的措置を講じる必要もあると戒めるが、ゼートゥーアとルーデルドルフは動じることなく、静かに時を待っていた。同じ頃、ターニャは共和国のライン方面軍司令部に潜入。「衝撃と畏怖作戦」と名付けられた極秘計画が、着々と進行中であった。
第11話 抵抗者
幼女戦記 第11話 抵抗者 帝国軍は複数の作戦により、共和国軍の主力を完璧に包囲した。あとわずかで共和国との戦争を終わらせられる。そんな確信を抱きながら、ターニャは大隊を率いてライン戦線に赴いていた。その数刻前、連合王国が本格的な参戦を開始。もはや遅すぎた介入ではあったが、そこにはターニャに憎悪を燃やすアンソンが、義勇兵として参加していた。
第12話 勝利の使い方
幼女戦記 第12話 勝利の使い方 帝国軍は共和国の首都パリースイィを制圧。遂に輝かしい勝利を手にした。ターニャも帝都での平和な生活を喜んでいたが、そこに共和国海軍が撤退中との報せが入った。ターニャは敵を逃すまいと独断専行で出撃しようとしたが、停戦命令が発令されてしまった。戦争を終わらせる機会を逃したターニャは、失意と憤りのなか、参謀本部へと向かう。
第一話
無料
猟奇的な彼女 第一話 朝鮮時代、王宮ではチョン・ギジュンの謀略により、王妃ハン氏が内通の疑いをかけられ廃位に追い込まれる。まだ少女のヘミョンは生みの母を失うことに。そして10年の時が経ち...清での留学を終えた秀才キョン・ウが3年ぶりに帰国。友人達との祝いの席の帰り道、キョン・ウは橋から落ちそうになった可憐な女性を助ける。しかしこれが運命の、そして最悪の、ヘミョンとの出会いだった!
第二話
無料
猟奇的な彼女 第二話 ヘミョンに変態と誤解され、無実の罪で牢屋に入れられたキョン・ウは、チュンプンと名乗る謎の男にピンチを救われる。一方巷ではヘミョンが度々王宮を抜け出していることを非難した落とし文がばら撒かれ、カン従事官はヘミョンを心配する。チョン・ギジュンの娘ダヨンと偶然再会したキョン・ウ。二人でお茶を楽しんでいたところに、失くした指輪を執拗に探すヘミョンが現れて...。
第三話
無料
猟奇的な彼女 第三話 元子の師匠に就任したキョン・ウは、元子の姉であり王女であるヘミョンと再会し、驚きを隠せない。一方王様は娘であるヘミョンの悪い噂に頭を悩ませていた矢先、王宮の塀を乗り越える現場を目撃。ヘミョンは罰を与えられる。しかし指輪を諦めきれないヘミョンは懲りずに王宮を抜け出し、キョン・ウと共に悪徳高利貸しの営む質屋に潜入。正義感の強いヘミョンは、そこでひと騒動起こしてしまう。
第四話
猟奇的な彼女 第四話 悪徳高利貸しから帳簿を盗んだヘミョンとキョン・ウ。逃げ切ることに成功した二人は食事を共にするが、すっかり酒に酔ったキョン・ウはヘミョンをじゃじゃ馬呼ばわりしてしまう。その後、妹のキョン・ヒから指輪の行方を聞いたキョン・ウは、現在指輪を持っているダヨンに事情を説明。天灯祭で再び会う約束をする。しかし当日、突然現れた傲慢なヘミョンにその場を台無しにされる。
第五話
猟奇的な彼女 第五話 天灯祭で傍若無人に酒に興じるヘミョン。呆れたキョン・ウは、祭りの雑踏の中、彼女を置き去りにしてしまう。そこへ、以前の悪徳高利貸し達の魔の手が忍びより、ヘミョンは捕らえられてしまう。消えたヘミョンをめぐり、カン従事官はキョン・ウを責めるが、そんな中、王様のもとに不吉な内容の落とし文が。ヘミョンに恨みのある高利貸しであったが、今回の事件には黒幕の影がちらつき...。
第六話
猟奇的な彼女 第六話 母の勧めでお見合いに出向いたキョン・ウは、毎回現れるヘミョンの幻に悩まされる。また、ヘミョンに恋人がいるとの噂を耳にし、動揺するのであった。一方、誘拐事件の黒幕を探るカン従事官であったが、彼をも陥れる内容の落とし文が王宮にばら撒かれる。そしてそれによって王様に外出がバレてしまったヘミョンは、頑なにその理由を答えず、遂に王様の怒りを買い軟禁されてしまう。
第七話
猟奇的な彼女 第七話 キョン・ウはヘミョンの恋人と噂されるミン・ユファンという役人の存在が気になりつつも、軟禁中の彼女を気にかけ、好物のエイを差し入れる。カン従事官は、誘拐犯を抹殺し王宮を裏切る内通者を突き止めようと決意。そんな中、ヘミョンのもとへミン・ユファンから手紙が...。危険を顧みず約束の場所に向かおうとするヘミョンをほっておけないキョン・ウ。そしてヘミョンを待っていたのは!
第八話
猟奇的な彼女 第八話 罠にはまったヘミョン。危機に駆けつけたのはカン従事官だった。キョン・ウの助けで逃げ出したヘミョンは、心労と安堵から気絶。そんなヘミョンをキョン・ウは自宅で手厚く看病し、ヘミョンも珍しく素直な一面を垣間見せる。ヘミョンを守るべく、王様をはじめとする王宮の関係者は結託。一方ダヨンは遂に“執着女”ヘミョンが王女であることを知り、父チョン・ギジュンに相談を持ちかける。
第九話
猟奇的な彼女 第九話 キョン・ウに面と向かって「ありがとう」と伝えたヘミョンは、明らかに様子がおかしくなり、キョン・ウも満更でもない。そんな中、二人は都に戻ったミン・ユファンを偶然見かけるが、以前へミョンを襲った男がミン・ユファンを連れ去ってしまう。王妃パク氏は、廃位した元王妃ハン氏がどこかで生きているのではないかと疑いチョン・ギジュンに相談。そしてギジュンが向かった先は...。
第十話
猟奇的な彼女 第十話 チョン・ギジュンはヘミョンの婿選びに動き出そうとした王様を制し、遠方清の国との縁談を勧める。ヘミョンとキョン・ウは、ミン・ユファンと共に消えた男の似顔絵を作成し、チュンプンの機転で監禁場所まで辿り着く。しかしそこで見たものは変わり果てたミン・ユファンの姿だった。絶望したへミョンは、かつて約束を交わした場所で、指輪にまつわる逸話をキョン・ウに打ち明ける。
第十一話
猟奇的な彼女 第十一話 かつてミン・ユファンと約束を交わした場所で、ヘミョンとキョン・ウはミン・ユファンの残した手紙を見つける。そこには元王妃ハン氏の生存と、彼女を陥れた疑いのある人物の名前が記されていた。10年前の真実を知るまでは何も話せないキョン・ウは、王様の信頼を失い元子の師匠を解任されてしまう。それを知ったヘミョンはキョン・ウをこれ以上巻き込みたくない一心で冷たく突き放す。
第十二話
猟奇的な彼女 第十二話 罷免され落ち込むキョン・ウのもとにダヨンが訪れるが、キョン・ウは冷めた態度で応対する。清の皇子が縁談のため来訪することになり、ヘミョンは遂に王様の前に例の指輪を差し出し、母を探すため清には行けないと告げる。チョン・ギジュンはキョン・ウが皇子の迎接を担当するよう強く推薦し、王命として従わざるを得なくなる。そしてヘミョンはこの縁談に世子の冊封が絡んでいることを知る。
第十三話
猟奇的な彼女 第十三話 カン従事官はチュンプンに精肉店の事件の聞き込みをし、チョン・ギジュンも精肉店の常連だったことを知る。一方チョン・ギジュンは、ヘミョン王女がミン・ユファンの書状を持っていることが気がかりでならない。縁談のため来訪中の清の皇子はヘミョンを気に入り、王女を思い眠れなかったと打ち明ける。それを複雑な気持ちでヘミョンに通訳するキョン・ウ。そして縁談が進む中、元子が行方不明に!
第十四話
猟奇的な彼女 第十四話 へミョンに「生涯を共にしたい」とプロポーズした清の皇子。しかしキョン・ウはその言葉をへミョンに通訳することができなかった。そしてへミョンへの思いとは別に、この縁談に対して何か裏があると感じ、不信感を募らせていた。求婚のための宴が開催されることになり、準備が進む中、キョン・ウは突然チョン・ギジュンの家に招かれる。一方カン従事官のもとへ、差出人不明の通報が...。
第十五話
猟奇的な彼女 第十五話 意味ありげな悪夢にうなされるキョン・ウ。その様子を見て両親は「あの時と同じ」と心配する。元子はへミョンに、皇子ではなくキョン・ウと一緒になってと無邪気にせがむ。ある時大臣達の不審な会話を耳にしたキョン・ウは、カン従事官と協力し、縁談の裏で執り行われていた密貿易を摘発。危険な目にあったキョン・ウを心配し駆けつけたへミョンに対し、キョン・ウは遂に本心を打ち明ける。
第十六話
無料
猟奇的な彼女 第十六話 密貿易の一件とキョン・ウの説得で、皇子は縁談を諦め清へ帰国した。キョン・ウは元子の師匠に復職、へミョンは大妃の提案で、民衆へ奉仕すべく恵民署の手伝いをすることに。そして二人の幸せな日々は続いた。一方密貿易の主犯として捕らえられた戸曹判書は、仲間に毒を盛られそうになっても黙秘を続け、最終的に王様の尋問を受けることになった。チョン・ギジュンも尋問に賛成するが...。
第十七話
無料
猟奇的な彼女 第十七話 カン従事官は何かと事件に関わってくるチュンプンが気になり探りを入れるが、はぐらかされてしまう。恵民署を訪れたダヨンは、キョン・ウとの関係を匂わせ、へミョンの恋心をかき乱すのであった。密貿易で尋問を受ける直前であった戸曹判書は罠にハマり、真相を明らかにすることなく死亡。そんな中、10年前元王妃ハン氏に仕えていた女官の消息が判明し、キョン・ウが会いに行くことに。