「猫動画 人気 2017」の検索結果

今すぐ視聴する

「また来たニャ」美術館入り口 警備員との攻防再開
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「また来たニャ」美術館入り口 警備員との攻防再開  美術館の入り口で猫と警備員の攻防が再開されました。  マスク姿の警備員と頭をなでられる黒い猫の姿。尾道市立美術館のつぶやきにネットが歓喜しました。  きっかけは、2017年の「猫まみれ展」でした。美術館にどうしても入りたい猫のケンちゃんと、お引き取り願いたい警備員の馬屋原さん。しかし、新型コロナウイルスの影響による長い休館もあり、この時を最後に2カ月以上、顔を合わせることはありませんでした。実は、ケンちゃんが侵入を試みるのは馬屋原さんが警備を行う時だけだそうです。休館中も度々、美術館を訪れていたケンちゃん。先月20日には二重扉の第1関門を突破しますが、警備の馬屋原さんの姿がないとそれ以上、侵入せずに座り込んでしまいました。  尾道市立美術館・村上真由美館長:「『あれ、止めてくれる人いないんだ?』っていう雰囲気なのかもしれないですね」  警備の仕事上、ケンちゃんの侵入を阻止する馬屋原さんですが、実はプライベートでは信頼関係は厚いようです。ぜひ取材したいところですが、今月2日はお休みということで、2カ月ぶりの再会を見ていたスタッフに話を聞きました。  尾道市立美術館・塔尾栞莉学芸員:「やっとケンちゃんも馬屋原さんに久しぶりに会えたという感じで、うれしそうにくつろいでいましたね」
第4話 選択と秘密
無料
品位のある彼女 第4話 選択と秘密 猫アレルギーのチュミに当てつけるように猫を飼い始めるボクジャ。だが、テドンの誕生日までで解雇することに決めたアジンは目をつむる。さらに、アジンは家政婦からボクジャがアン家について下調べしていたことを知る。アジンはテドンにボクジャを辞めさせることを告げ、態度を急変させたテドンに戸惑うボクジャだが...。
第9話 地味庁/八寒地獄
「鬼灯の冷徹」第弐期 第9話 地味庁/八寒地獄 ネタを探して、今日も小判が衆合地獄の花街にやって来る。今日も今日とてだらける檎だが、小耳に挟んだ話を話し出す。なんでも十王は道具を使って亡者の罪を量るが、第三裁判長の宋帝王は猫と蛇で罪を量るらしい。それを聞き、初耳とばかりに目を輝かせる小判。宋帝王のいる庁は、他の十王に比べてあまり話題にならない地味な庁。首尾よく取材ができれば目新しいネタになるとふんだ小判が動き出す!/八寒地獄。そこは灼熱の八大地獄とは反対にとても寒い。とにかく寒い。体が裂けるほど寒い。ここで働くのは寒さに強い動物・妖怪・雪鬼たちだが、現世においては、文献や日本むかし話、怪談・伝承・地獄絵にすら題材にされていない謎の土地である。そんな八寒地獄の吹雪が珍しく弱まったある日、八寒地獄の本部をめざす鬼灯たちは、温泉につかる人影を見つけるが、あれは温泉じゃない、凍った湖だ!!?
第2話 この紅魔の娘に友人を!
無料
この素晴らしい世界に祝福を!2 第2話 この紅魔の娘に友人を! 「我が名はゆんゆん! やがては紅魔族の長となる者!」 晴れて(?)死刑保留となったカズマだったが、領主の館の賠償のため、屋敷内のあらゆるものを差し押さえられ、またもや極貧生活に。めぐみんが連れてきた黒猫ちょむすけが加わるけれど、なんとも侘しい現状なのだった。ある日、ジャイアントトードの討伐に駆り出されるが、盾役のダクネスがいないため、悪戦苦闘でピンチに陥ってしまう。そんな窮地を救ってくれたのは、自称“めぐみんのライバル”ことゆんゆんだった。 「さあ今こそあの時の約束を果たす時! 今日こそは、長きに渡った決着をつけるわよ!」 ゆんゆんは、なぜだかものすごく必死に勝負を挑んでくるのだが……。
第23話 こんぽんてきに/異種格闘技戦
「鬼灯の冷徹」第弐期 第23話 こんぽんてきに/異種格闘技戦 桃太郎や一寸法師が過去を克服したのを見てきた芥子は、自分の「〇ヌキ」嫌いを克服せねばと思っていた。芥子が目指すのは、狙いをコントロールし亡者のみを攻撃する精度。頭では「タ〇キ」の全てが悪い訳ではないと分かっていながら、「タヌ〇」と聞けばすぐに爆発してしまう今の自分は足軽の精度の良くない乱れ打ち。精神修行してさらに強くなりたい。そう打ち明けられた鬼灯は、修行といえば、というある場所を思い出す。/ジムでひたすら己を鍛え上げていた芥子がふと思う。自分は今どのくらい強いのか、他の動物獄卒に追いつけているのか、と。セコンドとして芥子の猛烈な攻撃を受け止めながら問われた鬼灯は、他の肉食動物たちとの手合わせを提案するが、芥子の全勝。捕食者と被食者の間に革命が起こっている。そう感じた鬼灯は芥子の実力を試すついでに、動物獄卒を世間により認知してもらういい機会と、『窮鼠猫を噛む大一番!』を開催する。

おすすめの作品

第60話 猫とおばさん
エスパー魔美 第60話 猫とおばさん 捨て猫を拾って困っている男の子と出会う魔美と高畑。すると近所で有名な猫おばさん・松田が子猫を引き取ってくれるという。後日、猫屋敷に遊びにきた魔美たちは、猫を追い掛け回す怪しい老人を発見!老人は亡き妻が可愛がっていた猫を探していた!この辺りの猫に詳しい松田は、夜の12時にもう一度来るように伝えるが…。
第99話 「ニャンとかせんと、遷都物語!」
ねこねこ日本史 第4期 第99話 「ニャンとかせんと、遷都物語!」 飛鳥時代、猫たちが住む都はあふれる猫砂の問題に頭をかかえていた。キレイ好きな猫たちは、都を引っ越す遷都(せんと)の一大決心をする。だが、知らない土地が苦手な猫たちにとって遷都はとても大変!困難を乗りこえ無事に遷都ができるのか!? 【ゲスト声優】 早良親王 役:山田麻莉奈
第117話 「お江戸で暮らそう!~就職活動編~」
ねこねこ日本史 第4期 第117話 「お江戸で暮らそう!~就職活動編~」 江戸時代、長屋に住んでいた猫吉(にゃんきち)は仕事先でケンカをして無職になってしまった。新しい仕事を探す猫吉だったが、江戸には多種多様の仕事がありなかなか決められない。奥さんからの強いプレッシャーを受ける猫吉は、無事仕事を決められるのか!?
第122話 「食べられなくても役立つ猫草、徒然猫草!」
ねこねこ日本史 第4期 第122話 「食べられなくても役立つ猫草、徒然猫草!」 兼好法師(けんこうほうし)によって書かれたねこねこ日本三大随筆と言われる徒然猫草(つれづれねこぐさ)。のんびり気ままに暮らしていた兼好は、日常の些細なことや面白い話などを思いつくままに書いていく。果たしてうまくまとめあげることができるのか!?
第123話 「千年前から萌えを叫ぶ、更級日記!」
ねこねこ日本史 第4期 第123話 「千年前から萌えを叫ぶ、更級日記!」 平安時代、菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)は、猫氏物語に登場する光猫氏に恋するスーパー文学少女!物語を読むだけでなく書くこともできる孝標女は、憧れだった宮中で作家デビューを目指すが、現実世界は物語のようにうまくいくのか!?
第97話「寒さと空腹は敵だ、旧石器時代!」
ねこねこ日本史 第4期 第97話「寒さと空腹は敵だ、旧石器時代!」 今からはるか遠い昔、ねこねこ日本は雪と氷におおわれた氷河時代だった。寒さに弱い猫たちはマンモスなどの毛皮をかぶって、食料となる獲物を捕まえる生活をしていた。しかし、小さな猫たちにとって大きな獲物を捕まえるのは苦労の連続!今日のご飯はどうなる!? 【ゲスト声優】 姉 役:山田麻莉奈
第105話 「あぁ大変、アフター関ヶ原!」
ねこねこ日本史 第4期 第105話 「あぁ大変、アフター関ヶ原!」 天下をかけた関ヶ原の戦いは、西軍の石田三成(いしだみつなり)が捕まってしまい、徳川家康(とくがわいえやす)率いる東軍の勝利となった。一件落着かと思いきや、ごほうびをもらいたい東軍の猫たちと、負けた西軍の猫たちが、次々に家康の元にやってくる。みんなが納得するアフターケアができるのか、家康!?
第106話 「私は幕末の宝だ、佐久間象山大先生!」
ねこねこ日本史 第4期 第106話 「私は幕末の宝だ、佐久間象山大先生!」 幕末、多くの猫たちを教え子に持つ佐久間象山(さくましょうざん)は、とても厳しい先生だった。しかし教え子たちは先生の長いヒゲに夢中でまるで勉強してくれない。異国から外国猫たちが来る混乱の中、ヒゲで遊んでいる場合なのか!?どうする象山!?
第112話 「山本八重は見た、幕末会津物語!」
ねこねこ日本史 第4期 第112話 「山本八重は見た、幕末会津物語!」 幕末の会津藩で砲術を教える一家に生まれた山本八重(やまもとやえ)は、力持ちのうえ猫なのに大きな音がする鉄砲が大好きだった。そんな中、幕府軍と新政府軍の衝突が起きてしまう。大パニックにおちいる会津の猫たちの中、一体どうする、八重!?
第115話 「万の言葉を集めよう、万葉集!」
ねこねこ日本史 第4期 第115話 「万の言葉を集めよう、万葉集!」 ねこねこ日本のさまざまな和歌のまとめ役となった大伴家持(おおとものやかもち)は、お手伝い猫たちとともに万葉集(まんようしゅう)を作ることになった。しかし、飽きっぽい猫たちは遊んでばかりで作業がまったく進まない。果たして万葉集は完成するのか!?