「王位戦 対局 最新」の検索結果

今すぐ視聴する

藤井聡太七段 第2の挑戦「王位戦」はじまる
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 藤井聡太七段 第2の挑戦「王位戦」はじまる  将棋の17歳高校生プロ棋士・藤井聡太七段にとって、2つ目のタイトル挑戦となる王位戦七番勝負の第1局が1日午前、愛知県豊橋市で始まりました。  白の着物にグレーの羽織姿で対局室に現れた藤井七段は、午前9時から年の差が30歳となる木村一基王位との七番勝負第1局に臨んでいます。この七番勝負では、4勝した方が「王位」のタイトルを獲得します。藤井七段は現在、棋聖戦五番勝負で連勝して初タイトル獲得まであと1勝となっていて、この「王位戦」は2つ目のタイトル挑戦となります。王位戦の対局は、持ち時間がそれぞれ8時間の2日制で、第1局の結果は2日の夜までに判明する見込みです。
「いいスタートきれた」王位戦初戦は藤井七段が圧勝
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「いいスタートきれた」王位戦初戦は藤井七段が圧勝  藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦した注目の王位戦7番勝負。気になる結果ですが、対局は2日午後に終わりました。午後5時37分に木村王位が投了し、2日間にわたる熱戦の末、藤井七段が95手で勝利しました。  藤井聡太七段:「良いスタートが切れたと思う。『2日制』の対局は初めてで、体力面では課題が残ったと思うので次回はそういったところに気を付けたいですね」
藤井七段「封じ手」初体験 2日がかりの王位戦で
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 藤井七段「封じ手」初体験 2日がかりの王位戦で  将棋の「王位戦」で「封じ手」が行われました。  封じ手を行ったのは木村一基王位で、1日の「最後の一手」を書き入れた封筒を手渡しました。対する藤井聡太七段がこの封筒にサインをします。封じ手という仕組みを体験するのは藤井七段、初めてです。2日かけて行われる王位戦では1日目の最後の一手を明かさずに封じ手とすることで、相手の棋士が一晩じっくり考えるという不公平が生じないようにします。2日は封じ手の紙に書かれた一手から対局が始まります。

おすすめの作品

[情報LIVE]第61期 王位戦 挑戦者決定リーグ紅組 1回戦 永瀬拓矢二冠 対 鈴木大介九段 1/2
将棋情報LIVE [情報LIVE]第61期 王位戦 挑戦者決定リーグ紅組 1回戦 永瀬拓矢二冠 対 鈴木大介九段 1/2 本放送は将棋情報LIVEです。三冠を目指す永瀬拓矢二冠登場、本タイトルで三冠獲得を狙い、将棋界勢力図を一気に塗り替えるか!?対するは、麻雀界を制した鈴木大介九段!竜王戦組優勝、順位戦昇級絡みの活躍をし、絶好調の鈴木九段!日本中の振り飛車党も大歓喜だ。公私ともに交流のある、この二人の対局者が王位戦リーグでぶつかる運命的な本戦!絶対に見よう。 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います《3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる》。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。
[情報LIVE]第61期 王位戦 挑戦者決定リーグ紅組 1回戦 永瀬拓矢二冠 対 鈴木大介九段 2/2
将棋情報LIVE [情報LIVE]第61期 王位戦 挑戦者決定リーグ紅組 1回戦 永瀬拓矢二冠 対 鈴木大介九段 2/2 本放送は将棋情報LIVEです。三冠を目指す永瀬拓矢二冠登場、本タイトルで三冠獲得を狙い、将棋界勢力図を一気に塗り替えるか!?対するは、麻雀界を制した鈴木大介九段!竜王戦組優勝、順位戦昇級絡みの活躍をし、絶好調の鈴木九段!日本中の振り飛車党も大歓喜だ。公私ともに交流のある、この二人の対局者が王位戦リーグでぶつかる運命的な本戦!絶対に見よう。 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います《3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる》。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。
[将棋情報LIVE]第61期 王位戦 予選 渡辺明三冠 対 佐藤天彦九段 1/2
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]第61期 王位戦 予選 渡辺明三冠 対 佐藤天彦九段 1/2 本放送は将棋情報LIVEです。 渡辺明三冠登場!本年豊島竜王・名人以外に負けなし、そのまま2019年を終えるのか!?対するは佐藤天彦九段、名人三連覇を成し遂げたあと、現在無冠だが次なるタイトル獲得に向けてファンは大注目だ。また、対局者の二人は仲が良いことでも知られ感想戦も大注目だ。本局の勝者は次に佐々木大地五段と予選ブロック決勝で対局する。 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います《3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる》。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。
[将棋情報LIVE]第61期 王位戦 予選 渡辺明三冠 対 佐藤天彦九段 2/2
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]第61期 王位戦 予選 渡辺明三冠 対 佐藤天彦九段 2/2 本放送は将棋情報LIVEです。 渡辺明三冠登場!本年豊島竜王・名人以外に負けなし、そのまま2019年を終えるのか!?対するは佐藤天彦九段、名人三連覇を成し遂げたあと、現在無冠だが次なるタイトル獲得に向けてファンは大注目だ。また、対局者の二人は仲が良いことでも知られ感想戦も大注目だ。本局の勝者は次に佐々木大地五段と予選ブロック決勝で対局する。 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います《3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる》。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。
[将棋情報LIVE]第61期 王位戦 予選 渡辺明三冠 対 佐々木大地五段 1/2
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]第61期 王位戦 予選 渡辺明三冠 対 佐々木大地五段 1/2 本放送は将棋情報LIVEです。 本局の勝者は王位戦リーグ入決定!渡辺明三冠は、タイトルを棋王、棋聖、王将の3つを持つ、王位のタイトルで四冠を目指すのか!対する佐々木大地五段は、棋王戦ではタイトル挑戦に惜しくも一歩届かなかったが、本棋戦で初挑戦を目指す!最強棋士VS若手トップ棋士の世代を隔てた一流の対決! 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います《3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる》。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。
[将棋情報LIVE]第61期 王位戦 予選 渡辺明三冠 対 佐々木大地五段 2/2
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]第61期 王位戦 予選 渡辺明三冠 対 佐々木大地五段 2/2 本放送は将棋情報LIVEです。 本局の勝者は王位戦リーグ入決定!渡辺明三冠は、タイトルを棋王、棋聖、王将の3つを持つ、王位のタイトルで四冠を目指すのか!対する佐々木大地五段は、棋王戦ではタイトル挑戦に惜しくも一歩届かなかったが、本棋戦で初挑戦を目指す!最強棋士VS若手トップ棋士の世代を隔てた一流の対決! 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います《3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる》。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。
第60期 王位戦 七番勝負 第四局 1・2日目 豊島将之王位 対 木村一基九段 1/2
王位戦 第60期 王位戦 七番勝負 第四局 1・2日目 豊島将之王位 対 木村一基九段 1/2 豊島王位2勝、木村九段1勝で迎えた第四戦!本局が七番勝負の大勢を決める非常に重要な対局だ。 現役最強、平成生まれ初の名人である豊島王位に、中年の星、タイトル初獲得最年長記録がかかる木村九段が挑戦しているのは大変なドラマチックである。 本局は竜王戦挑戦者決定三番勝負の最中、豊島木村の夏の10番勝負とも話題される大注目の四局目! 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行います。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行います。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行います《3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる》。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決めます。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行います。王位とその挑戦者決定戦の勝者が、例年7月から9月にかけて七番勝負を行います。
観戦者も「食べたい!」 藤井七段のおやつは…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 観戦者も「食べたい!」 藤井七段のおやつは…  将棋の八大タイトル「王位戦」に挑む藤井聡太七段。注目の七番勝負第1局となった1日、午前中に食べたおやつが「ブルーベリータルト」と「アイスコーヒー」でした。おやつを提供した愛知県豊橋市のホテルによりますと、藤井七段は特別なスイーツメニュー13種類の中からブルーベリータルトを選んだそうです。  国産ブルーベリーの出荷のピークは7月。ブルーベリータルトは、この時期になると各地のケーキ店で登場する人気メニューです。東京・青山のケーキ店「キルフェボン」のブルーベリータルトは生のブルーベリーをカスタードクリームの上にふんだんに乗せました。  ちなみに藤井七段は午後のおやつには「牛乳プリン」を選んだそうです。
最年少タイトルかけ…藤井七段が渡辺棋聖と激戦
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 最年少タイトルかけ…藤井七段が渡辺棋聖と激戦  史上最年少のタイトル獲得をかけ、藤井聡太七段(17)が「現役最強」タイトル戦でストレート負け知らずの渡辺明棋聖(36)に挑んだ注目の一戦。双方一歩も引かない激闘となっています。  大事な対局に緑の羽織姿で登場しました。藤井七段の2勝で迎えた棋聖戦の第3局。9日の対局に勝てば「17歳11カ月」、史上最年少でのタイトル獲得となります。迎え撃つのは現役最強と呼ばれ、タイトル3つを保持する渡辺棋聖です。これまでタイトル戦でストレート負けはありません。対局は9日午前9時、藤井七段の先手で始まりました。藤井七段、9日はなぜか外を見ることが多かったようで…。対局室は東京スカイツリーが見える眺めの良い部屋で、視界に入っていたのもしれません。注目のおやつは、藤井七段が「白ぶどうジュース」。渡辺棋聖が「チーズケーキとアイスコーヒー」を注文しました。序盤はほぼ互角の展開。緊迫した状況のなか、藤井七段は羽織を脱ぎ、顔をふきます。すると…。  藤井聡太七段:「部屋、温度少し下げて下さい」  ちなみに、9日の藤井七段の“将棋メシ”は「冷豚しゃぶサラダ定食」でした。昼食休憩が終わり、対局が再開されると渡辺棋聖が攻め、藤井七段が“強気”の受けでしのいでいます
藤井七段、最年少タイトル獲得なるか 夕方ごろ決着
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 藤井七段、最年少タイトル獲得なるか 夕方ごろ決着  史上最年少でのタイトル獲得を目指す将棋の藤井聡太七段(17)が棋聖戦第3局に臨んでいます。藤井七段はすでに2勝していて、タイトルに王手をかけています。  藤井七段を迎え撃つのは現役最強と呼ばれ、タイトル3つを保持する渡辺明棋聖(36)です。棋聖戦は将棋の8大タイトルの一つで、5番勝負の第3局は9日午前9時から和服に身を包んだ藤井七段の一手から始まりました。藤井七段は第1局、第2局と連勝していて、9日の対局に勝てば17歳11カ月でのタイトル獲得となり、これまでの最年少記録「18歳6カ月」を大幅に更新します。持ち時間は1人4時間で、対局は夕方ごろに終わる見通しです。