「王位戦 藤井 大橋」の検索結果

「王位戦 藤井 大橋」に関する情報は見つかりませんでした。
「王位戦 藤井」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第44期 棋王戦 挑戦者決定トーナメント 菅井竜也王位 対 藤井聡太七段 1/2
棋王戦 第44期 棋王戦 挑戦者決定トーナメント 菅井竜也王位 対 藤井聡太七段 1/2 第44期棋王戦 挑戦者決定トーナメント1回戦。藤井聡太七段が最年少タイトル挑戦が実現する場合、一番チャンスがあるのが本棋王戦である。対局相手は天敵井上一門、現在第59王位戦七番勝負中で連覇に王手をかけている菅井竜也王位。2017年8月の二人の対局では菅井七段(当時)の先手中飛車に一方的に完敗した藤井聡太四段(当時)。それから1年が経ち、菅井王位は初タイトル獲得。藤井七段は史上最年少で、全棋士戦優勝、七段昇格、100局到達、と棋界トップクラスで飛躍した棋士二名である。先手後手がどちらなのか、戦型は、仕掛けるのはどちらか、全て見逃せない2018年究極の一局となるのは間違いなし!本対局の勝者は次に佐藤康光九段と対決! 棋王戦は、全棋士と女流名人、アマ名人で行います。予選をトーナメントで行い、その通過者とシード者で本戦トーナメントを行います。なお、本戦はベスト4以上は2敗失格制となり、敗者復活戦があります。挑戦者決定戦は変則2番勝負で、勝者組優勝者は2局のうち1回勝てば挑戦権を得ますが、敗者復活戦優勝者は2連勝が挑戦の条件となります。 棋王とその優勝者が、例年2月から3月にかけて五番勝負を行います。 ※この番組は2018年9月3日に放送されたものです
第44期 棋王戦 挑戦者決定トーナメント 菅井竜也王位 対 藤井聡太七段 2/2
棋王戦 第44期 棋王戦 挑戦者決定トーナメント 菅井竜也王位 対 藤井聡太七段 2/2 第44期棋王戦 挑戦者決定トーナメント1回戦。藤井聡太七段が最年少タイトル挑戦が実現する場合、一番チャンスがあるのが本棋王戦である。対局相手は天敵井上一門、現在第59王位戦七番勝負中で連覇に王手をかけている菅井竜也王位。2017年8月の二人の対局では菅井七段(当時)の先手中飛車に一方的に完敗した藤井聡太四段(当時)。それから1年が経ち、菅井王位は初タイトル獲得。藤井七段は史上最年少で、全棋士戦優勝、七段昇格、100局到達、と棋界トップクラスで飛躍した棋士二名である。先手後手がどちらなのか、戦型は、仕掛けるのはどちらか、全て見逃せない2018年究極の一局となるのは間違いなし!本対局の勝者は次に佐藤康光九段と対決! 棋王戦は、全棋士と女流名人、アマ名人で行います。予選をトーナメントで行い、その通過者とシード者で本戦トーナメントを行います。なお、本戦はベスト4以上は2敗失格制となり、敗者復活戦があります。挑戦者決定戦は変則2番勝負で、勝者組優勝者は2局のうち1回勝てば挑戦権を得ますが、敗者復活戦優勝者は2連勝が挑戦の条件となります。 棋王とその優勝者が、例年2月から3月にかけて五番勝負を行います。 ※この番組は2018年9月3日に放送されたものです

おすすめの作品

第89期 棋聖戦 一次予選 藤井聡太四段 対 大橋貴洸四段
棋聖戦 第89期 棋聖戦 一次予選 藤井聡太四段 対 大橋貴洸四段 第89期棋聖戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。一次予選・二次予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士の16名で決勝トーナメントを行う。その優勝者と棋聖が、例年6月から8月にかけて五番勝負を行う。(第81期よりシステム変更) ※この番組は2017年11月29日に放送したものです。
予選Aブロック<前編>
第2回AbemaTVトーナメント 予選Aブロック<前編> 将棋界の早指し王を決めるAbemaTVトーナメント、第二弾ついに開幕!第1回では圧倒的な強さで藤井聡太七段が優勝し初代早指し王となり大きな話題を呼んだ。総勢14名の棋士・女流棋士が登場!12名で予選を戦い勝ち抜いた6名と、シード2名で行われる本戦トーナメントで優勝者を決める。前回準優勝した佐々木勇気七段が満を持して登場、雪辱に燃える。第1回女流AbemaTVトーナメントで優勝し初代早指し女王となった伊藤沙恵女流二段が登場、大注目だ。ほか10名の棋士が予選で集う。本戦トーナメントから登場するシード棋士は初代早指し王となった藤井聡太七段が2連覇をかけて登場!もう1名のシード棋士は初出場の渡辺明二冠!超早指しでどのような対局を見せるか大注目だ。この番組は、あの羽生永世七冠から着想を得て作られた「AbemaTVルール」で対局が行われる。 AbemaTVルールとは、チェスでよく知られるフィッシャールール(持ち時間5分切れ負け/1手ごとに5秒追加)を採用した新ルール。 三番勝負で行われ、二勝した棋士が勝ち上がる。 ※段位は収録当時のものになります
予選Aブロック<後編>
第2回AbemaTVトーナメント 予選Aブロック<後編> 将棋界の早指し王を決めるAbemaTVトーナメント、第二弾ついに開幕!第1回では圧倒的な強さで藤井聡太七段が優勝し初代早指し王となり大きな話題を呼んだ。総勢14名の棋士・女流棋士が登場!12名で予選を戦い勝ち抜いた6名と、シード2名で行われる本戦トーナメントで優勝者を決める。前回準優勝した佐々木勇気七段が満を持して登場、雪辱に燃える。第1回女流AbemaTVトーナメントで優勝し初代早指し女王となった伊藤沙恵女流二段が登場、大注目だ。ほか10名の棋士が予選で集う。本戦トーナメントから登場するシード棋士は初代早指し王となった藤井聡太七段が2連覇をかけて登場!もう1名のシード棋士は初出場の渡辺明二冠!超早指しでどのような対局を見せるか大注目だ。この番組は、あの羽生永世七冠から着想を得て作られた「AbemaTVルール」で対局が行われる。 AbemaTVルールとは、チェスでよく知られるフィッシャールール(持ち時間5分切れ負け/1手ごとに5秒追加)を採用した新ルール。 三番勝負で行われ、二勝した棋士が勝ち上がる。 ※段位は収録当時のものになります
第59期 王位戦 七番勝負 第四局 1・2日目 菅井竜也王位 対 豊島将之棋聖 1/2
王位戦 第59期 王位戦 七番勝負 第四局 1・2日目 菅井竜也王位 対 豊島将之棋聖 1/2 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行う。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行う<3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる)。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決める。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行う。 ※この番組は2018年8月22、23日に放送されたものです
第59期 王位戦 七番勝負 第四局 1・2日目 菅井竜也王位 対 豊島将之棋聖 2/2
王位戦 第59期 王位戦 七番勝負 第四局 1・2日目 菅井竜也王位 対 豊島将之棋聖 2/2 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行う。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行う<3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる)。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決める。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行う。 ※この番組は2018年8月22、23日に放送されたものです
第59期 王位戦 七番勝負 第五局 1・2日目 菅井竜也王位 対 豊島将之棋聖 1/2
王位戦 第59期 王位戦 七番勝負 第五局 1・2日目 菅井竜也王位 対 豊島将之棋聖 1/2 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行う。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行う<3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる)。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決める。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行う。 ※この番組は2018年8月29、30日に放送されたものです
第59期 王位戦 七番勝負 第五局 1・2日目 菅井竜也王位 対 豊島将之棋聖 2/2
王位戦 第59期 王位戦 七番勝負 第五局 1・2日目 菅井竜也王位 対 豊島将之棋聖 2/2 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行う。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行う<3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる)。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決める。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行う。 ※この番組は2018年8月29、30日に放送されたものです
第59期 王位戦 七番勝負 第六局 1・2日目 菅井竜也王位 対 豊島将之棋聖 1/2
王位戦 第59期 王位戦 七番勝負 第六局 1・2日目 菅井竜也王位 対 豊島将之棋聖 1/2 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行う。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行う<3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる)。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決める。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行う。 ※この番組は2018年9月10、11日に放送されたものです
第59期 王位戦 七番勝負 第六局 1・2日目 菅井竜也王位 対 豊島将之棋聖 2/2
王位戦 第59期 王位戦 七番勝負 第六局 1・2日目 菅井竜也王位 対 豊島将之棋聖 2/2 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行う。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行う<3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる)。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決める。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行う。 ※この番組は2018年9月10、11日に放送されたものです
[将棋情報LIVE]第60期王位戦 予選トーナメント 渡辺明棋王対石井健太郎五段 1/2
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]第60期王位戦 予選トーナメント 渡辺明棋王対石井健太郎五段 1/2 本放送は将棋情報LIVEです。将棋チャンネルではより多くの対局をお届けするため、従来の対局に解説を交えながら中継していくことに加え、新たに将棋盤にフォーカスした将棋界の情報をお伝えしていく中継を開始いたします。本局は第60期 王位戦 予選トーナメント 渡辺明棋王 対 石井健太郎五段 をお届けします。「常に最新の対局」をぜひお楽しみ下さい! 王位戦は、全棋士と女流棋士2名で行う。予選をトーナメントで行い、その勝ち上がり者とシード棋士4人により紅白2ブロックに分けてリーグ戦を行う。リーグ戦の優勝者はリーグ戦勝敗を優先とし、同星で並んだ場合、(1)4勝1敗で並んだ場合、該当者が2名・3名に関わらずプレーオフを行う<3名の場合は、前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)でシード者を決め、1回戦は残留決定戦を兼ねる)。(2)3勝2敗で並んだ場合、3名では該当する直接対決>前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)、4名では該当する直接対決、5名では前期成績(前期リーグ勝星>前期予選勝星)で優勝者・残留者を決める。紅白の優勝者で挑戦者決定戦を行う。 ※この番組は2018年10月25日に放送されたものです