「田中圭 唇」の検索結果

「田中圭 唇」に関する情報は見つかりませんでした。
「田中圭」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

〔土曜〕#45:ベロベロ忘年会SP!田中圭24時間にも潜入
The NIGHT 〔土曜〕#45:ベロベロ忘年会SP!田中圭24時間にも潜入 今夜は忘年会SP! 今年番組内でお世話になったゲストを招いて、居酒屋でぶっちゃけトーク。 さらに番組後半には田中圭24時間特番とのコラボも! カンニング竹山が世の中に蔓延る大人の理不尽を、土曜の深夜に堂々と生放送! くだらない、納得いかない、でもそこに一緒に参加したい! と思う大人の空間をお届けします。 この番組、マジメにみるなよ!! 番組への意見、質問は takeyama-thenight@abema.tv まで! ご自身の電話番号を載せていただければこちらからお電話差し上げることもございます。 番組中に竹山の携帯番号を発表しているので、直接お話したい方はそちらに掛けていただければ つながるかもしれません。
2016年12月30日放送
無料
おっさんずラブ 【劇場版公開記念】 2016年12月30日放送 8月23日に全国で公開される「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」を記念して、2016年に放送された伝説の処女作を限定配信! また、「劇場版おっさんずラブ展~君を好きになってよかった。~」を東京・大阪の2会場で開催! 詳しくは<公式HP> 劇場版おっさんずラブ展オフィシャルサイトでhttps://www.ossansloveexhibition.com/ 結婚したいのに全然モテない33歳の独身男・春田創一(田中圭)はある日、見てはいけないものを見てしまう。上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)のスマホに隠し撮りされた、春田の写真の大量コレクション…え、何? 怖い、怖い。更に、ビビる春田に黒澤はトイレで壁ドンし、「好きです」とまさかの愛の告白!! ――怯えきった春田は同居している後輩・長谷川幸也(落合モトキ)に相談するが、この行為がさらなる窮地を招くハメに…。
#1 黒澤武蔵編
無料
おっさんずラブ外伝 #1 黒澤武蔵編 第二営業所をけん引している頼りがいのある部長・黒澤武蔵。どうやらカメラが苦手なのか、ガチガチに緊張する部長を和ませようと、春田は部長のハマっているものを聞いたのだが…?
(前編)
無料
劇場版公開記念!今からでも分かる「おっさんずラブ」みどころ凝縮スペシャルだお (前編) 2018年流行語大賞トップ10をはじめ、社会現象を巻き起こした「おっさんずラブ」。8月23日の映画公開に先駆け、これさえ見れば分かる「おっさんずラブ」SPをお届け!モテない独身ダメ男・春田(田中圭)は、ピュアすぎる乙女心を隠し持つおっさん部長・黒澤(吉田鋼太郎)と、イケメンでドSな後輩・牧(林遣都)にある日突然壁ドン告白され、前代未聞の三角関係に巻き込まれる!笑って泣けるこの夏一番のお祭り映画を見逃すな!
(後編)
無料
劇場版公開記念!今からでも分かる「おっさんずラブ」みどころ凝縮スペシャルだお (後編) 2018年流行語大賞トップ10をはじめ、社会現象を巻き起こした「おっさんずラブ」。8月23日の映画公開に先駆け、これさえ見れば分かる「おっさんずラブ」SPをお届け!モテない独身ダメ男・春田(田中圭)は、ピュアすぎる乙女心を隠し持つおっさん部長・黒澤(吉田鋼太郎)と、イケメンでドSな後輩・牧(林遣都)にある日突然壁ドン告白され、前代未聞の三角関係に巻き込まれる!笑って泣けるこの夏一番のお祭り映画を見逃すな!
2019年8月16日放送
無料
「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」これを見ればドラマまるわかりスペシャルだお 2019年8月16日放送 2018年流行語大賞トップ10をはじめ、社会現象を巻き起こした「おっさんずラブ」。8月23日の映画公開に先駆け、30分で分かる「おっさんずラブ」スペシャルをお届け!モテない独身ダメ男・春田(田中圭)は、ピュアすぎる乙女心を隠し持つおっさん部長・黒澤(吉田鋼太郎)と、イケメンでドSな後輩・牧(林遣都)にある日突然壁ドン告白され、前代未聞の三角関係に巻き込まれる…!笑って泣けるこの夏一番のお祭り映画を見逃すな!

おすすめの作品

#4:キスしたい…魔性の唇に試された王子
私の年下王子さま Winter Lovers #4:キスしたい…魔性の唇に試された王子 「あなただけを想っている。この気持ちは、知っておいてほしい」三角関係が入り乱れる京都旅行も2日目へ突入。朝イチで執事が下した指令は、当たりを引いた王子1人だけが女子を指名してデートできるというもの。残されるメンバーはグループで過ごさねばならない中、この2人きりデートの権利を手にした王子に指名されたのはUだった。「好きってなったら、付き合ってなくても、キスしたい」「キスしないと、相手との相性がわからないから」するのはもちろん、唇で。ずっとそう言ってきたUに対し独占デートを楽しむ王子は、ある決心をする。一方、残りのメンバーにもチャンスタイムがやってきた。当たりを引けた王子だけに許される、温泉混浴。そして、夜。ついにオトナ女子と王子による強制リタイア投票が始まった。
act.10 演技を超えた本音とキス
恋愛ドラマな恋がしたい2 act.10 演技を超えた本音とキス 最終回までラスト3話!今回のペア決めは8人による話し合い...。俳優と女優の本音と唇がぶつかる!そしてその想いは演技を超える!!
第6話 「うちのメイドの昔のオンナ?」
うちのメイドがウザすぎる! 第6話 「うちのメイドの昔のオンナ?」 学校帰り、わしわしと別れて帰宅途中のミーシャの前に突然立ちはだかったのは、ゴスロリファッションを纏った背の高い女性。ミーシャをマジマジと見つめ、肌や髪の毛、唇などの特徴をねっとりと語り始めました。ミーシャはすかさず防犯ブザーを鳴らし、やって来た警官に「不審者に声をかけられた」と伝えます。警官に連れて行かれたその女性は・・・。
第70話 クリーン症候群
笑ゥせぇるすまん(89~93年)【デジタルリマスター版】 第70話 クリーン症候群 健康的で規則正しい生活をするOLの津寿貴(29)は潔癖すぎて、今まで男性との付き合いもない。そんな津寿貴はガサツだが頼りがいのある男と交際を始める。夜の公園、2人が唇を重ねようとした時、津寿貴は…。
act.2 元カレの前でキス!?
無料
恋愛ドラマな恋がしたい2 act.2 元カレの前でキス!? 元彼にみせつける熱いキスー二人の唇はランドリーのように熱く重なる。 今回のドラマは、主役2人に加えて元彼役がある。ペア決めは複雑な恋の矢印によって大波乱...。 役作りの課題として「自分を好きになってもらう」ことを目標に、ペア内で男子の思い出の場所をデートする。 それぞれのペアの演技、そして、恋模様は!?
第36話 恐怖! 機動ビグ・ザム
機動戦士ガンダム 第36話 恐怖! 機動ビグ・ザム ソロモン攻略戦の中、ミライはGファイター被弾のため一時帰投したスレッガー中尉を出迎える。彼女の涙にすべてを悟ったスレッガーは、母親の形見と称する指輪を託す。そして二人は唇を重ねるのだった。その後、ソロモン放棄を決意したドズル中将は、モビルアーマー“ビグ・ザム”で連邦軍主力艦隊への特攻を開始する。
第12話 記憶のパズル
伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~ 第12話 記憶のパズル ウソクはシンファ本社に初出勤する日の朝、足を滑らせスインと唇を重ねてしまう。エンナンにボギョンとの婚約を進められてウンザリするドジンは、アルバイトの面接に来たミオを偶然見かけて追いかける。プングムはウォランにマ家の別荘に誘われて一夜を過ごそうと出かけていく。ベーカリーに面接を受けに行くスインの姿を目にしたウソクはこっそりあとをつける。そんなウソクのもとへ失った記憶に関する3通目の手紙が届き...。
第5話 りりぃ
女子高生の無駄づかい 第5話 りりぃ バカたちのクラスに転入生がやってきた。転入生の名前は染谷リリィ。さらさらのロングヘア、ぱっちりとした大きな瞳、瑞々しくぷるんとした唇、扇情的な隆起を描く豊かな胸、きゅっとした細い腰に、すらりとした長い足、そして透き通るような白い肌という、リリィの完璧な美少女ぶりを見て、ヲタは思わず格差社会かと叫んでしまう。リリィはにっこりと微笑んで、自己紹介をするのだが、その内容が好き嫌いのくだりに入ったとき、その可憐な容姿からは想像もつかない斜め上の言葉が次々と飛び出していき……。
第2話 迷える神様
ハベクの新婦 第2話 迷える神様 自分は神の使用人の子孫だと自覚していないソア。ハベクは彼女を覚醒させようと、いきなりキスをする。それでも目は覚めず、ソアはハベクを避けるようになる。だが、その日以来、幻聴が聞こえるように。一方、ハベクはかつて水国から逃げた下級の神ゴルリンと再会する。神力を失っているせいで、襲いかかったゴルリンに唇を奪われ体に異変が...。その頃、ソアは患者のボンヨルが入院を拒否して逃走したとの連絡を受ける。
第76話 勝利の予感
スラムダンク 第76話 勝利の予感 後半残り10分、魚住を追い出した立役者・花道が本領を発揮していた。対する陵南は魚住を欠いて湘北に3点リードを許してしまう。自らの未熟さに唇を噛む魚住は、入部当時、練習について行けず挫折し退部寸前まで考えたこと、それでも監督に期待されたことを思い出す。そして精神的な支えになっていた仙道をサポートしようとベンチからチームに檄を飛ばした。一方、波に乗っていた湘北は順調にスコアを伸ばしており、プレーにも余裕が生まれていた。そのため花道がまさかの自殺点をやってしまった時も、赤木は怒ることなく、むしろそのアグレッシブさを評価する。