「田口容疑者」の検索結果

「田口容疑者」に関する情報は見つかりませんでした。
「田口」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

有罪判決の田口淳之介さん 音楽活動の再開を発表
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 有罪判決の田口淳之介さん 音楽活動の再開を発表  有罪判決から2週間、音楽活動の再開を発表しました。  KAT-TUNの元メンバー・田口淳之介さんは、元女優の小嶺麗奈さんとともに自宅で大麻を所持していた罪に問われ、先月に懲役6カ月、執行猶予2年の判決を受けました。判決からちょうど2週間となった今月4日、自身のホームページで7日に新曲「Voices」をインターネット配信でリリースすると発表しました。また、来月3日には東京都内でファンミーティングを開催するとしています。
4話「カプリスの繭Ⅳ」
グリザイアの楽園 4話「カプリスの繭Ⅳ」 「大事な女」──麻子を護るために進んだ、戦士としての道。しかし、雄二の成長を待たずして、麻子は彼の許を去ろうとしていた。再び無力感にさいなまれる雄二だったが、別れ際、麻子に託された言葉に救われ、再び自分自身の足で歩き始められるようになる。そして、その言葉は彼を美浜学園へ導くことにもなるのだった。過去をたどる長い旅を終え、天音たちが待つ三嶋崎へと帰還する雄二。しかし、彼が再び学園に姿を見せることはなかった。
6話「ブランエールの種Ⅱ」
グリザイアの楽園 6話「ブランエールの種Ⅱ」 「情報屋」ジミーとの接触で、今の状況が予想以上に悪いことを知った由美子と美浜学園の少女たち。雄二を失い、学園をも追われた5人だったが、新たな活動拠点を確保し、雄二奪還作戦を画策する。そんな少女たちのもとに、謎の協力者から支援の手が差し伸べられる。一方、テロ事件発生直後より「市ヶ谷」に拘束されていた雄二は、その地下深くである存在と邂逅していた。「彼女」の口から語られたのは、姉・一姫の死の真相、そして今この国が直面している危機についてだった。
7話「ブランエールの種Ⅲ」
グリザイアの楽園 7話「ブランエールの種Ⅲ」 突如、天音たちに寄り添う姿なき支援者「タナトス」──。「彼女」の目的もまた、風見雄二の解放と奪還だった。利害が一致した美浜の少女たちとタナトスは、作戦を実行するため準備を整えていく。携帯電話越しに繰り広げられる、一見意味不明なタナトスの指示に戸惑う彼女たちだったが、それらは目的を結実させるため、予想以上の成果を少女たちへもたらしてくれるのだった。そして雄二の身柄が赤坂へと移送される当日。可能な限りの準備を整えた彼女たちは、かけがえない存在を取り戻すための戦いへと赴くのだった。
9話「ブランエールの種V」
グリザイアの楽園 9話「ブランエールの種V」 雄二を奪還し、激しい逃亡劇を繰り広げた美浜の少女たち。そのゴールで待っていたのは、タナトスのコアとして生きながらえていた風見一姫だった。思いがけない邂逅に驚きを隠しきれない雄二と天音だったが、事態は再会の感慨に浸る暇さえも許してはくれないのだった。自分の運命を狂わせ、世界に死と災いを振りまく忌むべき男──ヒース・オスロ。彼との因縁を断ち切るため、風見雄二は最後の戦場へと向かう。そしてかつて雄二に救われた少女たちは、彼にとっての帰るべき場所を守るため、ともに戦う意思を固めるのだった。
1話『普通の学園生活』
無料
グリザイアの果実 1話『普通の学園生活』 175キロもの距離を歩き、バックパック一つで三嶋崎へと引っ越してきた青年、風見雄二。そんな浮き世離れした彼の願い―― それは『普通の学園に入って、普通の学生生活が送りたい』というものだった。知人の橘千鶴によってその願いは叶えられ、雄二は彼女が学園長を務める私立美浜学園に通うこととなる。高い塀に囲まれ、通う学生は5人だけという“普通の学校”にやって来た雄二が出会ったのは、一癖も二癖もある少女達だった。
2話『スクールキラー由美子』
グリザイアの果実 2話『スクールキラー由美子』 最初は雄二のことを怖がって、天音の後ろに隠れていた蒔菜だが、次第に心を開き、雄二に懐き始める。クラスメイト達が雄二と親睦を深める中、ただ一人、由美子だけは彼のことを未だに警戒していた。時にカッターで斬りかかってくる由美子を、持ち前の身体能力で難なくかわす雄二は、彼女と距離を縮めようと冗談を言うが、むしろ逆に怒らせてしまう。なぜ由美子はそこまで自分を敵視するのか?その疑問を解決するため、雄二は千鶴のもとを訪れる。
4話『銀の弾丸で狙う場所』
グリザイアの果実 4話『銀の弾丸で狙う場所』 雄二が日課の早朝ランニングをこなしていると、海の見渡せる高台へと続く道を歩いていたみちるの姿を目撃する。ふと気になって後を追うと、そこで雄二は普段のかしましさとは真逆のアンニュイな一面を見せるみちるに、「人って死んだらどうなるの?」と投げかけられる。その言葉がずっと胸の中で引っかかっていた雄二は、再び高台でみちるを見かける。そこで会ったみちるに何か妙な違和感を覚えた雄二は、彼女に問いかける。「オマエは誰だ?」と。
3話「カプリスの繭Ⅲ」
グリザイアの楽園 3話「カプリスの繭Ⅲ」 麻子と同じ道へと進むため米国に渡った雄二は、過酷な軍隊生活の中で、苦楽を共にする戦友たちと出会い、彼らとの絆を深めていった。やがて、実戦へと配備された雄二は、絶望的な戦局の中、落ちこぼれたちの寄せ集め部隊──「ヤブイヌ小隊」と出会い、部隊の一員として戦火をくぐり抜けることになる。何が正義で何が勝利かすらも分からなくなる地獄の中、ただ生き残ることを目的に駆け抜ける雄二たちヤブイヌ小隊。誰もが正気を失い、目を覆いたくなるような極限状態の中でも、彼らは仲間のために戦い続ける。
8話「ブランエールの種Ⅳ」
グリザイアの楽園 8話「ブランエールの種Ⅳ」 核兵器を盾に国家を脅迫する国際的テロリスト・ヒースオスロ。彼との取引のため、国家の人身御供にされんとする雄二の危機を救うには、その身柄が市ヶ谷から赤坂へと移送されるタイミングで奪還するしかないという。そしてタナトスの情報のもと、移送ルートを割り出した美浜の少女たちは、護送車の襲撃を企てるのだった。一方、オスロがタナトスシステムの掌握を目論んでいることを察知した「彼女」は、情報屋ジミーとJBの協力のもと、タナトスのコアをシステム本体から物理的に切り離そうと試みる。そしてシステムがその機能を停止した時、少女たちは奇跡の光景を目の当たりにする。
10話「ブランエールの種Ⅵ」
グリザイアの楽園 10話「ブランエールの種Ⅵ」 太平洋に浮かぶ巨大な人工物・タルタロス。それは世界の敵、そして風見雄二の宿敵、ヒース・オスロの居城だった。彼は静かに待っていた、己の野望を成就するための最後の鍵・風見雄二が再び自らの眼前に現れるその瞬間を。そして、復讐の鬼と化した雄二がタルタロスに降り立った時、彼は歓喜の声をあげるのだった。一方、タルタロスへと赴く雄二を見送った美浜の少女とタナトスは、愛しくも罪深い彼が帰ってこられる場所を作るため、ある計画を開始していた。心の安らぐ場所──「楽園」を手に入れたい。ささやかだが切望された願いを叶えるため、皆が最後の戦いへと臨む。
グリザイアの迷宮
グリザイアの迷宮 グリザイアの迷宮 坂下が起こした騒動から1年が経とうとしていたある夏の日。雄二は昇進のための考課調査で、市ヶ谷のJBの元に出頭していた。彼女との面談の中で、自らの生い立ちを語ることを求められた雄二は、記憶を辿る旅に出る。 不慮の事故のため、この世を去った最愛の姉。彼女を追うように旅立った両親。天涯孤独となった彼を引き取り、育てた最悪な男。そして──。 幼少期から現在に至るまで、自分が出会い、共に過ごした人物たちの記憶を、雄二は淡々と語る。「風見雄二」という人格を形作るものは果たして何なのか。その謎の答えが今紐解かれる。
#6 ラストに衝撃告白!「僕の中で何かが目覚めた...」
無料
人間観察恋愛バラエティ ときめきトラベル #6 ラストに衝撃告白!「僕の中で何かが目覚めた...」 2日目の夜、ラブタイムを終えた女性陣にインタビューすると、 なんと3人ともフェミニン男子・すぐるに想いを寄せていることが発覚。 すぐるを巡り、女のバトルが始まるかと思いきや、 すぐるに対し、女性陣からクレームが!「すぐるとゆうとがずっと一緒にいる」 カメラが回っていない時もすぐると芸人・ゆうとが一緒に居て話すチャンスもないという。一体、すぐるは何を考えているのか? すると、翌日、市場へ向かうバスの中で、突然、すぐるが大号泣。 そして、ラストに衝撃の告白が!「僕の中で何かが目覚めた...」
3話『甘い食生活』
グリザイアの果実 3話『甘い食生活』 ある朝、日課のランニングから戻ってきた雄二は、自分の部屋に侵入しようとしている天音を発見する。あからさまに怪しい行動をとる天音の企みを看破すべく、後ろからそっと観察する雄二だったが、部屋に侵入した天音がとったとんでもない行動に呆れかえってしまう。その後も、変化を見せる蒔菜の言動や、真面目で融通のきかない幸の行動に肩をすくませながらも、クラスメイト達との賑やかな時間を過ごしてゆくことになるのだが、ひょんなことから、睡眠の重要性を再認識することとなり…
5話『VOX IN BOX』
グリザイアの果実 5話『VOX IN BOX』 ニャンメルを失った現実から逃れるようにして、衝動的な行動に走るみちる。しかし、いち早く彼女を見つけた雄二の手によって事なきを得るのだった。翌朝、昨日の出来事が嘘であるかのように、明るく振る舞うみちるの姿がそこにはあった。いつものとおりのツンデレでお馬鹿なみちる……。だが、ひとり雄二だけは、みちるの言動の裏に違和感を覚えていた。そんな折、雄二は、幸からとある箱の扱いについての相談を受ける。聞けばその箱は、以前みちるから預かって以来、返却も話題に出すことも禁じられたという。その中身に興味を持った雄二は……。
6話『レーゾン・デートル』
グリザイアの果実 6話『レーゾン・デートル』 美浜学園の理事長である榊道昭は、その権力を行使しJBを自らのもとに呼び出す。榊家の跡目を継ぐべき娘──由美子を更正させるためだけに作った学園が、その役目を果たしていないことに業を煮やし、彼女の「会社」の力を借りることを決意したのだ。道昭の依頼を受け、雄二を由美子の護衛に付けるJB。しかしそれは、由美子の身を護るための「任務」ではなかった。任務の裏にある道昭の意図、そして由美子が心の内に秘めたの真の想いと、彼女の背負った十字架の正体を知った時、雄二は誰もが予想しなかった行動を起こす。
7話『幸せの手紙』
グリザイアの果実 7話『幸せの手紙』 どんな願いも叶えてくれるメイド姿のクラスメイト“幸”。しかし、目的達成のためならその手段を選ばない──そんな危うい一面を幸が持ち合わせていることを知っている学園の皆は、彼女に対し下手な発言をしないように注意を払っていた。しかし、夏休みを目前にしたある日、期末テストを控えたみちるが、思わず「テストをなくして」と不用意な発言を幸に向けてしまう。その言葉を真に受け、幸は静かにミッションを開始する。刻一刻と試験日が近づく中、幸の「テスト対策」も着々と準備が整えられていくのだった。
9話『セカイ樹の種Ⅱ』
グリザイアの果実 9話『セカイ樹の種Ⅱ』 JBからの緊急呼び出しで、「本社」に出頭した雄二を待っていたのは、入巣蒔菜の暗殺指令だった。この国を裏で牛耳る入巣家の長女にして、一族の暗い秘密を知る蒔菜。そんな彼女の存在自体を脅威と感じる者達──彼らの冷徹さと絶対的な意思の前には、組織の末端にすぎない雄二の心理など、無視されるものでしかなかった。「父親」として全力で守ると約束した蒔菜をその手で殺す──。雄二と蒔菜の関係を承知で残酷な命令を下すJBに対し、雄二は直立不動に任務受諾の意を示すのだがーー。
10話『エンジェリック・ハゥルⅠ』
グリザイアの果実 10話『エンジェリック・ハゥルⅠ』 転校初日から、初対面であるはずの雄二に対して一方的な好意を寄せてきた天音。知り合って日が浅いにも関わらず、常に尽くそうとしてくる彼女の献身には、「一目惚れ」以外の切実な理由があるのではないかと雄二は考えていた。しかし、天音のことを憎からず想い始めていた雄二は、ついに彼女に問い詰める「なにがお前をそうさせるのか」と。雄二の問いかけに涙ながら告白を始める天音。それは雄二の姉“一姫”の死にまつわる──「滝園学園マイクロバス転落事故」の忌まわしい記憶だった。
11話『エンジェリック・ハゥルⅡ』
グリザイアの果実 11話『エンジェリック・ハゥルⅡ』 バス転落事故でかろうじて生き残った滝沢学園バスケ部の部員たちは、誰の助けも届かない、世界の奈落のような場所に取り残されていた。そんな、死と隣り合わせの絶望的な状況の中、天音は“風見一姫”と名乗る少女と出会う。天才的な判断力と非情ともとれる冷静さで、部員たちを導き救っていく彼女の姿は、状況に立ち尽くすばかりの天音にとって強烈な印象を与えた。冷徹な一姫と優柔不断で内気な天音。タイプのまるで違う二人は、救いのない極限的な日々を共に過ごす内に、次第に強い友情で結ばれていくのだった。
12話『エンジェリック・ハゥルIII』
グリザイアの果実 12話『エンジェリック・ハゥルIII』 奈落の底に落ちて数日後。手持ちの食料ととも、助けを信じる気力まで尽きかけた少女達は、ゆっくりとだが確実に壊れはじめていた。事故の怪我がもとで病に侵される者、耐え難い飢餓感に苛まれ続ける者、みなが救いのない世界に心を病んでいく中……天音と一姫は互いを励ますようにかろうじて正気を保ち続けていた。その日その日を、ただ死なずにいるだけの形だけの生存。そんな絶望的な日々からついに脱落者が出た時、天音は「この世の地獄」を目の当たりにするのだった。
13話『射界10センチ』
グリザイアの果実 13話『射界10センチ』 雄二の励ましもあり、自らの過去と向き合う決心をした天音。しかしながら雄二は、天音の話の中でひとつの疑念を抱く――「果たして一姫は本当に死んだのか」と。自らの疑問を確かめるため、天音の案内で事故現場へと赴く雄二。しかし、部員たちの末路はわかっても、肝心の一姫については結局わからずじまいだった。だが真相は知れずとも、事実と向き合えたことで、少なからず救われた気持ちになる天音。そんな中、忌まわしき事故の因縁は、彼女に新たな災厄をもたらそうと、静かに忍び寄りつつあるのだった。
1話「カプリスの繭Ⅰ」
無料
グリザイアの楽園 1話「カプリスの繭Ⅰ」 ある任務で、少年だった雄二をテロリストの手から救いだした日下部麻子。兵士として数々の死地をくぐり抜けてきた彼女は、何の気まぐれか保護者として雄二を引き取ることにする。同僚のJBの心配を他所に、半ば強引に一つ屋根の下で暮らし始めた不器用な女戦士と少年──。まるで家族の真似事のような奇妙な共同生活の中で、雄二は徐々に人間らしさを取り戻していく。母親でもあり、また師匠でもある麻子の厳しくも愛ある「教育」の賜物か、やがて自分の生きる意味についても考えられるようになるまで成長した雄二は、麻子にある「願い」を切り出すのだった。
2話「カプリスの繭Ⅱ」
グリザイアの楽園 2話「カプリスの繭Ⅱ」 体調の不調から、自らの「仕事」に支障をきたすようになった麻子。彼女の異変を肌で感じていた雄二は、彼女の負担を肩代わりすることで、自分の生きる意味を見いだせるのではないかと考え始めていた。雄二の意思を尊重しようとする麻子。しかし、ふたりを身近で見守ってきたJBは、自ら進んで暴力の世界に戻ろうとする雄二に、危うさを感じていた。雄二の身を案じて強く反対するJBだったが、そんな彼女を説得したのも他ならぬ雄二自身であった。そして、本格的な訓練を受けるため、麻子とともに渡米することとなる。初めて自らの意思で歩みはじめた新天地。しかしその道もまた、厳しく険しいものだった。
5話「ブランエールの種Ⅰ」
グリザイアの楽園 5話「ブランエールの種Ⅰ」 突如姿を消した風見雄二を、テレビ画面の向こうに認めることとなった美浜学園の少女たち。しかも彼は、国際問題に発展しかねないテロ事件の容疑者として全国報道されていた。突然の出来事に呆然とするも、彼の無実を信じて疑わない彼女たち。雄二の身に何が起こったのか――真実を知るために何が出来るのか? その疑問への答えを見出せないまま立ち尽くす少女たちだったが、独り由美子だけは事態の全容を掴むべく行動を起こしていた。自らに残された資金とネットワークを駆使した情報収集の末、由美子はひとりの「情報屋」の存在へとたどり着くのだった。
#15 ついに告白の時!男性メンバーが全力で思いの丈をぶつける!
無料
人間観察恋愛バラエティ ときめきトラベル #15 ついに告白の時!男性メンバーが全力で思いの丈をぶつける! 旅は9日目の夜を迎えた。運命の告白を翌日に控えた最後のラブタイム。 看護師のまいころは、ずっと想いを寄せ続けてくれたプロテニスプレーヤーの ダイキについに虫好きをカミングアウトする。果たして、大の虫嫌いのダイキの 反応は? いよいよ旅、最終日。7人は、大時化の海を渡り、ゴールの洞窟を目指す! そこでは思わぬ光景が待っていた。 そして、ついに迎えた、告白の時。男性メンバーが全力で思いの丈をぶつける! 果たして、カップルは誕生するのか? タイを舞台に繰り広げた10日間の恋愛旅にいよいよ答えが! 最後の最後までときめきが止まらない!
#1:「奇跡の出会いと、史上最悪な再会」
無料
1ページの恋 #1:「奇跡の出会いと、史上最悪な再会」 連続ドラマ初主演・橋本環奈 「圧倒的、純愛」ラブストーリー!! 錯綜する5人の"純愛"のかたち。 絵を描くことが大好きな水瀬あかり(橋本環奈)の前に現れた三人の男性。 奇跡を感じた「運命的な初恋の男性」、森田郁巳(板垣瑞生)。 いつもそばにいる「優しい幼馴染の男性」、乾大和(濱田龍臣)。 女慣れした「刺激的な大人の男性」、星野有利(古川雄輝)。 親友である小橋奈津菜(大野いと)に支えられながら、あかりが見つける"純愛"とは? 「護るのが、純愛」「奪うのが、純愛」「捧げるのが、純愛」「偽るのが、純愛」 果たして、真実の純愛はどれなのか!??
#6:【最終回】涙、涙、涙の純愛。運命の相手がついに決定!
1ページの恋 #6:【最終回】涙、涙、涙の純愛。運命の相手がついに決定! 4年後ーー。あかり(橋本環奈)がツイッターに描きためた漫画『1ページの恋』が書籍化された。出版記念のサイン会場には、たくさんのファンの姿が。居酒屋やまとで乾杯をする一同。だがそこに郁巳(板垣瑞生)の姿はない。 郁巳は東京でバーテンダーをしていて、四年かけて借金を完済していた。 そんな中、あかりに本が新人コミックアワードの優秀賞に選ばれた。大事な授賞式は25日の夜。その日は4年に一度の『セレーナ流星群』の日だった。 星野(古川雄輝)は最後まであかりのことを考え、背中を押し続けた。そして、運命の日を迎えるーー。あかりが出した答えはーー。
〔月曜〕#162:性の伝道師4人が「女の性欲」について語る
The NIGHT 〔月曜〕#162:性の伝道師4人が「女の性欲」について語る ・世の中の男性に聞いてほしい!性生活向上委員会! ・主張①「性の話をしたくらいで、ビッチと呼ばないで!」 ・主張②「女はチ●コを見ても興奮しません!」 ・性のスペシャリストが井戸田潤のアレに興味津々! ・主張③「女性のSEXしたいサインを見逃さないで!」 ・性のスペシャリストが、SEX したいサインを教える! ・女性のサインを巡って男性陣と女性陣が激論! ・主張④「女性のセルフプレジャーは悪いことじゃない!」 ・女性視聴者限定のアンケート!「セルフプレジャーしたことある?」その結果は? ・セルフプレジャーグッズ最新の「iroha」と「TENGA」が登場! ・主張⑤「男の愛撫はたいてい痛い!」 ・性のスペシャリストが「正しい愛撫」を教える! ・深夜の官能小説朗読会!井戸田潤と小島みなみが熱演! ・性のスペシャリストが視聴者の「性の悩み」に答える!
8話『セカイ樹の種Ⅰ』
グリザイアの果実 8話『セカイ樹の種Ⅰ』 突然、雄二は「蒔菜の父親になる」ことを宣言する。当惑する周囲を尻目に、当人たちはいたってまじめに「親子」として振る舞い、学期末の頃にはすっかりスパルタパパへとなっていた。格闘術や射撃など、自らの持てる全てを蒔菜に叩き込もうとする雄二。マンツーマンの特訓の中で、自らにも同じようにして全てを教えてくれた「師匠」の存在を思い返していた。そして里帰りで天音たちもいない夏休みのある日、「パパは実家に帰らないの?」という言葉に後押しされ、雄二は師匠の墓参りに行くことを決心する。その道すがら、雄二は自分の生い立ちや師匠との思い出を、蒔菜にぽつりぽつりと語りはじめるのだった。