「田端信太郎VS藤田孝典」の検索結果

「田端信太郎VS藤田孝典」に関する情報は見つかりませんでした。
「田端信太郎」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第186話 ユーレーも真っ青! ブタゴリラの通知表
キテレツ大百科 第186話 ユーレーも真っ青! ブタゴリラの通知表 塾の帰りに、気味の悪い女の人から、英一の家を聞かれたトンガリ。トンガリは女の人を英一の家まで案内するが、途中でその人はどこかに消えてしまう・・・・・。翌日、今度はコロ助が、同じ人からブタゴリラの家を聞かれる。その女の人に思い当たるフシがあるママが写真を見せると、同じ人だとコロ助は答える。しかし、その人は20年前に山で遭難していただ。
#8 大雨の夜にすべてを流して
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #8 大雨の夜にすべてを流して 自分が二人存在するという思春期症候群を引き起こし、咲太の家にしばらく泊まることになった理央。一方で“もう一人の理央”はSNSに思いがけない写真を投稿していた。そのことを同級生の上里沙希から教えられた咲太は、改めて理央と話をすることに。その行動の理由、そして思春期症候群の解決方法を探るため二人の理央から話を聞いていく中で、咲太はそれぞれが抱える悩みを知ることになり……
#1 先輩はバニーガール
無料
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #1 先輩はバニーガール 峰ヶ原高校の2年生・梓川咲太は、ある日、図書館でバニーガールと出会う。その正体は、咲太と同じ高校の3年生で活動休止中の国民的女優、桜島麻衣だった。周囲からひと際目立つ麻衣だが、何故か彼女の姿は周囲の人間には見えていなかった。 麻衣から金輪際、私に関わるなと言われるも気になった咲太は翌日、駅のホームで見かけた彼女に話しかける。そして咲太は、麻衣の身に起こっている不思議な現象について聞かされる。
豪 森林火災に航空自衛隊輸送機2機派遣で調整
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 豪 森林火災に航空自衛隊輸送機2機派遣で調整  オーストラリアで去年9月から続いている森林火災を受け、日本政府が国際緊急援助隊として航空自衛隊の輸送機2機を派遣する方向で調整していることが分かりました。  防衛省はすでに連絡要員として、航空自衛隊の1佐を含む自衛隊員8人を現地に派遣し、情報収集や関係機関との調整などを行っています。オーストラリアから実際に支援を要請されれば、航空自衛隊のC130輸送機2機を派遣する方向で調整しています。主に、現地の消防士や支援物資の輸送を想定しているということです。早ければ15日にも派遣される予定です。大規模火災で自衛隊が海外に派遣されるのは初めてです。
葬られた危機~イラク日報問題の原点~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 葬られた危機~イラク日報問題の原点~ 湾岸危機で日本はアメリカから自衛隊を派遣するよう求められた。しかし当時は派遣できる環境になく、代わりに民間の輸送船がペルシャ湾に向かった。 外務省は「日本政府の指揮下で安全に航行する」と説明していたが、実態は異なり、アメリカ軍の指示で危険な海域に入りミサイル攻撃に晒されていた。攻撃の事実は極秘とされ、以後、自衛隊の海外派遣が本来任務となっていく。 番組では、海外派遣を支えてきた「隠ぺい」の原点を探る。
韓国 中東ホルムズ海峡周辺に独自で軍を派遣へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 韓国 中東ホルムズ海峡周辺に独自で軍を派遣へ  韓国政府は、中東のホルムズ海峡周辺に独自で軍の部隊を派遣することを決めました。  韓国国防省によりますと、派遣されるのはアフリカ・ソマリア沖で海賊対策に従事している駆逐艦部隊で、ペルシャ湾やオマーン湾などホルムズ海峡一帯の広い範囲で活動する予定です。国防省は、「有事の際の国民の安全、安定的な原油供給を最優先に考慮した」としています。韓国は、アメリカが主導する有志連合には日本と同様に参加しませんが、「必要な場合には協力する」として、連絡用の将校も派遣します。アメリカは韓国に対し、再三にわたって派遣を促してきた経緯があり、韓国としては在韓アメリカ軍の駐留経費の問題などをにらんだうえで今回の判断を下したとみられます。
自衛隊、中東派遣命令へ あす哨戒機が出発予定
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 自衛隊、中東派遣命令へ あす哨戒機が出発予定  アメリカとイランの緊張状態が続くなか、河野防衛大臣は10日午後、海上自衛隊に中東への派遣命令を出す方針です。情報収集のための哨戒機は11日に出発する予定です。  政府は日本関係の船舶の中東地域での安全を確保するために海上自衛隊の哨戒機と護衛艦を派遣する閣議決定を行っていて、10日午後に河野大臣は海上自衛隊へ派遣命令を出す予定です。これを受けて11日にP3C哨戒機2機が沖縄県の那覇基地を出発し、アフリカのジブチからオマーン湾を中心とした中東地域の情報収集にあたる予定です。また、護衛艦「たかなみ」は来月上旬にも神奈川県の横須賀基地を出発する予定です。
緊迫の中東へ…自衛隊に派遣命令 11日に哨戒機出発
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 緊迫の中東へ…自衛隊に派遣命令 11日に哨戒機出発  中東情勢の緊張が続くなか、自衛隊に派遣命令が出されました。  河野防衛大臣:「今、まさに中東地域における日本関係船舶の安全確保に必要な情報収集活動の実施を命じたところであります」  今回の派遣での任務は「情報収集」に限られるため、日本の船が攻撃を受けても武器を使って守ることはできません。不測の事態の場合には「海上警備行動」を発令して必要な武器を使って守ることを検討しています。哨戒機の部隊が11日に日本を出発し、護衛艦「たかなみ」が来月上旬に出港します。
中東派遣の哨戒機が飛行開始 オマーン湾などへ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 中東派遣の哨戒機が飛行開始 オマーン湾などへ  緊張が続く中東地域で情報収集活動を行うため、海上自衛隊の哨戒機がフライトを開始しました。  日本関係船舶の安全を確保するため、海上自衛隊のP3C哨戒機2機が21日からアフリカ東部のジブチで飛行を開始しました。気温30度を超えるなか、足早に機内に乗り込む隊員は打ち合わせを終えた後、活動地域のオマーン湾などに向けて飛び立ちました。護衛艦「たかなみ」も来月2日に神奈川県の横須賀港を出発し、来月下旬から活動を開始する予定です。今回の派遣期間は約1年で、情報収集活動を目的とした初めての長期派遣となります。
安倍総理、中東3カ国へ 自衛隊派遣に理解求める
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 安倍総理、中東3カ国へ 自衛隊派遣に理解求める  安倍晋三総理大臣はサウジアラビアなど中東3カ国を訪問するため、日本を出発しました。それぞれの国で自衛隊派遣の目的などを説明し、理解を求めたい考えです。  アメリカともイランとも友好な関係を維持する日本にとってバランス感覚が求められる外交となります。  安倍晋三総理大臣:「話し合いによる対話、自制的な対応を促し、日本ならではの平和外交を粘り強く展開していく考えであります」  今回、訪問する3カ国はいずれもアメリカと近く、サウジアラビアとUAE(アラブ首長国連邦)はアメリカ主導の有志連合にも参加しています。安倍総理は、自衛隊派遣について日本の船舶の安全を守るための情報収集が目的で、アメリカともイランとも一線を画した独自の派遣であるということを説明します。また、同行筋は「一触即発の危機を回避した今こそ、対話のチャンスだ」と語っていて、各国にイランとの和平に向けた対話を促したい考えです。ただ、地理的にも政治的にも遠い日本がどのような役割を果たせるかは見通せてはいません。