「番組 表 福岡」の検索結果

今すぐ視聴する

母校で弔意の半旗を掲揚 銃撃で死亡の中村医師
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 母校で弔意の半旗を掲揚 銃撃で死亡の中村医師  中村哲医師(73)の地元・福岡市の母校では、驚きと悲しみの声が聞かれました。  中村さんが卒業した福岡市博多区の福岡高校では5日朝、弔意を表す半旗が掲揚されました。中村さんは去年6月に母校で講演会を行い、アフガニスタンでの自身の活動を紹介していました。また、中村さんの死を悼み、全校生徒で黙祷(もくとう)も捧げました。福岡高校では4日夕方、図書室に中村さんの足跡を紹介するコーナーを急きょ設けています。
中村哲医師死亡 地元・福岡からも悲痛の声が
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 中村哲医師死亡 地元・福岡からも悲痛の声が  アフガニスタンで支援活動をしていた医師の中村哲さん(73)が銃撃されて死亡しました。中村さんの死亡を受け、地元・福岡からも悲しみの声が上がりました。  中村さんらの用水路建設に協力・徳永哲也さん:「先生は悔しくて悔しくてたまらないと思う。この悔しさは…何で。理解できない」  中村さんが代表を務めるペシャワール会では、福岡県朝倉市の灌漑(かんがい)設備や水車をモデルにアフガニスタンで用水路などを建設しています。徳永哲也さんは現地で中村さんとともに用水路開発に協力したこともありました。  中村さんらの用水路建設に協力・徳永哲也さん:「先生はあの地域では、皆さんにとって神様と言われていた。あれだけ命を張って尽くしている先生に対して誰が銃口を向けたのか」
「医療だけで命救えない」 中村哲医師が残した足跡
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「医療だけで命救えない」 中村哲医師が残した足跡  アフガニスタンで凶弾に倒れた医師・中村哲さん。突然の訃報を受け、世界各地で死を悼む声が上がっています。首都カブールでは市民らが追悼式を開き、「心の中に何百年と残り続ける」と語る人もいました。  4日、中村哲医師の遺体はNATO(北大西洋条約機構)の兵士たちによって軍用ヘリで首都カブールに移送されました。アフガニスタンで30年にわたって医療や農業用水路の建設に携わってきた中村さん。襲撃を受けたジャララバードをはじめ、各地でろうそくに火をともした市民が追悼に集まっています。「あなたを守ることができず、申し訳ありません」と書かれた市民のメッセージが捧げられていました。  中村さんの地元である福岡でも悲しみとショックが広がっています。去年、中村さんが講演を行った母校の福岡高校では弔意を表す半旗が掲揚され、全校生徒で黙祷(もくとう)を捧げました。  現地では長年の支援活動に敬意を表し、市民の手によって石碑が建てられていました。アフガニスタンで一緒に医療支援を続けてきた医師は中村さんの突然の死に悲痛な思いを打ち明けます。  アフガニスタン出身、NPO法人カレーズの会、レシャード・カレッド医師:「荒れ地だった所が3、4年後に彼と一緒に行ったら真緑になっていたことが驚きで『よくやったね中村さん、こんな所まで』と言ったら『いや、やったのは俺じゃない。皆なんだよ』『俺はただ道を作ってあげたんだよ』って。命まで落とされるのは本当に気の毒だし、申し訳ない気持ちがあります」
アフガニスタンで銃撃受けた中村哲医師が死亡
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アフガニスタンで銃撃受けた中村哲医師が死亡  アフガニスタン東部で4日に日本人の医師・中村哲さんを乗せた車が銃撃された事件で、「ペシャワール会」の代表を務める医師の中村哲さんが死亡したということです。地元の州政府高官が明らかにしました。  地元メディアによりますと、4日にアフガニスタン東部のナンガルハル州でNGO(非政府組織)「ペシャワール会」の代表を務める医師の中村哲さんを乗せた車が何者かに銃撃されました。福岡市のNGO「ペシャワール会」によりますと、中村さんは右胸に銃撃を受けて病院で手当てを受けましたが、地元の州政府高官によりますと、中村さんは死亡したということです。また、この銃撃で中村さんの他に5人が死亡したということです。
アフガニスタンで中村哲医師が銃撃され負傷
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アフガニスタンで中村哲医師が銃撃され負傷  アフガニスタン東部で4日、現地で活動している日本人の医師・中村哲さんを乗せた車が銃撃され、けがをしました。他に5人が死亡したということです。  現地メディアによりますと、4日、アフガニスタン東部のナンガルハル州で福岡市のNGO(非政府組織)「ペシャワール会」の代表を務める医師の中村さんを乗せた車が何者かに銃撃されました。中村さんはけがをして病院で手当てを受けているということです。また、この銃撃で5人が死亡したということです。
中村医師銃撃 アフガニスタン大統領「テロ」と断定
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中村医師銃撃 アフガニスタン大統領「テロ」と断定  アフガニスタンで支援活動をしていた医師の中村哲さん(73)が銃撃されて死亡した事件について、アフガニスタンのガニ大統領は「テロ」だと断定しました。  福岡市のNGO(非政府組織)「ペシャワール会」の現地代表の医師・中村哲さんは4日午前、アフガニスタンのジャララバードを車で移動中に何者かに襲撃されて死亡し、同乗していた運転手や警備員ら5人も殺害されました。現地メディアによりますと、中村さんの遺体はヘリコプターで首都のカブールに移送されたということです。10月に中村さんにアフガニスタンの名誉市民権を授与したガニ大統領は、声明で事件をテロだと断定しました。さらに、「残忍な犯行でこれによってアフガニスタンの進歩と発展を阻止することはできない」と強調し、銃撃事件の犯人を逮捕するよう指示しました。
「人々に寄り添ってくれた」NYで中村医師の追悼式
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「人々に寄り添ってくれた」NYで中村医師の追悼式  アフガニスタンで凶弾に倒れた中村哲医師の死を悼み、アメリカ・ニューヨークで追悼式が行われました。  10日、ニューヨークにあるアフガニスタン総領事館で開かれた中村さんの追悼式には、アメリカに住むアフガニスタン系の人々ら約25人が出席しました。参列者からは中村さんの死を惜しむとともに、功績をたたえる声が寄せられました。  アフガニスタン、ゼルガイ・サジェッド総領事:「多くの国々がアフガニスタンを忘れ去るなか、中村医師は人々に寄り添ってくれました」  参列した医師:「中村さんは今の世代だけでなく、数世代にわたり、人々を助けることになるでしょう」  日本の山野内ニューヨーク総領事も追悼式に出席し、アフガニスタンの人々の弔意に対して感謝の意を表しました。中村さんの告別式は地元の福岡で11日午後に行われる予定です。
「守ることできず申し訳ない」 現地で中村さん追悼
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「守ることできず申し訳ない」 現地で中村さん追悼  アフガニスタンで銃撃されて死亡した中村哲医師(73)の追悼集会が現地で開かれました。長年、支援活動をしていた中村さんに「あなたを守ることができず、申し訳ありません」とメッセージが捧げられました。  福岡市のNGO(非政府組織)「ペシャワール会」の現地代表の医師・中村さんは4日、アフガニスタンのジャララバードで何者かに銃撃されて死亡しました。一緒にいた運転手や警備員ら5人も殺害されました。アフガニスタンのガニ大統領はテロ事件と断定しています。現地では市民らによる追悼集会が開かれ、「中村さんはアフガニスタン人として生きた。あなたを守ることができず、申し訳ありません」とメッセージが捧げられました。また、国連のアフガニスタン支援団は「中村医師はアフガニスタンの人々のために人生の多くを捧げた。尊敬すべき中村医師に対する分別のない暴力行為だ」と犯行を非難しました。中村さんの遺体はヘリコプターで首都カブールに移送されています。
中村哲さん 悲しみの帰郷 在日アフガン人も出迎え
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中村哲さん 悲しみの帰郷 在日アフガン人も出迎え  アフガニスタンで殺害された中村哲さんの遺体が9日に悲しみのなか、故郷の福岡に戻りました。空港では友人や日本に住むのアフガニスタン人など大勢の人たちが出迎えました。  航空機から運び出される中村さんのひつぎ。アフガニスタンに迎えに行った家族とともに故郷へ帰ってきました。空港の展望デッキでは多くのアフガニスタン人の姿も。中村さんたちを襲ったのは何者だったのでしょうか。現場付近の防犯カメラには実行犯とみられる複数の人物が映っていました。  人々が走って建物内に逃げていきます。そして、停車していた白い車に男たちが乗り込み、その車を追い越して別の車が現れました。2台とも犯行後の襲撃犯が乗っているとみられ、先頭の車はバンパーが壊れていました。  遺体がアフガニスタンの国旗に包まれ、首都カブールから見送られる際に大統領もひつぎを運ぶ列に加わっていました。現地で中村さんと対面した妻の尚子さんと長女の秋子さん。尚子さんは中村さんの顔をじっと見つめていました。現場にいた人によりますと、「よく頑張ったね」と声を掛けていたそうです。  アフガニスタンの航空会社が飛行機の尾翼に描いた肖像画。「中村さんの功績にずっと感謝し続けます」とSNSで投稿したところ、大きな反響を呼んでいます。また、現地では中村さんが開拓に携わった緑地に中村と冠した名前が付けられていました。  中村さんが現地代表を務めていたペシャワール会は「中村さんが実践してきたすべての事業を継続する」と遺志を継ぐ決意を改めて表明しました。
銃撃され中村医師が死亡 アフガニスタンで人道支援
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 銃撃され中村医師が死亡 アフガニスタンで人道支援  アフガニスタンで人道支援を続けている医師の中村哲さん(73)が、現地で銃撃を受けて死亡しました。現地の州政府高官が明らかにしたものです。  アフガニスタンで4日、福岡市のNGO(非政府組織)「ペシャワール会」の現地代表の医師・中村哲さんが現地を車で移動中、何者かによって襲撃されました。  ペシャワール会:「中村は右胸に銃弾を1発受けたと、受けた直後、意識はあったということで、その後、ジャララバードの病院に移送されて、そこで手術を受けていると、とりあえず命に別状はないと聞いております。ドライバーは33歳、まだ若い青年ですけど、彼が被弾して亡くなったという知らせがきています」  中村さんは長年、アフガニスタンで農業用水路の建設などの復興に携わっています。事件当日は朝、宿舎から作業地へ移動中に襲われたとみられます。  ペシャワール会:「襲撃者については、単なる物とりの強盗なのか政治的な意図を持った人たちであるのか分かっておりません。武装したガードがついて移動するというふうになっており、毎回、経路を変えながら移動すると、セキュリティーについては常に神経を使っております」  中村さんたちは、2000年から大干ばつが起きていたアフガニスタンで約1600本の井戸を掘りました。また、農業用水の建設なども中村さんが先頭となってやっていました。  ペシャワール会の会見:「中村、73歳ですけれども、現場に出ております。ドクターですけれども、ただ指示を与えるだけでなく、土木作業も先頭に立ってやって…