「番組表 安室」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

立憲・枝野代表&国民・玉木代表 “共闘”成果は?
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 立憲・枝野代表&国民・玉木代表 “共闘”成果は?  今回の選挙で野党共闘はうまくいったのか。また、憲法改正について今後どのように対応していくのか。立憲民主党の枝野代表と国民民主党の玉木代表、両代表に聞いた。
#16 ゲスト:玉木雄一郎氏(国民民主党代表)、小沢一郎氏(自由党代表)
NewsBAR橋下【毎週木曜よる11時〜】 #16 ゲスト:玉木雄一郎氏(国民民主党代表)、小沢一郎氏(自由党代表) 今回のゲストには、国民民主党代表の玉木雄一郎と共に自由党代表の小沢一郎が緊急参戦! 政権交代について、橋下徹と大激論! ここだけで語る安倍政権の評価は? 橋下徹に政界復帰打診も?! 大注目のテーマが盛りだくさんほろ酔いトークが展開! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式アカウント @abemanews_barHT
第23話 父の背中
メジャー 第5シリーズ 第23話 父の背中 延長16回表、ギブソンを攻める日本代表。ワンアウト3塁でバッターは寿也。だが、ギブソンは、ここで最高速のボールを投げ、意表をつく寿也の作戦を見抜き、日本の決勝点を許さない。そして、寿也の一打はピッチャー前へ…。無得点に終わった日本。吾郎は気合いを入れてマウンドに向かう。そんな中、アメリカベンチでは…!
NHKから国民を守る党 “比例代表最後”の議席獲得
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 NHKから国民を守る党 “比例代表最後”の議席獲得  参議院選挙はすべての議席数が固まりました。  「NHKから国民を守る党」が比例代表の最後50番目の議席を獲得しました。NHKから国民を守る党は、「NHKをぶっ壊す」をスローガンにNHKのスクランブル放送化を訴えたり候補者が奇抜な政見放送を行ったりして注目を集めていました。その結果、比例代表の50番目に食い込み、立花孝志代表が1議席を獲得しました。
第5話 ヤングジャパン
メジャー 第5シリーズ 第5話 ヤングジャパン いよいよ日本代表と若手選抜チームとの練習試合の日。佐々木監督の「この試合に勝ったら、若手選抜を日本代表の主力にする」という宣言に、気合いが入る寿也たち。吾郎も“ジャイロフォーク”という新しい武器を手に試合にのぞむ!
第3話 代表集結!
メジャー 第5シリーズ 第3話 代表集結! 出会いから10年。ついに吾郎は清水に告白する。時を同じくして、日本代表チームの合宿にバッティングピッチャーとして乗り込む決意をしていた吾郎。寿也と約束のトレーニングに出かけようとすると、家まで会いにきた清水とばったり。先約があると知りがっかりする清水だが、吾郎に「いっしょに行くか?」と誘われて…。
第13話 日本の野球
メジャー 第5シリーズ 第13話 日本の野球 ドミニカ戦終盤、8回表、3点差で負けている日本チーム。マウンド上の眉村は、ノーアウト1、2塁のピンチで機転をきかせ、この回無失点で切り抜ける。そして「残る2イニング、もう1回スモール・ベースボールを思いだそう」と呼びかける佐々木監督。その言葉に感化された日本代表チームは…。
第21話 自分自身のため
メジャー 第5シリーズ 第21話 自分自身のため 8回裏、ジュニアのツーランで逆転されてしまった日本代表チーム。決勝のマウンドを甘く考えていたことを悔いる吾郎は、続くアレックスにもツーベースを打たれてしまう。だが、マウンドに集まった寿也とナインの言葉を聞いて、後続をおさえる吾郎。9回表、アメリカはクローザーのハフマンを登板させるが…。
ハンセン病控訴せず 週内に安倍総理が談話を発表
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 ハンセン病控訴せず 週内に安倍総理が談話を発表  ハンセン病を巡る熊本地裁の判決に控訴しないと決めたことを受け、安倍総理大臣は今週中に談話を発表する意向を固めました。  判決について、安倍総理は「筆舌に尽くし難い経験をした家族のご苦労をこれ以上、長引かせてはいけない」と述べていて、談話にも同じ趣旨の内容が表明されます。また、政府としての声明も発表する方針で、安倍総理が判決について「一部、受け入れ難い点があるのも事実」としながらも控訴しない決断に至った経緯や法的な検討事項などが盛り込まれます。談話と政府声明は今週中に閣議決定して発表する方針です。今回の裁判では熊本地裁が先月28日に患者の家族が受けた損害についても国の責任を認め、3億7600万円の損害賠償を命じる判決を言い渡していました。
れいわ・山本代表「寝たきりでも豊かに生きられる」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 れいわ・山本代表「寝たきりでも豊かに生きられる」  “政治家に聞きたいギリギリな質問”で、れいわの山本代表に「ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者は国会の拘束に耐えられないよね?」との問い掛けが。これについて、山本代表が出した答えとは。