「異世界 魔王」の検索結果

今すぐ視聴する

第1話 魔王演技
無料
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第1話 魔王演技 MMORPGクロスレヴェリで、坂本拓真は、魔王と呼ばれるほど圧倒的な強さを誇っていた。ある日彼はゲーム内の魔王ディアヴロの姿で異世界へと召喚される。そこには「私こそが召喚主」と言い張る2人の少女、シェラとレムがいた。彼女達から召喚獣用の奴隷化魔術をかけられるが、固有能力《魔術反射》が発動!奴隷と化したのは少女達だった…。
第2話 最強新人
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第2話 最強新人 冒険者登録を行うため、ファルトラ冒険者協会を訪れたディアヴロ達。レベル判定の儀式にて、冒険者協会会長のシルヴィと知り合う。ディアヴロの実力に見合うクエストが見つからない中、シルヴィから紹介されたのは、人喰いの森のモンスタ ー「マダラスネイク」討伐のクエストだった。早速ディアヴロ達は森に向かうが…。
第3話 魔族襲来
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第3話 魔族襲来 すべての女性と女性の味方の味方、戦士エミールから戦いをふっかけられるディアヴロ。和解の後、ウルグ橋砦への簡単なクエスト回収へシェラと向かうが、到着後にエデルガルト率いる魔族襲来の事態を知る。一方ファルトラ市に残ったレムは、セレスティーヌとの話の途中に、あの男の突然の訪問を受ける…。
第4話 迫撃乱舞
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第4話 迫撃乱舞 グレゴールの突然の襲撃に、レムとセレスティーヌ、そしてエミールでさえも苦戦を強いられる。一方ウルグ橋砦ではディアヴロとエデルガルトの戦闘が繰り広げられていた。戦意損失を促すため、彼女の大技”サクリファイスチャージ”を敢えて体に受けるディアヴロ。そこにファルトラ市からの伝令が届く。エデルガルトの戦いの目的は他にあった…。
第5話 国家騎士
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第5話 国家騎士 ファルトラ市に対し、王女シェラの引き渡しを要求してきたグリーンウッド王国。拒否の場合は開戦となる事態に、ディアヴロはファルトラ市の領主ガルフォードと会い、戦争を未然に防ぐクエストを受ける。王都から派遣された国家騎士アリシアも合流し、街で装備や道具を調達する一行。しかし、懸賞金をかけられたシェラに危険が迫る…。
第6話 奴隷市場
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第6話 奴隷市場 グリーンウッド王国との問題解決の最中に、セレスティーヌから奴隷市場の話を聞いたディアヴロ達は、隷従の首輪の解除方法を得るため、ファルトラ市に滞在中の奴隷市場のキャラバンに立ち寄る。ディアヴロやレムの魔力を即座に見抜いた店主のメディオス。彼女からの助言を受けつつ、ディアヴロはシェラの魔力の流れを探り始めた…。
第7話 人心変転
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第7話 人心変転 キイラ王子訪問後の翌日、回復薬の準備中に、突然別れを告げ、ディアヴロの元を去るシェラ。彼女を引き止めることができなかったディアヴロは、後悔から宿屋に籠もってしまう。後ろ向きな彼の姿勢に、動揺するレム。一方グリーンウッド王国への帰路の途中の陣営では、キイラからシェラへの尋問が始まろうとしていた…。
第8話 英雄驀進
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第8話 英雄驀進 キイラ王子が放ったグリーンウッド王家に伝わる召喚獣フォースヒュドラと戦うディアヴロ。彼が知っているクロスレヴェリの世界では見ることがなかったモンスターに戸惑いながらも、これを撃破する。シェラの懇願により解放されたキイラだったが、逃げる彼を待っていたものは、突然の出来事だった…。
第9話 聖騎士譚
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第9話 聖騎士譚 ファルトラとグリーンウッド王国の一件の報告のため王都に帰還したアリシアは聖騎士サドラーと対面する。サドラーは魔王を崇拝する者に容赦をしない人間であり、ファルトラへ調査へ向かうと言う。一方ディアヴロ達は召喚魔法の練習の最中に水浴びをしていると、エデルガルトが現れた。戦う意志のない彼女。そして意外な相談が持ちかけられた…。
第10話 魔王復活
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第10話 魔王復活 遂に魔王復活の夜がやってきた。シェラやアリシアにも、自身に魔王クレブスクルムの魂が封印されている旨を打ち明けたレム。彼女と共にディアヴロ達一行は、エデルガルトの待つ星降りの塔に向かう。魔王の復活のためには、ディアヴロの持つ強い魔力を、魔王の魂に流し込む復活の儀式を行うのが条件。レムに魔力を注いだものの、魔王は簡単には出現しない。そこでエデルガルトからの衝撃の提案がされた…。
第11話 幼女覚醒
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第11話 幼女覚醒 復活したクルムと共にファルトラ市へ戻ったディアヴロ達一行。セレスティーヌへの元を訪れた帰り道、突然レムとクルムはディアヴロ達とはぐれてしまう。彼女たちを誘導したのはアリシアだった。魔王の覚醒を目的に、遂に本性を現し始めたアリシア。そこに石化から回復した聖騎士サドラーが現れた…。
第12話 真贋対戦
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 第12話 真贋対戦 アリシアの裏切りにより、覚醒してしまった魔王クレブスクルム。憎悪で理性を失ったクルムに、一人立ち向かうディアヴロ。レムの元に駆けつけるシェラ。ファルトラにもエデルガルト率いる魔族の軍勢が迫る中、最後の戦いが幕を開ける―。
第1話 魔王演技
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第1話 魔王演技 MMORPGクロスレヴェリで、坂本拓真は、魔王と呼ばれるほど圧倒的な強さを誇っていた。ある日彼はゲーム内の魔王ディアヴロの姿で異世界へと召喚される。そこには「私こそが召喚主」と言い張る3人の少女、シェラとレムがいた。彼女達から召喚獣用の奴隷化魔術をかけられるが、固有能力《魔術反射》が発動!奴隷と化したのは少女達だった…。
第2話 最強新人
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第2話 最強新人 冒険者登録を行うため、ファルトラ冒険者協会を訪れたディアヴロ達。レベル判定の儀式にて、冒険者協会会長のシルヴィと知り合う。ディアヴロの実力に見合うクエストが見つからない中、シルヴィから紹介されたのは、人喰いの森のモンスタ ー「マダラスネイク」討伐のクエストだった。早速ディアヴロ達は森に向かうが…。
第3話 魔族襲来
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第3話 魔族襲来 すべての女性と女性の味方の味方、戦士エミールから戦いをふっかけられるディアヴロ。和解の後、ウルグ橋砦への簡単なクエスト回収へシェラと向かうが、到着後にエデルガルト率いる魔族襲来の事態を知る。一方ファルトラ市に残ったレムは、セレスティーヌとの話の途中に、あの男の突然の訪問を受ける…。
第4話 迫撃乱舞
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第4話 迫撃乱舞 グレゴールの突然の襲撃に、レムとセレスティーヌ、そしてエミールでさえも苦戦を強いられる。一方ウルグ橋砦ではディアヴロとエデルガルトの戦闘が繰り広げられていた。戦意損失を促すため、彼女の大技”サクリファイスチャージ”を敢えて体に受けるディアヴロ。そこにファルトラ市からの伝令が届く。エデルガルトの戦いの目的は他にあった…。
第5話 国家騎士
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第5話 国家騎士 ファルトラ市に対し、王女シェラの引き渡しを要求してきたグリーンウッド王国。拒否の場合は開戦となる事態に、ディアヴロはファルトラ市の領主ガルフォードと会い、戦争を未然に防ぐクエストを受ける。王都から派遣された国家騎士アリシアも合流し、街で装備や道具を調達する一行。しかし、懸賞金をかけられたシェラに危険が迫る…。
第6話 奴隷市場
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第6話 奴隷市場 グリーンウッド王国との問題解決の最中に、セレスティーヌから奴隷市場の話を聞いたディアヴロ達は、隷従の首輪の解除方法を得るため、ファルトラ市に滞在中の奴隷市場のキャラバンに立ち寄る。ディアヴロやレムの魔力を即座に見抜いた店主のメディオス。彼女からの助言を受けつつ、ディアヴロはシェラの魔力の流れを探り始めた…。
第7話 人心変転
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第7話 人心変転 キイラ王子訪問後の翌日、回復薬の準備中に、突然別れを告げ、ディアヴロの元を去るシェラ。彼女を引き止めることができなかったディアヴロは、後悔から宿屋に籠もってしまう。後ろ向きな彼の姿勢に、動揺するレム。一方グリーンウッド王国への帰路の途中の陣営では、キイラからシェラへの尋問が始まろうとしていた…。
第8話 英雄驀進
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第8話 英雄驀進 キイラ王子が放ったグリーンウッド王家に伝わる召喚獣フォースヒュドラと戦うディアヴロ。彼が知っているクロスレヴェリの世界では見ることがなかったモンスターに戸惑いながらも、これを撃破する。シェラの懇願により解放されたキイラだったが、逃げる彼を待っていたものは、突然の出来事だった…。
第9話 聖騎士譚
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第9話 聖騎士譚 ファルトラとグリーンウッド王国の一件の報告のため王都に帰還したアリシアは聖騎士サドラーと対面する。サドラーは魔王を崇拝する者に容赦をしない人間であり、ファルトラへ調査へ向かうと言う。一方ディアヴロ達は召喚魔法の練習の最中に水浴びをしていると、エデルガルトが現れた。戦う意志のない彼女。そして意外な相談が持ちかけられた…。
第10話 魔王復活
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第10話 魔王復活 遂に魔王復活の夜がやってきた。シェラやアリシアにも、自身に魔王クレブスクルムの魂が封印されている旨を打ち明けたレム。彼女と共にディアヴロ達一行は、エデルガルトの待つ星降りの塔に向かう。魔王の復活のためには、ディアヴロの持つ強い魔力を、魔王の魂に流し込む復活の儀式を行うのが条件。レムに魔力を注いだものの、魔王は簡単には出現しない。そこでエデルガルトからの衝撃の提案がされた…。
第11話 幼女覚醒
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第11話 幼女覚醒 復活したクルムと共にファルトラ市へ戻ったディアヴロ達一行。セレスティーヌへの元を訪れた帰り道、突然レムとクルムはディアヴロ達とはぐれてしまう。彼女たちを誘導したのはアリシアだった。魔王の覚醒を目的に、遂に本性を現し始めたアリシア。そこに石化から回復した聖騎士サドラーが現れた…。
第12話 真贋対戦
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第12話 真贋対戦 アリシアの裏切りにより、覚醒してしまった魔王クレブスクルム。憎悪で理性を失ったクルムに、一人立ち向かうディアヴロ。レムの元に駆けつけるシェラ。ファルトラにもエデルガルト率いる魔族の軍勢が迫る中、最後の戦いが幕を開ける―。
第1話 「魔王、笹塚に立つ」
無料
はたらく魔王さま! 第1話 「魔王、笹塚に立つ」 大海イグノラに浮かぶ聖十字大陸エンテ・イスラ。闇の生き物たちの王道楽土を建設するべく、アドラメレク、ルシフェル、アルシエル、マラコーダ、4人の悪魔大元帥を従えて人間世界に侵攻していく魔王サタン。だがそこに聖剣を手にしたひとりの勇者が現れた。勇者に追い詰められた魔王は、必ずこの場所に戻ってくると言い残し、アルシエルと共に異世界へのゲートに飛び込むが、その先で見たものは、人間になった己の姿と新宿副都心の摩天楼だった。
第2話 「勇者、仕事優先で魔王城に泊まる」
はたらく魔王さま! 第2話 「勇者、仕事優先で魔王城に泊まる」 異世界で生き伸びるためには“お金”が必要だと悟った魔王とアルシエルは、真奥貞夫、芦屋四郎として六畳一間のアパートでアルバイトをしながら暮らし始める。……8ヵ月後、有能な店長と頼もしい仲間に囲まれ、立派なアルバイターとして成長していた真奥。一方、勇者エミリアもまた魔王を追ってこの世界で暮らしていた。そしてついに日本で合間見えた2人! だが、お互い力を失っていたため、その戦いは単なる痴話喧嘩と思われ警察に諭されてしまうのだった……。
第7話 「魔王、近所付き合いで家計を助けられる」
はたらく魔王さま! 第7話 「魔王、近所付き合いで家計を助けられる」 ある日六畳一間の魔王城ことヴィラ・ローザ笹塚201号室の隣に引っ越してきた、着物姿の小柄な女性、鎌月鈴乃。真奥たちを監視している恵美は、異世界からの刺客、または新手の悪魔か? と身構えるが、夏バテした芦屋を心配し、働かない漆原に家事をさせている鈴乃の姿を見て思い過ごしだと胸をなでおろす。一方、真奥のアルバイト先であるマグロナルド幡ヶ谷駅前店では、はす向いにできるライバル店、センタッキーフライドチキンの開店が明日に迫っていた。
第9話 「勇者、修羅場を経験する」
はたらく魔王さま! 第9話 「勇者、修羅場を経験する」 真奥を巡って恵美と鈴乃が修羅場!? と勘違いした恵美の友人、鈴木梨香。興奮気味の梨香は、2人を引き連れ真奥がいる幡ヶ谷へと向かう。まずは作戦会議と、センタッキーフライドチキンに入ったが、真奥の命を受けて店舗を偵察にきていた芦屋と遭遇し、事態はさらに複雑に。梨香は芦屋の妙な説明により、恵美や芦屋たちとの関係にひとまず納得したものの、真奥への興味は増すばかりだった。
第12話 「魔王、己の職責を果たす」
無料
はたらく魔王さま! 第12話 「魔王、己の職責を果たす」 猿江三月こと大天使サリエルと鈴乃に捕らわれた恵美と千穂。千穂からの何件もの着信に気付いた真奥は、漆原の発信機を辿り、サリエルたちがいる都庁にたどり着く。そこで対峙する鈴乃と真奥。訂教審議会筆頭審問官、そして死神デスサイズベルとして幾度となく大槌を振るってきた鈴乃だったが、訂教審議会の象徴天使であるサリエルの命令とはいえ戸惑いがあった。今の真奥は本当に切るべき相手なのか、自分のやっていることは本当に正しいのかと……。
第13話 「魔王と勇者、真っ当に仕事に励む」
無料
はたらく魔王さま! 第13話 「魔王と勇者、真っ当に仕事に励む」 「エンテ・イスラに帰らなければならないんだ」そう告げる真奥に「私も連れていってください!」と泣きながら訴える千穂。しかし真奥は悲しげに首を振る……。そんな夢を見た千穂は、真奥が本当に帰ってしまうのではないかと不安を覚える。また恵美も、幡ヶ谷を支配したと宣言する真奥の夢を見て、改めて気を引き締めた。そんな折、真奥は木崎に1週間の休みを願いでる。それを聞いた千穂は、このまま帰ってこないつもりではと問いただすが、真奥は否定するのだった……。